Cadiz 16-17 #6
11/20 第15節 A
vs セビージャ・アトレティコ 17位
  4勝4分6敗 11得点15失点


2部に唯一在籍しているセカンドチーム。
なので気持ち的に応援していたのですが監督のマルティネスに「カディス絶対降格すっから」と言われ
9位なので自信を持って良いシーズンになると発言すると「自信は魅力的だけど苦しむ。他クラブにとって展望が開けてるのは良いシーズンだね」
とコレでもかと言ってくるので気持ち路線変更。絶対勝ちたい。ついでにセビージャのトップチームもやっつけたくなりました。
カディスはライバルチームもダービーもないのでとりあえずセビージャ目標で。

13822562.jpg 13816301.jpg 
SUB:シフェンテス、サンカレ、ルイス、Aゴメス、カルヴォ、エディ、グイサ
負傷:ガリード

スタメンの変更はなし。エディがベンチ入り。

13852991.jpg
記者に相手は若いチームと言われましたがセカンドチームなので当たり前。
勢いのある若手のチームではない。若い人しか入れられないチーム。臆することはありません。

セビージャのキーマンはFWのカルロス・フェルナンデス(20)だそうで14試合1G1Aと微妙。
とにかく負けたくない。今日もウノセロ(1-0)目指してシビアに采配を取りたい。

試合前ミーティングでも普段言わない勝利のみを期待と鼓舞。
ホセマリ、アリダネ、クルスがやる気出してくれました。

22分、パスでサイドを抜け出たアルバロの折り返し、サルビが頭で合わせるも枠の上。

なんかデカイ口を叩く監督に限って守備的な気が。
セビージャの超消極的なサッカーに飲み込まれ前半を終え0-0。シュートも2-2。

70分、慢心してしまってるオルトゥーニョに代えてグイサ。
72分、INエディ ← OUTクルス
80分、INアベル・ゴメス ←OUTアブドゥラウ

どうした全然終わりません。
20333748.jpg 

このままスコアレスドローで終わってしまい消化不良。
口悪監督守備的説。パルマでもこんな感じだったような。決着はホームでつけます。

20614120.jpg



11/27 第16節 A
vs テネリフェ 4位
  7勝4分4敗 18得点15失点

良い試合してるとは言いませんが3試合連続無失点なのでメンバーはそのまま。

31902480.jpg31858555.jpg  
SUB:シフェンテス、サンカレ、ルイス、Aゴメス、カルヴォ、エディ、グイサ

31922379.jpg

テネリフェは守護神が股関節を負傷し長期褫奪。
それでも控えにベネズエラ代表GKエルナンデスが控えていて羨ましい戦力。

試合開始からアウェーのカディスがずっと攻める。
上位相手に良い試合出来るようになってきました。

そして攻め続けた27分、アルバロが左サイド抜いて折り返すとオルトゥーニョが決め1-0、カディスが先制!
チーム9本目のシュートで先制点を奪取。オルトゥーニョも今季7点目。エースストライカーとして確立してきました。

71分、Inエディ ←Outクルス
76分、Inアベル・ゴメス ←Outアブドゥラウ
82分、Inルイス ←Outオリバン

押される時間帯もあったものの上位相手に貫禄の試合運びでウノセロ勝利。
DFセルバンド(32)がMoM。最近のセルバンドは本当に凄い。活躍が際立ってます。

33945554.jpg



12/4 第17節
vs ヌマンシア 14位
  4勝8分4敗 16得点17失点


71009290.jpg 71014190.jpg 
SUB:シフェンテス、サンカレ、ルイス、ガリード、Aゴメス、エディ、グイサ

ウィンターブレイクまであと僅か。最後の追い込みです。
冬の補強どうしましょう。選手登録が満杯なので放出しなければ補強はしません。
どうするか悩みどころです。補強ポイントはDFでしたが最近は安定してきたし。

71025080.jpg

GKはムニルじゃないんですね。

今日も前半重たい試合で何事もなく0-0。
セビージャ戦で重い試合に巻き込まれたって書きましたが
重い試合に巻き込んでるのはカディスのほうですね。毎試合のように実況に何もない退屈な前半と言われます。

