名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

ペル8

2/3
第21節
vs Gubbio (8/H)



は雨のためピッチが冠水し延期。
せっかく1週間1試合が続いてたのにミッドウィークに試合が入ってしまった。





2/10
第22節
vs Benevento (10/A)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、レブラン、リベイロ、パオネッサ、エスポージト、スコッツァレッラ、スアソ

出場停止:パブリク


新加入3人が先発入り。グロッソも怪我から復帰。


4-4-2はいつも内容が良くスペースを使いながら面白く攻めることができるのだが
最後にパスミスしてしまうことが多い。内容が良すぎてミスが目立つ。

それでも17分、ファビーニョが1人で仕掛けるとDFを引き付けパポーニへ。
パポーニが左足で流し込み1-0、ペルージャが先制。やはりきっかけはファビの突破。

27分、相手GKのクリアを拾いカウンター。ファビーニョの持ち込みから今度はディタッキオが受けて決め2-0。


リナウド加入、グロッソ復帰で空中戦は本当に強くなった。
最終ラインに3人190cmが入っている。


69分、マルキオンニに代えてスコッツァレッラ投入。
75分、ムタレッリに代えてエスポージト。
79分、ファビーニョに代えてDFレブラン投入。


91分、いつも通り守備を堅めてカウンター狙いしていると、スコッツァレッラのクロスにパポーニが頭で合わせ3-0。



首位ピサが敗れ4ポイント差。
次のミッドウィークで勝てばとうとう1ポイント差になる。

・リバルタが累積警告で次節出場停止


2013y02m02d_231358163.jpg




2/13
第21節 振替試合
vs Gubbio (9/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
マルキオンニ、ムタレッリ、スコッツァレッラ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、レブラン、アナニア、ディタッキオ、エスポージト、パオネッサ、ポンテ

出停:リバルタ


過密日程。若干メンバー変更。
スアソを左サイドで先発起用。


ディタッキオとポンテの不在を大きく感じる内容。
疲れているからか、雑に長いパス頼りたがるのが目立つ。
やはり高い位置で収まる選手が居ないのは厳しい。スアソは積極的にドリブルを仕掛けてはいるが・・・。

36分、スアソの切れ込みからファビーニョ→パポーニと繋ぎ、左足で豪快に決め1-0ペルージャ先制。

66分、スアソが左サイドから切れ込む。2人抜いて豪快に突き刺し2-0。元アビスパ永里みたいなゴール。

67分、ムタレッリ、マルキオンニ、ファビーニョを下げパオネッサ、エスポージト、レブラン投入。


最近のエスポージトはパス出せない、キープできない、守備できないの三重苦に陥っている。
やはり3ボランチのアンカーでレジスタをやるしか起用法はないのか。
ダブルボランチではムタレッリのほうが絶対に良い。

などと考えていた84分、エスポージトの素晴らしいアーリークロスにダビド・スアソがダイレクトで流し込み3-0。


2013y02m03d_010346141.jpg




2/17
第23節
vs Catanzaro (13/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、スコッツァレッラ、エスポージト、パオネッサ、ポンテ


41分、ゴール前でファビーニョの落としからディタッキオがスアソに通すと右足で決め1-0、ペルージャ先制。
    スアソは2試合連続ゴール。

65分、マルキオンニが負傷。スコッツァレッラ投入。
70分、ファビーニョに代えてDFレブラン投入。5-4-1に変更。
86分、ジェフェルソンに代えてリバルタ投入。

きっちり守っていると92分、FKからDFリナウドが決め2-0。
リナウドは移籍後初ゴール。

最近きっちり守って後半ATにゴールってことが多い。


2013y02m03d_022016219.jpg





2/25
第24節
vs Pisa (1/A)


ミッドウィークで試合があったからか月曜開催。
絶対に負けられない戦い。引き分けでもいい。
ピサは最近連勝していないので食えたら最高。

2013y02m05d_144933474.jpg


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ポンテ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、リベイロ、エスポージト、スコッツァレッラ、パオネッサ


ポンテがボランチで先発。
守備に難ありだが、先に1点奪ってスコッツァレッラ投入して守備を堅める。


7分、ポンテのFKにマルキオンニが頭で合わせるがオフサイド判定。


ピサの中盤からのプレスがキツく、なかなか前を向いてプレーできない。
気合が入っているようだ。

14分、FWトゥッリに裏を取られ持ち込まれる。シュートはついていったグロッソがブロック。
     こぼれ球をMFアルベローニにフリーで狙われるが、運よく枠の上。
     ムタレッリのパスミスからピンチを招いた。
     あまりにも相手のプレスが厳しい。ポンテも下がり目にしてムタレッリと2人で低い位置で並ばせる。

14分、パポーニの持ち込みからのクロスにファビーニョが頭で合わせるがクロスバー直撃。


両チーム自分の時間を作って波状攻撃を仕掛ける。
首位攻防戦にふさわしい試合。コプリベチは絶好調。


ピサは疲れてきたのか30分過ぎからはプレスがあまりきつくなく、ペルージャの攻勢となる。
ポンテを後ろに下げ、うまく捌けるようになったのも要因か。


後半はまたもや互角の戦い。
ペルージャは守備を意識するあまり攻撃が遅れ、チャンスが作れない。

しかし60分、相手のクリアボールをムタレッリが弾き返すとファビーニョが受けて決めペルージャが先制。1-0。
スアソとパポーニのプレッシングが相手のクリアミスを誘った。

その後hあからさまな亀の子作戦。ゴール前を堅め長身選手で跳ね返す。
68分、ファビーニョに代えて190cmDFレブラン投入。
73分、ポンテに代えてスコッツァレッラ投入。

82分、ムタレッリがプレッシャーを受けボールロスト。そこから一気に持ち込まれ決められ1-1。
     ムタレッリに代えてエスポージト投入。


その後はきっちり守りきり1-1のドロー。
ムタレッリは相手に削られコンディションを落としていたのに交代させなかったのが采配ミスだった。
ベテランだからのらりくらりやってくれるかなと思ったのだが。
それでも首位と引き分け勝ち点差は1のまま。残り6試合で逆転優勝したい。


2013y02m05d_154636249.jpg





2013y02m05d_161909359.jpg 2013y02m05d_161833765.jpg


関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/03/06(水) 06:00:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

peru9 | ホーム | peru7

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/94-a46183b7

| ホーム |