名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[2月]CA 16/17

2/1 FLトロフィー北準々決勝 A
ノリッジU23 


1月に8試合こなし2月も8試合予定されている過密日程の中U23との対戦。
ここぞとばかりにメンバーを休ませます。

新加入3選手は加入翌日の試合なのでゲーム的にはいけますが個人的ポリシーでベンチスタート。
トップ下にクロフツを起用。パレルモ時代のファビオ・シンプリシオをイメージしたけどたぶんキツイでしょうけど。

故障:カシ、アリボ(肉離れ)
25948654.jpg30102768.jpg


U23在籍でこんなにも代表選手を抱えるノリッジ。選手層がすごいとしか言いようがありません。
FWラファティは欲しい選手でしたが120万€の年俸がネックで交渉できず。今季契約満了なので意外と狙ってます。

76分、FWマヴィディディに代えて新加入ワシントンを投入。

77分、FKからニアでR.ジョンソンが頭ですらすとGKが飛び出して無人のゴールにDFピアースが流し込み先制!
ホームズに代えてボタカ投入。主軸なので温存。さらにそのまま4-1-4-1に変更。
87分、バーンに代えてDFソリーを投入。

いい試合とは言えませんが悪くない試合運びで1-0の勝利。
これで南ラウンド準決勝に進出。今まで北ラウンドと書いていたような記憶がありますが南でした。どっちでもいいですけど。
31644507.jpg31636437.jpg

CBの活躍が最近目立ちます。評価点がうなぎのぼり。いっぽうピリッとしない攻撃陣。

34942685.jpg

いやーツイッター自分はやっておきながら人のツイートは全然見ないんですがこういうの見るとやっぱ目に毒だなと。
自分も天邪鬼なタイプなのでツイッターにドハマリしてたら書いちゃうのかな。
というかイギリスのゲームなのでイギリス人もやっぱこういう感じなんですね。人間なんて世界中同じです。



2/4 第29節 H
フリートウッド 5位
13勝8分8敗 42得点27失点


3連勝中のフリートウッドとの試合。ワシントンとカーギルが先発。
隠してても意味ないのでここで書きますがレンタル組の中でボタカは完全移籍で狙ってます。
両サイド出来るアタッカーで今季契約満了、15万ユーロと年俸も安く現実でもリーズと契約満了した選手。
更に成長も見えるし活躍もし始めているので獲りたいけど6月からしか交渉出来ないのでそれまでにクラブと延長するか謎。

44340393.jpg44400714.jpg

最近なんか決定機を作れない。前線の突破力に欠けるというか気迫がない。
前半終了間際にワットのサイドチェンジからボタカが抜け出すも決定機は枠の上。

63分、ボタカを倒したベン・デイビスが2枚目のイエローを貰い退場。
68分、ボタカ、クロフツを下げてコルクロー、J.ジャクソンを投入。
74分、ワットに代えてマヴィディディを投入し2トップに変更。

終盤どんどんゴール前に入れていくパワープレー。マヴィディディが競り勝ち続けるもゴールが遠い。
それでも全員攻撃。セカンドボールをCBが拾うほど押し込み最後はソリーのクロスを頭で合わせたマヴィディディ。
GKの逆をつきゴール右に吸い込まれ92分にチャールトンが先制!
この1点が勝敗を分け5位相手に勝利。スペース狙いが出来るようになって試合が面白い。
ただ個人技不足で試合が難しくなりました。それもまた面白いんですけどね。
50252904.jpg50243004.jpg



2/8 FA杯4回戦再試合 H
ウルブス 2部4位


コンサが試合前日に接触でつま先の突き指で欠場。
メンバーの変更はほぼなし。CBにR.ジョンソンが先発。

故障:コンサ、カシ、アリボ
35642918.jpg35703367.jpg

ほぼガチメンバーのウルブス。

5分、契約延長したばかりのキャスキーのスルーパスで抜け出たFWワシントンが左足で決め1-0、ワシントンは移籍後初ゴール!

