名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン22

11/22  第19節
      vs Preston (20/H)



1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、6ホーン、13ドッド
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、14カルモナ
19バクスター、25アネケ

20ケネディ、17ジャックマン、22Rヒューズ、24GMS、10アンディ・ジョンソン



サーキッチがミッドウィークにモンテネグロU21代表の試合に出場したため
ドッドが先発入り
攻撃的なドッドですが、サーキッチと同じく守備的なプレーをさせる
アンディ・ジョンソンが怪我から復帰、ベンチ入り



両チーム一進一退の攻防
どちらが決めてもおかしくない展開

27分、ウィッティンガム、バクスター、アネケのパス回しから最後はウィッティンガムの縦パスを
     バクスターがダイレクトでいなし、アネケが抜け出して右隅に流しこみインプスが先制!
35分、ウィッティンガムのCKからアネケがダイレクトで流し込み2-0


後半に入り47分、アトキンソンのロングスローからCKを獲得
このシーンでアネケがPKがあったとして主審に抗議しイエローをもらってしまった
今作で抗議でのイエローは初めてなので軽く嬉しい、いや嬉しくはないんだが

48分、ウィッティンガムのCKで後ろから飛び込みズドンと弾丸ヘディングをキャプテンウットンがかまし3-0
こんなに速いヘディングシュートを初めて見た


57分、バクスターに代えてアンディ・ジョンソン投入
66分、エバンスに代えてRヒューズ
67分、ウィッティンガムのFKからアンディ・ジョンソンが頭で決めて4-0
78分、ミラーに代えてGMS

82分、オバーシュミッツのゴールキックを相手にヘディングクリアされ
     FWに抜けだされ4-1



完勝!
MOMは3アシストのウィッティンガム
プレイスキックの精度を見せてくれた


11(7) 52%
9(2)  48%

MOM ウィッティンガム

28’ アネケ (6)
36’ アネケ (7)
49’ ウットン (1)
68’ アンディ・ジョンソン (7)

○4-1  8位↑


ホームで今季最高の集客となる7,284人を収容したこの試合
快勝を魅せることができた。集客に影響してくれたら嬉しい






11/26  FAカップ1回戦再試合
      vs Yeovil (H)



1オバーシュミッツ
2ハント、5ウットン、6ホーン、13ドッド
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、24GMS
19バクスター、25アネケ

35ルイス・キング、20ケネディ、29アトキンソン、17ジャックマン、22Rヒューズ、14カルモナ、10アンディ・ジョンソン



前回のヨービル戦
FAカップはベンチ入りは18人だということを忘れていてベンチに5人しか座らせてませんでした
そして今回、同日にリザーブでの練習試合が組まれていて控えGKのスコットがそちらに出場したので不在
21歳GKルイス・キングを招集してベンチ入りさせました


31分、相手のクロスをクリアしきれず、押し込まれ0-1

インプスも攻めるが相手GKのファインセーブショーで決めれない

64分、GMS、ドッドを下げてカルモナ、ジャックマン投入
74分、ミラーに代えてアンディ・ジョンソン投入

84分、カルモナが負傷退場、10人に



10(4) 53%
5(3)  47%

●0-1  1回戦敗退



決定機はあった
バクスターがここまで決定力無いとは
5,588人の観衆の前で酷い試合やってしまった





12/2  JPT北準決勝
     vs Oldham (12/A)



1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、6ホーン、26サーキッチ
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、14カルモナ
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

20ケネディ、17ジャックマン、22Rヒューズ、24GMS、19バクスター


20分、CKからDFホーンが頭で決めインプスが先制
     カップ戦で増えてきたセットプレーでの得点

両チームチャンスはたくさんあるがシュートに精度を欠く

46分、CKからニアサイドに飛び込まれ1-1
52分、CKからDFホーンが2点目を決め2-1
53分、ウィッティンガムに代えてRヒューズ投入
67分、カルモナが突破からうまく巻いて決め3-1
68分、ミラーに代えてバクスター投入
79分、アンディ・ジョンソンに代えてGMS投入


