Contents

Cadiz 17-18 #3

72252296.jpg 
正直に言って充実したプレシーズンを送れず。
新加入選手の多さや個人能力アップにより攻撃意識の向上により失点が多い。
2部オビエドに敗れその後3部アルバセテに勝利、トルコ1部に引き分け。
ラスト2試合も3部相手に1勝1分で3失点。特にアヴィレス戦は良くなかった。
選手がコロコロ変わり難しいのは分かりますが3部相手にこういう試合していたら厳しい。



8/21 第1節 H
vs レアルマドリー 


やってきました新シーズン。
マドリーはMFカゼミロを4200万でPSGに放出しチェルシーからアザールを1億ユーロ、
インテルからジョアン・マリオを3500万ユーロで獲得。恐ろしい中盤になってます。
年俸は恐ろしい。うちの給与総額より安い選手が少ないスタメン。

74942130.jpg 74949030.jpg 
SUB:ウイカニ、サラモン、アブドゥラー、ナンド、エディ、トケーロ、ゲレーロ

フェルナンデス、アリダネ、ホセマリとトリデンテ3人を軸に残りは新加入選手。
昨季にも増してカウンター狙いのシーズンになりますがロナウド、アザール、ベイル、ベンゼマの速攻止められる気がしない。

75008351.jpg

笑っちゃう陣容。これでコバチッチやマルコ・アセンシオがベンチ外なんだから恐ろしい。

開幕戦、レアルマドリーをホームに迎えて新シーズン始まります。
試合は2分、FKからペドロが頭で合わせるも力なく外れる。これがこの試合ファーストシュート。

5分、アザールがゴール前でボールを持ちホセマリはビビって行けない。
ロナウドにパスを通されるもシュートはGKフェルナンデスがファインセーブ。

その後もレアルマドリーの猛攻。こんなに締め付けられる思いをする試合は久々。
12分、ジョアン・ペドロからパスを受けたエルナンデスが積極的に狙うも左足でのシュートは力なく枠の右へ。
シュートの質が昨季とぜんぜん違う。たぶんセルヒオ・ラモスのプレッシャーが2部とは大違いなんでしょう。

26分、マドリーのCKの場面。DFコスタスがモドリッチを倒しPK。
キッカーはロナウドではなく1億ユーロのアザール。きっちり決められ0-1。アザールの移籍後初ゴールを許してしまう。

シュートを連発されているものの守り方は悪くなく0-1のまま前半終了。
悪くない内容。アシスタントマネージャーもそう捉えています。ただサイドアタッカーが勝てない。
やはりこのレベルになると勝てるレベルではありません。速攻で何かが起きれば・・・。

54分、ベイルに抜け出されるもGKフェルナンデスのファインセーブ。2度目の決定機も阻止。
しかしクロースのCKからロナウドに頭で決められ0-2。集中して守っても結局はセットプレーでフィジカル差を見せられます。

64分、IN:トケーロ、エディ ←OUT:エルナンデス、ペドロ
65分、早速トケーロが抜け出しシュート。GKナバスに抑えられるも良い動き出し。
77分、IN:ナンド ←OUT:サルビ

速攻から大チャンスもあったが抜け出た折り返しが中で合わず決められない。
そのまま0-2で敗戦。名門レアルマドリーとの開幕戦黒星スタート。

正直言って悲観するような試合ではありませんでした。
もっと無慈悲な試合にされると思ってましたが集中して守れていた。失点は共にCKから。
まあフィジカルの弱さは克服出来るものじゃないので不安要素でもありますが、自信ついた試合。

 IN:Jロドリゲス、モラタ、マリオ
OUT:ベンゼマ、ベイル、クロース
82033872.jpg82028855.jpg



8/25 第2節 A
vs セビージャ 19位
  1敗 1-4


開幕戦バルセロナに1-4で敗れたセビージャとの試合。

12122125.jpg 12118459.jpg 
SUB:ウイカニ、コスタス、アブドゥラー、ナンド、エディ、トケーロ、ゲレーロ
故障:ルイス、マルドナード

CBサラモンが先発。他は同じメンバー。
シーズンは長いので焦りません。じっくり選手を入れ替えつつ見極めていきます。
12141199.jpg

MFビトーロが中心選手。
昨季7試合2得点の出場に留まった清武は移籍リスト入り。現実では昨季冬に日本復帰を決めました。
清武は選手登録もされておらず背番号も貰ってません。またFWバカンブを補強し4-4-2に変更したのでガンソもベンチ外。

