名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[12月]CA 17-18

01200457.jpg

3試合だった11月と打って変わって7試合開催の12月。更に1/1に試合があるので中1日です。
ま、昨季3度も中1日あったんで1度くらい全然構いませんが。

02121751.jpg



12/2 第21節 A
レディング 15位 
6勝7分7敗 23得点23失点


マジェニスの1トップ。
コンサ、カーギル、ヘンドリーmキャスキーが出停リーチ。
CBが出停になったらアシアナが出てきます。

故障:ページ、カブレラ、ウィーラン
92926412.jpg92945259.jpg


30分、テシェイラのスルーパスで中央突破を狙ったコルクローの上手いタッチでDFマクシェインの裏をつき
決め1-0、チャールトンが先制。今日も決めたのはコルクロー。チーム単独の8点目。
00924252.jpg

37分、マーニーがエリア外でボールを持つと慌てたレディング守備陣。マジェニスへのマークが疎かになり
スペース、フリーになったマジェニスが冷静に決めて2-0。
01530452.jpg

49分、ガンターのクロスからマックリアリーに決められ1点を返され2-1。

70分、今日微妙な左サイドを交代。ホームズ、ヘンドリーを下げてバックリー、バーズリーを投入。
81分、マジェニスに代えてワット。

守りに入った時の守備が下手すぎてピンチの連続。
後半はシュート数こそチャールトンが多かったもののボロボロでした。
それでもヤクポビッチの好セーブや中盤の頑張りでなんとか無失点。
選手の質の問題なんでしょうけど守りに入ったブロック形成が下手です。CBが釣り出された後スペース空きすぎ。

SBソリーがリーグ戦250試合出場を達成。
03221427.jpg03214378.jpg

ちょっと戦術迷走し始めました。頭が大混乱。攻撃と守備を別々に考えはじめて危険信号。アメフトじゃないんです。
やっぱり無茶でした。見た目の収まりがいいから4-2-3-1にするってのは。
ハイラインで押し込む戦術です。相手が攻めてくるならDF個人で頑張ってのサッカーです。

ゲーム内戦術の話ですが縦に速く攻めたいからロングパスを指示するのも考えものです。
ゲーム的にロングパスは長いパスではなくダイレクトパス(ワンタッチではなくポンポン前に出していく)もので
逆にFWに早く入って攻めてが無くて戻しての繰り返しでパス数が相手より増えるのかも。
FWに個人技があればまた変わってくるかもしれませんけどそんなスターは居ません。
そういうのも分かってはいるんです。ただそういうのを収めると今度はゴールが遠すぎて
シュートまでまったく持ち込めなかったり一方的に攻められる展開になったりと混乱します。

持ってる選手による影響も大きいんでしょう。結局ずば抜けてキープできてパスうまけりゃフォローいらないし
ずば抜けて突破力あれば雑に渡してもそこから決定機が生まれます。



出場機会に恵まれないMFウィル・バックリー(28)が移籍を希望。
加入してまだ数ヶ月ですが使っても微妙なので仕方ない。冬に売れるといいんですが。
移籍金なしで契約して値段が付けば資金稼げるので悪い顔できそうです。

もっとやれると思ってたんですけどね。バックリーが厳しいならボタカも難しい。
31433787.jpg 31448269.jpg 



12/9 第22節 A
ウルブス 19位 
6勝6分9敗 17得点23失点


4-4-1-1に変更。考え方を変えて4-4-2のようなつもりでいきます。
アリボが怪我から復帰し先発。ブロックを組んで速攻を狙いたい。

故障:ページ、カブレラ、ウィーラン
32419653.jpg32448984.jpg


試合中微調整しながら指示。悪くない。ブロック組んだせいでまともに崩されず地味な展開。

54分、足が攣ったコルクローに代わってヘンリーが入る。
60分、速攻からベズヴァルソンに決められ0-1。昨季もカップ戦でやられた選手。
61分、アリボを下げてキャスキーを投入。入れて気づいたテシェイラボランチ起用。

62分、マーニーに代えてFWワットを投入。マジェニスとの2トップに変更。

73分、テシェイラの縦パスをホームズがダイレクトで落とすとワットが決め1-1の同点!
76分、相手の中途半端な攻めを奪いカウンター。ダイレクトでゴール前に繋ぎワットのパスでテシェイラがフリー。
GKとの1対1も冷静に決め2-1、逆転!

