名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[開幕前] CA 18-19

補強第2弾

オランダのPSVからベルギーU21代表MFダンテ・リゴー(19)を移籍金210万ユーロで獲得。
PSVで出場機会がなく移籍を希望。とんだ掘り出し物を見つけました。掘り出し物って言っても移籍リストに入ってましたが。
ナポリも獲得に興味を示していたものの結局オファー無し。チャールトンと5年年俸70万ユーロで合意。

これは間違いありません。交渉中CL出場クラブへのバイアウト条項を求められましたがその金額がなんと2000万ユーロ。
代理人も次はその金額での付近での移籍になると読んでるほどです。
それでも降格時バイアウト以外は削除で合意。降格時1000万ユーロで放出。
降格した時のことなんで考えてません。というよりも向こうからこれは外せないと言われたんですが。

リゴーが干されるのは驚きですが同じポジションにオランダU21代表がいたらやむなしなのかな。
ただリゴーは生え抜きでそっちは450万でユトレヒトから加入して2年目の21歳ですけど。
25541221.jpg



移籍金1000万クラスの補強をしようかなやんでましたがしません。
資金が足りません。今夏はしっかり層を厚くして次の移籍で目玉獲ろう。安い移籍金でも十分目玉選手獲れそうです。

44133863.jpg44129435.jpg

ターゲットマンの補強悩んでます。
ホセルのほうがスカウトの評価も高くかなり安い。フィオレンティーナからも興味を持たれる実力。
高さがあり足元も上手くスピードも並にある。でもキャロルへの欲求は止められない。
英国人だし約10年前の遠い縁もあるしキャラクター的にもキャロルのほうが格が高い。
欲を言えばどっちも欲しいんですけどね。獲ろうと思えば獲れます。正解はホセルでしょうけどやっぱりキャロルいきます。

ちなみにキャロルの値札絶賛暴落中。300万ユーロだったのが現在は190万ユーロ。
これでもホセルより高いですけど。ホセルは130万ユーロ。要求賃金も半分程度。

44149281.jpg
カンテの後継者としてレスターに加入も活躍できず移籍リスト入りしているメンディ(25)が欲しい。
しかし移籍金500万ユーロ。これは払えない。

50048032.jpg

なんの予定もない現時点の来季陣容と補強ポイント。
サイドアタッカーでアリオスキ(26)獲ったの忘れてて入れ忘れました。
ただレギュラー候補ではありません。右ウイングで狙ってる選手が居ます。

悩んだのはCB。はっきり言って格上どんどん獲れる。しかも安い。
獲ったほうがいいんでしょうけどカーギル、コンサは3部から引き上げてくれて恩もあるので悩んでます。
メタメタだったらドラスティックにいけますけど活躍してくれました。能力値が思うように伸びない。

左サイドバックの補強はこのどちらか。
50547483.jpg 50556383.jpg 

移籍金100万程度のルーク・ガーバット(25)。
移籍リスト入りしてないんですけどスカウトが見つけてきてプッシュ。控え扱いで移籍金も安いので獲るつもりでした。
しかし急にチャーリー・テイラー(24)が移籍リスト入り。リーズのアカデミー出身というポイントも高い。
現実でも17年夏に契約満了で退団を選んで残念。能力もこちらのほうが高い。しかし移籍金400万ユーロと4倍。

本当は移籍金320万でした。5月中旬くらいでその金額だったので悩んでましたが400万に値上がりしたので消沈。
今気づいたんですけどガーバットもリーズのアカデミー出身なんですね。
09-10に85万ユーロでエバートンに引き抜かれていたので存在を知りませんでした。
リーズでプロ契約を結んだ選手はだいたい知ってます。

強くなろうとするなら惜しまずチャーリーテイラーなんでしょうけどね。転売まで計算できます。
赤あるのとないとでは大きく違う。クロスも上手そうだし。でも補強費にも制限があるのでここは我慢かな。
すでに2300万ユーロの内300万つかってるので限りがあります。
上の補強ポジションのみの補強ならテイラーに払ってもいけますが何かあるかもしれないので。
降格チームの主力とか引き抜いたりしたいし。



補強第3弾 大型補強第1弾

クリスタルパレスから元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼント(26)を獲得。3年契約、年俸280万ユーロで合意。
トッテナムのアカデミー出身。15-16に移籍金1400万でニューカッスルへ、更に翌年1500万でクリスタルパレスへ移籍。
しかし2シーズントップチームで起用されることもなくそのまま移籍リスト入り。移籍金75万ユーロで獲得。

