名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

EfB2

7/12  プレマッチ
     vs Brabrand (A)


3部が相手
前の試合から中1日なので控え組。

0-0で終了。
シュート数20-3は差がありすぎだ。
シュートは枠外か枠内でもGK正面ばかり。フィニッシャー獲得しないとやばいかもしれない。
お金ないけど。





7/13  アーノン・スマラソン選手 移籍のお知らせ

アイスランド代表MFアーノン・スマラソン(22)をポルトガル2部Leixoesに移籍金10万€で放出に合意。
これで年俸予算170万€に対して年俸総額145万€と余裕が出た。


予算内に抑えても、負債がまだ130万€あるからか、ろくに契約交渉できない。
参った。若手逃げてしまう。



7/15  イェスパー・レンジ選手 契約更新のお知らせ

FWイェスパー・レンジ(25)と契約延長で合意。
2013年から1年延長し3年契約で年俸も8万€から10万€に昇給した。
契約更改の理由にEfBを愛しているからだと述べ、チーム愛を示してくれた。

この契約延長でセルタも完全に撤退。レンジのチーム残留が決まった。





7/16  プレマッチ
     vs Vejle Koldling (H)


同リーグ

16ウィンデ
19アンケルセン、5ガードソー、14セーレンセン、23クヌーセン
31リクス、29ラウシェンベルグ、27ソマーズ、7アーネマン
22レンジ、10デンバ・ニレン


20分、アーネマンが切れ込んで左足で決め先制
24分、枚数を使って攻めた後のカウンター、クヌーセンがマークを外してしまい1-1
28分、ハーフライン付近からのFK、アンケルセンのクロスをファーサイドレンジがボレーで合わせて2-1!

52分、デンバ・ニレンのエリア外からのミドルシュートが決まり3-1


完勝
同リーグ相手にはもう完全に試合を支配することができる
EfBは思ってた以上に戦力が充実している。





7/20  プレマッチ
     vs AB (H)



同リーグ

16ウィンデ
2ハンセン、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、27ソマーズ、7アーネマン
11アッガー、10デンバ・ニレン


14分、縦パスを通され左足で決められ0-1
20分、クヌーセンが直接FKを決め1-1

31分、デンバ・ニレンがエリア内で倒されPK獲得、カールセンが外す。
カールセンはこれで2本目のPKミス、プレマッチで計3本もPKを外しているEfB、誰が決めれるのか。

42分、ワントップに持ち込まれ強引に叩きこまれ1-2

62分、ソマーズからのスルーパス、抜けだしたレンジがGKをかわして決め2-2
75分、アンカーソンのクロスのこぼれをレンジが押し込み3-2
82分、アンデルセンがドリブルで持ち込み決め4-2


レンジが入ってからはレンジにパスが通り続けチャンスの連発。
レンジはメンタル面が充実しているからパスの貰い方などが上手い。
しかしオフサイド連発。抜け出してもシュートを枠に飛ばせないのはお愛嬌。
それでも2得点で逆転勝利に大きく貢献。

チームのオフサイド5、内4がレンジ
チームのシュート18、内7がレンジ、枠内は2で得点以外は全部枠外

CBの連携に不安が残る試合
レギュラー二人が組んで今日の出来は怖い。
他に優れた選手は居ないのでこの二人がダメだったら少し厳しい。
U19代表DFラウシェンベルグの出番が増えるか





7/23  ブライアン・ラウドルップ コーチ就任のお知らせ

ミカエル・ラウドルップの実弟で元デンマーク代表のブライアン・ラウドルップと契約合意、コーチに就任。
技術指導、攻撃面指導は優れたものを持っているが、選手に対して厳しくなることができないタイプみたいです。
メジャー選手をコーチに招聘し、チームの評判を上げると共に、兄ミカエルの二人の息子獲得の布石としたい。
現状ではそっぽ向かれています。





7/25  1th,Mira's Cup
     vs Viborg (H)