3-1で勝利、決勝進出

9(6)  49%
12(2) 51%

21’ ホーン
53’ ホーン
68’ カルモナ

○3-1 決勝進出





12/6  第20節
     vs Colchester (3/A)



1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、6ホーン、26サーキッチ
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、14カルモナ
10Aジョンソン、25アネケ

20ケネディ、17ジャックマン、22Rヒューズ、24GMS、19バクスター



カウンターからチャンスを作ったりするが
基本的には相手の攻撃が続く
抜けだしたウィッティンガムのシュートは相手GKのファインセーブで得点ならず

それでも前半終了間際、ジョンソンのパスで抜けだしたエバンスがGKとの1対1の前で横パス、
ウィッティンガムが空いたゴールに流しこみインプスが先制!

70分、カルモナ、アネケに代えてGMS、バクスター投入
     アネケを珍しく途中で下げる、今日のプレーは良くなかった
     良くなくてもアネケのフィジカルに賭けることは多いが、バクスターとAジョンソンのコンビを見てみたい
77分、ミラーに代えてジャックマン投入



オバーシュミッツの大ファインセーブショー、ハンパじゃなかった
カウンターから1点取って後はみんなで守り切る
徹底されたサッカーで3位の相手に勝利


7(4)  44%
19(9) 56%

MOM  オバーシュミッツ

45’ ウィッティンガム (3)

○1-0  7位↑


サーキッチが累積警告で次節出場停止
ダニー・ホーンがリンカーンでのリーグ戦通算200試合出場達成





12/13  第21節
      vs Notts Co (10/H)



1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、6ホーン、13ドッド
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、14カルモナ
10Aジョンソン、25アネケ

20ケネディ、22Rヒューズ、17ジャックマン、24GMS、19バクスター


14分、FKから頭で合わせられて失点
    マーカーはウットン。何をやっているんだ
40分、ハーフライン付近からのウィッティンガムのFK、ふんわり放り込みをアネケが頭で叩き込んで同点
     かと思ったがファールの判定でノーゴール


62分、カルモナ、ミラーを下げてGMS、バクスター投入
75分、エバンスに代えてRヒューズ投入


相手の引いた守備を崩せない
それでも78分、アネケがエリア内でファールをもらいPK獲得!
アンディ・ジョンソンが決め同点!


相手はその後時間稼ぎ、勝ち点1を奪いに来られ、そのまま試合終了
シュートは多かったものの決定的な場面を作ることができず
できた決定機もすべて決めきれなかった


13(3) 56%
9(3)  44%

80’ p アンディ・ジョンソン (8)

△1-1  8位↓


今季最多となる7,551人の観衆の前で厳しい試合をしてしまった





12/20  第22節
      vs Crawley (17/A)


1オバーシュミッツ
2ハント、5ウットン、6ホーン、13ドッド
16ミラー、21エバンス、23ウィッティンガム、14カルモナ
10Aジョンソン、25アネケ

20ケネディ、22Rヒューズ、7ソーンダース、24GMS、19バクスター


ジャックマンがリザーブでの試合で負傷、3週間の離脱


5分、エバンスからパスを貰ったAジョンソンが豪快なミドルシュートを左隅に突き刺しインプスが先制
11分、カルモナが負傷退場GMS投入
11分、Aジョンソン以上の距離からロングシュートを決められ同点

アネケのシュートは2本もバーに阻まれたりと、攻撃面で運が無い

51分、CKからDFホーンが頭で決め勝ち越し
     ホーンは今季リーグ戦2点目
53分、カウンター、Aジョンソンのロングボールで抜けだしたアネケの折り返し
     Aジョンソンが飛び込み3-1!長い長いワンツーパスとなった

57分、ウィッティンガムが負傷退場、Rヒューズ投入
87分、ハントに代えてケネディ



カウンターサッカーで勝利
最近カウンターの精度、頻度が上がってきたような

8(4)  49%
12(5) 51%

MOM アンディ・ジョンソン

 6’ アンディ・ジョンソン (9)
52’ ホーン (2)
54’ アンディ・ジョンソン (10)

