名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

EfB4

9/18  第6節
     vs FC Hjorring (10/H)



チーム得点王のFwフィリップがつま先の突き指。
優れた選手は居ないみたい。


16ウィンデ
15スコフ、29ロシェンベリ、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、7アーネマン、18ズラタン・ニールセン
22レンジ、10デンバ・ニレン

1フラデキー、5ガードソー、26ヴェンデルボ、27ソマーズ、21アンデルセン、13サリッチ、11アッガー


前節に続きウィンデがゴールマウスを守る
DFラインにはU19代表のロシェンベリが先発出場。
さらっとラウシェンベルグ→ラウシェンベリ→ロシェンベリと改名しています。

ズラタンニールセンが左サイドに入る。


小雨の中での試合。なんかいつも雨降ってる気がする。
2分、レンジのロングシュート、相手GKが弾いて素早く拾ったアーネマンの速いクロスに
レンジがダイレクトで合わせるも大きく枠の右へ。

7分、クヌーセンのただの放り込みを相手GKがファンブル。MFリクスが詰めエスビャールが先制。
20分、リクスのエリア角からのシュートはクロスバー。



おそろしくスローテンポで見所のない試合。
なんでエスビャールは相手のテンポに合わせてしまっているのか。


53分、なんかダラダラして面白くないのでズラタン・ニールセンをターゲットマンに置いてデンバ・ニレンを左サイド起用。

59分、リクスの左足でのクロスにレンジがダイビングヘッドで合わせるもオフサイド判定。
61分、レンジに代えてサリッチ投入。得意のドリブルで仕掛けさせる。

74分、サリッチが早速負傷。ヴェンデルボを投入して4-3-3に変更。
85分、まったく走らないデンバ・ニレンに代えてアンデルセン投入。

ATでCKから大ピンチを迎えるもなんとか体を張って掻き出し1-0で勝利。
面白みの無い酷い試合。得点もGKのファンブルを押し込んだだけ。

ファン感謝マッチに設定されたこの試合。
過去最多の動員を果たしたがファンの反応はイマイチ。
そりゃこの試合に限って酷い試合すりゃそうなるわな。
ファン感謝マッチとは相性が悪い気がする。


16(5) 56%
 4(2) 44%

MOM  リクス

 8' リクス (1)

○1-0  1位→
8,363人

・サリッチが移籍後初出場。
・サリッチが頚部挫傷を負い2週間の離脱





9/25  第7節
     vs AB (A/3)



CB、GKに多少優れた選手がいるが、怖い選手は居ない。GKは怪我で開幕から不在。
ABは4-2-3-1


1フラデキー
15スコフ、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、26ヴェンデルボ、7アーネマン
22レンジ、10デンバ・ニレン

16ウィンデ、2ハンセン、29ロシェンベリ、27ソマーズ、21アンデルセン、18ズラタン、11アッガー


アーネマンを左サイド起用。
1部相手のボランチでの活躍はなんだったんだ・・・?


25分、アーネマンのFK、クロスを相手GKがファンブルしてDFヘーグが詰めるもファールの判定。

何が変わったのか。ゆったりまったりしたサッカーしかしてくれない。
全勝中の慢心なのか。メンバーはアーネマンが復帰したというのに。
あの1部と戦った次の若手主体のメンバーで1回やってみるかなぁ。


ゲーム的な指示だが、全体的にドリブルを控えさせる。
更に徐々に上げてた創造性を下げる。やはり創造性のある攻撃をさせようとすると迷ってしまうのか。

変更の効果はすぐ現れた。
54分、デンバ・ニレンが下がってキープ。スペースに飛び込むヴェンデルボが受け、フリーのままダイレクトでレンジへ。
裏を取ったレンジが流し込みエスビャールが先制。
作戦指示は3段階あって消極的、時々、積極的とある。ドリブルを消極的にすると今まで以上にスペースにガンガン走る。
前半とは打って変わってスペースを狙う鋭いサッカーになった。やはり創造性もドリブルも要らないんだ。
バルセロナじゃないしね。

