名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

RMP 2011/8

8/7
コフィディス・カップ3回戦
vs Lorrain Arlon (A)



国内カップ戦3回戦
リーグに所属していない無名のアマチュアクラブとの対戦。
元代表を揃えたムスクロン・ペルウェルズが負ける訳にはいかない。

アメリアU20代表のモラーノ(19)、アルゼンチンU20代表のパストーレ(18)が代表で不在。
今回はアルゼンチンリーグを出してないのでアルゼンチンの若手がほとんど居ないみたい。


1レイダー
2ピコ、5コレン、3ギルモット、17クレーベル
4プロブースト、6クレック
14クストビッチ、10パコ、7ミールト
9ベイノン

13ラメンズ、22ファン・オートリーブ、18シラー、11キプレ


開幕へ向けて大事なテスト期間なので一応ベストメンバーで挑む。
無名のアマチュア相手に不足のある選手は厳しい。と、アマチュアクラブの分際で言う。


8分、右サイドバックのピコが切れ込みクロスを入れると、MF10パコが狙うもシュートはブロックされる。
14分、クストビッチのクロスにミールトが頭で合わせるも左のポストに当たり決まらず。

20分、パコ・サンチェスのミドルシュートは大きく枠の上。
21分、ミールトのCKからMFパコが頭で合わせるもライン上でクリアされる
22分、ミールトのFKにDFコレンが頭で合わせるも枠の上

前半はクストビッチのスピードを活かして右サイドからガンガンクロスを入れていく。
右サイドバックの34歳ピコが起点となっている。

24分、CKからのこぼれ球をDFコレンが押し込みペルウェルズが先制。1-0。

27分、相手がこちらの右サイドを意識しているところでMFクレックが高いポジションを取り起点を左サイドにつくる。
クレックの高い位置からのスルーパスでミールトが抜け出すもシュートは枠上。


30分、DFピコがレイトタックルを仕掛け一発レッドで退場。
FWベイノンを下げてDFラメンズ(34)を投入。右SBにコレンを置きCBにラメンズ。厳しい状況。
狙いは時間稼ぎをしながらカウンター。

35分、パコが1人抜いて切れ込みシュートを狙うも枠の左



前半の終了間際にMFクストビッチが負傷。
元ガボン代表のシラーを投入。

46分、後半開始直後、パコ・サンチェスが2回抜け出すもシュートを枠に飛ばせず。

57分、DFコレンが前線へロングパスを出した時に負傷退場。
守備的MFのファン・オートリーブ(19)を右サイドバックとして投入。
これで交代枠を使い切った。監督デビュー戦で既に満身創痍。

ペルウェルズは常に4バック+中盤2人を残し、繋ぐ余裕があったらパスを回して時間稼ぎ、
余裕が無かったら前に出すという夢のない弱小フットボールで対抗。決定機は作らせていない。

65分、パコ・サンチェスが2人抜いて左足で狙うも枠の左。パコはドリブルは素晴らしいがシュートがまだ駄目だ
68分、ミールトのスルーパスでパコが裏を取るも枠の左。パコが泥沼なのでパコを右に置きシラーの1トップに。

73分、相手のクロスをクリアしようとしたファン・オートリーブも負傷。なんなんすかこれ。
もう交代枠はないのでそのまま頑張ってもらう。

76分、こちらのCKの場面でファン・オートリーブが倒されPK獲得!キャプテンのクレック(37)が冷静に決め2-0!
84分、高い位置でシラーがボール奪取し持ち込む。左足でのシュートは枠の左。



2-0で勝利。
苦しい勝利だった。

パコ・サンチェスが不調。前を向いて勝負を仕掛けたがまったく精度がない。
トップ下は候補が多いので他の選手にもチャンスを与えていきたい。
元ガンビア代表シラー、アメリカU20代表モラーノ、アルゼンチンU20代表パストーレなどがいる。


17(4) 55%
 2(1) 45%

MOM  ミールト

25' コレン
78' クレック (pk)

○2-0  4回戦進出

・DFピコがコフィディスカップ3試合の出場停止処分。





8/14
コフィディスカップ4回戦
vs La Louviere Centre (H)



ベルギー3部Aとの対戦。同リーグ対戦。


1レイダー
16シャーレット、5コレン、3ギルモット、17クレーベル
4プロブースト、6クレック
15カベヤ、8モラーノ、7ミールト
9ベイノン

13ラメンズ、25ヒューゲラー、27パストーレ、11キプレ

出場停止:DFピコ
怪我:FWファン・アイク、MFクストビッチ、MFファン・オートリーブ


アメリカU20代表のモラーノがトップ下で先発。
右にカベヤ、SBにシャーレット。後は3回戦と同じメンツ。


雨の中での試合。
試合開始直後に左サイドを突破されるも相手のシュートはDFギルモットがなんとかブロック。

17分、モラーノのスルーパスで裏を取ったベイノンだったが、シュートは枠の右
18分、ベイノンの横パスをダイレクトでモラーノが狙うがGK正面。
20分、ミールトが切れ込んでパスを出すとベイノンが裏を取るがシュートは枠の上。

