名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

[8月号]Charlton 16-17

63327849.jpg

8/6 第1節 A
vs ベリー


昨季16位ベリーとのアウェーマッチ。
1年での昇格を目指すチャールトンにとっては負けられない開幕戦。



FWにはワットが先発。
ワットは保有権を持ってるので最後に上げてきたし技術あって収まりそうだしとりあえず先にチャンスを与える。
マヴィディディは得点しか期待できません。マジェニスが右で先発。
得点王争い予想のノバクはベンチスタートでホルムズが左で先発。

このメンバーでは一番最適は4-4-2なのでいずれ使うかもしれません。
今作4-3-3が難しく感じます。1トップが孤立しやすく放り込みになりやすい。
解消するために下がり目にプレーさせるとやたらフリーでボール持てて
サイドにバンバンパス通したりするので個人的な好みに合いません。
1トップはゴール前に張る。ストライカータイプが好みなので出来るだけ下がらせたくない。

バーンが左サイドバックで先発。ソリーを使うために左に回ってもらいます。
CBにはバウアーが先発。負傷明けですが練習試合でも評価が高く思い切って先発。

故障:テシェイラ、レノン、カシ
64918267.jpg64944281.jpg

ベリーは34歳の守護神マーフィー、DFキャメロン(24)、FWクリス・ブラウンなど主力を怪我で欠いた陣容。
1トップには元エバートンのジェームズ・ヴォーン(28)。長年2部に居ましたが今季初の3部へ移籍。
右サイドにはジャーメイン・ペナント。シンガポールから今季イングランドに復帰。

期待と不安渦巻く開幕戦。
試合は12分、CKから最後はジャクソンのパスを受けたFWマジェニスが決め1-0、チャールトンが先制!
得点王争いを予想されるマジェニスがチームファーストゴール。
更に14分、左SBバーンのクロスをウルヴェスタードがダイレクトで流し込み2-0。

その後もホルムズがミドルシュートを狙いつつ前半を圧倒、2-0で折り返す。

後半に入り46分、パスを受けたホルムズがエリア外から狙うとグラウンダー性のシュートをGKウィリアムズが触れず3-0。

52分、バーンが相手のサイドアタッカーをケアしきれずペナントをドフリーにしてしまいクロスから10番メイヤーに決められ3-1。
更に56分、CKからFWヴォーンに頭で決められ3-2。一瞬で崩壊気味のチャールトン。

悩むのは交代策。まだ選手を把握出来てない段階から難しい試合になってしまいました。

63分、スローインからの流れ、ジャクソンからパスを受けたホルムズがまた決め4-2。
ここでFWワットに代えてマヴィディディではなくノバクを投入。豊富な運動量を活かしてもらう。
69分、ウルヴェスタードに代えてキャスキーを投入。保有権を持つ若手MFなので成長させたい。
83分、MFクロフツに代えて若手DFコンサを投入。プロデビュー戦。クローザーから使い始めて成長させます。

87分、キャスキーがエリア外から左足で流し込み5-2。
コースを狙った良いシュートでしたがこの試合は相手GKの質の低さが目立った。寄せも甘い。

5-2で快勝。2失点しておきながら言うのもなんですが決定力の差が大きかった。
そして選手の能力差も酷く感じた試合。ポーツマス時代は優勝予想クラブでありながらチカラの差はそこまで感じませんでしたが
昨季2部のチャールトンと3部下位ともなるとかなり感じました。

後半試合を支配されたもののなんとか跳ね返し終わってみれば5得点。相手GKの質の低さが目立った試合でした。
コースを狙ったシュートばかりでしたがそこまで速いシュートではなかったので弾いて欲しいものも多かったと思います。
72017391.jpg72011908.jpg

キャスキー、マジェニス、ホルムズ、ウルヴェスタードの今季加入4選手のゴールで勝利。
練習試合では不調だったホルムズが開幕戦から大活躍。
主将のジョニー・ジャクソンは2アシスト。得意のシュートも5本放つも得点は出来ず。
1トップにゴールは生まれず。安定はしていたので次の起用に悩む。とりあえず次の試合はカップ戦、4部との試合。

ゲーム的な部分で今気づきましたがSBで先発したウィガンからレンタルで加入のバーン。
ウィガンからキープレイヤーの扱いらしく来季のレンタル延長、完全移籍共に困難なので起用に悩みます。
実力者なので起用しないとまではいきませんが頼り尽くすことは無いかもしれません。
しかし1年で昇格して強い2部と戦いたいので育成はあまり考えないかもしれません。