67分、GKフラデキーのフィードで裏を取ったレンジ、飛び込んだデンバ・ニレンへパスを通すと冷静に決めるが
オフサイドの判定でノーゴール。やはり技術の低いレンジは詰められるとテンパるか。

71分、アーネマンに代えてアンデルセン投入。サイドだとアーネマンは器用貧乏というか。
一定の技術はあるが、活かしきれてない感じだ。やはり中盤でボールキープからパスの散らしを期待したいが。
72分、デンバ・ニレンに代えてズラタン・ニールセン投入。191cmの頭を狙いたい。

76分、ヴェンデルボが右に流れながらレンジへキラーパスを通すと、レンジが決め2-0
ヴェンデルボが絶好調で2アシスト目。アーネマンのボランチ起用も難しい。
それにしてもボランチ2枚に囲まれながらのパスは素晴らしい。

85分、レンジに代えてミケル・アッガー(18)投入。
86分、相手の放り込みをDFヘーグがヘディングクリアミス、サイドをそのまま抜かれ中央で合わせられ2-1。
副キャプテン、ヘーグの痛い痛いミス。

88分、ヴェンデルボの中央からのスルーパスで抜けだしたミケル・アッガーが相手CBに倒される。
このプロフェッショナルファールで相手CBアンデルセンは一発レッドで退場。



2-1で勝利。
ヘーグのミスで1点返されたときは焦ったが、18歳のアッガーが退場に追い込んでくれたので助かった。

12(5) 51%
 7(3) 49%

MOM  レンジ

55' レンジ (3)
77' レンジ (4)

○2-1   1,554人


・MFアーネマン(29)が監督である私を公然と批判。「試合中のチームトークは役に立っていない」
・レンジとヴェンデルボが週間ベスト11に選出される

・UEFA U-19チャンピオンシップ予選のためにデンマークU-19代表に
 GKローゼネン(18)、FWアンドレアス・セーレンセン(16)の二人が招集される。
 あれ、前回の4人は?ブレイスウェイトはたしかに先日練習開始した段階だけど、クヌーセンとかバリバリレギュラーだよ。
 ロシェンベリだって結構良い感じだし、アッガーもスピードはあるのに。
 しかし16歳のセーレンセンが選ばれたのは朗報。将来性がある。
・フィンランド代表にGKフラデキー(21)、クロアチアU21代表にサリッチ(20)が招集される






10/2  第8節
     vs Hobro (9/H)



24歳Fwダニーロ・アッリエタがスピードがあり怖いが肉離れで不在。
FW8番スティーブ・ポールセンが技術がある。しかし怖い選手は一切居ない。


1フラデキー
15スコフ、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、26ヴェンデルボ、32ブレイスウェイト
22レンジ、18ズラタン・ニールセン

16ウィンデ、29ロシェンベリ、7アーネマン、27ソマーズ、21アンデルセン、10デンバ・ニレン、11アッガー


監督批判を行ったアーネマンをスタメンから外す。プレー内容もよくなかったし、ブレイスウェイトが復帰した。
ブレイスウェイトが復帰し、左サイドで先発。
更に開幕直後はキーマンだったデンバ・ニレンが少し調子悪いのでズラタンが先発。



雨の中での試合
3分、ズラタン・ニールセンの左サイドからのクロスを相手DFジェシンが後頭部でオウンゴールしてくれ先制。FMゴール。

17分、カールセンから横パスを受けたヴェンデルボが強烈なミドルシュートを左隅に突き刺し2-0。
毎試合何本も撃っては枠の上だったヴェンデルボ砲がとうとう決まった。

25分、相手のクリアミス、ニールセンがドフリーでシュートを狙うも枠の左。これは決めないといけない。


52分、ブレイスウェイトが負傷退場。ミケル・アッガー投入。
完全に負障壁がついてるな・・・

53分、クヌーセンのクロスにファーサイド飛び込んだリクスが決め3-0

アウェーゴール裏の観客が少なすぎる。パッと見で数えれるレベル。なんと15人。
デンマークの都市の位置状況は分からないが、少ない。逆に言えば熱狂的ファン。


64分、相手MFがMFカールセンに対しレイトタックルを仕掛け1発レッドで退場。
68分、ヴェンデルボに代えてロシェンベリ投入。中盤起用。若手起用で経験を積ませます。