レンタルで加入したウォルコットが先発。こういう圧倒的スピード系がどうしても脅威です。
上手い選手だったら人数掛けたら意外となんとかなりますが1対1ぶち抜かれたらどうしようもない。

ファーストシュートは4分、今日もカディス。CKからアリダネが頭で合わせるも枠の左。
6分、エスクデロのクロスにMFエンゾンジに飛び込まれるもドンピシャヘッドは枠の左。
12分、クロスからビトーロに頭で合わせられるもGKフェルナンデスのファインセーブ。決定機でした。
15分、セビージャの速攻。長いパスでウォルコットが抜け出し折り返しバスケスに狙われるもGKフェルナンデスがCKへ。

その後もどっかんどっかんシュートを打たれるもGKフェルナンデスのファインセーブショー。
前半を終え0-0。枠内6本をきっちり止めたフェルナンデス。エルナンデスはオフサイドに引っかかりまくってます。
前半だけで5度のオフサイド。洗練された守備を前にはチームとして質が落ちます。

61分、ウォルコットのクロスの際、エリア内でDFコレアがファールしたとしてPK。
選手はPKはなかったと抗議するも認められず。2試合連続PKです。
レンタルで加入のバカンブのPKは枠を大きく外し失点には至らず。

63分、IN:ゲレーロ ←OUT:エルナンデス
   エルナンデスを交代。徐々に信頼度が下がっていきます。
68分、ビトーロに抜け出されるもシュートはGKフェルナンデスの凄い反応。
69分、IN:アブドゥラー ←OUT:ティモル  疲れが見えるティモルを交代。
78分、IN:ナンド ←OUT:サルビ

後半もそのまま進行し結局0-0でドロー。
MoMは今日初出場のDFサラモン。セビージャの攻撃をシャットアウトしました。
守り方は分かった。あとはゴール。昨季アシスト量産した両サイドがもう1歩攻め込めない。
ただチャンスも作れているのであとはシュート精度とゴール前の強さ。
速攻狙いなんですが相手の戻りが早い上にプレッシャーもキツイので何故かポゼッションが上回る。

15404830.jpg15357414.jpg



23220611.jpg23215129.jpg23156661.jpg

今夏のビッグディール。
マレズ(26)が中国行き…。なんか分かるっていうかなんていうか。
やっぱりプレミアリーグに渡る選手が多く残念。特にグリーズマンと対戦できなかったのは残念です。

驚いたのはここには載ってませんが300万ユーロでバイエルンのロッベン(33)がレアルマドリーに復帰したこと。
意図はよくわかりません。骨を埋めるチームなのか・・・?



9/10 第3節 H
vs バジャドリー 20位
  2敗 0-6


昨季2部優勝のバジャドリーとの残留争い。
ここまで2連敗のバジャドリーには勝ちたいところですが昨季1分1敗と相性が悪い。

31533776.jpg 31537042.jpg 
SUB:ウイカニ、コスタス、アブドゥラー、サルビ、エディ、ゲレーロ、エルナンデス
故障:ルイス

トケーロ、ナンドが先発。
エルナンデスは今季初のベンチスタート。とりあえず途中投入で使うつもりですがもう絶対的信頼感は薄らぎつつあります。
これからはゲレーロ、エルナンデス、トケーロでポジション争い。

31546931.jpg

バジャドリーは昨季から4人レンタル、あおれとレガニェスからDFメジャニ(32)の5人しか補強していません。
昨季優勝だからって流石に厳しいんじゃないでしょうか。本当に勝ちたい。ここで負けたら降格覚悟しないといけない。

3分、アルバロからトケーロへ。トケーロの左足でのシュートはGKベセッラに防がれる。
前もそうですがトケーロは動き方、貰い方が本当に良い。メンタル能力極振りなんで動きはすごく良いです。

それで得たCK、一度は跳ね返されるも拾い直しティモルからサボリットへ。
主将モヤノを抜きGKの足元を抜けるシュートを流し込みカディスが先制!チーム初ゴールはSBサボリット!!
32435470.jpg