26分、相手ボランチの強烈なロングシュートはGKレイダーがなんとか弾く。
27分、カウンターからシュートを打たれるもGKレイダーのファインセーブ。


その後も両チーム共にチャンスを作っていくもどちらも決定力がない。

43分、キャプテンのクレックが競り合いの際腕を負傷し交代。
パストーレを投入しトップ下。モラーノをボランチで起用。二人共攻撃的に指示し先制点を狙う。



後半は最初から相手ペース、ピンチを作られると50分、直接FKを決められ0-1。

52分、ミールトに代えてFWキプレ投入。
点がほしいペルウェルズ。しかしその裏をあっさり突かれ60分に失点。0-2となってしまう。

もっと点がほしいペルウェルズ。プロブーストをアンカーで1枚残して全員攻撃。
すると63分、右サイドを抜けだしたカベヤの低いクロスにベイノンがダイレクトで流し込んで1-2。

明らかに攻勢となったペルウェルズ。
73分に消耗したクレーベルに代えてMFヒューゲラー投入。3バックにして3-2-4-1に変更。

これが完全に裏目。一気に攻勢をかけられると84分にクロスのこぼれ球を押し込まれ1-3。
慣れないことはするもんじゃないね。そのまま試合は終了し1-3で4回戦敗退。
同リーグ相手に完敗したのが悔しい。


相手の枠内率の高さ。DFの寄せが遅いという証拠。
パストーレはまだ早い。DFリーダー、コレンがスピードなく微妙。
もう攻撃的なサッカーは諦めて最終ラインは低く、カウンターサッカーを狙おう。
中盤勝負してもどうせ中盤で奪えないし。

DFコレンはヤープ・スタムが好みの人物らしい。

16(4) 52%
11(8) 48%

64' ベイノン

●1-3  4回戦敗退
2,016人


・MFプロブーストが累積警告で次のカップ戦出場停止。



プレマッチが終わって公式戦が始まったばかりだが戦術を大きくシフトチェンジ。
3-4-2-1でやってみたい。イタリアで大流行の3バック。
アマチュアレベルではDFの枚数が多いほうが安定するかもしれない。





8/17
第1節
vs Huy (H)



1レイダー
19コンダーツ、29ケイン、13ラメンズ
2ピコ、25ヒューゲラー、4プロブースト、17クレーベル
10パコ、18シラー
9ベイノン

28ヴァープランク、8モラーノ、7ミールト、11キプレ

故障:FWファン・アイク、14クストビッチ


カップ戦から中二日。大体の選手が体力的に間に合わない。
システムを3-4-2-1に変更。
3バックに192cmコンダーツ、高さスピードがあるケイン、34歳ベテラン、ラメンズと控えメンバーで挑む。
中盤も37歳ベテラン、クレックなどがおやすみ。基本的には後ろを堅めて前線3トップだけで点を取りたい。

キャプテン、副キャプテンが居ないのでプロブーストがゲームキャプテン。


3分、相手のシュートはGKレイダーがセーブ。

ヒュイはまったく枚数を掛けて攻めて来ないので3-4-2-1の意味がまるで無い。
やはりプレマッチでは枚数を掛けた攻撃的なサッカーでやってたからそのイメージを持たれていたか。
そもそも相手も全部アマチュアクラブなんだから普通守備固めるよな・・・。盲点だった。

しかしこちらも3バック。ゆっくりSBも含めて攻められればサイドの攻防で負けてしまうが少ない人数なら余裕で守れる。
後は両チーム、ゴール前での一発勝負頼みだ。

試合はペルウェルズがペースを掴み攻め続けるも全員シュートの精度がない。
すると25分、相手のクロスはDFクレーベルが頭でクリアするが、拾われそのまま流し込まれて先制を許す。0-1


内容は圧倒的に良い。ナポリのサッカーを模し、狙い通り出来ている。
しかし悲しいかな。ウチにはFWカバーニが居ない。ベイノンでは物足りなさすぎる。
と、嘆いていたら前半終了間際にベイノンが負傷。HTを待ってFWキプレと交代させる。
ちょっと怪我多くないっすか?

攻撃的に行きたいペルウェルズ。クレーベルを前に出してラメンズをLSB。4-2-3-1に変更。
57分、調子の上がらないパコ、消耗しているヒューゲラーに代えてモラーノ、ミールト投入。

65分、エリア内でキープしていたFWキプレがファールを受けたとしてPK獲得!!!
FWキプレがPKを撃つもボールは大きく枠の上。なーにやってんだ。

73分、モラーノのシュートはブロックされるもクレーベルががら空きのゴールにドフリーでシュート!
しかし力んだのかボールは枠の右・・・


開幕戦0-1で敗戦。
先制を許してからはあまり内容は良くなかった。

しかし内容では負けた気がしない。
失点の仕方もクリアのこぼれを押し込まれるってものだし、シュート数も3倍の差がある。
つかシュートくらい枠内に飛ばせや!