16分、浮き玉のボールをMFマーシャルがダイレクトボレー。左ポストに直撃。
33分、キャスキーのエリア外からのシュートはクロスバー直撃。

37分、ボースウィック・ジャクソンのクロスからFWベズヴァルソンに頭で決められ1-1。
やっぱり屈強な190cm。ハマればバウアー、ロジャー・ジョンソンのコンビでも防げない。

67分、コルクロー、ジャクソンを投入しクロフツ、ボタカと交代。
71分、ワットに代えてマヴィディディを投入。

後半は殴り合い。そんな中86分、ウルブスのサイスが競り合いで負傷し交代枠を使い切っているため数的優位に。
1-1のまま延長戦へ。

91分、延長開始直後に途中投入のヴァイマンにドリブルで突破されクロスからベズヴァルソンに決められ1-2。呆気ない。

放り込みに近い形で攻め続けるチャールトン。
なかなか決まらず時間だけがすぎていくも117分、カーギルのクロスに合わせたコルクローの頭。
強くはなかったもののコースに決まり、GKイケメが触るも入って2-2の同点!

格上相手でしたが数的優位を活かしてPK戦に持ち込む。

ベズヴァルソン、ヨルファ、ヴァイマンのPKをGKラッドが止め5回戦に進出!
また過密日程になりました。2月10試合!怖い。

今日は契約延長したばかりのキャスキーのモチベーションが高く絶好調。
シュート8本放ちアシストも記録。
42728480.jpg42717414.jpg
43102246.jpg

あれよあれよという間にこんなところまで勝ち残ってしまいました。
トーナメントの組み合わせはまた行われるので6回戦以降の相手は不明。



2/11 第30節 A
AFCウィンブルドン 9位
10勝11分9敗 50得点45失点


地獄の日程が続きます。現時点で3月中旬まで週2試合が続きます。
そして来週はなんと週3試合。苦笑いしかでません。中1日3連戦はトルコ時代以来。
70017024.jpg 

2部チームとの延長戦から中2日。この時点で無理ゲーです。
さすがにコンディションが厳しいソリー、キャスキー、ホームズを下げ他は維持。
1トップはマヴィディディ。カップ戦でゴールを決めましたがまだ信用は大きくありません。

70733432.jpg70750929.jpg

チームとしてマンネリ感が出てきたようで攻めても攻撃が遅く崩せない。

61分、クロフツに代えてウルヴェスタード。
65分、マヴィディディからワシントンへ交代。
71分、ボタカからホームズ。

76分、やっと先制点。ホームズのスルーパスで抜け出たワットが決め1-0。
77分、ウィンブルドンのポリオンにエリア外から決められ1-1。ホームズがマークについておらずドフリー。

78分、ロジャー・ジョンソンが2枚目のイエローを貰ってしまい退場。
今季初レッド?記憶がありません。苦しい。

試合はそのまま終了。1-1のドロー。
選手の疲労もありパスミスが多く突破力も皆無。苦しい時期に差し掛かってきました。
73329044.jpg73319812.jpg



2/14 第31節 A
オルダム 20位
9勝7分15敗 34得点38失点


今日も中2日で選手が苦しんでいます。ただ次から中1日が2試合続きどうしたものか。片方捨てるか。
見てみるとFLトロフィーは対3部で同じ日程。その次の2部リーズはしっかり中3日休んでFA杯5回戦を迎えています。
2部相手に3日休みと1日休みとか酷いです。FLトロフィー重視か。
FA杯なんて最初から無理だし…。2部ウルブスにはPK戦で勝ったけども。

バグ?試合前通路で記者に試合後にリーグ1のチャンピオンになれますかと尋ねられるも
まだ何試合残ってるんですか・・・。16試合残っててなんでこんな質問されたのでしょう。

コンサが先発に復帰。

故障:カシ
出停:R.ジョンソン
04611067.jpg04640080.jpg

前回のオルダム戦は2-2のドロー。バウアーとワットのゴール。
戦術に悩みました。プレス控えめで体力温存を図るか。
しかし相手ペースになるとそれだけで疲れますしいつも通りのサッカーで。
特にプレッシングサッカーはやってないし事故ったら最悪。

試合は11分、相手のスローインを中盤でカットしたホームズがそのままドリブルで切れ込んでいき
CBクラークをかわしてエリア外からゴール右に流し込み1-0、チャールトンが先制。これはスーパーゴール。
18分、キャスキーのエリア外からのシュートが相手選手の足にあたってそのまま入り2-0。キャスキーのゴールが認められる。