かなり移籍金が安かったし俊足アタッカーがほしかったので狙いました。
サウザンプトン、サンダーランド、スウォンジーも狙っていたので思い切ってオファー。競合せずそのまま合意。
移籍金自体は安かったんですが契約金が高く240万ユーロ使ってしまいました。
更に降格時の移籍金80万ユーロと次の移籍金20%ボーナスもセット。契約も3年だけ。
仕方ない。まだ金欠クラブなんで完全円満な契約は望めない。

突破力はありそうですが活躍できるかは未知数。サラリー280万なんていつ以来だろう。
クラブ内でもサラリー額に対する認識が変わってきそうです。

62614004.jpg



補強第4弾

ウルブスからDFルーク・ガーバット(25)を移籍金100万ユーロで獲得。5年、年俸120万で合意。
移籍リストに入ってない選手の獲得。示されたようにリスト入りしてるんじゃなくスカウトが推してきた選手を獲るのも楽しい。
この補強でも移籍資金を200万ユーロつかい残り1500万程度。減ってきました。
やっぱりトップレベルの選手と代理人と契約するとなると契約金も馬鹿になりません。

72921934.jpg



73416446.jpg

W杯に集中しろ!他の選手は全員条件アップ引き下がりました。なのでワットと選手間に確執が生まれつつあるようです。



補強第5弾

セリエBパレルモからDFシニサ・アンジェルコビッチ(32)を移籍金50万ユーロで獲得。
契約は2年プラス1年オプション、年俸75万ユーロで合意。

昨季40試合に出場。アンジェルコビッチも移籍リストではなくかスカウトか代理人のプッシュで発見。
スロベニア、イタリアでしかプレー経験は無いものの英語は完璧で他にも多種多様の言語を話せる頭の良さの持ち主。
3年契約を望んでましたが32歳なので2年プラス1年で押してなんとか合意。
決然とした性格の持ち主で空中戦が非常に得意。スカウトの評価もかなり高くレギュラー候補。元スロベニア代表で6試合に出場。

カーギル、コンサと若いのでベテランが欲しかった。ピッタリの人材です。
02618589.jpg



トニー・ワットが親善試合チュニジア戦で先発し50分プレー。代表初ゴールを記録。



放出

DFレアンドロ・カブレラ(26)をドイツ2部ハノーファーに625万ユーロで放出。
チーム内での対立が目立つようになりヘンリー、バーズリーと対立。
ただそれ以上に伸びしろなく使うつもり無かったのに市場価値がぐんぐん上がっていっていたのでいくらになるかと思ったら
ハノーファーから満額ではないものの高額オファーが来たので受諾。
カブレラと移籍金の内10%ボーナス契約があるものの550万ユーロ程度の収入。

昨季加入しリーグ戦16試合に出場。MoMに1度選出。
11232563.jpg  



11958287.jpg

カディスにキャンプ遠征。

12200311.jpg

wikipedia 引用

カディスは半島に位置し、信じられないほど美しいビーチがいくつかある。
プラジャ・デ・ラ・カレータ(La Playa de la Caleta)はカディスで最も愛されているビーチである。類稀な美しさとBarrio de la Viñaから近くある為、常にカーニバルの歌で述べられる。2つの城、サン・セバスチャン、サンタ・カタリーナの間に位置する旧市街のビーチである。
カディスの新区にあるプラジャ・デ・ラ・ビクトリア(Playa de la Victoria)は、カディスの観光客と先住民に最も訪れられるビーチである。ビクトリア浜の寸法といえば、約3kmの長さで、平均幅50mの砂もある。
プラジャ・デ・サンタ・マリーア・デル・マル(Playa de Santa María del Mar)またはプラジータ・デ・ラス・ムヘレス(Playita de las Mujeres)は、カディスの小さなビーチで、ビクトリア浜とカレータ浜の中間に位置している。カディス旧市街の素晴らしい景色を眺めることなどできる。
その他の浜辺として、トレゴルダ(Torregorda)やコルタドゥーラ(Cortadura)やエル・チャト(El Chato)など挙げられる。
EUROPEMEDITERRANEANSPAINCON_ESPCOSTADELALUZCADIZRES_002625.jpg

観光?決めた人観光目的ですか?



