名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン20

8/12  カーリングカップ1回戦
     vs Nottm Forest (H)




2部リーグのノッツ・フォレストとの試合

1オバーシュミッツ
29アトキンソン、3ハドソン、5ウットン、13ドッド
27オサリバン、8オキーフィ、22Rヒューズ、28リーチ
10アンディ・ジョンソン、9アダムス

18スコット、6ホーン、26サーキッチ、17ジャックマン、21エバンス、11ヘミングス、39アンバル



14分
あまりにも相手に裏を取られるので最終ラインは下げるように指示


33分、CKからのこぼれ球を押し込まれ0-1
35分、アンディ・ジョンソンのパスで抜けだしたオキーフィのシュートは
     GKが触ってポスト直撃

63分、カウンターからサイドを突破され失点
66分、ウットン、Rヒューズを下げてサーキッチ、ジャックマン投入
74分、アダムスに代えてヘミングス
78分、失点、0-3
85分、0-4



最低の試合
勝てるとは思ってなかったけど、あまりにも酷すぎる
60分までは完全に試合を支配していた
セットプレーで失点したけど、それだけだった。

2失点目からみんなの体力が切れたのか、ボロボロで一方的に
特にウットンが酷かった


10(2) 54%
20(9) 46%

●0-4  1回戦敗退





8/15  チャクス・アネケ選手 加入のお知らせ



アーセナルから契約満了でフリーとなっていたチャクス・アネケ(21)と契約合意  
年俸5.7万€、5年契約となった
イングランド・ロンドン出身のイングランド人だが
ルーツであるナイジェリアのU20代表で18試合に出場、4得点を記録
2013年にナイジェリアU20代表でアフリカンU20チャンピオンシップで3位になっている

身長188cm、体重95kgと非常に大柄だがスピードがあり、当たり負けしないほどのパワーも持っている
本職はボランチだが、トップ下、右サイドでもプレー可能


アーセナルの下部組織出身
12-13シーズンにはプレミアリーグで2試合に出場
レンタル先の3部リーグで21試合に出場、2得点を記録している  



この補強は非常に悩みました
あんまり選手を入れ替わり立ち代り、替えたくなかった
しかし安かったので思い切って補強
インプスではFWにコンバートする可能性もあります







8/16  第2節
     vs Tranmere (8/H)




昨季3部17位のトランメアとの試合
直接対決成績は0勝1敗、おそらくカップ戦での対戦


1オバーシュミッツ
29アトキンソン、6ホーン、5ウットン、17ジャックマン
7ソーンダース、21エバンス、22Rヒューズ、14カルモナ
9アダムス、10アンディ・ジョンソン

18スコット、3ハドソン、8オキーフィ、27オサリバン、11ヘミングス


過密日程で苦しい
怪我人が多数いて選手が足りない
ジャックマンが左サイドバックに入る

 3分、楔のパスを受けたアダムスが流すと、
     ソーンダースがダイレクトで低い弾道のミドルを突き刺しインプスが先制!
 9分、エバンスからパスを受けたアダムスが、エリア隅からゴール右上隅に決め2-0!

35分、左サイドから速いクロスを入れられるとクリアしきれず、こぼれ球を決められ2-1


前半はインプスペースも
後半になり相手にボールを守られるシーンが多くなってくる

69分、アダムス、エバンスを下げヘミングス、オキーフィ投入


相手は3-4-3に変更して勝負を掛けてくる
78分、アトキンソンに代えてハドソン投入、守りに入る
本当はソーンダースに代えて5バック的にしようかとも思ったけど、
あまりに受け身になるとやられることもあるのであくまで4バックを崩さず。

カウンターからヘミングス、カルモナ、オキーフィが決定機を得るも決めきれず


後半ATに超ピンチを迎えるも相手が外してくれて勝ち点3獲得
やはり相手が3バックだと速い攻撃が効果的にできる
その中で決めきれなかったのは痛い


14(5) 58%
12(5) 42%

MOM  ジャック・アダムス

 4’ ソーンダース (1)
10’ アダムス (1)

○2-1  8位↑





8/19  第3節
     vs Millwall (1/A)