同リーグが4クラブ集まった3日間でのEfB主催トーナメント戦
大会名は監督名から。初戦勝てば翌日に決勝。中1日置いて3位決定戦。

1フラデキー
15スコフ、5ガードソー、14セーレンセン、ユース
21アンデルセン、ユース、26ヴェンデルボ、19アンケルセン
22レンジ、32ブレイスウェイト


22分、CKからのこぼれ、LSBのイェンセンのパスで抜けだしたブレイスウェイトが決め1-0

危なげなく試合を進め、1-0で勝利。
怪我から復帰したブレイスウェイトは復帰2戦目でゴール。
レギュラー争いに食い込む。



7/26  1th,Mira's Cup
     vs FC Fredericia (H)


16ウィンデ
2ハンセン、29ラウシェンベルグ、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、27ソマーズ、7アーネマン
11アッガー、10デンバ・ニレン


27秒、デンバ・ニレンが持ち込み決め1-0
21分、CKからの流れ、最後はデンバ・ニレンが流し込み2-0

62分、速いリスタートからDFヘーグが豪快なミドルシュートを叩きこみ3-0

優勝
18歳のアッガーは少し厳しいか。出場しても特に効果的な動きができない。
しかしレンジは出場すれば常に裏を狙い下がり目でプレーするデンバ・ニレンもプレーしやすいように見える。

前半で負傷交代したアーネマンはハムストリングの肉離れで全治4週間
代わりに入ったブレイスウェイトは左サイドから面白い仕掛けをしていた。
しかしドリブルでの仕掛けしかできないブレイスウェイト、アーネマンはなんでも出来ただけに離脱は厳しい。





8/3  プレマッチ
    vs AB (H)


最後のプレマッチ。同リーグと対戦。

1フラデキー
2ハンセン、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、6カールセン、26ヴェルデルボ、32ブレイスウェイト
22レンジ、10デンバ・ニレン



だいぶ仕上がったEfB、相手に攻める機会を与えず常に攻め続ける。
そして13分、デンバ・ニレンのパスで抜けだしたMFリクスが決め1-0

17分には切れ込んだブレイスウェイトのパスでレンジが裏を取るが惜しくも枠の右。
今季はこのレンジの決定力の無さに悩まされるシーズンになるな。

19分、ブレイスウェイトが左サイドからドリブルで勝負しエリア外でファールをもらう。
リクスの速いクロスにファーサイド、DFガードソーがダイレクトで流し込み2-0
25分、リクスのスルーパスからレンジのミドルシュートだったが今度はクロスバー直撃。徐々に枠内に近づいてきた。

44分、デンバ・ニレンがエリア外から決め3-0

50分、エリア内でブレイスウェイトが勝負、カットされるもこぼれ球をレンジが押し込み4-0
66分、CKから途中出場ミケル・アッガーが頭で決め5-0


同リーグ相手に完勝
最早シーズン開始前に昇格を決める勢い。
まあ戦力差的に当たり前なんですけどね。

29(10) 69%
 1(1)  31%

○5-0





DFラウシェンベルグ、DFクヌーセンなどがデンマークU19代表選出から落選。
能力自体は負けてないのだが、降格効果か。
しかしその御蔭で開幕前の国内カップ戦に出場できる。
シーズンで活躍し、年代別代表に返り咲きたい。





8/11  DBUポカレン1回戦
     vs Brande (A)



アマチュアクラブとのカップ戦
アカデミーからヤコブ・アンドレアセン(17)がトップチームに昇格
188cmで高さに強い。右サイド、左サイドをすべてこなし、ボランチでもプレー可能とプレーエリアの幅が広い
背番号28


1フラデキー
15スコフ、5ガードソー、29ラウシェンベルグ、23クヌーセン
21アンデルセン、28アンドレアセン、27ソマーズ、32ブレイスウェイト
22レンジ、25ヴェスタガード

16ウィンデ、2ハンセン、19アンカーセン、11アッガー


このカップ戦はベンチ枠15。控えは4人しか入れられません。GKは控えに一人登録しないといけない。
相手がアマチュア、リーグ開幕が3日後ということもあって主力を半分休ませる。