開幕戦を終えて面白かった。技術がある選手はプレーのレパートリーが増えシュートレンジも変わってくるので
ポーツマスのときより面白かった。もう少し強い相手と戦った時どうなるか見ものです。



8/10 リーグカップ1回戦 H
vs ニューポート


開幕戦から中3日での試合。
開幕戦マンスフィールドに2-3で敗れた4部ニューポートとのカップ戦。
開幕したばかりで悩みましたが次に中2日でリーグ戦が続き2週間で4試合あるので完全控えメンバー。

ジャクソン、バウアー、ソリー、ラッド以外変更。

故障:テシェイラ、レノン、カシ
12753398.jpg12826639.jpg

開幕戦では控えメンバーとはいえ攻撃陣はレギュラー候補なだけに活躍して欲しい。
特にボタカには能力的に期待してますがどうなることやら。

4分、マークがズレMFボヤイに決められ0-1。
ヤバイと思ったのも束の間23寸、DFシド・ネルソンが一発レッドで退場。
34分、ボタカのクロスをノバクが頭で流し込み1-1の同点。

70分、ソリーのクロスをノバクが頭で折り返すとマヴィディディが流し込み2-1、逆転!
そのままMFジャクソン、FWマヴィディディを下げてMFアリボ、FWワットを投入。
79分、アリボのパスで裏を取ったボタカの折り返し、FWワットが流し込み3-1。
80分、コンサに代えてクロフツを投入。主将を途中で代えたので副主将をクローザー起用。

開始直後圧倒され3本のシュートを放たれるなど先制点を奪われるも退場者が出てからは圧倒。
4部ニューポートを3-1で退け2回戦進出。
14739694.jpg14720383.jpg

危なかった。ボタカの活躍により見事逆転。
これで攻撃陣の争いは熾烈。ただ相手は4部。そこは差し引かなければなりません。
リーグ戦でも出番はすぐ来るのでそこでいかに結果を出せるか。

アシスタントコーチに4-2-3-1への変更を薦められる。
トップ下でプレー出来るのが「熟達」のホルムズと20歳アリボしか居ないのになぜ推されるのでしょうか。
と言っても4-3-3で発生したDMFも熟達のクロフツとコンサしか居ませんけど。
結局今の陣容だと4-4-2が一番選手的に適していますが2トップ強そうで気後れ。
サイドアタッカーが豪華でボタカも先発で使いたいから4-2-3-1練習してみようかなぁ。
ホルムズもサイドのほうが適していると思いますけど。



8/13 第2節 H
vs ノーサンプトン 16位 1分


中2日での試合。開幕戦0-0で引き分けたノーサンプトンをホームに迎える。
この試合は4-3-3ですがダブルボランチが好きなので4-2-3-1にいずれ変えていくかもしれません。

カップ戦で活躍したボタカ、ノバク、マヴィディディはベンチスタート。
SBページが引き続き先発でバーンがベンチ。

故障:テシェイラ、レノン、カシ
25603161.jpg25620451.jpg

23分、DFディアモンドのクリアミスを逃さなかったワットが決め1-0、チャールトンが先制。
悪い意味で戦術が噛み合ってしまいお互いシュートまで持って行けずシュート数2本対1本に終わった前半。

59分、マジェニスに代えてボタカを投入。
69分、疲れてきてるベテランのジャクソンに代えてキャスキーを投入。
81分、ホルムズに代えてノバクを投入。

後半アディショナルタイムにゴール前で合わせられるもGKラッドが触ったボールはクロスバーに直撃。
難しい内容だったもののワットのゴールでなんとか勝利。開幕2連勝となりました。
31511074.jpg31458207.jpg



8/16 第3節 H
vs シュルーズベリー 15位 2分


現在公式戦3連勝と勢いがある内に4-2-3-1に変更。
前節いい試合が出来なかったので攻撃の枚数を1枚増やして完勝を狙う。
今までの4-2-3-1とは少し違った戦術を組んだので少し心配。4-3-3からそのまま流用し微調整しました。

中2日の試合。守備陣に少し変更を加えた先発メンバー。
得点王候補のマジェニス、ノバクが共に先発。ホルムズのトップ下。
ボランチはベテランのコンビ。ウルヴェスタードはレンタル選手なのであまり積極起用はしません。
得点王予想というだけでノバク、マジェニスが共に先発となりましたが
足元ヘタな運動量系が両サイド共に居るのは危険だったかも。采配ミスかな。