開幕2連勝で現在1位のミルウォールとのアウェーマッチ

1オバーシュミッツ(19)
29アトキンソン(21)、6ホーン(24)、5ウットン(22)、13ドッド(21)
27オサリバン(20)、21エバンス(19)、22Rヒューズ(35)、14カルモナ(22)
9アダムス(21)、10アンディ・ジョンソン(33)

18スコット(23)、3ハドソン(32)、17ジャックマン(31)、8オキーフィ(25)、11ヘミングス(23)



年齢的なバランスが良い、少し若いけど
ギャリー・マッケイ-スティーブンが調整試合でまた怪我をし3週間の離脱
カルモナも獲っておいてよかった。しかしまだカルモナも状態は良くない

相手は下部の強豪ミルウォール
フーリガンで名高いクラブです
守ってカウンターを徹底させたい



6分、前節得点を決めたジャック・アダムスが負傷退場
    今季のこの怪我の多さはなんなんだ。ヘミングス投入

18分、ディフェンスラインの真ん中を破られ失点


69分、エバンス、オサリバンを下げてオキーフィ、ジャックマン投入


カウンターはできるのだが
持ち込むところでヘミングスが奪われ、チャンスができない
そんなこんなで0-1で敗戦
ピンチらしいピンチも失点の場面しかなかったし、カウンターで点を取りたかった


ウットンがこれで3試合で3枚目のイエローカード
やはり守備、攻撃の局面的な攻防の能力差が厳しくなってきた

ホーンが終了間際に負傷、ハムストリングの肉離れで5週間の離脱
アダムスが肋骨の骨折により2ヶ月の離脱
今年もアダムスが序盤に長期離脱
もう放出しよう。冬にしよう。


5(3) 44%
7(2) 56%

●0-1  12位↓





8/23  第4節
     vs Oldham (17/H)



昨季3部13位
今季1勝2敗で17位


1オバーシュミッツ
29アトキンソン、3ハドソン、5ウットン、13ドッド
7ソーンダース、21エバンス、8オキーフィ、17ジャックマン
39アンバル、10Aジョンソン

18スコット、26サーキッチ、22Rヒューズ、27オサリバン、11ヘミングス


怪我人と過密日程でベストなメンバーを組めない
ジャックマンが左、CBにハドソン、FWにアンバルが入る


6分、左に開いたAジョンソンから受けたジャックマンのシュートは枠の右
9分、エバンスから楔を受けたAジョンソン、キープしながらオキーフィの上がりを待つ
    そして裏へ抜けだしたオキーフィにラストパスを通すと、オキーフィが決めインプスが先制!

29分、MFブラックに抜けだされてシュートを打たれるもGKオバーシュミッツのグッセー
33分、ジャックマンが後ろからタックルをしたとして一発レッドで退場
     アンバルに代えてオサリバン投入、左サイドに
     FKから合わせられて同点にされてしまう
52分、ふんわりクロスから頭で叩きこまれ1-2

73分、オキーフィ、ソーンダースに代えてRヒューズ、ヘミングス投入


敗北
前半は素晴らしい流れだったが、退場者を出してから一方的にやられた

6(1) 40%
6(3) 60%

10’ オキーフィ (1)

●1-2  17位↓


オキーフィがインプスの選手として150試合出場達成





8/30  第5節
     vs Leyton Orient (21/H)




初対戦
昨季3部8位
今季1勝3敗で21位、開幕3連敗後前節バーンズリー相手に勝利



18スコット(23)
2ハント(30)、3ハドソン(32)、5ウットン(22)、13ドッド(21)
7ソーンダース(31)、21エバンス(19)、8オキーフィ(25)、14カルモナ(22)
39アンバル(19)、10アンディ・ジョンソン(33)

1オバーシュミッツ(19)、29アトキンソン(21)、22Rヒューズ(35)、16ミラー(20)、11ヘミングス(23)



ニッキー・ハントが初先発
GKスコットも今季初出場

9月5日、8日の試合にGKオバーシュミッツ、DFサーキッチが各年代別代表に招集される


17分、右サイドを切れ込まれ、クロスから頭でたたきつけられて0-1
30分、左サイドをドリブルで突破されクロスから合わせられて0-2

50分、アンバル、ソーンダースに代えてミラー、ヘミングス投入
55分、アーリークロスから頭で合わせられ0-3、完全に守備が崩壊ホーンがいなくなって高さに弱くなった