25分、ソリーのアーリークロスに合わせたのはワシントン。リーグ戦でも移籍後初ゴールで3-0。

前半AT、ロングボールでよーいどん。バウアーがヒーリーに競り負け体勢を崩しドフリー。
冷静にパスを戻し飛び込んで来たアーウィンに決められ1点を返され3-1。バウアーがやられたらどうしようもない。珍しい。

選手に休みながらプレーしろと指示を出し送り出すとなんとかなってるので
66分、ワット、ホームズを下げてクロフツ、コルクローを投入。
86分、ウルヴェスタードに代えてDFピアースを投入。

91分、ヒーリーのクロスからまたアーウィンに決められ3-2にされるも前半3得点が効き勝利。
11816432.jpg11801946.jpg
キャスキーが前に出場した試合に続いて最多シュート。
モチベーションが高いのかイケイケで狙って枠内捉えたりギリギリサイドネットばかりで絶好調。

新加入のカーギルが安定しています。まず最近のページは酷い内容でその時点で上ですが
足元がしっかりしてるので繋ぎが安定しているし運動量もあるタイプなので広く顔を出してくれます。
本職のサイドバックではありませんが能力ある選手ってどこでもやれますね。

成長しているのでU23から18歳DFイラン・アシアナがトップに昇格。
試合に出ることはほとんどないと思いますが右サイドバックで出場機会があるかも。
過密日程なのでソリーも全試合に出場するのは難しく控えがレンタルのバーンなのでもしかしたら…。
まだ大事な時期なので難しいですが。
31659324.jpg






2/16 FLトロフィー南準決勝 A
スウィンドン 3部5位

今季4度目のスウィンドン戦。結果は2勝1分。5戦目となるリーグ後半戦は4/30、最終節。
分かってたことだけどスケジュール無茶すぎます。クロフツが出停でボランチが厳しい。

悩みましたが中1日だと流石にコンディションが厳しくやっぱり次のリーズ戦も頑張りたいということで
メンバーを大幅変更。ホームズ、ワシントン、ウルヴェスタード、ラッド以外変更。
アリボが離脱していたのでボランチが足りない。

ワシントンがトップ下で先発。繋ぎやアタックというよりは豊富な運動量を活かして攻守に走ってもらう。
35959730.jpg40040326.jpg

8分、FWオビカのハーフボレー。ゴール中央GKラッドが触ってポストに跳ね返りラッドに跳ね返りがっちりキャッチ。危ない。

ゴール前で混乱が見えるチャールトン。DF4枚替えはやっぱり恐ろしい。
それでも16分、ホームズのスルーパスで裏を取ったマヴィディディがスピードに乗るとエリア内で後ろから追ってきた
DFセンドレス-ホワイトに倒されPK獲得!あまりPKを貰えないのでここで貰ったのは大きい。
主将のジョニー・ジャクソンが中央にきっちり決め1-0、チャールトンが先制。
40924401.jpg

33分、楔のパスが入ったワシントンがなんとダイレクトでボールをずらしDFラインの裏へ置くと
裏を取ったマヴィディディだったが左足でのシュートは枠の左。期待してなかったけどすごい発想と技術。

35分、スターキーに直接FKを決められ1-1。ゴール右に叩き込まれる。
41419570.jpg

38分、ウルヴェスタードのロングスルーパスで抜け出たマヴィディディ。
右に流れながらGKをかわしてコースを空けるも角度がなくなりサイドネット。決定機を決められず。

その後ももう1本決定機を作るもマヴィディディが決められず前半終了。
前半を終えて1-1。シュート数は5-10と完全にスウィンドンのペース。
こちらのエリア周辺でのFKが非常に多くファールで止めてしまうチャールトンはピンチの連続。

それでも押されながらもカウンターが完璧に炸裂しPKを除くシュート4本で3回の決定機を作った。
しかしマヴィディディが決められず。スピード勝ちするものの決定力がない。

61分、ホームズが左サイドを突破。長い距離ドリブルで切り裂きライン際から折り返すと入ってきたマジェニスが頭で決め2-1!!
技術は下手でスピードもないマジェニス。試合開始後にカウンターでロングパスを受け独走したもののすぐにDFに追いつかれて
カウンターチャンスを潰してしまうレベルですがなんだかんだでこういうゴールを決めてくれる。
最近完全移籍を意識し始めたからボタカを起用していましたが大事なところで決めてくれるのはマジェニス。11月は絶好調だった。
42427193.jpg