52分、カディスの速攻。右サイドに蹴り出されたボールに追いついたサルビが中に切れ込み冷静に折り返すと
   FWオルトゥーニョが決め1-0、カディスが先制!オルトゥーニョ、今日もゴール。最近オルトゥーニョしか決められなくなってます。
   カウンター狙いに振りすぎたかな。ボランチより後ろのゴールが今季まったくありません。

66分、INエディ ←OUTクルス
70分、エディの鋭いサイドチェンジで裏を取ったアルバロ・ガルシアのクロスにFWオルトゥーニョが合わせ2-0。
   またオルトゥーニョ。とうとうブレイクし今季9点目。
   INガリード ←OUTアブドゥラウ

75分、オテオの速いクロス、DF陣が反応できずモリジャスに決められ1-2。
83分、INグイサ ←OUTオルトゥーニョ

結局1点差になってしまいましたがスタッツでは完勝。
ヌマンシアにはほぼ何もさせず。何もしてこなかったともいえます。

73446072.jpg



12/10 第18節 H
vs エルチェ 5位
  8勝3分6敗 26得点18失点


80559533.jpg

最近5戦4勝で7位にまで浮上したカディスは5位エルチェ戦。
この試合に勝利すればテネリフェとの得失点によりますがプレイオフ圏内に入る可能性がある大事な試合。

80734099.jpg

更に得点王ランキングでもオルトゥーニョが好調で2位にまで浮上。
1位、エルチェのギジェルモとの直接対決です。

14100838.jpg 14105303.jpg 
SUB:シフェンテス、サンカレ、ルイス、ガリード、Aゴメス、クルス、グイサ

エディが先発入り。
グイサ(36)の扱いをどうするかそろそろきっちり考えないといけません。
200得点に向けてたまに途中投入で使ってますがそんな短い時間じゃ効果は見込めず。
先発では全然ダメだし残り2得点、一筋縄にはいきません。
そしてオルトゥーニョも活躍し始め使い所がない。4-4-2にすればラクでしょうが今のところ4231を替える予定なし。

14113942.jpg

エルチェのキーマンは当然オルトゥーニョと得点王を争うFWギジェルモ。


試合開始からエルチェが攻めるも安定した守りでいつも通りカウンターを狙うと
9分、オルトゥーニョのパス少数特攻。抜け出たサルビのクロスにドフリーで飛び込んだアルバロ・ガルシアが決め1-0!
  アルバロの今季5得点目であっさり先制。強いカディス、勢いそのままに上位相手に渡り合ってます。
14分、また速攻からアルバロの折り返し、オルトゥーニョが頭で合わせ2-0。

64分、エルビアスのシュートがDFアリダネに当たってコースが変わって決まり1点を返され2-1。
   これがオウンゴールは双方の取って可哀想。

71分、IN:ルイス ← OUT:オリバン
   IN:クルス ← OUT:エディ

81分、頭部を裂傷し包帯を巻いたアルバロに代えてMFガリード投入。
   交代するほどの怪我ではありませんが怪我は怪我だし守備固めも込めて交代。

今日も2得点後に失点してしまいましたが2-1で勝利。
正直作り上げちゃいました。負ける気せんですね。
パルマではかなりヘロヘロな戦いやってて辛かったですけどやっぱりスペイン2部。
選手が揃ってるので戦術が組みやすい。カディスも昨季3部から昇格したチームでそこまで能力高くないですが
特に両サイドのスピードは際立ってるのでそれを活かした攻撃が出来ていて年俸がオルトゥーニョがきっちり決めてくれるので勝てます。

これで6試合5勝1分で負け無し。
アルバロ・ガルシアが1ゴール1アシストの大活躍。

唯一の心配点はこの6試合で7得点ですが5得点がオルトゥーニョの得点。
この人がゴール決められなくなったらグイサ、サンタマリアじゃ厳しいのでこの人の調子がチームの状態に直結します。