故障:テシェイラ、レノン、カシ
01512677.jpg01530950.jpg

4-1-4-1のシュルーズベリー。攻撃陣がかなり若い。
やっぱり4-2-3-1だとポゼッション率が急上昇。パス数も増えチンタラサッカーになってしまった。

36分、マジェニスのパスでサイドを突破したSBバーンのクロス、FWノバクが頭で流し込み1-0。

43分、自陣からのロングボールで抜け出たFWワットをエルアブドがファールで止め一発レッドで退場。数的優位に。
更に63分、速攻を止めたMFオゴゴが2枚目のイエローを貰い退場。11人対9人に。

こちらも4人イエローを貰っていて少し怖いので64分、クロフツに代えてウルヴェスタードを投入。

2人差は大きく枚数を掛け攻めるとマークがスカスカ。
70分、ウルヴェスタードがフリーで強烈なシュートを放つとGKが弾くもそのままゴールに叩き込まれ2-0。
ここで慢心しつつ疲れていたホルムズに代えてキャスキーを投入。
78分、DFピアースに代えてコンサを投入。

92分、ノバクのパスからワットが冷静に決め3-0で試合終了。

前半は互角の試合でしたが退場者が出てからは一変。
2人差は途方もなく大きく後半シュルーズベリーのシュートは0本。終わってみれば楽勝となりました。
25356061.jpg25339764.jpg



8/20 第4節 A
vs ウォルソール 13位 1勝1分1敗


中3日での試合。
今日も数人変更。ボタカとキャスキーが先発メンバー入り。

故障:テシェイラ、レノン、カシ
35437216.jpg35452846.jpg

あ23分、CKからロジャー・ジョンソンがすらしファーサイドに流れるとDFバウアーが押し込み1-0。
49分、ボタカが右サイドで突破し折り返すとワットが軽く流し込み2-0。

58分、オズボーンのスルーパスで抜け出たシメオン・ジャクソンに決められ2-1。

74分、ノバクに代えてマジェニス。
75分、ホルムズに代えてウルヴェスタード。
86分、SBバーンに代えてDFコンサを守備固めで最後に投入。

後半苦しんだ時間もありましたが1点差をきっちり守りきり2-1、開幕4連勝を記録。

DFソリーが通算200試合出場。
MFクロフツが通算400試合出場。
41230853.jpg41224754.jpg



8/24 リーグカップ2回戦 H
vs ニューカッスル 6位


2部で6位のニューカッスルとのカップ戦。
中3日での試合、強豪チームと当たってしまいました。

MFでウルヴェスタードが先発。あまり調子が良くないクロフツがベンチスタート。
ベテラン選手なので過密日程では厳しい。
今日もノバクが先発。技術はありませんが運動量と得点力を買って起用。

故障:テシェイラ、カシ
23907643.jpg23925822.jpg

ニューカッスルも4-2-3-1の布陣。
スタメンが滅茶苦茶若い。オーバー27も4人しか居らず今日はグフラン以外ベンチ外。
FWドワイト・ガイルが今季5得点。今季1150万ユーロでクリスタルパレスから加入。怖い存在。
右サイドのスコットランド代表DWマット・リッチも1150万ユーロでボーンマスから獲得したみたいでイングランドドリーム。
名門は資金力が半端じゃありません。

開始10分、浮き球のルーズボール。MFコルバックが頭でCBに戻すと追うホルムズ。
コンゴ代表DFムベンバがもたついたところをボール奪取。そのまま決め1-0、チャールトンがまさかの先制!
ホルムズは今季3点目。運動量豊富なドリブル系アタッカーは得点力もあり使い勝手が良いです。

34分、ボタカが自陣で突破を狙い奪われカウンター。
アーロンズの折り返しからガイルに決められ1-1。もったいない。

互角の前半。
73分、内容が悪いボタカに代えてバーンを投入。サイドアタッカーに配置。
78分、ノバクに代えてマヴィディディを投入。ホルムズを左へ。

チャールトンは後半なんとシュート0本。かなり苦しんだものの無失点で延長へ。
ここで悩むのは最後の交代枠。運動量だけのマジェニスを入れるのか、ホルムズが疲労でヤバイ。
キャスキー投入するならジャクソンとの交代か。悩んだ結果キャスキーを投入。

94分、MFコルバックにエリア外から決められ1-2。疲れからプレッシャーが無くなった。
それでも101分、長いパスでバーンが抜け出しクロス。FWマヴィディディが押し込み2-2の同点!!