放出2

SBルイス・ページ(22)を2部18位シェフィールド・ユナイテッドに32万ユーロで放出。
昨季リーグ戦出場なし。2シーズンで15試合出場。新たなキャリアを作って欲しい。

ケルンに移籍したバウアーが1年で移籍リスト入り。売値は62万ユーロ。
330万ユーロで買ってもらったのになんだか申し訳ない。試合で使えば活躍したと思うんですけどね。1部レベルではないか。

放出3

FWコナー・ワシントン(26)を4部コベントリーに放出。
2シーズン前に15試合3得点、昨季15試合2得点、30試合5得点を記録。



21211409.jpg
人気、営業力も格差社会。



21440059.jpg

狙ってたサンバ・ソウ(29)にセルティックからオファー。
悩んでます。めっちゃ欲しいし移籍金は100万ユーロと安い。
でも獲ったらそれっきり。ソウとウィーランで守備的MFを戦わないといけません。
それでもいいと言う気持ちもあるけど他にもターゲットはいるしあと数日で1部所属になります。
そうしたらターゲットがもっと増えるかもしれない。その中で29歳のソウに早々とオファー出すのもなと思ってたんですが
セルティックがオファー出してしまったので猶予がなくなりました。
そもそもセルティックと競って契約勝ち取れるのかな。相手はCL出場クラブです。完全諦めたほうがココロにいいかな。



21920584.jpg 
1億500万ユーロ(約136億円)ドヒェー

21911839.jpg

予想通りチャールトン加入を考える選手が増えました。



補強第6弾 大型補強第2弾

ウェストハムから元イングランド代表FWアンディ・キャロル(29)を移籍金110万ユーロで獲得。
契約は3年、年俸300万ユーロで合意。降格時150万ユーロでバイアウト条項込(絶対条件)、降格回避で30万ボーナス。

加入直前にウェストハム在籍時の画像のスクショを撮り忘れたので過去のもの。
最初は300万ユーロを要求されていたのですが毎週下がっていき110万ユーロで獲得しました。

年俸要求が高く1人に出せる予算の上限が300万だったので契約金などを高くしなければならず厳しい交渉でした。
300万自体もかなり高く予算の大部分を圧迫。選択肢は絶対他にあった。
でもキャロルです。何回も言ってるけど攻略じゃない。優勝じゃない。フットボール人生として面白ささえあればいい。
勝利なんてもんはゲームじゃなく現実のミランとアビスパが勝ってくれればいい。
44133863.jpg

33347363.jpg

ウェストハムサポーターからは散々に言われてますがチャールトンファンは喜んでくれました。
35033708.jpg



補強第7弾

スタンダール・リエージュと契約満了だったFWイサク・ベルフォディル(26)と契約合意。4年契約、年俸200万ユーロ。
降格時700万でバイアウト条項。20得点で20万ユーロのボーナス。

正直高かった。スカウト予想は90万ユーロから210万ユーロの年俸で合意できると報告受けてましたが
代理人がかなり強気で出てこられて押し負けました。撤退するべきだったかもしれませんがこういうタイプが好きなんです。
26歳だし脂の乗る頃。移籍金もなかったので我慢というかキャロルとベルフォディルの2大体制と考えよう。
01441591.jpg

高額契約が続き予算はすぐにパンク。
ベルフォディル200万、タウンゼント280万、キャロル300万が高額すぎました。
3人で780万。予算の三分の一を消費しています。

補強第8弾

降格したヴォルフスブルクからペルー代表MFカルロス・アスケス(26)を移籍金120万ユーロで獲得。
4年契約、年俸95万ユーロで合意。バックアップでの契約を受け入れ減俸で加入。
守備的MFで背が高くCBでもプレー可能。そしてバックアップを受け入れたので交渉しました。
チームに足りない高さを補う選手。中盤で187cmあればセットプレーにも強くなります。
ポジショニングや判断力の悪さからCBでは使いづらいものの非常時にはこなせるので重宝したい。
そして気になったのは足の速さ。フィジカルも強いしこんだけ速ければ中盤で攻守に活躍できます。

労働許可も一発で下りてくれたので晴れて加入。
12437868.jpg



コルクローがまたも契約条件アップを要求。
今度は契約期間の長さは関係ないと圧してくるもチカラで勝ち取れというと引き下がってくれました。
ふと契約条件を聞いてみると前回は145万ユーロ要求が80万要求に変わっていました。
やっとまともに話せるようになったので延長交渉をします。

アストン・ヴィラと契約満了になった元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(32)の獲得を狙うも
こんなにたくさんのクラブから興味を持たれていてどうなるか。
11517409.jpg 

補強第9弾

カルロス・サンチェス(32)と契約合意。2年契約、年俸150万ユーロで合意。
スカウトが絶対に獲るべきと強く推してきたのでダメ元でオファーを出したら後続のオファー無くそのまま合意。
経験豊富な選手でアンカーでもプレー可能。戦術の幅が大きく変わる選手が加入しました。
14518757.jpg