61分、カルモナの突破からのクロスがこぼれ、ヘミングスが叩きこんで1点を返す
65分、内容の悪いエバンスに代えてRヒューズ投入

89分、前がかりになった裏を突かれ1-4


完敗
3部リーグの壁は高すぎる


5(1)  44%
11(6) 56%

62’ ヘミングス (1)

●1-4  20位↓





9/1  ジョゼ・バクスター選手 加入のお知らせ


移籍最終日にエバートンから契約満了でフリーとなっていたFWジョゼ・バクスター(22)と契約合意 
5年契約、年俸15万€で契約
180cm、73kg、背番号19

エバートンの下部組織出身、通算16試合に出場、4得点を記録   
プレミアリーグでの8試合に出場している

下がってボールを受け高い技術力と正確なシュートを狙うアタッカー
チーム最高年俸となる15万€で契約
それに伴い、アンディ・ジョンソンのクラブ最高給契約によりジョンソンも12万€から15万€に昇給

ボストックに並ぶ逸材を獲得
ボストックは2部リーグで完全に燻っている



練習試合で負傷し5週間の離脱
負傷に弱い選手という評価をされていたが、あっさりと発揮





9/6  第6節
    vs Brentford (17/A)



1勝2分2敗で17位のブレントフォードとの試合


18スコット
2ハント、29アトキンソン、5ウットン、13ドッド
7ソーンダース、21エバンス、22Rヒューズ、14カルモナ
39アンバル、10Aジョンソン

34オリバー・パネル、3ハドソン、8オキーフィ、25アネケ、16ミラー



オバーシュミッツとサーキッチが代表に招集され不在
控えGKに下部組織からオリバー・パネル(19)を招集、背番号34



現在3連敗中のインプス、
悪い流れを払拭しようと前線から大胆なプレスを仕掛けると
1分、相手の苦し紛れのバックパスに反応したアンディ・ジョンソンが奪って流し込み先制
アンディ・ジョンソンの今季初得点によりインプスが先制点を奪う

37分、直接FKを決められ1-1
47分、CKから決められ失点

流れでは悪くないがセットプレーであっさりと逆転を許す
54分、エバンスが負傷、オキーフィを投入、更にアンバルに代えて新加入のアネケを投入

65分、カウンター、アネケが中盤から持ち込むとDF一人抜いてシュート、
     GKに弾かれるもカルモナが押し込み同点!カルモナの移籍後初ゴール
     アネケのドリブル突破が凄まじかった
81分、カルモナに代えてミラー投入


アネケの個人技で同点に追いつく
しかし勝ちたかった。セットプレーで2失点はいただけない
194cmホーン不在は響く

8(4) 56%
7(4) 44%

 2’ アンディ・ジョンソン (1)
66’ カルモナ (1)

△2-2  18位↑






今更ながらCBの補強をしなかったことを悔やむ
今回はまったり育成したいと思ってたのに、酷いサッカーが続くと選手を一掃して
新しい選手をたくさん補強したくなる






9/13  第7節
     vs Yeovil (17/H)



2勝4敗の相手


1オバーシュミッツ
29アトキンソン、3ハドソン、5ウットン、2ハント
7ソーンダース、21エバンス、22Rヒューズ、14カルモナ
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

18スコット、26サーキッチ、8オキーフィ、16ミラー、11ヘミングス



守備陣の評価が軒並み低い
そろそろケネディ(20)が復帰するので起用あるかも

1分、アネケのパスで抜けだしたアンディ・ジョンソンのシュートだったがGKにはじかれる

左サイド、カルモナとアネケを中心に攻め続ける展開
素晴らしい流れだった25分、
相手のクロスをウットンが自陣ゴールに流し込んでしまいオウンゴールで0-1
体を張って足を伸ばした結果、悪い方にいってしまった


66分、ソーンダースに代えてヘミングス投入
76分、カルモナに代えてミラー

77分、ミラーが左サイドを突破、
     クロスを供給するとアンディ・ジョンソンが押し込み同点!!
     起用に答えたミラーのアシストとアンディ・ジョンソンの2試合連続ゴール
81分、右サイドでFK獲得、ミラーのクロスにファーサイド、アネケが頭で叩きこみ逆転!!!
     アネケの移籍後初ゴール
     ニッキー・ハントに代えてサーキッチ投入



最後はイングランドらしいカウンター合戦となったが
2-1のまま試合終了!5試合ぶり、今季2勝目を挙げた!!