明らかにイライラしてるウルブスイレブン。急にラフなタックルが続く。
82分、ホームズのふんわりクロス。マジェニスが動き出してフリー。打点の高いヘッドを叩き込み3-1!
35124931.jpg

3-1、逆転勝利。
やっぱり2トップが強いんでしょうか。変えてからトントン拍子に3得点。

35807215.jpg35800282.jpg


この直後にMFフォスターキャスキー(23)に対してウルブスから獲得の興味を持たれる。
まだオファーが来たわけでもないのにMFキャスキーはウルブス移籍を希望。強いクラブに行きたいらしい。
キャスキーとの契約には180万€でのバイアウト条項がついているので放出やむなし。

ウルブスから160万ユーロプラス分割で16万ユーロ、計176万ユーロのオファーが来たので受諾することに。
23歳を失うのは痛いですが加入2年目だし成長ももう少しで頭打ちらしいしアリボが出た試合で結果出すし
無理やり捨てたわけはなく栄転させて新しい選手迎えられるのでまあいいでしょう。



12/12 第23節 H
フラム 13位 
7勝9分6敗 36得点26失点


ライアン・ギグス監督率いるフラムとの中2日での試合。
ギグスは昨季途中からノッティンガム・フォレストで監督キャリアをスタートし16位フィニッシュで辞任。
今季からフラムに就任しここまで13位。

コンサ、ヘンドリーの2人が出場停止のチャールトン。アシアナが今季リーグ戦初出場。
コンサは今季初めての欠場。ここまでなんだかんだと外さずに使いました。
今日のアシアナのプレーぶりを見て復帰後全試合使うかどうか考えます。とりあえずもう固執はしません。

故障:ウィーラン
出停:コンサ、ヘンドリー
73321670.jpg73414980.jpg

ギグス監督は守備的な戦術を使用。天下のフラムさんがガッカリです。
4-1-3-1-1って・・・なんだ?サイドアタック仕掛ければいいのかな。
中盤枚数多すぎてダブルボランチじゃ危険なのかな。対戦経験が全くなくて分かりません。

8分、チャージを受けたところでホームズが負傷退場。ヘンリーを入れてコルクローを左に。

12分、CKからアメリカ代表DFリームに頭で決められ0-1。リームは2015年にフラムに加入してから初ゴール。
38分、SBマローンにサイド上がられ折り返しFWアクポンに決められ0-2。
アクポンはイングランドではなくナイジェリアA代表に選出。

前半を終えて0-2。全然ダメ。一方的にやられました。
守り方がわからない。アンカー置かないとバイタルで1枚余ってる。攻撃もマジェニスでは前線で収まらずゴールが遠い。
ハーフタイムでマジェニスに代えてワットを投入。もう2枚目の交代。

攻める場面もスタッツ以上にはあるんですが相手の守備の枚数が多すぎてゴール前に繋ぐ事ができない。
フラムレベルの選手にこんなことやられたらマジ無理っす。

58分、テシェイラのCKからカーギルのヘッドが入り1点を返して1-2!
ニアへの速いボールに合わせた弾丸ヘッド。GKバトンも触れず。
カーギルはこれがチャールトンでの初ゴール。40試合目での得点。
75222015.jpg

68分、GKからCBアシアナへのパス。アシアナがまさかのコントロールミスでジョージ・ウイリアムズに奪われ1-3。
19歳アシアナ、これはレノンに続いてサヨウナラか・・・。

