名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[12月]Charlton 16/17

95831097.jpg

12月はカップ戦の連戦からスタートですがまた中1日。このふたつの大会のセットなんなんですか。
現実もこんなことなってたんでしょうか。面倒くさいから調べませんけど。

12/4 FA杯2回戦 A
スティーブニッジ 4部20位


4部で20位のスティーブニッジ戦。理事会から3回戦進出を望まれている上
FLトロフィーの次が中3日でリーグ戦なので主力組をこっちで起用。




03942398.jpg04024781.jpg
 
04512836.jpg
わからんことはない。ただただ見づらい。

完全にチームの油断。
25分にロングスローからCBフランクスに頭で決められ0-1。

58分、MFクロフツに代えてFWノバクを投入し2トップ。
すると61分、ホームズ、ノバクと繋ぎ最後はワットが決め1-1の同点!
64分、ホームズの裏へのパスに走り込んだワットがDFのタックルをかわして冷静にゴール右に流し込み2-1、逆転!!

2トップに変更して1CB,1FWにしたら戦力の差は歴然。
72分、キャスキーに代えてJ.ジャクソンを投入。77分、マジェニスに代えてバーン。

先制され焦りましたが戦術変更がハマり逆転勝利。3回戦進出。
10207016.jpg10156581.jpg

クラブの連勝記録と無敗記録に並ぶ。
99年12月から00年3月まで続けた12連勝に並び次の試合に勝てれば更新。
FLトロフィーでのコルチェスター戦がPK戦での勝利のため記録は引き分け。これが勝利だったらすでに14連勝でした。
こんなに連勝したことなかったので気にしたことなかったですが次がU23とはなんたる運命。
ただ中1日なので完全控えメンバーです。



12/6 FLトロフィー北2回戦
ウェストブロム U23


中1日での試合。GKラッド以外全員メンバーチェンジ。
53021052.jpg53205249.jpg

U23チームの出場記録は練習試合込みで参考外。
アイルランド代表のジェームズ・マクリーンなどトップチームの選手も参戦。

前半を終え微妙な内容。何かラッキーゴールでも入らない限り得点の匂いを感じない。
そんな試合なのに両サイドバックは慢心状態。ダシルバは若くして代表にも入って慢心しっぱなし。
バーンも主力選手何だからもう少し引き締めて欲しい。

そこでハーフタイムで戦術変更。メンバーはそのままでコンサをCBに落として3-4-3に変更。
サイドの攻撃参加を増やしてクロスからの一発を狙いつつ慢心サイドの一瞬の油断対策も兼ねる。

74分、J.ジャクソンに代えてキャスキーを投入。
休み休み使ってもまともに90分持たなくなってきました。スタミナとか無いわけではないんですが運動量が豊富すぎます。

83分、キャスキーのCKからDFコンサが頭でなんとか流し込み1-0、チャールトンが先制!!
19歳コンサのキャリア公式戦初ゴール!
84分、ノバクに代えてマジェニス。85分、マヴィディディに代えてAグラント投入。

この1点をきっちり守り抜き1-0で勝利、3回戦に進出。
クラブの記録も更新。
54917367.jpg

55025273.jpg55011704.jpg



12/10 第21節 A
ブラッドフォード・シティ 12位 6勝8分6敗 24得点31失点


ラッドとテシェイラのみ残り全員変更。
早く補強したい。心機一転スター選手とか欲しかったりしますが赤字酷いし悩みどころ。

故障:カシ、ボタカ(風邪で数日離脱)
22936174.jpg22954331.jpg

23027381.jpg23032697.jpg

他にも気になる選手はいますが中心選手2人。
キーマンのジョシュ・カレンと副キャプテンのダービー。元リバプールのアカデミー出身。
CBにはリーズアカデミー出身のキルガロン。もう32歳になりましたか。

左サイドには以前獲得したロー。GKにもブラックプールのドイルが今季加入。

試合開始からホームのブラッドフォードに押し込まれる展開でしたが次第に巻き返し押し込み返したところで前半終了。
0-0のまま後半へ。攻めているものの決定力がないというか相手ゴール前でもう一歩リスクを負った一発狙いが出来ない。
どうしても安全に繋いで機を逸する。

67分、マジェニスに代えてバーンを投入。ボタカが風邪で欠場なので同じ役割を。

71分、FKの場面で中で競り合ったDFテシェイラが途中投入のディングに倒されPK獲得。
ここで交代の指示が通りMFウルヴェスタードに代えてFWマヴィディディを投入。4-4-2に変更。
FWワットがPKをゴール左にきっちり決め1-0、チャールトンが先制!守備固めするか悩む。

80分、ブラッドフォードのCK、CBキルガロンに頭で決められ1-1。キルガロンは今季2点目。
疲れが見えるベテランのクロフツに代えてジョニー・ジャクソンを投入。
悩んだ挙句据え置きで同点。悲しい。