82分、クヌーセンに代えてアーネマン投入。左サイドバック起用。


カウンターから怖い場面をたくさん作られながらも3-0で勝利。
相手の3トップに裏を取られ危ないシーンが多かった。4-3-3と相性悪いのかな。

11(4) 63%
10(4) 37%

MOM  クヌーセン

 4' OG
18' ヴェンデルボ (2)
54' リクス (2)

○3-0  6,491人


・ブレイスウェイトが肘の損傷で3週間の離脱
・GKフラデキー、DFスコフ、MFヴェンデルボが週間ベスト11に選出される

・アンドレアス・セーレンセン(16)がカザフスタンU19代表戦に先発。3-0の勝利に貢献。
・フィンランド対スウェーデンでGKフラデキーが先発。代表3試合目。試合は2-3で敗戦
 クロアチアU21サリッチ、デンマークU19GKローゼネンも先発





10/9  第9節
     vs FC Roskilde (12/A)



相手のシステムは5-3-2。足の速い2トップを活かしたカウンターサッカーだと思うが得点力がまるでなく12位。
2勝6敗5得点18失点


GKフラデキーと18歳GKロゼンネリが代表に招集されているので守護神はウィンデ(35)。
そしてベンチにはアカデミーの16歳ヘイベリが入る。背番号は35。ヘイベリは1番を好んでいるらしい。
いずれ1番を付ける日は来るのか。191cm、75kg

16ウィンデ
15スコフ、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
27ソマーズ、6カールセン、26ヴェンデルボ、31リクス
22レンジ、10デンバ・ニレン

35ヘイベリ、29ロシェンベリ、2ハンセン、7アーネマン、21アンデルセン、18ズラタン、11アッガー


相手は引きこもってくるんだろうと予想していたが、3バックのみ残って全員で攻めて来る。
6分、そんな迫力に押されたのか。DF24ヘーグがエリア内で相手を倒しPK献上。
MFラスムセンに決められ0-1

19分、ソマーズのクロスにデンバ・ニレンが飛び込むもオフサイド判定。
21分、スコフのアーリークロスをデンバ・ニレンが頭で決めるもこれもオフサイド判定。

27分、CKからの流れ、ソマーズが深い位置から折り返すと3度めの正直。デンバ・ニレンが飛び込んで同点!


72分、レンジ、ヴェンデルボに代えてアッガー、アーネマン投入。
攻め続けているがなかなかチャンスを作れない。

80分、ソマーズに代えてアンデルセン投入。

攻め続けるエスビャール。
しかし、デンバ・ニレンも決められず時間は刻一刻と過ぎていく。
厳しくなってきた86分、クヌーセンのクロスに飛び込んだのは、途中出場のアンデルセン!
アンデルセンのヘディングシュートでエスビャールが逆転!

92分、最後はクヌーセンのロングスローからデンバ・ニレンがバイシクルで決め3-1
スーパーゴールでこのゲームを締めた。



MOMは2アシストのクヌーセン。
18歳ながらクロスとロングスローは貴重な得点源。


12(5) 64%
 6(3) 36%

MOM  クヌーセン

28' デンバ・ニレン (3)
87' アンデルセン (2)
92' デンバ・ニレン (4)

○3-1  1,403人


・デンバ・ニレンは8月28日以来の得点
・EfBは開幕からリーグ戦9連勝中
・GKウィンデ、DFクヌーセン、MFアンデルセン、FWデンバ・ニレンが週間ベスト11に選出される
 アンデルセンは途中出場で10分しか出てないけどベスト11入っていいのか・・・?