66分、裏へのパスでGKと1対1になったマジェニスだったが後ろから追ってきたグラドウィンにカットされシュートすら打てず。
うん、ちょっと注目したらこんなもんです。

70分、覚悟を決めました。疲れてきたホームズに代えてコルクロー。
更にFWワシントンに代えてDFカーギルを投入し5-4-1に変更。失点したらおしまい。最低最悪でも同点PK戦へ。
カーギルの投入ですが疲れが溜まってないレノンを投入したい気持ちもありましたが今季未だ出場なし。
どんな選手かまだ見たこと無いので何かあったら恐ろしすぎてカーギルを投入。
生え抜き選手なのでちょっと不憫ですけど1点差なので背に腹は代えられない。

71分、またもやマヴィディディが裏を取る。今度は真正面中央から。しかしこれもシュートをミスし枠の右へ。
これには流石にキレたフロード監督は18歳アハン・グランドと交代。

ハッキリ言ってこれはよくない采配なのは分かってます。
1トップでフィジカルで圧倒していたしセットプレーの守備でも目立ってました。
こういう感情で采配を取るのは間違っているし投入された選手もただの若手。まだ結果も出してない。
でもAGにも期待してるしキレたものは仕方ない。保有権ないので。

もう案の定の3文字で片付くレベルで前線で収まらなくなりボコボコに攻められるも
GKラッドが全てのシュートをシャットアウトで2-1での勝利。
3部相手に久々に受け身にたった試合で面白かった。攻められるとカウンターが有効に働きます。
マジェニスの能力不足やマヴィディディの決定力不足でたくさんのビッグチャンスを潰しましたが
まあ結局マヴィディディが奪ったPKとマジェニスのゴールで勝ったので悪く言えません。
ただマヴィディディのシュート4本全部決定機なのでぷんぷん。
45358731.jpg45348266.jpg

名前も出されず地味でしたがトップ下のワシントンがとにかく良かった。
守備では効果的に詰めるし攻撃では下手に降りてくることもなくマヴィディディが動いたスペースに飛び込み目立ってました。
正直トップ下で使いたい気持ちも強くなってますが、支配された中での速攻狙いだから攻守に有効だったんだろうから悩む。

南ラウンドの準決勝を勝ち抜き決勝へ。
これって昔は南ラウンドの決勝を戦ってから南北統一チャンプを決める戦いだった気がしますが
FM17ではそのまま決勝戦進出のようです。決勝の相手はミドルスブラU23かサンダーランドU23。
どっちもU23ですか…。3部4部リーグの面目丸つぶれですね。

最近出番が全くないFWリー・ノバクは出場機会を求め移籍を希望。
そこまではいいんですが浦和レッズがまさかの獲得興味。
リーグこそ出しているものの選手は入れず架空選手のJリーグ。英国人に興味をもつことってあるんですね。
完全に置き去りにしていた遠い世界だったので急に名前が出てビックリしました。
一瞬Jリーグに所属するクラブ名を全部日本語にしようかなと思いましたが面倒なんでやめときます。
選手名はゲーム内でニックネームで自由に出来ますがクラブ名は変更できないFM。
クラブ名変更ファイル作成は他のを参考にすれば難しくはありませんが面倒です。Jリーグでやらないので恩恵がない。
83003998.jpg 



2/18 FA杯5回戦 A
リーズ 2部12位


2部12位のリーズ戦。前からちょこちょこ書いてますがリーズは好きなクラブなので対戦できて嬉しい。多少情報も把握してます。

中1日での試合。コンサ、バウアーのCBコンビ。ホームズ、ワシントン、ラッド以外全員変更。
悩みましたがワシントンが2戦連続でトップ下。今日のトップはワット。
右サイドがコルクローとボタカで悩むもリーズからレンタルで加入しているボタカを選択。
03220645.jpg03608707.jpg