試合の流れは一貫してよかった
ただ決めきれず、またも先制を許す流れ
いつもはそこからズルズル悪くなっていったが今日は違った
90分フルに攻め続け、逆転勝利
苦しい時期の逆転勝利ほど嬉しいものはない

右にアトキンソン、左にハントを置いたらだいぶ安定したか
ただ32歳ハドソンのプレーぶりは苦しい
スピードについていけてない、サーキッチも遅いので変わらないかも
なのでスピード能力に長けたケネディの復帰が待ち遠しい、次節には復帰です


11(5) 47%
4(1)  53%

MOM  アネケ

78’ アンディ・ジョンソン (2)
82’ アネケ (1)


○2-1  14位↑





9/16  第8節
     vs Rotherham (7/H)





ともに昇格してきたロザラムとの試合
DFハントのレンタル元のため出場禁止

1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、20ケネディ、13ドッド
30モライス、8オキーフィ、17ジャックマン、14カルモナ
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

18スコット、26サーキッチ、22Rヒューズ、16ミラー、11ヘミングス


ジャックマンの出場停止処分が解け先発入り
中2日での試合なので大幅変更で挑む
モライス、ケネディが今季初出場



昨季勝てなかった相手だが流れは完全に掌握

61分、モライスが負傷退場、消耗しているカルモナと下げて、ヘミングス、ミラー投入
     前節の逆転起用
69分、元マンチェスターユナイテッドのドリンクウォーターがヘミングスに対して顔面にエルボーをかまし一発レッドで退場
     お、今作はあまり見られなかった暴力行為での退場。
76分、アトキンソンに代えてリチャード・ヒューズ投入、最終ラインを削って中盤を厚くする


最後まで攻め続けたものの
引きこもった相手の守備を崩せずスコアレスドロー

9(2) 58%
3(1) 42%

△0-0  16位↓





9/20  第9節
     vs Bristol Rovers (12/A)



こちらも同時昇格した相手
昨季勝ちなし

1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、20ケネディ、2ハント
7ソーンダース、21エバンス、22Rヒューズ、14カルモナ
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

18スコット、26サーキッチ、17ジャックマン、16ミラー、11ヘミングス



ケネディが前節に引き続き先発


試合は一進一退の攻防
両チーム、パス回しから攻撃を伺って、サイドから攻めこむ
オバーシュミッツのファインセーブにも助けられての17分、
カルモナのカットインからのスルーパスで抜けだしたFWアネケがGKとの1対1を決めインプスが先制!

アネケは足も速く身長も190cmオーバー、まさにドログバ2世だ
決定力はないがFWにコンバートして大きく育てたい。これでボランチなんてモッタイナイ

38分、カルモナのクロスにアネケが頭で豪快に叩きこみ2-0!
     ガナーズからやってきた超人が一気にチームの中心となった
     これがFW未経験だっていうから化物だ



65分、ニッキー・ハントがエリア内で相手を倒しPK献上
     PKを蹴るのはアラン・スミス、狙いすましたシュートは左ポストに阻まれ失点ならず!
66分、前半からアタックし続け、2アシストしたカルモナを下げてミラー投入
74分、ソーンダースに代えてジャックマン投入、アンディ・ジョンソンを右に出し4-3-3に変更
85分、ニッキー・ハントに代えてサーキッチ投入


ブリストル・ローバーズ相手に、アウェーながら初勝利
勝ち点3を獲得
2点を取ってから一方的に押される展開にもなったが
4-4のラインをゴール前に作り、体を張って失点を防いだ
ウットンとケネディの相性は良さそう。GKオバーシュミッツも体を張って防いだ


9(5)  44%
17(4) 56%

MOM  アネケ

18’ アネケ (2)
39’ アネケ (3)

○2-0  10位↑


開幕直後は大きく躓いたものの徐々に調子が良くなってきた
やはりアネケ加入が大きく、前線でキープしドリブルで突破してくれるから存在感が大きい
その上ゴールまで決めてくれるんだから
バクスターはアンディ・ジョンソンのポジションに入りそう
3トップやってみてもいいなぁ・・・