6分、FKからクロスにDFガードソーが頭で合わせるも枠の上
ブランデはゴール前人数を増やして堅めてくる
高さのあるプレーヤーは居ないため速いサッカーを狙わせる。

ゴール前でなかなか合わなかったが、25分、アンデルセンのクロスにブレイスウェイトが飛び込んで合わせ1-0

27分、ヴェスタガードからクロスを受けたレンジのシュートは枠の右
    更に中盤からドリブルで持ち込んだソマーズのシュートも枠の右

30分、裏を取ったレンジがエリア内で倒されPK獲得、アンデルセンが決めて2-0

69分、ブレイスウェイトに代えてアンカーセン
76分、レンジ、クヌーセンを下げてアッガー、ハンセン投入


アマチュア相手には少しさびしい2-0での勝利
レンジやアッガーが決定機をモノにすることができなかった

26(9) 56%
 3(1) 44%

26’ ブレイスウェイト
32’ p アンデルセン

○2-0


2回戦進出
それにしてもデンマークは他の国と比べてニュースの量が多すぎる
1日過ぎるとメールが50通くらい溜まっている
だいぶ削除したのに多いままだ





8/14  デンバ・ニレン選手、クリスティアン・スコフ選手 契約延長のお知らせ


契約が残り1年となっていたFWデンバ・ニレン(32)と1年間の延長で合意。
年俸は5.3万€から5.7万€に昇給。
更にシーズンで30得点したら1.2万€のボーナスが出る。
しかしシーズンは26試合しかないので30得点は無理でしょう。


今年末までの契約だった右サイドバックのクリスティアン・スコフ(19)と2013年までの契約延長で合意。
トップチームで唯一のパートタイマー契約選手。フルタイム契約に切り替えたいが相手が望まない。





8/14  第1節
     vs Naestved (H)



メディア予想で9位のクラブとの開幕戦。
なんと相手は2部リーグ唯一のアマチュアクラブ。選手は完全に無償でプレーしています。
一方こちらの平均年俸は5.9万€。絶対に負けられない戦い。プロ選手のプライドがある。

相手チームの選手を調べていたらほとんど能力が隠されているが結構能力の高い選手が多い。
しかもFWにはイラク代表21歳ムスタファ・ハッサンがいる。
決定力は無いが、スピードがあり非常に厄介。

アマチュアクラブってこんなに優れた人材が集まるもんなの?
アマチュアクラブを率いたことなかったから知らなかった。
アマチュア契約だと選手を維持するのが難しいから強くなるのは難しいだろうけど、1試合勝負となったら脅威となる相手。



1フラデキー
2ハンセン、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
31リクス、26ヴェンデルボ、27ソマーズ、32ブレイスウェイト
22レンジ、10デンバ・ニレン

16ウィンデ、15スコフ、29ラウシェンベルグ、21アンデルセン、19アンカーセン、28アンドレアセン、11アッガー

32歳MFカールセンが出場停止
昨季の赤とかが残ってたのかな。


相手は4-2-2-2。中盤ボランチを下がり目に配置し、スピードのある2トップでカウンター狙いか。
やはりイラク代表FW23ハッサンには要警戒。

こちらのCBはヘーグはスピードがあるが、ガードソーは一切スピードがないため、ヘーグにカバーリングを指示。
FW23ハッサンとのマッチアップがガードソーなので怖い。右SBのハンセンにもフォローを指示。

しかし受け身になる訳にはいかない。EfBは優勝を義務付けられたクラブ。DF3枚を残して全員攻撃。
小雨の降る中での試合。
1分、デンバ・ニレンのパスで裏を取ったレンジ、左に流れながらの左足でのシュートはどこか遠くへ。
シュートは案の定酷いが早速主導権を握れたか。