74424189.jpg
 

リーズはエースのパブロ・エルナンデスがトップ下の4-2-3-1。

現実でエースのニュージーランド代表FWクリス・ウッドがあまり起用されておらず俊足FWバロウの1トップ。
左サイドバックのチャーリー・テイラー(23)が冬にサウザンプトンへ700万ユーロで移籍。
CBのクーパーが左に入っている様子。ウッド、ルーフを使わないなんて信じられない。ベラルディも居るのに。
現実で今季の躍進を支えたメンバーです。残念ながら7位でプレイオフ圏内に入れず。

一番の活躍はセリエA、トリノからレンタルで加入したCBヤンソン。完全移籍が決まってます。
現実でも昇格できなかったことでプレミアリーグからのオファーが来ているそうです。
生え抜きの選手が毎年のように退団していく状態ですが早いところ復権してほしいです。
それでもU20W杯でポルトガル代表で活躍したMFヴィエイラがまた出て来ており次々にスター候補を誕生させています。
FMでは能力もちゃんと貰ってるもののまだ起用は少なかった。
04043069.jpg04053201.jpg04102868.jpg

開始2分、ホームズがエリア内で仕掛け左足で折り返すとDFエイリングに当たってゴールへ向かい
GKロバート・グリーンが弾くも跳ね返りをボタカがフリーで流し込み早い時間でチャールトンが先制!
驚いたとしか言えません。

技術高すぎる。
スペースにポンとパスを出されカウンターが成立されてます。こういうパスウチも出せる選手もっと欲しい。
ウルヴェスタードがたまに出すくらい。

カウンター合戦で試合がとにかく面白い。
こんなヒリつくような痺れる試合毎試合したい。レベルが高い相手との試合はまじ楽しい。

38分、ワシントンが受けると元アイルランド代表MFのオケインがインターセプトを狙う。
それでも奪われずに抜いたワシントンが持ち込んでエリア外から大胆に狙うとこれがゴール左上に突き刺さり2-0!!
こんな試合でのこんなスーパーゴール興奮しないわけがない。声出た。
10153858.jpg

前半を終え2-0。今日は全員良い。ミスも少なく速攻でもきっちり走り込んでるし全員の意識が統一されて試合できてます。
リーズの速攻も守備陣が奮闘しとくに守備的MFとして入っているクロフツがどこにでも顔を出してくれてます。

53分、MFペドラザがスピードに乗りDFソリーがインターセプトを狙うもあっさりかわされ独走。
DFコンサがカバーに向かうもあっさりいなされフリーでクロスを上げられ飛び込んできたオケインに頭で決められ2-1。
抜かれて決められたオケインが取り返すゴール。

69分、今日中盤に君臨していたワシントンに代えてコルクローを投入。

76分、FWバロウのエリア外からのシュートがコースをつきGKラッドが触るもそのまま入り2-2。
振り向きざまの左足シュート。これが入るとは思わなかった…。
そのままFWワットに代えてマヴィディディを投入。カウンター要員として入れるつもりがゴールが欲しい局面に。
正直再試合はもう無理。3回戦も4回戦も再試合を戦ってます。

80分、ボタカに代えてバーンを投入。
82分、ソリーのロングパスで完璧に裏を取ったマヴィディディ。GKとの1対1、シュートはゴールの左に転がる。

決着は後半AT、お互いよく攻めどっちが勝ってもおかしくない局面。
パブロ・エルナンデスのパスで右サイドを抜け出たSBエイリング。マーカーのコルクローを振り切りクロスを入れると
ペドラザが飛び込み2-3。やられました。マジ悔しい。
12015992.jpg 

敗因はなんだ。この試合敗因はなんでしょう。
個に押し付けるならマヴィディディが決定機また外したことですが
楽しくなっちゃって試合を壊すような守備固めをしなかった監督にも非があるのか。
ただ53分に決められて30分以上残して1点差で守備固めても守りきれる保証ないし自分で言うのもなんだけどチキるのも仕方ない。
でも前半で2-0にして後半で3失点は文字で評価されると酷い試合と言われざるをえない。
32,000人の大観衆を抱えたホームリーズの勢いに完全に飲み込まれてしまいました。
12318676.jpg12312177.jpg

