名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[開幕前] CA 17-18

34歳主将ジョニー・ジャクソンが今季での引退を発表。しまった契約延長する前に決めてしまった。
とりあえず引退を考え直してもらう。2,3週間後に発表。契約はそれからしか交渉出来ません。

4月で34歳になったDFロジャー・ジョンソンも引退を発表。
あと1年居てもらおうと思ってましたがこっちはそのまま引退を見届けることに。



00152546.jpg

400万ユーロの赤字。来季2部でどれだけ取り戻せるのか。
理事会からの大幅投資込みでこの金額だから来季も厳しそう。現段階で1100万ユーロの赤字予測。
ただまだ不透明なので分かりません。

16歳ジウベルト・ファン・ロイがベルギーU19代表に選出。
北アイルランド代表にワシントンとマジェニスが選出。マジェニスも選ばれ代表復帰!
DRコンゴU20代表にDFアシアナ(19)が選出。



レンタルで加入していたGKラッドと契約交渉をしたものの代理人は180万ユーロを要求し破談。
チャールトンに完全移籍するつもりはないようです。仕方なく新たにGKを探すことに。




市場に全然選手がいません。まだ6月3日なのもあるかもしれませんがやはり3部からの昇格組ではまだまだ見向きもされない。
というかまだシーズンの清算がされてない気がします。2部からの降格チームの選手が加入に興味を持ってくれない。
チャールトンの格が無いのかもしれませんがまだ降格チームの選手が移籍リスト入りしてないしもう少し先かも。

FWトニー・ワット(23)と契約延長で合意。2020年まで、年俸85万ユーロ。
上位リーグから250万ユーロ、降格時130万ユーロでのバイアウト条項込。
ワットの代理人の気が早くいくら出すん?って聞いてきて提示したらすぐにイエロー(ゲーム的に)。
次の提示でしっくりきたオファーを出さなければ拒否すると言われバイアウト条項外して交渉する余裕もなかった。
まあ降格はさておき250万ユーロだったら満足です。



来季に向けての補強ポジション。

11724153.jpg

あくまで暫定的ですが現在残留予定の陣容。いくらなんでも減りすぎです。
ジョニー・ジャクソン、ロジャー・ジョンソンを急遽失ったのは痛い。ジョニー・ジャクソンの引退撤回はあるのだろうか。
後日ジョニー・ジャクソンが正式に引退を報告。

急務はGK、ボランチ、サイドアタッカー。そして左サイドバックとトップ下。アレだったらアンカーも欲しい。
ベテラン選手が一気に消えてしまいただでさえ若かった陣容が完全に若返ってしまったのでいい年齢のピーク選手を獲りたい。



リーズと契約満了になるMFジョーダン・ボタカ(23)と契約合意。
昨季チャールトンにレンタルで加入しそのまま完全移籍で獲得。年俸は18万ユーロと格安。
15万から昇給になるとはいえこんなに安くて大丈夫なんでしょうか。これは補強ではなく戦力維持です。

補強第1弾

プレミアリーグ16位ハル・シティからGKエルディン・ヤクポヴィッチ(32)を移籍金9万ユーロで獲得。
プレミアリーグのGKらしく反応に絶対の強さを持つ元スイス代表GK。
今季プレミアで3試合に出場し8失点と控えとして厳しい結果に。
それでも能力の高さは一級品。ラッドより優れているレベル。年俸も60万ユーロで合意してくれました。
他にもGKで今後市場に出てくるかもしれませんが移籍金も安いし競る前にサクッと合意しました。
12714166.jpg



DFジェイソン・ピアース(29)を2部リーズに45万ユーロで放出。
3クラブで競合した結果古巣のリーズ復帰を決めたピアース。今季リーグ戦8試合に出場に留まる。
リーズは補強したバシャム(28)が結局微妙だったようで9試合に出場し評価点は6.53。



補強第2弾

2部ロザラムからGKリチャード・オドネル(28)をトレードで獲得。
経緯は少し複雑。ヤクポヴィッチを狙う前に狙おうかなと思っていたGKでヤクポヴィッチ獲得で話は流れるも
MFカシを放出しようと移籍リスト入りするとロザラムだけ興味を持つも値段を下げても資金がないのか具体的なオファーはなし。
怪我でシーズン全休してもう使うつもりもないしもう少しで昇格による25%昇給があるのでより売りづらくなると思っていたら
オドネル在籍のロザラムと気付き人的トレードを敢行。

ヤクポヴィッチがもう居るので交渉は強気にバックアップ、年俸も23万ユーロを提示しましたが合意。
ということでMFアーメド・カシを2部ロザラムへ放出。

獲るつもりは無かったんですが年俸が安かったのでヤクポヴィッチがもし怪我したりしたときのために獲りました。
昨季はラッドが出続け助かりましたがもし離脱していたら大変なことになっていました。リスク管理です。
11420510.jpg