16(2) 56%
 5(2) 44%

●0-1
3,350人


・DFコレンが練習試合で大腿部筋損傷を負い3週間離脱





8/24
第2節
vs Ronse (14/A)



1レイダー
19コンダーツ、13ラメンズ、3ギルモット
2ピコ、22ファン・オートリーブ、4プロブースト、20イングラオ
8モラーノ、11キプレ、15カベヤ

29ケイン、10パコ、7ミールト、18シラー

負傷:DFコレン(31)、MFクレック(37)、MFクストビッチ(33)、FWファン・アイク(19)


メンバーを大きく変更。
1トップにキプレ。スピードのある選手。
トップ下もモラーノとカベヤが先発。二人共スピードがある。

ボランチにはファン・オートリーブが怪我から復帰。守備的なMFのコンビ。
左サイドにクロスが上手いイングラオ。最終ラインにギルモットが先発復帰。


32分、相手にこちらの右サイドを突破されクロスから合わせられ0-1。コンダーツの対応が軽かったか。
36分、CKからDFコンダーツが頭で決め同点!さすが190cm超。1-1。


HTで4-2-3-1に変更。メンバー変更はなく左SBにラメンズ。イングラオを左ウイングで起用。

46分、モラーノが一人抜いてからスルーパス。FWキプレが絶妙に抜け出し2-1!
4バックに戻した瞬間に華麗に得点。迷走した3バック。

55分、こちらのFK、コンダーツが競り合いでファールを貰いPK獲得!
イングラオが右隅に決め3-1!やはりセットプレーは190cmのコンダーツを狙うに限る。

62分、キプレがドリブルで持ち込み、そのまま決め4-1
65分、FKからモラーノが狙うもGKに弾かれる。それでもDFコンダーツがこぼれを押しこみ5-1

69分、カベヤ、プロブーストを下げてシラー、パコ投入。
77分、イングラオに代えてミールト投入。


後半4得点で5-1快勝。
やはり4-5-1のほうがクオリティーが高い。
次節からは4バックに戻すがどうするか。守備を固めつつやるからクレーベルよりかはラメンズのほうが良さそう。
しかしそうするとU21縛りが難しい。モラーノは当確としてファン・オートリーブか。


16(9) 48%
 9(3) 52%

MOM  DF コンダーツ

36' コンダーツ (1)
46' キプレ (1)
56' イングラオ pk (1)
63' キプレ (2)
66' コンダーツ (2)

○5-1  7位↑
2,020人





8/27
第3節
vs Coxyde (10/H)


1レイダー
2ピコ、19コンダーツ、3ギルモット、13ラメンズ
15カベヤ、10パコ、4プロブースト、20イングラオ
8モラーノ
11キプレ

29ケイン、22ファン・オートリーブ、7ミールト、18シラー

故障:DFコレン、MFクストビッチ、Fwファン・アイク


4-4-1-1に戻す。
メンバーは一人変更。故障明けのファン・オートリーブは控えでボランチでパコ起用。ボールを捌いて欲しい。


7分、相手のCKからカウンター。
キプレがハーフラインから独走。左サイドから切れ込むと並走し、飛び込んだモラーノがパスに合わせて先制。1-0。


HT
前半で負傷していたMFパコを下げ、ファン・オートリーブ投入。

59分、カベヤのアーリークロスにFWキプレがニアサイド飛び込み2-0!
ここでカウンター戦術からゆっくりパスを回し、ボールをポゼッションする戦術に変更。

68分、キプレが左サイドの裏へ飛び出すとドリブルで持ち込む。
走りこんだイングラオにパスを出すとイングラオがダイレクトで流し込み3-0。
69分、キプレ、イングラオを下げてシラー、ミールト投入。

77分、モラーノが強烈なミドルシュートを決め4-0



4-0快勝。
FWキプレのキレが増して来た。テストマッチではあまり良くなかった。
アメリカU20代表のモラーノもキレている。後はボランチ、CBで圧倒的な選手が欲しい。


13(6) 48%
10(4) 52%

MOM  MF モラーノ

 8' モラーノ (1)
60' キプレ (3)
69' イングラオ (2)
78' モラーノ (2)

○4-0  2位↑
3,038人


・MFミールトが練習試合で負傷。3週間の離脱
・週間ベスト11にDFコンダーツ、イングラオ、モラーノ、キプレの4人が選出される





8月
5万5000€の黒字。



http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y11m04d_170847193.jpg


現在3位。3バックで開幕戦を落としたものの現在2連勝で好調。

http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/myboard_20121104172732.png


怪我人が多数出ている現状のメンバー。
ベテランのクストビッチは全体練習に復帰した。
イングラオにポジションを奪われていたミールトは代わりに負傷。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/12/10(月) 02:21:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

RMP 2011/9 | ホーム | RMP 2011/7

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/65-87a73e89

| ホーム |