G:アルバロ(4)、オルトゥーニョ(10)
MoM:アルバロ・ガルシア
20417384.jpg



12/18 第19節 A
vs サラゴサ 17位
  5勝5分8敗 22得点27失点


32201783.jpg 32158865.jpg 
SUB:シフェンテス、サンカレ、ガリード、Aゴメス、エディ、クルス、グイサ
故障:サンタマリア

サンタマリアが前日に7週間の負傷。
グイサに代えてベンチに入れてた直後に負傷。なんかこういうこと多い気がします。
使おうとした瞬間に不満言われたりとか。

今年最後の公式戦。この試合でウィンターブレイクに入ります。

デルカスティージョが先発。
lloの発音に悩んでいてMallorcaはマヨルカと発音するんでしょうけど
llaはリャかヤかジャかカタカナではそれぞれ。マヨルカも一昔前はマジョルカが主流でした。
カシージャス、テージョ、カスティージョ。悩むだけなのでジョにします。

32320470.jpg

古豪サラゴサも2部生活4年目のシーズン。
ホセ・エンリケがキープレイヤー。

20分、サルビのクロスが一山越えファーサイドのアルバロ・ガルシアが合わせ1-0。今日も先制点奪取。
41分、速攻でサルビが決め2-0。

70分、In アベル・ゴメス ← Out ホセマリ
75分、ハビ・ロスに決められ2-1。今日も2得点の後に失点。締まらなくなってきました。
76分、In ガリード ← Out デルカスティージョ
78分、In グイサ ← Out オルトゥーニョ

後半AT、グイサへのパスは通らずもグイサがプレッシング。
相手CBがSBに繋ごうとするとSBマッキーが反応出来ず。流れたボールを奪ったアルバロがそのまま決め3-1。試合を決定づけるゴール。

3-1で快勝。2得点後の失点癖が気になりだしてますが追加点を奪える強さを見せてくれています。

・サルビが通算200試合出場。
G:アルバロ(5,6)、サルビ(2)
MoM:アルバロ・ガルシア
34547479.jpg



34744426.jpg

パルマのおじいちゃん軍団のときはスピード不足に悩みましたが今作はスピードです。
近年の作品でもスピードが重要になってたと思いますけど今作は如実に出てる気がします。
現代サッカーではスピードは重要ですからね。1対1での勝利が重要な現代サッカー、スピードで勝てれば優位に立てます。

引き分けを挟んで6連勝で順位も4位にまで浮上。
個人的にFMは開幕後好調で冬に一度ガタが来るイメージでしたが17では真逆になった印象。パルマでもそうだったような。


34759775.jpg

00719768.jpg

まともに興味を持たれてないので放出、ひいては補強もなさそうな冬です。

見て分かる通りゴール決める選手が決まってしまいました。
アルバロとオルトゥーニョ。この2人以外決められない。サラゴサ戦はサルビが久々に決めましたがアシストに徹してる感は否めない。
まあ正直こんなもんなんでしょうけどもう少し他の選手にも決めて欲しい。特にセットプレーからのゴールが皆無。
DFとかそこらへんにも決めてほしいしたまにはボランチのミドルとか飛び出しとか。
ただ指示が難しい。どんどん前に行けとは指示させられないし
後ろで相手の攻撃受けて前に早く出してと指示してたら今のようにゴールには絡めない。

そして一番の改善点はトップ下。ここがあまりにもゴールに絡めない。たしかに戦術が合ってないのはわかります。
サイドに出して突破させてからって感じの戦術なので要求されるプレーはシンプルなものか難しいもの。
それでもクロスにもう少し飛び込むとか独力でズクズク入っていくとかしてほしいですけどなかなかハマらず。

ただ選手が迷わずプレー出来てるからこその好調さ、連勝だと思います。
誰がいつ飛び込む誰が決めるどんどん出ていくぞみたいなことやってるとミスも増えカウンターも受けやすいですし
選手も悩みながらプレーすることになるので判断力等々のメンタルが一流ではない2部リーガーにはこのくらいが丁度いいんでしょう。


・クラブと2019年までの監督契約延長で合意。

パルマと違い複数年をすぐに締結してくれて非常に嬉しい。
財政的な問題もあるんでしょうけどやっぱりモチベーションが違います。
関連記事
スポンサーサイト
02/14 23:29 | 未分類 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/387-0bc0d140
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 みら All Rights Reserved