補強第3弾

ウルブスと契約満了のMFジェームズ・ヘンリー(28)と契約合意。3年契約で年俸60万ユーロ。
昨季は3部ボルトンにレンタルされ37試合1得点12アシストを記録。スピードはあまりありませんがバランス良く上手い選手。

これでサイドの補強は完了か。補強ポジションはまだまだあるので気を抜けない。
あとは前提としてはボランチ2枚と左サイドバック。それとトップ下かアンカー。
11541640.jpg



14948452.jpg

サウザンプトンがまさかの降格。



31524002.jpg

日程発表。開幕戦は昇格組のシェフィールド戦。
2部リーグ所属となり340万ユーロの放映権料を獲得。
スカウトの行動範囲が拡大。UK圏から欧州全土でのスカウティングが可能に。



補強第4弾

プレミアリーグのバーンリーからMFディーン・マーニー(33)を獲得。
昨季プレミアで18試合に出場し3アシストを記録。2年、65万ユーロで合意。

この補強はかなり悩みました。すごく悩んで3週間(ゲーム内)以上迷ってました。
現在の102万から減俸を受け入れるとは言え33歳に65万とチームで2番目の高額報酬。
実力は折り紙付きなのでいいんですがやっぱり33歳がネックでボランチにはもっと無難な選択肢もいっぱいありました。
しかし何日経っても何週間経ってもマーニーがチラつく。ベテラン選手もいなくなったしもう折れました。
35歳のシーズンまで持ってくれることを祈ります。ボランチはあと1枚補強が必要なのでそっちが無難な選択肢になるかな?

待望の守備型MF。クロフツの超強化版です。
40515142.jpg



ロジャー・ジョンソンとジョニー・ジャクソンが引退。

補強第5弾

ウェストハムと契約満了のSBステファン・ヘンドリー(22)と契約合意。3年契約、年俸20万ユーロ。
もっとベテラン獲ろうと思ってたんですが要求賃金が現在貰ってる額の半額以下の20万程度だったためほぼ衝動的に契約。
昨季はレンタル先の2部ブラックバーンで17試合に出場。評価は6.23と散々だったものの潜在能力はあります。
能力もいまひとつ分からないまま衝動買いとなりました。
50523804.jpg



補強第6弾

ストークと契約満了になったSBフィル・バーズリー(32)と契約合意。ヘンドリー獲得前に狙ってたサイドバック。
2年契約、年俸25万ユーロで合意。7月に入り所属がなくなると要求賃金がかなり下がったので獲得。
180万ユーロから25万は大幅すぎる減俸ですがキャリアも終盤、サンダーランドとストークで活躍した経験を見せて欲しい。
元スコットランド代表で13試合に出場。
61301366.jpg



放出

DFパトリック・バウアー(24)をドイツ1部ケルンへ移籍金330万ユーロで放出。
思ってたよりも値上がりして満足です。とうとう売ってしまいました。
これで昨季のベスト11はラッド、バウアー共に放出。バウアーも45万から72.5万に昇給してよかった。
ドイツ1部で頑張って。大迫さんと仲良くね。

チャールトンは財政難から移籍金も満足に運用できずこの移籍で数十万ユーロだけ移籍資金増額。
大型赤字を解消しない限り経営難は終わりません。



補強第7弾

バウアーの代替として昨季スペイン2部サラゴサで37試合1得点1アシストだったDFレアンドロ・カブレラ(26)と契約合意。
4年契約、年俸55万ユーロで合意。スペイン2部エルチェも狙ってたので勢いで獲ったようなところもあります。
魅力は能力の赤さ。ただ正直加速力、敏捷、予測力の低さを見ると能力ほどの活躍はしないかもしれない。
それでも空中戦絶対に強い選手だし運動量、集中力の高さ勝利意欲も高いと楽しくなる選手です。
蓋を開けてみないと分かりません。悪い選手では絶対ないと思います。
65938669.jpg

補強第8弾

サンダーランドと契約満了したMFウィル・バックリー(27)と3年契約、年俸65万ユーロで合意。
昨季2部シェフィールド・ウェンズデーにレンタルされ27試合2得点。
サイドの選手は飽和するので獲るつもり無かったんですがワットをトップ下で使いたくなかったのでトップ下で獲得。
正直他に選手が全然おらずイングランド人だし若い頃評価高かったなというだけでオファーしました。
ただ足は速いので速攻狙いのチャールトンでハマってくれたら。
75808488.jpg