リーズショックに揺れる中浦和レッズからまさかのオファー。この時期に?と思ったけど2月19日、むしろ遅いですね。
2月25日にJリーグが開幕します。気になるのは金額ですが70万ユーロの市場評価に対してボーナス込み込みで総額32万ユーロ。
使ってない選手なのでほぼ不満はありませんが少し交渉をし即金35万ユーロ、総額50万ユーロで合意。
あとは選手間での交渉。ノバクにJリーグに移籍する意思があるかどうか。あと年俸出せるか。
ゲーム開始直後はたぶん年俸の空きはたくさんあると思います。
昔Jリーグをやったときに余裕があって補強したらほぼ全勝で楽しくなかったから辞めて以来Jリーグに近づいてません。
31248280.jpg
32428230.jpg

33318693.jpg

マジに考えてこの実績はどうなんでしょう。もっと実績ある選手くらいは引っ張ってこれてますね。
英2部バーミンガムでレギュラー張ったのはポイントですがこの欧州選手補強して満足する日本人はまず居ないでしょう。
ブラジル人だと割りと無条件に受け入れられるのは歴史がそうさせてるんでしょう。


現在年俸24,000ユーロで契約しているイズリ・コンサ(19)が契約の見直しを要求。
今季デビューして守備固めから始まり今はレギュラー。2019年までの契約を見直すチャンスかもしれません。
まあ相手のペースに乗るのは嫌だと毎度言っているのでとりあえず2年半も契約が残ってるからこの話はまた今度というと
理解を示してくれたのですぐに契約交渉しちゃう!今季終了も待たない。支出増えるけどチャールトンの未来を担う選手です。
そんな流れのまま週間ベスト11に選出。



2/21 第32節 A
ボルトン 15位
10勝10分12敗 38得点42失点


シーズン後半戦も調子が上がらないボルトンとの中2日での試合。

1トップにマジェニスを起用。
リアルチャールトンの今季のハイライト見ててマジェニスが1トップでポストゴリゴリに勝ってるの見てやりたくなりました。
トップ下はもうお馴染みになったワシントン。右サイドは移籍後2試合目の先発となるコルクロー。
SBソリーの代わりにページが先発。右利きながらほぼ両利きで今季全て左サイドでプレーしてましたが今日は初の右。

2試合連続でやらかしてFA杯敗退に繋がったマヴィディディの評価は最下落。1月10日以来のベンチ外に。
アーセナルから完全移籍出来るか分からないしもう出番ない可能性も生まれました。結果に厳しい監督です。

中盤には先程の動画で活躍していた主将ジョニー・ジャクソンを使いたくなったのでキャスキーとのコンビ。
スタメン選択の理由が酷すぎる。監督の風上にも置けない。
61402569.jpg61556614.jpg

試合開始からボルトンのペース。
そのまま14分、クロスを受けたレ・フォンドルの折り返し、ロングに決められ0-1。

16分、CKからジョニー・ジャクソンのドンピシャヘッドはライン上のFWロングに防がれる。1ゴール1セーブ。

51分、コルクローに代えてボタカを投入。
するとその直後の52分、マジェニスのスルーパスで抜け出たボタカがきっちり決め1-1の同点。
交代策が見事にハマり今季7点目!!2人の間を抜けるマジェニスのスルーパスがかっこよかった。

65分、今日は良くなかったワシントンに代えてワットを投入。
すると72分、クロスのこぼれ球を拾ったワットが左足で叩き込み2-1!何なんコレめっちゃ楽しい。
こぼれ球の拾い方も気持ちよかった。
ホームズが前にいて下がりながら拾おうとしたが後ろから前を向いて拾いに来るワットに譲り左に流れながらすぐにシュート。
信じて見つめる11番ホームズの後ろ姿も逞しい。
63116033.jpg

79分、キャスキーに代えて守備固め。クロフツを投入。

83分、ボルトンのウィーターのロングスロー。ヘンリーにバックヘッドが決まってしまい2-2。
GKラッドの不用意な飛び出し。ヘンリーの動き出しに対応できなかった守備陣。こういう失点あるよね…。
63729930.jpg

ツラ、ダル。持ち上げて落とすチャールトンイレブン。なんか急にプレイして楽しいチームに生まれ変わってしまいました。
あの全勝連勝期間、どうなることかと思いましたがたぶんユニフォームカラーですね。赤と紫で全然飽きずにやれてたんですが
試合も急激に飽きない激しい試合になってきました。このままFMポゼッションの波から離れたい。
アンチフットボーラーを邁進したい。
とはいえリーグ戦最近5試合で2勝2分1敗とほぼ足踏み状態で2位ともポイント差が詰まってきたので勝負どころ。
64050431.jpg64035365.jpg