2分、FW23ハッサンが下がりながらボールを受け可能性のないミドルシュート。
ガードソーが徹底マンマークをしているので動きづらそう。
スピードはもう衰えていても、元デンマーク代表。1対1であっさり抜かれることはないだろう。
となれば、ハッサンが抜け出すスペースを与えなければ良い。


9分、ボランチからのロングボールでFWハッサンに抜け出されるもGKフラデキーが飛び出してカバー。
やはり相手はFWハッサンのスピードに頼った戦術のようだ。非常に危険なシーズンだった。

13分、ブレイスウェイトが切れ込んでエリア外からシュートを狙うも左のポスト直撃。
19分、CKからDFガードソーのどフリーでのヘディングは枠の右。

攻めども攻めどもGKの正面にしか飛ばないシュート。
しかしゴールも時間の問題。

28分、EfBの速攻。ヴェンデルボのパスで裏を取ったブレイスウェイトが左隅に決めEfBが先制!
怪我から復帰し、結果を残し続けているブレイスウェイト。カップ戦に続き2試合連続ゴール。

この得点でこのまま押し込めるかと思われた30分、クヌーセンが突破され速いクロスを入れられると
FW23ハッサンにダイレクトで流し込まれ1-1。得点し完全に油断と慢心があった。

38分、デンバ・ニレンのパスで裏を取ったレンジのシュートは明後日の方向。
流石にレンジのシュート精度がマズいと悟り、レンジは下がり目でプレーさせデンバ・ニレンを前に出す。



前半の最後のプレーでガードソーのタックルを受けたFWハッサンが負傷退場。
スピード系のFWが投入される。しかしキーマンとなっていたハッサンの退場は嬉しい。


後半開始早々、ハンセンのロングスローからのこぼれをデンバ・ニレンが狙うもGKがCKに逃れる。
更にCKでガードソーがこぼれを押し込むもGKがガッツでセーブ。

59分、デンバ・ニレンのミドルシュートは惜しくも枠の左
65分、デンバ・ニレンがドルブル突破、エリアギリギリでファールを貰いFKを獲得。
あと1歩入ってればPKだった。ゴール正面17M程度。デンバ・ニレンが右上を狙うと壁の上を越えて決まり2-1!!!

レンジに代えてミケル・アッガー投入。
レンジはよく走るから好きなんだがもう少し枠に飛ばせないだろうか。もう決まらなくてもいいから枠に蹴って欲しい

73分、相手の猛攻、ミドルを打たれGKフラデキーが弾いたところを押し込まれるもオフサイド判定で助かる。

81分、負傷したリクスに代えてアンデルセン投入。
83分、ソマーズに代えてラウシェンベルグ投入。守備固め。

84分、左サイドでFKを獲得、アンデルセンのクロスにDFガードソーが頭で決め3-1



案の定イラク代表FWに怖い目にあったが3得点で快勝。
特に2点目、3点目はセットプレーということもあり助かった。
プレマッチでは一切成功しなかったセットプレーは本番で上手くいくとは。

それにしてもこのスタッツで苦戦するからフットボールは難しい。
ハッサンが怪我で離脱してなかったらヤバかったかも。
ハッサンは45分でシュート4本、枠内3本。

25(13) 60%
 7(4)  40%

26’ ブレイスウェイト (1)
66’ デンバ・ニレン (1)
85’ ガードソー (1)

○3-1
6,814人収容

・ブレイスウェイトはプロ入りリーグ戦初得点。27試合目での得点。
・DFガードソーはEfBでの初得点。23試合目での得点。通算で15得点目。
・リクスがつま先の突き指で10日間の離脱

・ガードソーが週間ベスト11に選出される





8/20  第2節
     vs Bronshoj (7/A)



相手はセミプロチーム
最高年俸は1.7万€程度の規模。
EfBが総年俸150万€、対するブレンシェイは25万€と大きな差がある。

相手は前節のネストヴェズに比べて優れた選手は少なそう
ネストヴェズはどういうコネでイラク代表をアマチュア契約で引っ張ってきたんだ。
理由としては恐らくイラク人の出現が少なく、消去法でイラク代表になったんだろうけど、
それでも能力的に優れてるのでなんで合意できたのか。


