名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

RMP 2012/2

2月

・1月は2万€の黒字。


2/4
第23節
vs Torhout (A)



1レイダー
16シャーレット、19コンダーツ、3ギルモット、17クレーベル
25ヒューゲラー、23デ・ピーバー
15カベヤ、8モラーノ、18シラー
14クストビッチ

13ラメンズ、22ファン・オートリーブ、7ミールト、11キプレ
負傷:モンテール、ケイン


ダブルボランチのデ・ピーバーの相方がいない。
ピーバーを獲得できて本当に良かった。ピーバーすら居なかったらボランチ2枚はどうなっていたことか。
キプレがベンチ入り。


6分、ヒューゲラーの自陣からのロングボール(クリア気味)で裏を取ったクストビッチが
マーカー2人をグダグダと交わしながら決めペルウェルズが先制!
ヒューゲラーは普段下手だったが、マグレか何か。結果として素晴らしいパスとなった。


21分、モラーノが負傷したのでミールト投入。トップ下にシラーを置き左にミールト。
63分、アシストしたヒューゲラーが負傷退場。ファン・オートリーブ投入。
74分、タックルを受け傷んだミールトに代えてキプレ投入。


80分、ファン・オートリーブがエリア近くでファールしFKを与える。
そのFKからゴール前の選手に頭で合わせられ1-1の同点となってしまう。軽率なファール。

後半ロスタイム、相手のカウンターをファールで止めたコンダーツが2枚目のイエローで退場。
次節出場停止処分となってしまう。


試合終了。またもや19歳ファン・オートリーブが失点に絡み1-1のドロー。
あまり使いたくはないのだが、選手がいない。困ったものだ。

 4(3) 44%
11(3) 56%

7'  クストビッチ (2)

△1-1  2位
759人





2/11
第24節
vs La Louviere Centre (1/H)



1レイダー
16シャーレット、3ギルモット、13ラメンズ、17クレーベル
25ヒューゲラー、23デ・ピーバー
15カベヤ、8モラーノ、18シラー
11キプレ

6クレック、7ミールト、14クストビッチ、9ベイノン

出場停止:コンダーツ
故障:モンテール、ケイン、イングラオ


控えにDFが0。怪我と出場停止が重なり人数が少ない。
新加入のブラジル人CBも怪我。復帰したら紹介しようと思う。
SBも他に居ないし、DF不足はかなりピンチ。プレーオフ乗りきれるのだろうか。

プレイ配信でアストンビラでプレイ。初めて1部リーグでプレイしたけど選手の技術の差が凄まじい。
当たり前だが、アマチュアチームとは次元が違う。
戦術をアストンビラ仕様にしたけど、パスミスが多い。ハイプレスサッカーをやって90分持つのだろうか。



9分、スローインからシャーレットのクロスにファーサイド、ドフリーで飛び込んだDFクレーベルのヘッドは枠の上。

17分、カウンターチャンス、シラーのパスで抜けだしたキプレが決めペルウェルズが先制。1-0。


4-2-3-1のハイプレスサッカーをしたことで相手は明らかに苦戦している。
現在首位の相手だが、攻撃面で何もやらせない。
更にペルウェルズが巧くボールをキープ。試合の主導権を譲らない。
しかしビラではキープ力のあるトップ下とスピードのある3トップで点を取っていたため、ペルウェルズでは巧く機能しない。
そりゃそうだ。個人技で取ってた戦術だ。ウチにもエンゾグビアが居れば・・・。


68分、カベヤに代えてベイノン投入。運動量豊富なFW。攻守でまったく走らないカベヤに代えて守備で頑張って欲しい。
74分、トップ下のモラーノに代えてクストビッチ投入。控えに守備的な選手がいないのが辛い。
81分、シラーに代えてミールト投入。



内容は完勝だった。
相手に満足に攻撃させなかった。今後はこれをベースに、もう少し前線の個人技頼みを修正していきたい。
プレミアリーグのようにはいかない。


12(5) 63%
 4(2) 37%

MOM  シラー

17' キプレ (14)

