名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

ペル10

4/28
第29節
vs Nocerina (4/A)



最終難関。4位の相手とアウェー戦。
プレーオフはヤバイ。グロッソ、パブリク不在だ。


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、パオネッサ、エスポージト、ムタレッリ、ポンテ


ノチェリーナは3-4-3のシステム。
そのサイドを狙うかのように8分、ジェフェルソンのパスで裏を取ったMFスコッツァレッラがニアを打ち抜き1-0。

24分、ペルージャの猛攻。攻撃に転じれば中盤まで前線に駆け上がる強烈なカウンターアタック。
    最後はディタッキオからパスを受けたファビーニョが右隅に流しこみ2-0。
    前線から攻めるように守り、プレスを掛け奪ったらすぐにカウンターというサッカーはとうとう完成した。
    しかしイエローが多い。

逆転の発想。相手の3トップは怖い。しかしその分後ろの枚数は少ない。
下がらず前線からプレスを掛け3トップにボールを入れさせない。


41分、MFのオーバーラップをカバーしきれず、決められ2-1。

46分、パポーニが高い位置でボール奪取。クロスはクリアされるが、ディタッキオが拾って決め3-1!


前半で3得点。超攻撃的戦術がうまくハマった。
1失点はモッタイナイが、あそこが空くのは戦術的に仕方ない。
後半は前半と打って変わって守備的に。最終ラインを深く設定し、カウンターも少数で狙う。

3部のペルージャにおいてあのプレッシングサッカーができるのは45分が限界。
後半はゆっくり進めて行きたい。


67分、スコッツァレッラ、ファビーニョを下げてパオネッサ、ムタレッリ投入。中盤を厚くする。

70分、相手のシュートがポスト直撃。跳ね返りがGKコプリベチの背中に当たり、こぼれ球を押しこまれ3-2。
75分、ダビド・スアソに代えてDFレブラン投入。

80分、マルキオンニが決めて4-2。マルキオンニは移籍後初ゴール。


2失点したものの4得点で快勝。
しかし首位ピサも12位相手に2-1で勝利し勝ち点差1のまま最終節へ。
ピサはホームで3位パガネーゼと。ペルージャもホームで13位カラネーゼと。
3位のパガネーゼは既にプレーオフ出場権を獲得しているのでベストメンバーでいくのかどうか。

一切触れなかったけど財政問題か八百長問題か何かは分からないが、
ペルージャはシーズン前に勝ち点を1減点されている。
同着にならないだろうとか昇格ないだろうとか思っていたから触れなかったが、まさかこれが響くとは。
もしこれがなければチーム間成績により勝てば昇格が決まっていた。
ピサが引き分けるのを願わなくてはならないとは。


2013y02m12d_081033243.jpg




ペルージャと5年間の契約延長で合意。年俸は下限の3.9万€で合意した。
今の年俸が9.1万で5万も減額したが、監督の年俸なんて意味ないので来季以降少しでもお金が楽になるように。

今季ペルージャはこれまでに93万€の赤字を垂れ流している・・・。





5/12
第30節
vs Carrarese (13/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、エスポージト、ムタレッリ、パオネッサ、ポンテ


泣いても笑っても最終戦。ストレート昇格かプレーオフか。



10分、ピサがPKを与え失点。ペルージャが同勝ち点で首位に立つ。

13分、負傷したダビド・スアソに代えてポンテ投入。
14分、ポンテが猛烈なプレスを掛けると、クリアミスをスコッツァレッラが拾いファビーニョへ。
     ファビーニョが冷静に決め1-0。7試合連続ゴール。


17分、晴れていたのに急に大雨が降り出す。嵐となるか。

20分、CKからのこぼれ球、リバルタが速いクロスを入れるとファビーニョがダイレクトで流し込み2-0!!
     後はピサの結果を待つのみ。現在は0-1。

25分、ピサFWペレスがゴールを決め1-1の同点。まだペルージャが首位だが・・・。
28分、マルキオンニも負傷退場。ムタレッリ投入。

40分、ムタレッリの放り込みのこぼれ球をパポーニが決め3-0。
    2月13日以来のゴール。

そして42分、ピサFWペレスがまたもやゴールを決め2-1。ピサが首位浮上。最悪だ。
スアソとマルキオンニも怪我した。プレーオフか・・・。45分にもゴールが決まり3-1。決定か。


61分、パポーニが持ち込み最後はディタッキオが決め4-0。

76分、FKからダイレクトで合わせられ4-1。
85分、ファビーニョに代えてパオネッサ投入。

90分、ムタレッリも負傷退場。10人に。


テストがてらにプレッシングサッカーを90分間続けたら後半ミス連発でボロボロだった。
その上ムタレッリまで負傷・・・。優勝も逃し、プレーオフに向け暗雲立ち込める。


・マルキオンニが臀部を負傷し3ヶ月の離脱。このまま契約満了か。


2013y02m12d_112354463.jpg




プレーオフ抽選の結果5位フロジノーネとのアウェーマッチに決定。
過去の対戦は2勝0敗と完全に上回っている。
しかしペルージャは右サイドのレギュラー、マルキオンニを失った。