1フラデキー
2ハンセン、5ガードソー、24ヘーグ、23クヌーセン
21アンデルセン、6カールセン、26ヴェンデルボ、32ブレイスウェイト
22レンジ、10デンバ・ニレン

16ウィンデ、15スコフ、29ラウシェンベルグ、27ソマーズ、19アンカーセン、25ヴェストガード、11アッガー


負傷したリクスに代わりセバスティアン・アンデルセン、ボランチにはカールセンが出場停止が明け復帰。
相手は4-4-2。高さより速さで勝負してきそうだが、怖い選手はいない。

2分、5分と立て続けにFKから頭で狙われるもどちらも枠の上。
余裕の試合だと思っていたが、ブレンシェイが攻めるシーンが続く。
やはりネストヴェズと違って繋いでくると怖さがある。

難しい試合になるかと思った15分にクロスのこぼれ球をヴェンデルボがエリアギリギリから狙うと
GKが弾きながらも決まりEfBが先制。

30分、ヴェンデルボのデンバ・ニレンに対するスルーパスをオフサイド上にいたレンジがかっさらって決めるもオフサイド判定
それにしてもレンジはパスに対する反応はやたら速い。

54分、ハンセンのロングスローから受けたデンバ・ニレンがねじ込み2-0
相手選手に当たって入ったこのゴールはオウンゴール判定


75分、レンジ、クヌーセンを下げてアッガー、ラウシェンベルグ投入
83分、ヴェルデルボに代えてソマーズ投入


前半は難しい展開になるかと思われたが

19(8) 50%
11(3) 50%

16’ ヴェンデルボ (1)
55’ OG

○2-0
1,401人収容

・GKフラデキーが今節のベストイレブンに選出される



8/20  モルテン・ニールセン選手 加入のお知らせ


現在フリーだったFWモルテン・ニールセン(21)と契約合意。
左利きで191cmと高さがありながらスピードを兼ね揃えるスケールの大きいストライカー。
コペンハーゲンの下部組織出身で16歳でイングランドの名門チェルシーに引き抜かれる。
3シーズンチェルシーのアカデミーで技術を磨きスウェーデン2部のランドスクロナで2シーズンプレー。 
18試合に出場4得点だった。他にもオランダ1部AZ、デンマークのミルティアンなどを経てEfBに加入した。

契約はパートタイマー契約で、2年契約、年俸3.1万€となった。
本当は補強の必要はないが、スケールの大きさから一目惚れ。
高さのあるFWも居なかったからパワープレー要員としても使える。
でもやはり目指せデンマークのズラタン。左サイドハーフとしてもプレー可能

28番の望んでいるが、先日昇格してきたアンドレアセンがつけたため18番に。

それにしてもフロントがパートタイマー契約しか許してくれないのでやり辛い。
パートタイマーだとどうしても練習量が足りず、育成にならない。
昇格したら大丈夫なのか、それとも財政的な問題か。現在負債は160万€。



8/22  ラウス・ウィンデ選手 契約延長のお知らせ



2013年末まで契約があったGKラウス・ウィンデ(35)と半年の延長で合意。
それに伴いフルタイム契約からパートタイマー契約になり、年俸も11万€から3.5万€にまで減俸となる。

GKコーチも兼任しているベテランGKで、恐らくGKフラデキー(21)がゴールマウスを譲ることは無いため
減俸交渉をメインで契約を延長しました。
これで年間7万€の節約となります。しかしGKコーチがパートタイマー契約って大丈夫なのかな?分からない。
練習効率みたいなゲージは以前と変わらず。

これでニールセンが加入したものの総年俸を145万€にまで縮小することが出来た。





http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y09m16d_061128323.jpg


開幕2連勝で現在2位。
思ってたほど試合は楽ではないが、昇格はできそう。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/09/28(金) 18:00:00|
  2. EfB|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

EfB3 | ホーム | EfB1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/59-81d96606

| ホーム |