これで一旦補強終了。人件費予算を40万ユーロオーバーしました。あとは放出してからの補強となります。
ポジションが重なったかなと少し反省。特にRSBソリーの代役がバーズリーとアシアナしか居ない。
ソリーは初めてのプレミアリーグ。フルで頑張らないといけません。頑張れキャプテン。

ただまだ資金はあります。移籍資金1000万ユーロ残ったのでこの中から人件費に回すことも可能。

MFライアン・コルクロー(23)と契約更新で合意。4年プラス1年op契約、年俸70万ユーロ。



トレーニングキャンプ始動日にベルギーのSint-Truidenと練習試合。
結果は2-2でそれはそれは酷い内容。コンディションが悪いので忘れよう。

何度同じことを繰り返すのか。4-4-1-1を変えたい。
4-2-3-1か4-3-3。アンカーも補強出来たし4-3-3は成立しますがそうなるとテシェイラのポジションが限られます。
インサイドハーフか左ウイング。補強したのでポジション争いも厳しい。
4-2-3-1だとたぶん同じことを繰り返すだけなんでしょうね。しかも相手はプレミアリーグ。
堅い守備で渋滞しブロックが甘くて失点増えそう。

でもタウンゼント獲ったしサイドアタッカーは高い位置をキープして欲しい気も。アホの考えかなぁ。
ただ4-4-1-1だとターゲットマンに入れるのが早くて下がってしまって停滞してました。
いやコンディション悪すぎて参考にしてはダメか…。

62234387.jpg
62237314.jpg

ワットが練習不参加。W杯に1試合も出場できずイライラしてるんでしょうか。
Sint-Truiden戦の2得点はワットの2得点でしたがキャロル、ベルフォディル加入で出番があるかどうか。
罰金を課すと不満を爆発。

ワットにオファーが全く来ない。市場価格だけ上がりすぎなんですかね。
6クラブ獲得を考えてますが具体的なオファーは無し。
ワシントンにもオファー来ないし選手が自己評価高まったせいでまともに移籍先見つけられないのかな。
63250411.jpg 

ルーサー・フロード監督がチャールトンと契約延長で合意。2021年までの3年契約年俸55万ユーロ。
37.5万ユーロから昇給。60万まで上げたかったんですが無理でした。プレミア監督の中では圧倒的に安そう。



続くカディス戦。アルバロなど先発で懐かしむも0-1で敗戦。
ヤバイ。補強のしすぎやチーム内で対立が起こったせいなのかバランスを崩しています。
まだギリコンディション不良を言い訳に出来ますが相手だって似たようなもん。
とりあえず不満撒き散らしてるトニー・ワットを早く出したい。

市場価値なんてあてにならんですね。現在1050万ユーロの価値がありますが150万ユーロの逆オファーでもオファー無し。
年俸も高いし代理人一発で交渉求めて酷いし買い手なさそう。

トレーニングキャンプ最終日に同じ地でキャンプをしていた2部ミドルスブラと練習試合。
結果はまた2-2。4-2-3-1でやってますが前よりまともに4-2-3-1やれてますけど守備が不安定。
DFのミスで失点してます。特に代わりが居ないソリー。我慢のシーズンか。



トニー・ワットにオファー。
オランダ1部ゴーアヘッドから約100万ユーロのオファー。更に2年間30万ユーロの年俸保証を要求。

安い。全然売れる気配がないので屈するしか無いのか。
売らないで売れない場合・・・190万ユーロの損害と不満分子が残留
売った場合・・・40万ユーロの収入。損害なし。

ゴーアヘッドは過去最高額オファーが45万ユーロなので大幅更新で誠意を見せているのでしょう。
他に興味を持ってるのはチェゼーナとフローニンヘンくらい。諦めるか。

5部ボアハムウッドにDFハリー・レノン(23)を6ヶ月レンタルで放出。

FWトニー・ワットをオランダ1部ゴアヘッドへ97.5万ユーロで放出。
チャールトンに4シーズン在籍し123試合に出場し43得点を記録。昨季英2部で43試合15得点を記録しました。
関係が完全にこじれたので仕方ない。年間30万ユーロの負担が気になりますが55万ユーロ削減出来たのは大きい。
そもそもそんなものをもろともしないプレミアマネー。
今季の予算内にこれで収まりましたが来季残留できたらアホみたいに上がるようなきがする。



15647635.jpg15249757.jpg

早く1部に上がれたことでこういうビッグネームと対戦できて嬉しい。
今作FM17で価値観が大きく変わってきました。やっぱりトップリーグのほうが楽しい。
無慈悲な力を見せつけられるつつ好みの選手と戦術でしのいでいくほうがやっぱり楽しいです。