72分、スルーパスから抜け出されたクリステンセンにも決められ1-4。
4-4のブロック崩壊。一度崩れるとこんなもんです。キャスキーに代えてアリボを投入。

終了間際の90分、サイド抜け出たヘンリーの折り返しワットが決め2-4。

認めたくないんですが監督力の差での敗戦なんでしょうか。
選手の力量差はハッキリ見れましたがとにかくあのフォーメーションの対応策がまったく見つからなかった。
テシェイラ下げて4-1-4-1で中盤くらいマンマークで当たれるようにする気がなかった監督の臨機応変の無さが敗因。
思ったところでやってれば結果、いや内容くらい少しは変わったかもしれないけど
紆余曲折を経てダブルボランチに行き着いたことで固執してしまいました。

まあ守備にも若いとはいえ主力選手が2人も居なかったし絶対的中盤ウィーランも欠場中。切り替えよう。
81006560.jpg80955176.jpg

タックルを受けたホームズ(30)が足首を骨折してしまい4ヶ月の離脱。今季22試合2得点7アシスト。
運動量豊富な大事なアタッカーを失ってしまいました。



ウルブスに約180万ユーロで放出に合意。バイアウト条項が余計でした。もう少し値段あげられるはず。
たぶん代理人がそれがないと契約しないとかだったのかな。
誰のことか忘れましたが代理人が即決定要求してきてマトモに交渉できなかった覚えがありますがキャスキーだったのかな。

移籍収入の15%しか使えないので使える金額は30万ユーロにも満たないので積極補強出来ないのはつらい。
04657672.jpg



12/6 第24節 H
シェフィールド・ユナイテッド 8位
10勝6分7敗 29得点26失点


プレイオフにより共に昇格して好調のシェフィールド・ユナイテッドは現在8位。
中3日での試合。開幕戦で2-0で勝利、昨季を含め3連勝中。
これがシーズン折り返しの試合。後半戦に突入です。

移籍が決定したキャスキーがベンチスタートでアリボが先発。

故障中:ウィーラン、ホームズ
20030350.jpg20123180.jpg

ビリーシャープが大活躍。今季リーグ戦22試合で10得点。高さもスピードも無いのにここまで決められるのは凄い。
チームとしてシャープに決めさせる流れを作ってるんでしょう。対戦相手も引かないのかもしれない。
左サイドバックのレギュラーが負傷。本職じゃない左ウイングの11番ドーンが先発。守備力がないので狙い目。

相性の良さからか試合開始から攻め込むチャールトン。
そして30分、テシェイラのパスで左サイド抜け出たコルクローのグラウンダーでの折り返しをワットが軽く流し込み1-0。
コルクローのスピードと冷静な折り返しが素敵。

32分、テシェイラからのサイドチェンジ。ドーンに当たり勝ちヘンリーが受けると積極シュートがゴール左上に突き刺さり2-0。
これは弱点をつけました。守備力のないドーンでそのまま得点。ヘンリーは今季3点目。
22223464.jpg

68分、コルクローに代えてボタカ。更にワットに代えてワシントンを投入。

2-0で勝利。なんか安心する試合。相手選手個人のゴリ押しさをまったく感じなかった。
2部レベルで凄く感じるので世界中から買い漁ってるプレミアリーグだとどうなるんでしょうか。
23311197.jpg23302282.jpg

今日の勝利で首位に浮上。サウザンプトンも調子を取り戻して上位争いが豪華になってきました。
このすぐ下にもミドルスブラ、フラムなどが控えています。
23844325.jpg 

スカウトを派遣し今冬の候補リストも充実してきたことで非常に悩んでます。
まずキャスキーに変わるボランチの獲得は必須。
次にホームズが4ヶ月の離脱なのでバックリーも放出する可能性があるのでサイドアタッカーも欲しい。
高さで威力を発揮できるFWも欲しい。CBも安い選手がいっぱい見つかったので欲しいけどカブレラ復帰でグッと我慢か。