○1-0  2位
3,436人


首位とこれで2ポイント差。直接対決を制し、勢いに乗りたい。
途中出場のクストビッチが違いを見せた。やはりこの選手を中心に据えたほうがいいかもしれない。


・クレーベル、シラーが週間ベスト11に選出される
・MFアドナン・クストビッチ(33)が出身国となるボスニア・ヘルツェゴビナのクラブと契約合意。
 なんと年俸30万€。契約は今期終了まで。どんどん選手が居なくなる。

クストビッチの後任副キャプテンにCBのコンダーツ(27)が選ばれる。
今季リーグ戦20試合で8得点。アマチュアではケタ違いの高さでリーグ最多得点に貢献。





2/18
第25節
vs Deinze (9/A)



1レイダー
16シャーレット、19コンダーツ、3ギルモット、17クレーベル
25ヒューゲラー、23デ・ピーバー
15カベヤ、8モラーノ、18シラー
11キプレ

13ラメンズ、6クレック、7ミールト、9ベイノン
怪我:モンテール、ケイン、イングラオ


試合開始直後は相手の猛攻。ペルウェルズはボールを奪うことが出来ない。
それでも徐々にペルウェルズが攻める場面が出てくると
14分にクレーベルのアーリークロスにMFモラーノが頭で合わせペルウェルズが先制。1-0とする。

29分、相手のクロスをギルモットがクリアしきれず。押し込まれ1-1の同点。



64分、イエローをもらっているクレーベルに代えてラメンズ投入。
71分、デ・ピーバーに代えてクレック投入。
82分、カベヤに代えてミールト投入。


後半はペルウェルズが攻める展開が続いたが、ポストありなんなりで決めきれず1-1のドローに終わる。
アウェーでのポゼッションサッカーは難しい。特にパスミスが怖い。
でも相手の選手もスーパーな選手がいないのでCB2人+ボランチで対応できている。


10(5) 60%
 6(1) 40%

MOM カベヤ

15' モラーノ (8)

△1-1  2位
1,154人



クストビッチが退団してからウチの選手に興味が集中している。
マジでこれ以上引き抜かれたらプレーオフ勝てないどころか人数すら足りなくなる。
思ってた以上に辛い現実。誰だよ、主力が抜けた時のカバーを考えるの楽しそうとか言ってたの。辛いよ。





2/25
第26節
vs Heppignies (9/H)



1レイダー
16シャーレット、19コンダーツ、3ギルモット、17クレーベル
25ヒューゲラー、23デ・ピーバー
15カベヤ、8モラーノ、18シラー
11キプレ

13ラメンズ、6クレック、7ミールト、9ベイノン

怪我:ケイン、イングラオ


30分、FKからDFコンダーツが頭で決めペルウェルズが先制。今季9点目。


後半に入るとカベヤがすぐ走らなくなる。守備もしなければ攻撃もしない。
体力的には他の選手も変わらないが、メンタル面の問題かな。
60分にカベヤに代えてミールト投入。

72分、今日は良くなかったキプレに代えてベイノン投入。
84分、モラーノに代えてキャプテンのクレックを投入。


89分、カウンターからシラーのクロスを受けたベイノンの左足でのシュートは
相手DFに当たって決まりオウンゴールで2-0とする。


2-0で勝利。しかしパスミス多く、ドリブルでの持ち込みも微妙。更に走る選手がほとんどいない。
真面目に走るプロフェッショナルな選手は引き抜かれていった。


12(4) 66%
 4(2) 34%

MOM  コンダーツ

31' コンダーツ (9)
90' オウンゴール

○2-0  ↑暫定1位
2,841人


・DFシャーレットが週間ベスト11に選出される。





http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y12m01d_181537312.jpg


絶対昇格したい。もうアマチュア嫌だ。辛い。
主力を4人も引き抜かれた。後釜なんて簡単に用意できないよ。

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/01/02(水) 06:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

RMP2012/3 | ホーム | RMP 2012/1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/71-d8f0b82a

| ホーム |