補強第8弾まで終了。あとの予定はボランチを1人です。
ストライカーの補強をずっと悩んでましたがワシントンを補強して半年で見限るのも可哀想な気がして躊躇。
トップ下補強でワットを下げずに済みそうなのでとりあえずワット頼みでいこうかなと思っている反面
エルナンデスが昇格して全然ゴールを決めれなくなったようなこともあるので怖いシーズンです。

ボランチのあと1枚ですが実はチャーリー・アダム(31)を獲りたい。
ブラックプール編の忘れ形見、アダムをフリー移籍で狙ってるんですがもうひとつ金額が噛み合わない。
なので要求額が下がるのを待ってるんですが見通しがたたなすぎて大悩み。
34歳とかでシドウェルとかメイレレス、フラミニ、バートンなど色々居たんですが
33歳マーニーを獲った上で更に年上を獲るつもりはないのでアダムを獲りたいんですが…。
実力は凄い。セットプレーとか上手く1部でもやれる選手なのでなかなか振り向いてくれない。
ハッキリ無理と言ってくれれば諦めもつくというのに。
12604850.jpg 



ブルガリアU21代表GKディミタル・ミトフ(20)を3部に昇格したブラックプールへレンタルで放出。
GK2人加入したのでレンタル先を探していたら縁のあるクラブだったので即決。

スカウトがプッシュしてきた選手で安くて評価が高い。しかし能力値はまったく見えない。
たぶん局地的には高い才能を持ってそうなMF。移籍金は12万ユーロだし年俸も30万以下。外しても獲るべきだと思う。
トップ下の技術持ってそうだし攻撃面でのボランチでも計算できそう。とりあえず欲しい。悩んでます。

うーん、他に興味を持ってる2クラブはどちらもポルトガル1部の御三家以外の地味なクラブ。
メジャーどころがどこも狙ってないのも気になりますが巡り合わせもあります。

映像もあったけどBチームなので全く参考になりません。でも決めました。獲ります。
獲ってあとはアダム獲れるかどうかで今夏終了予定。
とりあえずボランチが欲しい。マーニー、キャスキーの次がアリボでその次がまたU23の若手なので早く欲しい。
それと裏話ですが獲得を決めた理由は現実でミランがアンドレ・シウバを獲得してコンフェデでポルトガル代表の試合も見て
たった今ポルトガルに関心が強かったのもあります。
13234162.jpg



4年契約、年俸25万ユーロで合意。
実能力は毎度おなじみ次の2話目で出しますがこれは当たりな気がします。
スカウトは見つけられなかったんですが左ウイングでもプレー可能。まあサイドアタッカーは山程いるので無いですが。
この能力で昨季レンタルでイングランド2部ノッティンガム・フォレストで8試合にしか出れなかったのはやっぱ英2部は魔境か。



背番号変更。あまり大袈裟に番号をコロコロ替えるのは好きじゃないので最小限の変更。

まずDFコンサ(19)を15番から退団したバウアーの5番を引き継がせる。
これは15と5だったしバウアー放出するつもりだったのでずっと前から決めてました。
もう少し一本立ち出来てから引き継がせたい気持ちもありましたが退団してしまったので仕方なく。

新加入のバーズリーに2番を与えるためにSBページを28番に。DFアシアナが37番から30番。
カーギルを29番から6番、GKフィリップスを13番から31番に変更。あとの新加入選手は空いてる番号に。

マジェニスの9番、ワシントンの10番も変更なし。退団してから誰につけさせるか考えます。
16番は空けておいてチャーリー・アダム獲得に備えます。



25019454.jpg25438234.jpg

英2部ともなると豪華な顔ぶれ。やはりサウザンプトンが郡を抜いての昇格候補。

キャプテン、副キャプテン共に退団したので任命。
新加入のマーニー(33)がキャプテン。生え抜きのソリー(26)が副キャプテン。
ソリーはあまりリーダーシップないんですが在籍が長いので任命されました。
強いリーダーシップを持った選手が居ないので厳しいシーズンになるかもしれません。
32659232.jpg



33039703.jpg

守備力に不安を抱えるプレシーズン。バウアー放出の余波は大きいか。
ただカブレラが加入時からコンディションが整ってたのであまり試合に出てなかったからそこがどうなるか。

今季陣容
33148037.jpg

ワットが最高年俸。今季はワットの出来によります。
昨季は大量得点でしたが元々決定力がない選手。不安で胸がいっぱい。
スカウトからプッシュされたベントナー(29)が欲しくてたまらない。決定力ない選手ですけど。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/10(月) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[選手紹介]CA 17-18 | ホーム | [選手オフ]CA16-17

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/431-229ba2b8

| ホーム |