予算は移籍資金103万ユーロ、人件費165万ユーロ。2部レベルともなると契約金もそれなりに掛かるので厳しい。



アカデミー出身のフィリップ・ロルフとプロ契約を締結。ファン・ロイの同期の左サイドバック。
どの程度まで伸びるか分かりませんがロルフ以外にはもう有望株いないので期待してます。
ロンドン生まれでチェルシーのファン。チェルシーのプロテストにはチャレンジしなかったのかな。

チャールトンは楽しく進んでるチームですがロンドンの中のチャールトンという街で
選手の出身は全部ロンドンでひとまとめなのが辛い。そこだけは唯一の不満。
というか昨季の新入生の中にチャールトンファンは1人しか居なかったけどやっぱりそういう調整されてるんでしょうか。
ロンドンに生まれてなかなかチャールトンファンを選ぶ今時の子供はあまり居ないでしょう。
やっぱり住んでる場所や家族の影響でしかありえない…。
ロンドンにビッグクラブや古豪中堅多すぎます。チャールトンも古豪のひとつですが。
31955103.jpg



12/23 第25節 H
サウザンプトン 6位
9勝10分5敗 32得点22失点


前半戦1-0で勝利したサウザンプトンとのホームゲーム。
自身を取り戻しているようなので難しそうですがマルティノ監督の立場が危うくなっていて動揺もあるかもしれません。

マーニーが累積警告で出場停止。しかしウィーランがちょうど怪我から復帰。
カブレラがベンチ入り。今季4試合の出場で長期離脱。もっと出てた印象でした。
ウィーラン以外は前節と同じメンバー。

故障:ホームズ
出停:マーニー
34801327.jpg34821107.jpg

この大量の不満と興味を見ると序盤に調子が振るわなかったのもうなずけます。
大量放出による大量補強で連携もままならない。降格って恐ろしいですね、チームが壊れます。
オランダ代表MFクラシーは移籍金3150万ユーロに設定されてるので買い手もつかず。おそらく低士気で評価点も低い。
やっぱり移籍を希望した選手は売っちゃわないとどうなるか分かったもんじゃないですね。

ただサンダーランドに7失点大敗してるのでトップ選手相手だとやっぱり怖い。

試合開始直後から押し込んだのはサウザンプトンでしたが9分、ワットのシュートはフォスターがグッドセーブ。

20分、テシェイラのセンターサークルからのスルーパス。コルクローが完璧に裏を取るも左から切れ込んでの右足シュートは
コースがあまりなくイングランド代表GKフォスターが冷静にセーブ。代表ともなると冷静さがハンパない。
40012612.jpg

序盤は枠内に飛ばなかったサウザンプトンでしたが徐々に枠内に入りだし
38分、チャールトンのFKからカウンター。マークがすれオノマーに決められ0-1。
サウザンプトンの速攻が速くて正確なのは仕方ないけどコンサのポジショニングおかしすぎ。
戻っていく方向ズレてます。ゴールってのはピッチの中央にあるんです。
40408360.jpg


前半いい流れを作ってたチャールトンでしたが2度の決定機を決めきれず押し返され0-1。
内容自体は満足の行く形で進んでいるので弄り方が分からずそのまま送り出します。

49分、CKを一度は跳ね返されるもウィーランの左足でのクロス、サウザンプトンの集中が切れたのかコルクローが足で合わせると
GKフォスターが触るもそのまま入り1-1の同点!サンダーランドと本当に違う。ハッキリ言って強くない。
力強さ、オーラ、気迫、熱、何も感じません。2部レベルって感じ。

40938893.jpg

65分、ここまで来たら雑に落としたくないのでアリボに代えてキャスキーを投入。
キャスキーとは放出での円満合意なので士気の低下はありません。

72分、ワットに代えてマジェニスを投入。
82分、ヘンリーに代えてボタカ。

この交代策では同点にした勢いに乗ることができず。
それでもきっちりと渡り合い1-1のドロー。サウザンプトン相手にシーズン負けなしとなりました。

ヤクポビッチがリーグ戦200試合出場達成
41922574.jpg41915290.jpg



12/26 第26節 A
ブレントフォード 16位
9勝4分12敗 29得点35失点


中2日での試合。カブレラ、バーズリーが先発。カブレラ起用で替わるのはコンサ。
育成にもう焦りません。というか使ってても全然伸びない。
しばらく休ませると休養できつつ練習も出来て一気に伸びることもある印象なのでまだ20歳で全試合出場は考えないほうがいい。

故障:ホームズ
出停:マーニー
01418744.jpg
01543291.jpg

12分、ジャッジの浮き球のパスでFWバンフォードにハーフボレーを叩き込まれて0-1.