37分、浮き玉のパス、アルバロがエリア外から強烈なダイレクトシュートを放つもGKの好セーブ。

70分、IN:サルビ、エルナンデス ←OUT:トケーロ、ナンド
77分、DFアリダネがやってはいけないミス。自陣深くでマタにあっさりボールを奪われそのまま決められ1-1。
86分、IN:ゲレーロ ←OUT:ホセマリ  FWを増やし2トップに変更。

バジャドリーは優勝クラブとは思えないほど攻撃に枚数を掛けてこないので余裕の展開でしたが
追加点が決められずアリダネの自陣でのミスで失点し2戦連続引き分け。

33435436.jpg33430820.jpg



9/17 第4節 A
vs エスパニョール 5位
  2勝1敗 4-3


バジャドリーはベティスに勝利し最下位脱出。ウチもそろそろ勝ち点3が欲しいところ。
エスパニョールはヨーロッパリーグで中2日。ラツィオに2-0で勝利しましたが過密日程。

35637552.jpg 35634453.jpg 
SUB:ウイカニ、コスタス、アブドゥラー、ナンド、エディ、トケーロ、エルナンデス
故障:ルイス

ゲレーロが初先発。

35722461.jpg

ウチはまだ今季4試合目。試合数が倍違います。

なんか懐かしき泥試合というか、ウチのシステマチックな守備で相手もハマってドロドロな試合になっていまいます。
速攻狙ってるんですけど相手の個人守備力を前に不発に終わりお互い遅攻の連発。

55分、IN:エルナンデス、トケーロ ←OUT:ゲレーロ、サルビ
   トケーロを右サイドで起用。運動量をサイドで活かしてもらいます。

56分、途中投入されたディオプに裏に抜け出されて決められ0-1。
70分、CKからサラモンのヘッドは枠の上。
71分、IN:エディ ←OUT:ホセマリ

攻めども攻めども決められない。今作は本当に戦術でゴールを奪うのは難しいようです。
シュートチャンスは作っているのもも決定機は全く作れず、個人能力も高くないのでゴールが遠い。

01547083.jpg01543047.jpg



9/20 第5節 A
vs ヒホン 20位
  1分3敗 4-9


降格圏同士の試合。この最下位ヒホン戦が最後の試金石。これ以上は落とせません。
中2日の過密日程。この機会にメンバー替えてみるか…。

03228468.jpg 03225836.jpg 
SUB:ウイカニ、アリダネ、ホセマリ、ナンド、サルビ、エディ、ゲレーロ

アブドゥラー、カブレラ、コスタスが先発。
03241076.jpg

最下位で9失点ながら4得点のヒホンと4失点ながら1得点のカディスの試合。

開始1分、ジョアン・ペドロがゴール前でファールを受けFK獲得。
ペドロのFKはクロスバーに直撃するも跳ね返りをエルナンデスが詰めた際ファールを貰いPK獲得。
今季初先発のアブドゥラーが決め1-0、カディスが2分に早々に先制。

22分、高い位置で奪ってパス、抜け出たジョアン・ペドロでしたがシュートは枠の左。
29分、エルナンデスが引っ張って空いたスペースに走り込んだペドロ、アルバロが確実に通しフリーでしたが決められず。

前半を終え1-0。チャンスは多かったものの決定力がない。
特にジョアン・ペドロの決定力不足が響き前半だけで評価点5.9と最低レベル。
突破とか良いところ見せてるんですが後は決めてくれるだけ。

54分、カブレラ、ティモルと繋ぎダイレクトで展開。コレアが走り込みクロスを入れるとまたペドロが合わせるも枠の上。
57分、ペドロからパスを貰ったカブレラのシュートは正面。
58分、コスタスがカストロに抜かれ狙われるもGKフェルナンデスのファインセーブ。
   IN:エディ ←OUT:ジョアン・ペドロ  流石にペドロは交代。
71分、IN:ホセマリ ←OUT:ティモル
88分、IN:ゲレーロ ←OUT:エルナンデス

1点を守り抜き初勝利!
今季の決めれなさ加減は引く。昨季のようにサイド抉って折り返しもDFに全部カットされる。やっぱり守備のレベルが違う。

終盤に時間稼ぎ要員でボールキープをゲレーロに命じましたが全然だめ。とにかく酷かった。
こういう起用法はトケーロに任せたほうがいいかもしれない。

05414515.jpg05411546.jpg



05554545.jpg

1勝2分2敗で現在15位。
05621408.jpg

05650584.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/396-b839e261