・セーレンセン(16)がハンガリーU19との試合で途中出場。試合は1-1のドロー
・サリッチがカザフスタンU21戦で先発。64分間プレーして1アシスト。試合も4-1で勝利。
・GKフラデキーがハンガリー戦で先発フル出場。試合は2-2のドロー





10/16  第10節
      vs Skive (5/H)



スキフは7人負傷、FWが出場停止で選手が全然残っていない
4-4-1-1でFW2人が居ない状態。GK2人とフィールドプレーヤー9人のみ。
あとは下部組織から上げてくるんでしょう。あまりにも可哀想。


1フラデキー
2ハンセン、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
27ソマーズ、6カールセン、26ヴェンデルボ、31リクス
11アッガー、10デンバ・ニレン

16ウィンデ、29ロシェンベリ、15スコフ、7アーネマン、21アンデルセン、33セーレンセン(16)、22レンジ



U19代表に選ばれ2試合に先発したセーレンセン(16)がベンチ入り
ハットトリックなど、Bチームでゴールラッシュしているミケル・アッガーが先発。レンジはベンチ。

スキフは4-4-2。しかし能力が一桁ばかりの選手が多い。ボランチのトムセン(29)のみ。
技術が高いのでこの人のパス配給を止めればあとは余裕そう。



5分、ヴェンデルボが強烈なロングシュートを決めEfBが先制。
ヴェンデルボは2試合連続ゴール。相手のプレスが一切無くドフリーで打つことが出来たが結構距離があった。

16分、デンバ・ニレンのポストからアッガーが左足で狙うもクロスバー直撃。
16分、右サイドからソマーズの低いクロスにアッガーが飛び込み2-0。
アッガーがエスビャールでのリーグ戦初得点。昨季に3部でデビュー。
20試合で16得点を決めたデンマークの神童が7試合目で初得点。

35分にも速いパス回しから最後はヴェンデルボの30Mロングシュートで3-0。
ヴェンデルボデーかな。ロングシュートが珍しく枠に飛ぶ。相手のプレスがまったく無いから。


39分、DFガードソーが負傷。ピッチ外へ。その隙を突かれクロスから頭で合わされて3-1。
43分、アッガーのスルーパスで裏を取ったデンバ・ニレンが簡単に決め4-1



後半始まってすぐの46分、デンバ・ニレンのポストからリクスがエリア外からミドルシュートを決め5-1

52分、DFヘーグがFWシャーパーのボールを奪おうとタックルを仕掛けるとボールはFWメランダーへ。
GKフラデキーが飛び出すも交わされて5-2

中盤でパスをカットされカウンターを浴びるシーンがたくさん出てきたので
68分、ヴェンデルボに代えてアーネマン投入。試合を落ち着かせたい。

71分、ミケル・アッガーに代えてアンドレアス・セーレンセン(16)を投入。
カップ戦でアマチュア相手に先発したが、リーグ戦初出場。

81分、デンバ・ニレンに代えてロシェンベリ投入。経験と守備固め。


5得点快勝。しかし2失点もしてしまったのはいただけない。
内容もいつもよりボールロストが多く、ボールをキープすることができなかった。


12(6) 56%
 6(2) 44%

MOM  ヴェンデルボ

 5' ヴェンデルボ (3)
17' アッガー (1)
36' ヴェンデルボ (4)
44' デンバ・ニレン (5)
46' リクス (3)

○5-2  6,497人


・セーレンセンがリーグ戦デビュー
・MFヴェンデルボ、MFソマーズ、FWデンバ・ニレンが週間ベスト11に選出される

・Bチームでの試合でアーネマンがハムストリングの肉離れで全治1ヶ月
・Bチームでの試合でMF19ヤコブ・アンカーセン(21)がハムストリングを断裂し3ヶ月の離脱





10/22  第11節
      vs Blokhus (14/A)



1分9敗5得点21失点で最下位のブロクスとの試合
アウェーだが快勝したい。


1フラデキー
2ハンセン、29ロシェンベリ、24ヘーグ、23クヌーセン
27ソマーズ、6カールセン、26ヴェンデルボ、31リクス
11アッガー、10デンバ・ニレン

16ウィンデ、5ガードソー、15スコフ、32ブレイスウェイト、21アンデルセン、13サリッチ、22レンジ


デンマーク2部はベンチにU21の選手を3人入れなくてはいけない
なのでズラタン・ニールセンではなくサリッチ(20)がベンチ入り
前回は途中出場で負傷退場をやってのけたサリッチ。次こそ頑張ってもらいたい。