ホームズを失い突破力が欠如しているチャールトン。
コルクローは最近疲れかマークが厳しくなったかプレーのテンポが悪くなってきています。

64分、ワットに代えてワシントン。
71分、アリボに代えてFWマジェニス。2トップに変更。
84分、コルクローに代えてボタカを投入。

後半シュートなし。何もできなかった。チームが重たくなってきました。
首位に居続けることによる慢心か、厳しい戦いに身をおいたことによる疲労か。
ダービー、サンダーランドも絶不調。この状況で2位と3ポイント差。リーグが混沌としてきました。
03148233.jpg 
03006175.jpg03000466.jpg



元オランダ代表のエルイェロ・エリア(30)が移籍リスト入り。年俸25万ユーロとびっくり価格。
昨季はフェイエノールトで30試合に出場も今季1試合に留まり移籍リスト入り。
30代獲るか悩んでたんですが安いし一目惚れ。スピードが思ってたより若干物足りないですが
スペイン1部のベティス、オヴィエドも獲得に興味を持ってる状況なので先にアタックを掛けたい。
10028285.jpg 



12/30 第27節 A
バートン 23位
7勝4分15敗 42得点54失点


中3日での試合。次が中1日。
キャスキーが次の試合日には移籍しホームズも居ないので日程的に難しいのでバックリーがトップ下先発。
ホームズがいれば気にする必要はなかったですがテシェイラしか居ないので仕方なく。
移籍を希望し移籍リスト入りしてますがバックリー頑張って欲しい。

故障:ホームズ
54945531.jpg55006527.jpg


35分、マーニーのタックルが一発レッド。ヘンドリーが汚い言葉で抗議しイエローカード。
だんだん荒いチームになってきました。仕方ないのでバックリーをボランチに下げて4-4-1。

52分、ハクサバノビッチに速攻からハーフボレーを決められ0-1。

60分、テシェイラ、ボタカを入れてバックリー、ヘンリーと交代。
75分、ウィーランに代えてアリボを投入。2枚めもらわないように。

ただでさえ移籍期間直前で気が散ってるのに退場者が出てやる気0。0-1のまま敗北。

マーニーは現段階で2試合出場停止。たぶん2度目のレッドカードだからで危険なタックルらしいのでプラス3試合濃厚か。
5試合も休まれたらボランチ足りません。給与1週間分の罰金も了承。
61038734.jpg61032450.jpg



61945344.jpg

チームは3位に後退。混沌とした昇格争い、どこが昇格するか分かりません。
ホームズ離脱で完全に失速したチャールトン。冬の補強どうするか考えています。
ちなみにまだエリアにはオファーを出してません。レンタルで獲ろうかなと甘いこと考えています。
62009179.jpg

62025817.jpg

試合見てるとコルクローが完全に失速。抜けないしプレーテンポが遅い。
26試合で9得点7アシストは立派以上ですが軸になれる選手ではまだまだありません。

冬の補強ですがちょいちょい補強はやりすぎないとか言ってますが
いくら昇格しなくてもどっちでもいいと言いつつも急激な失速は見てるとイライラするので資金の限りやるかもしれません。
最初から勝った負けたでやってたらまだ違う感覚でしょうが攻守に競り負けすぎて見てて辛い。

放出確定:キャスキー
放出候補:バックリー、マジェニス、ワシントン

もっとオファー来てくれないかな。強引に選手入れ替えさせられたら気楽なのに。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[1月]CA 17-18 | ホーム | [11月]CA 17-18

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/437-db78f035

| ホーム |