延長後半に入ったばかりの106分、縦パスでアーロンズに抜け出され2-3。ソリーが完全に集中してなかった。
連続してサミー・アメオビにも決められ力尽きたチャールトン。
116分、CKのこぼれ球をウルヴェスタードが決め3-4、1点差に追い上げるも反撃はここまで。
2部ニューカッスル相手に接戦を演じるも3-4で2回戦敗退。
31159272.jpg31154362.jpg

やはり上位が相手ともなると守備力の無さを痛感。
前半でGKセルズが手首を痛めたもののシュートを枠内に蹴れず追いたてれなかった。

FWマジェニス(26)が負傷したノリッジFWカイル・ラファティ(28)の代わりに北アイルランド代表に招集。



8/27 第5節 H
vs ボルトン 5位 3勝1敗


ボルトンは中3日、チャールトンは延長を戦い中2日と厳しい日程。
上位対決で大事な試合。コンディション不良がキツすぎるのでほぼメンバーチェンジ。
コンサ(18)がCBで先発。良ければ生え抜きっ子、固定して育成していきます。
LSBにはチックセンが初出場。1トップは2試合2得点のマヴィディディ。
開始時はノバクトップ下の4-2-3-1ですがノバクトップに置いて4-4-2に変更する予定。
とりあえずトップ下で攻守に走るノバクを見てみたかった。

故障:テシェイラ、カシ
51619159.jpg51639408.jpg

5人負傷者を抱えるボルトンですが流石の層の厚さ。
1トップのル・フォンドルは1試合で2得点を記録。キャリア163得点を記録している点取り屋です。

酷い内容ながらもスコアレスドロー。
後半に3枚替えしてから自分たちの攻撃も出来るようになったもののゴールまでは奪えず。
SBが共に評価点が低く失点しなくて助かった試合。

控えメンバー主体なので引き分けに持ち込めただけ良かった。
53934128.jpg53920594.jpg



8/30 FLトロフィー A
vs サウザンプトンU23


練習試合からレスターU23,リーズU23と続き6連勝中のサウザンプトンU23とのカップ戦。
中2日での試合。翌日からマジェニス、SBダシルバが代表へ合流。
18歳ダシルバがイングランドU19に選ばれましたが今季まだ出場なし。
悩みます。完全移籍も年俸30万がネックだしそもそも獲れるか謎だしレンタル出場枠が余ってないので難しい。

34458852.jpg34540569.jpg

U23の出場記録は練習試合のもののようです。
まだデビューしてない選手も多数いる中本イングランド代表のジェイ・ロドリゲスが先発。
トップチームでも活躍して代表選出されたのに大怪我の連続で苦しんでいる選手です。
現実では復帰していますがここではリザーブのようです。

13分、CKからの流れ、最後はボタカが押し込み1-0、チャールトンが先制!
28分、フラニガンのFKでのクロスを胸で受けたジェイ・ロドリゲスに冷静に決められ1-1。レベルが違うとしかいいようがない。
29分、ウルヴェスタードから縦パスをうまく受けたFWワットがエリア外から豪快なシュートを叩き込み2-1!

79分、ノバク、クロフツを投入。ボタカ、ホルムズと交代。
86分、ソリーに代えてコンサを投入。

終盤特に押し込まれる時間が続いたものの完璧なブロックを作り全て跳ね返し2-1で勝利。
01553313.jpg01508147.jpg

相手の方がウワテなサッカーをしていましたが寄せの甘さからスーパーゴールを決め勝利。
サウザンプトンとはいえ若いチームに負けなくてよかった。
ジェイ・ロドリゲスは格が違う。欲しい。お給料330万ユーロですけど。






25144095.jpg

25227880.jpg
降格組ということで開幕直後から強さを見せ首位。
CBバウアー(23)が圧倒的な存在感を示し8月だけで3度のMoMを受賞。攻撃ではFWワットが5得点。
ウルヴェスタードもゲームメイカーとして試合を作りながらゴールにも絡むので外せなくなってきました。
完全移籍が難しいので頼り切りたくないですがとりあえず2部には上がっておきたいので仕方ない。

25318283.jpg

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/24(水) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

[9月]Charlton 16-17 | ホーム | [選手紹介]Charlton 16-17

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/420-baa3ca7e

| ホーム |