攻撃の指示を与えると82分、SBソリーのクロスに飛び込んだマヴィディディの高い打点のヘッドをGKドイルが触るも
ギリギリでゴールに入り2-1、すぐにチャールトンが勝ち越し!
ジャクソンが右にいい展開してソリーの高いクロスに飛び込んだマヴィディディのヘッド。

警戒はしていたのに。86分、またもCKからキルガロンのヘッド。これはGK正面だったものの目の前に弾き
こぼれ球をDFペニーに押し込まれ2-2。キルガロンにはテシェイラがついていたのにまるで対応出来ず。

2度のリードを守りきれず2-2のドロー。
連勝記録はストップ。痛い試合になってしまいました。絶対勝ってる試合だし勝たないといけなかった。
DF増やすという決断が出来なかった。FW増やしたタイミングでPK出て浮足立ってしまいました。
もう監督業何年目ですか。トータルシーズン30年くらい絶対やってるのに落ち着きと決断力がない。

まあ辛口ですけどこんな連勝経験ないんで立派ですけどね。簡単に勝ちたくない症候群でこんなに勝ってると飽きてくる性格で
序盤でこういう連勝したらやめて日記化されないこともザラにあったくらいでチャールトンレッドが性に合ってるんでしょうか。
意外とアウェーユニの紫がオシャレなのかな。子供のこと紫色が好きでした。今は赤ですけど。
30159746.jpg30140763.jpg

ジェイ・ダシルバ(18)とチェルシーが契約延長で合意。30万ユーロから68.8万ユーロに昇給。
30万でも厳しかったのにこの金額は出せません。なので今季は完全にサブ扱い。来季レンタルバックです。
予想では賃金負担なしでレンタル延長出来ると思うんですけどページ育てるか補強します。

CBピアース(29)が出場機会に再度不満。
今度ばかりは宥められなさそうなので放出を約束。テシェイラ、バウアーを仮に冬に一気に放出すれば序列は一気に上がりますが
好調のロジャー・ジョンソンと若手のコンサを起用していくつもりなのでどうしようもない。
悪くない選手でしたがCBにだけやたら選手が集まっていたのが不運。



12/17 第22節 H
ピーターボロ 2位 14勝5分2敗 46得点20失点


7ポイント差で2位のピーターボロ戦。リーグ最多46得点のチーム。
負ければ4ポイント差、勝てば10ポイント差。

23058703.jpg23119566.jpg

怪我を抱えたヒューズがLSBで先発。攻めたいがマジェニスには技術がない。
ピーターボロのキープレイヤーはCBのバルドウィン(23)らしいんですけど2桁3トップが驚異的。
4-3-1-2の前3人で今季34得点決めています。特にトップ下のマジソンは抑えたい。
23257265.jpg23336318.jpg

試合開始から猛攻を受けピンチ連発。
そして怪我人に簡単にボールを奪われるマジェニス。相手は勢いを持って前から来るのでやりづらい。
今までの相手とは違います。やっぱり攻めてくる相手は怖い。

それでも33分、ソリーが右で受けクロスでなくパスを選択。ウルヴェスタードがダイレクトで叩き込み1-0、先制!

何を指示しても好転しないのでもう流れに身を任せて守備を固めてロングカウンター狙い。
69分、マジェニスに代えてボタカ投入。75分、キャスキーに代えてJ.ジャクソンを投入。
そして82分、MFウルヴェスタードに代えてDFテシェイラを投入し5-4-1に変更。もうカウンターもあまり狙わない。

きっちり1点を守り抜き1-0で勝利。これで2位と10ポイント差。途方もない独走態勢に入ってきました。
ホームで酷い試合でしたが勝っちゃうんだから強いチームです。守備がシャレにならんくらい堅い。
22試合で14失点は昔のFMを思い出します。昔は能力値より戦術なバランスだったのですぐに守備堅いチーム作れました。
能力値よりになってきてからがっかりするような失点が増えてリアルな感じのゲームになりましたが
チャールトンは3部ではバランスブレイカーなクラブのようです。

リーグ最多得点チームにサンドバッグのように攻められ無失点。今日は特にGKラッドが良かった。
評価点には表れてませんがハイボールに飛び出して完璧にキャッチング。これをやってくれたらこぼれ球が相手に渡っての
不意の1点がほぼ無くなるのでかなり大きいです。
25455638.jpg25447537.jpg

30807991.jpg

これで今季のここまでの赤字をほぼ一掃。そう考えると恐ろしい現状です。
7月から12月までで約500万ユーロの赤字。予測ではここからシーズンオフまでにまだ800万ユーロの赤字を計算されています。
こんなんいくら資金投入してもキリがありません。黒字化はまず不可能なので人件費を減らして来季2部でどれだけ稼げるか。
2部でもそこまで財政的に楽になるわけではないのでプレミアバブルに触れなきゃ厳しい現状です。

というかなんでこんなに赤字厳しいんですか。収入が少ないのか支出が大きいのか。
借金が膨大にあって毎月30万ユーロ弱の返済を迫られているので支出は仕方ありませんがそんなに収入ないクラブなんでしょうか。