今後上から始めちゃうかもしれない。下部からやってるくせに成り上がりに興味がないとか半端すぎて何考えてるんでしょうね。



24923924.jpg 
ルーニー(32)を年俸10分の1負担の142万ユーロのレンタル移籍で獲れるみたいでしたがギリ我慢。
まずすでに背番号を決定したため10番が空いておらずしかも14,19以外は後ろの番号。
39とか40とかで濁すのもいいんですけど。50以降、77とか99は個人的に好きじゃないです。
次にキャロル、ベルフォディルへのターゲットマンサッカーをやるためルーニーには合わない。
いやイングランド人にしてはかなり器用な選手だしトップ下でもボランチでも使いたい。
FWが上記の二人しか現状居ないので3番手としても置けます。

そう考えるとどんどん欲しくなってきたんですけど一番の理由は来季居なさそうということ。
来季で契約満了で要求額どれだけ下げるか分かりませんが少なくとも142万継続は不可能。
500以上とか言われたら絶対無理です。今が1420万ユーロなんでどれだけ落ちるんでしょうか。
というか1420万って…。100万超えとなる最初のタウンゼントの280万のオファー出した時に
めっちゃドキドキして汗かいてシャワー浴びにいったのに…(マジ話)
もう感覚外なんで動じないけどおかしな世界に飛び込んでしまった。

話がそれましたがトップ下はテシェイラが練習試合で絶好調。
ボランチは補強もあり層が厚い。でも揺れたココロは止まらない。慣性の法則は無視できない。

フランス1部バスティアが現在ルーニーへオファー。
でもここはやっぱり我慢。獲るなら来季契約満了で狙おう。払えるレベルか知りませんが。
残り1000万は使うなら冬に使おう。もう我慢が最適でしょう。
獲るならRSBかCBかGKですけどコンサ干したくないしGK悩んでるけどヤクポビッチでとりあえずいいかなと。
RSBはソリーを干す勢いじゃないとなかなか補強に踏み出せない。



33105350.jpg

コンディションが上がってきたと同時に弱いチームとばかり当たり3連勝で開幕前最後の練習試合ラツィオ戦を迎える。
これはほぼ実戦感覚で挑みます。今季を占えるレベルと持ったチーム。

33549565.jpg
19歳CBフロラヌスと18歳アタッカーのマラーヒが入ってるもののあとはレギュラーと新加入選手のラツィオ。

27分、MFリゴーがイエロー2枚貰い退場。練習試合でマジか…。
35分、インモービレに決められ0-1。

52分、テシェイラが肘打ちをかまし一発レッドで退場。え…。暴力行為で退場ってマジで超久々に見たんですけど。
FM07とか08は相手を蹴飛ばしたり突き飛ばしたりで退場よくありましたが近年まっったく見なかった暴力。
これはチーム内部が崩壊してるんでしょうか。選手入れ替えすぎた上に年俸格差果てしないからでしょうか。

73分、カウンターで攻めた後カウンター。インモービレに決められ0-2。
81分、クロスをイアゴ・アスパスが頭で合わせ0-3。

0-3で敗戦。
2人退場でどうせいって言うんですか。ほんとガッカリ。開幕前に自分の力がどこまで通用するか見たかった。

35645529.jpg



00157481.jpg

キャプテンはソリーが続投。リーダーシップの強い選手の補強は叶いませんでした。



最後にでかい花火打ち上げようかな。
降格したワトフォードに所属するMFロベルト・ペレイラ(27)。市場価値3600万ユーロなんですが
移籍リスト入りしてたところ数日前に1250万ユーロに減額されました。
この減額で過去所属していたユベントスが獲得に興味を持っているようです。

すごいお買い得品だしペレイラトップ下に置いたらシーズンなんとかなるだろう感ハンパないので欲しい。
ただ予算が足りない。移籍金の時点で250万オーバー。やるなら分割払いとかレンタルからの買い取り義務とか。
うーん。考え方贅沢すぎるかな。たしかに予算オーバーで分割払いはポリシーに反するし
実際好きな選手とかではなく目の前で急激に値下がりした超お買い得で能力がめっちゃ凄いってだけだしなぁ。
やっぱ激情すぎるかな。基準わかんないけどペレイラ獲って大活躍して優勝争い!とかになったらそれはそれで引きます。
01726907.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[選手紹介] CA 18-19 | ホーム | [結果] CA 17-18

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/444-a5776fcf

| ホーム |