9/23  第10節
     vs Walsall (19/A)




2勝3分3敗


1オバーシュミッツ
2ハント、6ホーン、20ケネディ、13ドッド
7ソーンダース、21エバンス、17ジャックマン、14カルモナ
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

18スコット、5ウットン、22Rヒューズ、24GMS、16ミラー



ギャリー・マッケイ・スティーブンが復帰しベンチ入り
ウットンをサブに入れてホーンが怪我から復帰

過密日程で苦しい、もう少しスタミナ豊富で連戦に耐えれる選手を集めたいが
やはりスタミナがあって戦力になるような選手は当たり前だが買えない
スタミナ豊富なのはアネケ、Aジョンソン、ジャックマンくらい


2分、相手の攻撃を凌いでカウンター、アネケが左サイド持ち込むとクロスを供給
    飛び込んだのはなんとMFエバンス、エバンスがダイレクトで流し込みインプスが先制!
22分、ジャックマンのアーリークロスに飛び込んだのはソーンダース
     5部時代から頑張ってもらったベテラン二人でのゴールにより2-0

33分、逆サイドに振られてドフリーでシュートを打たれるもポストに助けられる
36分、CKからパターソンに決められ2-1


防戦一方のインプス
63分にクロスから頭で決められ失点、と思いきやファールの判定でノーゴール
66分、カルモナに代えてGMS投入
72分、ソーンダースに代えてRヒューズ投入
75分、クロスから大ピンチを迎えるもGKオバーシュミッツのファインセーブ
78分、それにビビってアンディ・ジョンソンを下げウットン投入。なんとしても守り切る


全員でゴール前にへばりつきなんとか守りきって勝利!
相手はもうCB一人残して全員で攻めてきていた
でも守りぬいたのは大きな自信に繋がる、と思う

MOMは相手の右サイドバック、ダリル・ウェストレイク
こっちは全員で守ったから評価が分散してしまったかな
エバンスもソーンダースも得点シーンだけだったし


4(3)  43%
12(5) 57%

 3’ エバンス (1)
23’ ソーンダース (2)

○2-1  8位↑





9/27  第11節
     vs Chesterfield (21/H)



1勝5分4敗


1オバーシュミッツ
29アトキンソン、5ウットン、20ケネディ、2ハント
7ソーンダース、21エバンス、22Rヒューズ、24GMS
10アンディ・ジョンソン、25アネケ

18スコット、6ホーン、17ジャックマン、30モライス、16ミラー




 2分、ハントの低いアーリークロスを受けたアネケが倒されPK獲得
     アンディ・ジョンソンが決め今季3点目と共に、インプスが先制

今日も相手の猛攻を必死に凌ぐ展開
必死に守っていると、39分、CKからアネケのシュートはGK真正面だったが
弾いたボールを相手が自分で押し込みオウンゴールで2-0


後半開始早々の48分、アネケのカットインからのパスで抜けだしたアンディ・ジョンソンが冷静に決め3-0
68分、後半の流れは非常にいいのでRヒューズ、ソーンダースを下げてジャックマン、モライス投入と
     戦術の変更ではなく消耗した選手に代えて選手を投入
80分、GMSに代えてミラー投入


終盤押し込まれたが、3-0で快勝



7(5)  45%
10(4) 55%

MOM アンディ・ジョンソン

 4’ p アンディ・ジョンソン (3)
40’ オウンゴール
49’ アンディ・ジョンソン (4)

○3-0  6位↑



プレーオフ圏内となる6位に上昇
カウンターの精度が上がり、シュートを枠内に飛ばせるようになってきた
もうこれはアネケの加入によるところが大きいが、頼れる選手だ
今はまったくFWの適正がないが、1年間FWで起用し続けたらどんどんよくなるだろう








http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2012y07m11d_082222218.jpg




日程結果



序盤に3連敗があったが、5試合連続無敗、そして3連勝中と勢いに乗り
プレーオフ圏内となる6位に入る
シーズンは始まったばかりだが、まだバクスターという上がり目もあるので残留はできそう
最初は残留争い厳しくなりそうと思ってたが、なんとか抜け出せた
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/07/21(土) 11:14:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーン21 | ホーム | リンカーン19

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/47-68d12ccd

| ホーム |