19歳コンサと2021年まで年俸15万ユーロで契約延長に合意。
ミドルスブラへの移籍の噂に終止符を打ちました。



2/25 第33節 H
ベリー 14位
11勝8分14敗 34得点42失点


中3日での試合。コンサがお休み。マジェニスの1トップ継続。

34356054.jpg34441060.jpg

15分、FKから最後はホームズが押し込み1-0、チャールトンが先制!!ホームズは今季12点目。

56分、カウンター用にマジェニスに代えてワットを投入。
67分、疲れが見える上にイエローを貰ったキャスキーに代えてウルヴェスタードを投入。
89分、ホームズに代えてコルクロー。

相手のレベルがあまり高くなく攻めても攻めてもボールが回ってくる展開でしたが
追加点が遠く難しい試合でもきっちり守り抜き勝ち点3を獲得。
珍しくバウアーのミスが多くイエローも貰い2試合出場停止。
35748770.jpg35738686.jpg

FWリー・ノバク(28)が浦和レッズと合意。移籍金総額50万ユーロで移籍。
今季リーグ戦11試合に出場し1得点にとどまる。
36.3万ユーロの年俸でしたがレッズでは40万ユーロに昇給。

まあ周りは初期生成架空選手なんで活躍できるでしょうけど頑張って欲しいです。

ここで驚いたのは浦和レッズの監督がエドガー・ダービッツということ。
2016年6月に就任したようです。昨季のレッズは5位。欧州に強いダービッツの意向でノバクなのかな。
そしてチャールトンのフットボールディレクターを置いたシステムを批判される。



2/28 第34節 A
シュルズベリー 23位
7勝8分19敗 35得点61失点


34節になりシーズンいつ終わるんだとふと考えたらあと14試合も残ってました。
トータル63試合。3部リーグでやっていい数字じゃありません。カップ戦残りすぎました。

現在3連敗中のシュルズベリー戦。中2日での試合。

出停のバウアーの影響でコンサ、R.ジョンソンのコンビ。
疲れが見える34歳ジョニー・ジャクソンはお休みでクロフツが先発。ワットの1トップ。

故障:カシ
出停:バウアー
20226489.jpg20245417.jpg

お互い遠い位置からでも積極的に狙う試合。
35分、シュルズベリーのCK、マジェニスがエリア内で倒しPK。FWレイチ・スミスのPKはGKラッドがセーブ。

それでも37分、MFイーツからのロングボールでレイチ・スミスに裏を取られ失点。オフサイドないかあ。
21201474.jpg

前半を終え0-1。ワシントンのトップ下が効かなくなってきました。新加入ブースト終了。
新加入3人共あまり評価点高くないので冬の補強失敗という評価になるんですかね。若いのでこれからですが。

HTでワシントンに代えてボタカを投入。
54分、マジェニスを下げてコルクロー。

64分、ワットのシュートはGKルトウィラーが弾くもDFライリーが絡みオウンゴールで1-1。

71分、使いたくなかったけどワットが良くないのでマヴィディディを投入。今日も決定機外したらどうしよう。

76分、杞憂だった。CKのこぼれ球を拾いホームズへ。中をじっくり見ると速いボールを入れ
飛び込んだマヴィディディがダイレクトで流し込んで2-1、逆転!!

そのまま試合終了。厳しい試合でしたがなんとか逆転勝利。
22851990.jpg22841753.jpg



23410365.jpg

23434566.jpg 
1試合未消化で2位と5ポイント差。100ポイント越えそう。

23452122.jpg

気づけば大所帯になったチャールトン。来季はガッツリ減らしたい。
極度のターンオーバーは好きじゃないし使わない選手を寝かせるのも好きじゃありません。

マヴィディディがゴールを決め3人目の2ケタ得点者誕生。
ワット、ホームズはもう代えがききませんが26試合10得点の割に評価点が低いマヴィディディ。その通り信用ができない。
続く7得点のボタカとマジェニス。この二人は好不調の波が激しい。特にマジェニスは二桁達成出来るんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[3月]CA16-17 | ホーム | [1月]CA 16/17

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/426-740793b9

| ホーム |