○3-1  7位↑


ウィッティンガムは3週間の離脱
攻守の中心となっていたウィッティンガムの離脱は痛い
ジャックマンも居ないしRヒューズがスタメンに復帰かな




12/26  第23節
      vs Crystal Palace (14/H)




1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、6ホーン、26サーキッチ
16ミラー、21エバンス、22Rヒューズ、14カルモナ
10Aジョンソン、25アネケ

20ケネディ、8オキーフィ、7ソーンダース、24GMS、19バクスター


ボクシングデーでリーグ戦折り返しとなる試合
次の試合は28日日曜日、中1日となる


6分、カルモナの低いアーリークロスにニアサイド、飛び込んだアネケが流し込んでインプスが先制!


後半開始直後となる48分、アンディ・ジョンソンが負傷退場
バクスター投入、長引かなければいいが。アンディは怪我に弱い

81分、カルモナに代えてソーンダース
85分、エバンスに代えてオキーフィ


ピンチはたくさんあったが運良く守りぬき勝ち点3獲得
最近オバーシュミッツに助けられ続けている
この19歳のドイツU19代表GKは今季一番伸びてると思う
エバンスも前は守備面ボロボロだったが、最近攻守のバランスが良くなってきたし
サーキッチも徐々に守備面で信頼感を得てきている・・・のかな?
対人でやられる場面が多く、突破されてクロスを入れられているのだが
ホーン、ウットンが弾き返すのでほとんど失点に結びついていない
むしろサーキッチの場所から攻めさせているという感覚すら出てくる
アトキンソンやドッドからは失点してしまうのになんでだろう

しかしウィッティンガムが居ないと中盤のクオリティーが一気に下がってしまう


5(2) 52%
9(2) 48%

MOM オバーシュミッツ

 7’ アネケ (8)

○1-0  6位↑



プレーオフ圏内に返り咲き!
アンディは2ヶ月の離脱
昨季に続いて今季も長期離脱となってしまった





12/28  第24節
      vs Wycombe (15/H)



1オバーシュミッツ
2ハント、5ウットン、20ケネディ、13ドッド
7ソーンダース、21エバンス、8オキーフィ、24GMS
19バクスター、25アネケ

29アトキンソン、22Rヒューズ、14カルモナ、27オサリバン、39アンバル



中1日での今年最終戦
キツイと思うので思い切ってメンバーをほとんど替えて挑む
オバーシュミッツ、ウットン、エバンス、アネケ以外全員変更


開始早々54秒
バクスターの落としにオキーフィが豪快なミドルシュートを突き刺してインプスが先制

30分、バクスターのシュートはGKに弾かれるもソーンダースが詰めて2-0



相手は疲労からかまったくプレスできず
フリーでバクスターが触っている

52分、バクスターへのレイトタックルで相手選手が退場
54分、オキーフィの30M以上の超ロングシュートが突き刺さり3-0、プレスがまったく来ない
63分、オキーフィのエリア外からのシュートは相手に当たってコースが変わりながらも決まり
     ハットトリック達成で4-0

70’ バクスター、エバンスを下げてアンバル、オサリバン投入


オキーフィのハットトリックで完勝


14(8) 55%
7(2)  45%

MOM  オキーフィ

 1’ オキーフィ (2)
20’ ソーンダース (4)
55’ オキーフィ (3)
64’ オキーフィ (4)

○4-0  6位→





12月の月間最優秀監督賞を受賞



http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y07m18d_151133155.jpg


日程1/日程2

未消化の試合を勝てば、プレーオフ争いに一気に食い込める位置
なんか下でまったりしたい気持ちが最初あったが、今は上に上がって育成したいと思うようになった
だったらリーズで続ければよかったのに・・・!
でもここまでやった手前、愛着もありやめられない
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/08/15(水) 22:20:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーン23 | ホーム | リンカーン21

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/49-72450505

| ホーム |