29ロシェンベリ(19)が先発。ガードソー(31)がイマイチスピードがなく、使いづらい。
ロシェンベリよりかは当然信頼度は高いが、相手は最下位ということもあって経験を積ませます。


試合開始直後からヴェンデルボがアッガーを裏に走らせ続ける。
3分間で3本裏を狙わせチャンスを作ると5分、ハンセンのロングスローをデンバ・ニレンが頭でスらす。
ファーサイドに飛び込んだアッガーが決めエスビャールが先制。

その後もペースは掴み続けるもイマイチ攻め切れないエスビャール。こういう展開には落とし穴がよくあるもの。
20分にクヌーセンサイドからクロスを入れられると、FWポトレスに頭で決められ1-1。
24歳フランス人。今季ブロクスに来てトップチームデビュー。11試合目にしてプロ初得点。ヘーグしっかり。


22分に裏取り、23分にCKから頭と立て続けにデンバ・ニレンがシュートを狙うが決められず。
26分、ショートCKからリクスのクロス、ロシェンベリの頭はクロスバー!
しかしデンバ・ニレンが押し込み2-1で勝ち越し!!




後半エスビャールはカウンターを狙う。速いパス回しからサイドの裏を狙う。
62分、CKからDF29ロシェンベリ(19)が頭で決め3-1!プロ13試合目での初得点。

68分、削られコンディションを落としたヘーグとミケル・アッガーを下げ
DFガードソーとFWブレイスウェイト投入。ブレイスウェイトは怪我からの復帰。トップ下に入り4-2-3-1に変更。

85分、デンバ・ニレンに代えてサリッチ投入。



17(7) 50%
 7(3) 50%

MOM  ロシェンベリ

 6' アッガー (2)
27' デンバ・ニレン (6)
63' ロシェンベリ (1)

○3-1  939人


・MFカールセン、DFロシェンベリが週間ベスト11に選出される





10/30

ガーナ人MFイブラヒム・ディアロ(16)と契約合意。
オランダの名門フェイエノールトのガーナ支部所属。
スカウトを送れないので詳しくは分からないが、フリーキックが上手く技術面も眼を見張るものを持っている。
18歳にならないとガーナから出れないので13年冬に加入予定。
移籍金は掛からず、年俸も1.3万€

左利きでボランチ、左サイド、トップ下を本職にしている。


10/31

ガーナ人MFリカルド・ポーロ(17)と契約合意。
ガーナに拠点を置くレッドブル・サッカーアカデミーに所属。
右利きのスピードのあるドリブラー。本職はトップ下とボランチ。右サイドでもプレー可能。

移籍金110€。つまり1万円と少し。年俸1万€で2014年までの契約。
18歳以下だが、来年の1月17日に18歳の誕生日を迎えるので次の冬に加入予定。
ドリブルだけは素晴らしい物を持っているから獲得を決めました。



11/2

ガーナ人DFイサック・ボアケ(18)と契約合意。
ポーロと同じレッドブル・サッカーアカデミーに所属する左サイドバック。
移籍金150€(1万5000円)で2014年までの契約。年俸は無料のパートタイマー契約。
冬に加入予定。

戦力としては一切考えておらず、ポーロの友人枠として獲得しました。
エスビャールはデンマーク人が多く、地元出身の選手も多数いるのでアフリカ系には辛いかもしれない。
アフリカ系は一人も居ませんしね。
このゲームはメンタル面が重要で、ホームシックにかかろうものなら試合で使えず放出するしかないので
先に手を打っておきました。お金は3年間で150€しか掛かりませんしね。
しかし3年間も年俸なしでどう生活するのか。パートタイマー契約なのでアルバイトする時間はあるが・・・。





ガーナ人を3人獲得したところでパート4終了。



http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y09m22d_130430428.jpg


全勝優勝できるかだけが問題。
ガーナ人の他にエジプトの神童18歳の選手の獲得を狙っているのだが資金がない。
億とかじゃなくて1600万円程度となる16万€でさえもロクにオファーを出せない。
来季昇格して1部マネーで獲得するしかないかな。それまでに他に獲られなければいいが。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/11/04(日) 13:31:18|
  2. EfB|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

EfB5 | ホーム | EfB3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/61-80046de2

| ホーム |