・FWファビーニョ(21)がペルージャのシーズン最多得点記録を更新
 1988年にファブリツィオ・ラバネッリが記録した23得点を更新する25得点を決めた。





5/26



2013y02m13d_021236943.jpg



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、グロッソ、エスポージト、パオネッサ、スアソ

怪我:パブリク、マルキオンニ


グロッソがベンチ入り。
フロジノーネは4-3-3。相手のホームだが、構わずプレッシングサッカーを仕掛ける。


10分、CKからDFリナウドが頭で決めペルージャ先制!やはりこの男の頭は頼りになる。移籍後2点目。
21分、カウンターから抜けだしたムタレッリが決めて2-0!ムタレッリは移籍後初ゴール。

いつもは畳み掛けるため前半全てプレッシングで行くが、2点差ついたので落ち着かせることに。

41分、スコッツァレッラの浮き球のパスを受けたポンテの落としをディタッキオがダイレクトで右隅に決め3-0。
43分、相手CBのクリアミスをファビーニョが詰めて4-0。


赤いユニフォームを来たゴール裏スタンドで発煙筒が焚かれる。
恐らくペルージャ側。初めて見た。シリーズでは今作が初でしょう。たぶん。
今季1試合も焚かれなかったはずだが、プレイオフでたまらず焚かれた。発煙筒まで出てくるとは。
事件とかは搭載されないでほしい・・・。それは大丈夫か。


52分、ディタッキオのロングシュートはGKに阻まれるが、こぼれ球をパポーニが押し込み5-0。


66分、ジェフェルソンに代えてアナニア投入。後は怪我人を出さないように試合を終わらせるだけ。


71分、ランタイムエラーで落ちる。
アップデートしてから短期間で2度目。1.23やばくないですか。



同じメンバーで試合開始。5-0だったのにモウ1回やるのか・・・。


10分、ファビーニョからパスを受けたポンテが左隅狙い澄まして決め1-0。

23分、サイドチェンジからフリーの選手に決められ1-1。
     前の試合と違って攻められるシーンが目立ってたから嫌な予感してたんだよなぁ・・・。

24分、スコッツァレッラのパスを受けたパポーニが反転して即シュートを狙うと左隅に決まり2-1!!


46分、くだらないパスミスから決められ2-2。

72分、ディタッキオ、ファビーニョを下げてパオネッサ、スアソ投入。
     あくまで目指すは勝利。前線からのプレスを強化。

74分、すぐさま成果は出る。カウンターの場面スアソからパオネッサへ。
     パオエッサのキープから飛び出したムタレッリが決め3-2!ムタレッリは移籍後初ゴール。

82分、カウンターから決められ3-3。どうなってるんだ。
85分、リベイロに代えてグロッソ投入。


5-0が3-3へと早変わり。
かなり攻められる場面が目立った。攻撃的なサッカーの悪い部分がフルに出た感じ。
前の試合はいいところがフルに出たのに・・・。
3度リードして追いつかれているのはいただけない。きっちり修正しなければ。

規定にアウェーゴールはなく同点の場合は順位の高い方となっているので次引き分けなら決勝進出。



2013y02m13d_034823758.jpg


・RSBアナニア(29)が練習中にすねの疲労性骨膜炎を患い6週間の離脱。





6/2
プレイオフ準決勝2ndLeg
vs Frosinone (H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、レブラン、チェザレッティ(17)、グロッソ、エスポージト、パオネッサ、スアソ

怪我:パブリク、アナニア、マルキオンニ


アナニアが負傷しプリマヴェーラから17歳のチェザレッティを招集。
ローマから自由契約となり、今季ペルージャに入団した。
来シーズントップチームに昇格させようと思っている右サイドバック。


開始29秒、ディタッキオのロングパスで抜けだしたスコッツァレッラが決めてペルージャが先制。
戦術見てたからゴールシーンを見逃してしまうほどの早業ゴール。

38分、負傷したムタレッリに代えてエスポージト投入。
     ムタレッリ、マルキオンニの加入によりポジションを奪われた男。


55分、スコッツァレッラも負傷。ダビド・スアソ投入。まさに悪夢。


73分、今度はアプリケーションエラーで落ちた。
     しばらくやーめた。

冬のパッチ当たってから新チームでやろっかなー。





と、いいつつ懲りずにやってしまう。
ペルージャでの1年はそれほど簡単に捨てられない。


27分、FKから頭で合わせられ0-1。エラー落ちして結果が180度代わる感じなんなの。

攻撃的に進めるペルージャ。
55分、パポーニがこぼれ球を押しこみ同点。これで今のところペルージャの勝ちあがり。

67分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。
76分、ファビーニョに代えてスアソ投入。スアソを左サイドに置いて4-3-3に変更。

90分、ポンテに代えてグロッソ投入。


CPUが故意にエラー出して戦術対策練り直している疑惑。
本当ならトータルスコア6-0で圧勝だったのに4-4となった。
まあ勝ち抜けたからいいや。勢いはつかなかったけど。

フロジノーネとの4連戦はしんどかった。
しかしエラー落ちの解決にはなってない。たぶんセーブデータが傷んでるんだと思うけど。
またいつエラー落ちするか。


2013y02m14d_072839400.jpg



6/9


2013y02m14d_082229102.jpg


コンフェデ開幕まで1週間なのにまだ試合やってるよ。


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、グロッソ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、チェザレッティ、レブラン、リベイロ、エスポージト、パオネッサ、クレメンテ


直前でセーブするのを忘れ、ウォーミングアップ画面から進まない。
もう潮時ですね。セーブしながら来季にいったとしても改善するわけがない。
アップデート時にセーブデータがおかしくなっちゃったのかな。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/03/09(土) 06:00:41|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

avi1 | ホーム | peru9

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/96-6d8cb5cb

| ホーム |