収入は3部で1位。そこはまあいいとしてチャールトンはチケット代が極端に安い。
動員も3部6位の平均11,895人とそこまで多くありません。ロンドンでの集客争いに負けています。仕方なしか。
6部リーグと同じ代金は寂しすぎます。
売上-平均チケット代
31734121.jpg31750702.jpg
ふと気づきましたがこの売上1000万ユーロで39位は理事会からの資金投入も込みです。
他クラブも投入されているところもあるでしょうからなんとも言えませんが差し引けば52位でした。



12/26 第23節 A
MKドンズ 3位 12勝7分3敗 41得点23失点


2位ピーターボロ戦の次は3位MKドンズ戦。14ポイント差。
ボタカが右サイドで先発。

03129530.jpg03146596.jpg

元同僚が何人も居ます。CBウートン、MFアネケ、FWアガード。
過去獲得して主力になってくれた選手たち。脂が乗る年齢になってきました。
特にウートンは評価高かったしマンチェスターユナイテッドから2部リーズに完全移籍して土台作りするかと思いきや
右サイドバックで起用されたりと確固たるポジションの獲得はできなかったものの20試合は毎年出てたので
今季3部MKドンズに完全移籍したとは思いませんでした。このまま下部リーグに染まっていくのは少し悲しい。

試合は互角の展開。共に枠内シュートが増えつつも決定機までは作りきれず。
36分、SBページの縦パスで裏を取ったホームズが冷静に決め1-0、チャールトンが先制!

その後は冷静に試合を進めていましたが60分、
アネケの後ろからのロングフィードに抜け出し左サイドのボーディッチ。ゴール前まで持ち上がり冷静に中を確かめ
折り返しパス、メイナードに決められ1-1の同点。アネケのすごいパスでした。こういうパスをウチも出して欲しい。

70分、機能していないボタカに代えてバーン、更にキャスキーに代えてJ.ジャクソンを投入。
82分、MFクロフツに代えてFWマヴィディディを投入し2トップに変更。

87分、メイナードにエリア外からすごいシュートを叩き込まれて1-2。勝ちに行って逆転される。
そのまま試合終了。これは酷い。スーパーゴールでしたがそれも言い訳。
19試合ぶりの敗戦なんでまあ出来過ぎなんですけど3位に敗れて11ポイント差。ここから締め直しです。
10045242.jpg10034378.jpg

気になってるのはFWワットのシュート数が増えないこと。2試合連続で1本ずつ。
高さはそんなにない選手なので崩し方も工夫が必要です。トップ下がほしい。



U23からGKを昇格。使うつもりはありませんが一番の将来有望株になっていたのでスクショ残す意味で。
60939209.jpg



MFボタカとDFレノンがウイルス性疾患で休養。

12/31 第24節 A
サウスエンド 13位 8勝5分10敗 32得点29失点


テシェイラとマジェニスが先発。出停のページに代えてダシルバも先発起用。

故障:レノン、カシ、ボタカ
出停:ページ
64238084.jpg64259815.jpg

64325279.jpg64334880.jpg
近年はいろんな選手が3部に降りてきていて新鮮です。やっぱり島国なので海外に出るより国内でという選手が増えたのかな。
サイモン・コックスが今季加入してリーグ戦14得点と絶好調。リーグ得点王。
アントン・ファーディナンドもレギュラーとしてプレーしています。

コックスの相棒がスネを骨折し今季ほぼ終了。公式戦28試合で10得点10アシストと攻撃の要でした。

試合開始から押される展開でしたが26分、ロブボールをホームズが頭で落とすとフリーで受けたワットが冷静に決め1-0。
相手は完全にボールウォッチャー。ホームズで簡単頭で落とせるようではマークが甘すぎです。

35分にはワットのパスでゴール前に入ったホームズが簡単に決め2-0。
42分、キャスキーがゴール前に侵入し決め3-0。

71分、サイモン・コックスにこぼれ球を押し込まれ3-1。
失点して怖い場面ですが次がまた中1日なのでホームズ、キャスキーに代えてノバク、J.ジャクソンを投入。

84分、マジェニスの折り返し飛び込んだジョニー・ジャクソンが右足で決め4-1!
主将ジョニー・ジャクソンは今季初得点。得点力が高いMFですがキャリア67得点目を等々決めました。
クロフツに代えてコンサを投入し守備固め。
70421647.jpg70411597.jpg



71918518.jpg

今季3度目の中1日。今回はカップ戦の連戦ではないのでメンバーはそこまで落としたくありません。
シーズンも折り返して2位と9ポイント差。ボルトン、シェフィールドの不振が気になります。

71940767.jpg

72039573.jpg

12月も凄かったのはバウアー。そして得点力が下がってきたワットに代わってホームズが躍動。
アシストも量産体制に入っています。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/20(火) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[1月]CA 16/17 | ホーム | [11月]Charlton 16-17

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/424-7b13d090

| ホーム |