Parma 16/17 #7
12/30 第21節 H
vs マチェラテーゼ 19位
  5勝3分12敗 17得32失


(433)
FW:タルフィ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、ケスキン
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、コラピ、ジョルジーノ、バライェ、マゾッキ、カライオ

パルマ1.5倍 - 5.5倍マチェラテーゼ

31609003.jpg

19位が相手。この試合かならず勝って残りの2ポイントを獲得し監督残留を決定させたい。

2分、辛抱強く崩しノチョリーニの折り返しスカボーネがフリーだったが右足でのシュートは枠の左。

チャンスはあったものの今日も前半は微妙。
相手が引き気味なのでシュートの場面はありましたが崩せない。
やっぱり1トップがあまり収まらないというかバックパサーだから崩しが遅い。

それでも辛抱強く攻めたパルマは59分、タルフィからパスを受けたエバクオが左足で決め1-0!
エバクオは今季7点目。アシストあまり出来ないからこの人にはゴールを決めてもらわないといけません。

1点入ると途端にガタッと来たマチェラテーゼ。緊張の糸が切れたか。
72分、エバクオ、ケスキン → カライオ、ジョルジーノ

80分、カウンターの場面、タルフィがドリブルで持ち込みシュートまで行こうとした矢先に急にストップ。
   かかとを損傷しバライェと交代。追加点チャンスで…。

攻勢のままきっちり試合を終わらせ1-0、勝利!
モデナとのデルビーに勝利し順位が下の方のクラブにきっちり勝利し理事会から提示された5戦9ポイントの条件をクリア。
首位争いのバッサーノとは引き分け最後も上位陣だったのできっちり勝つとこで勝ててよかった。

ウインターブレイク入り。
今回はプライドを捨てて冬に選手大きく入れ替えたい。3人位入れ替えたい。
選手登録枠が少ないので放出しないと獲得できません。

・タルフィがかかとの負傷で2週の離脱。

35327048.jpg35315885.jpg
40313958.jpg



・MFメランドリを3部Cのカタンツァーロへ放出。

メランドリには買い手がつきましたが他は全く売れる気配がない。
赤字も増えてきて財政も厳しい。とりあえず起用してないSBメッシーナはレンタルバック。これで10万ユーロ。
悩みはカニーニ。序盤の不安定さは消え今や完全に主力です。
そして財政破綻から復活を狙うパルマの一番の目玉選手。そんな選手をシーズン半ばにレンタルバックしたくない。
それでも43.8万ユーロという金額は重すぎます。どうせ来季居ない選手。苦しい。
レンタルバックするならサポレッティの相方となる後釜も探さなければならない。コリーでいくかどうか。

ゴール決められない35万ユーロのカライオは買い手なし。
34歳ですからね。高額な年俸で引き取ってくれるクラブが無いので来季まで残留気配。
能力良いし決めてくれるなら良いんですけどゴールが遠いからなぁ。
52404693.jpg


後任候補が見つかったのでDFカニーニ(31)をアタランタへレンタルバック。

DFミラン・ミラノビッチ(25)と契約合意。
昨季パレルモからアスコリにレンタルしていたミラノビッチは34試合に出場、契約満了でフリーでした。
年俸は15.5万ユーロ、2019年までの契約で合意。
要求額は倍程度でしたが15万が提示出来る上限、粘り強い交渉の結果ボーナスてんこ盛りでしたが格安での獲得に成功。
120万€の最低移籍金を組み込まれましたが今のパルマには大きな金額。むしろ出して欲しいまであります。
63857443.jpg63724578.jpg

ソーシャルメディアでも話題に。
次回作はハッシュタグだけでなく文章も入れて欲しい。

またイタリア人が減って外国人がふえましたが仕方ない。
イタリア人補強は契約満了選手を狙うことに。とりあえず売れないベテラン陣が居なくなってからでしか補強出来ません。

MFジョルジーノ(31)、FWガッツォ(34)を放出。移籍期間終盤になり年俸負担を持つなら引き取ってくれるクラブが出現。
負担もそんなに高くないので放出で合意。


71310909.jpg 71258841.jpg 

更にベルギー人2人を獲得。これでタルフィを含めベルギー3人衆を結成。
共に右サイドが主戦場ですがラグイレウは左サイド、ガルシア・カルベテは中盤なら大体プレー可能。
物足りなかったノチョリーニに代わって右サイドで使える俊足アタッカーを確保しました。
本当はFWまで獲ってしまいたいんですが、エバクオがゴール増えてきたしカライオの処遇がどうしようもないので難しい。



冬にタルフィ、ケスキンを含め5人の外国人を獲得。イタリア人化からだいぶ遠のきました。
とりあえずこの若い外国人を使って2部に上がりまともなイタリア人を獲得できる経営状況に持っていきたいところ。

1/21 第22節 A
vs ルメッツァーネ 7位
  8勝8分5敗 23得19失


(433)
FW:タルフィ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、ケスキン
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、ミラノビッチ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、コラピ、シモネッティ、バライェ、マゾッキ、カライオ
故障:リッチ

新加入のラグイレウとカルベテは加入したばかりなので選出外。DFミラノビッチが先発入り。
この冬でチームがだいぶ若返りました。スピードも増したしとりあえずノルマのプレイオフ圏内に入りたい。

ルメッツァーネ4.0倍 - 1.8倍パルマ

75640901.jpg


4分、ガルフォがエリア内で倒してしまいPK献上。抗議するも認めれず。チェカレッリに決められ0-1。
42分、サポレッティのロングクリア、相手DF二人が交錯気味になりボールがこぼれエバクオがドフリー。
   GKとの1対1、強烈なシュートをバーに当てながらも叩き込み1-1の同点。

69分、エバクオ、ノチョリーニ → カライオ、バライェ
71分、CKからボノモに頭で決められ1-2。
83分、タルフィの縦パスで裏を取ったカライオが倒されPK獲得。自ら決め2-2。
   スカボーネ → シモネッティ

順位が上が相手だとやっぱり一方的に攻められ厳しい試合に。
かなり久々に2失点してしまったもののPKを含め2得点でなんとか引き分けにこぎつけました。
見てみたら9/18 0-3ポルデノーネ戦以来の複数失点。こんなに2失点してなかったんですね。
毎度酷いやられ方してたから印象悪いですが。

81457169.jpg81448952.jpg
30431021.jpg 

81535153.jpg
81713654.jpg

10試合負け無し。解任騒動が出てからは3勝2分と好調。
しかしどの試合も接戦。ラクな試合など一つもない。運よく残留できた感。
エバクオが3試合連続ゴール。ここ10試合で5得点。調子が上がってきました下部のレジェンド。

・FWカライオ(35)をアメリカMSLミネソタユナイテッドFCへ放出で合意。
 高額な年俸でもアメリカさんが引き取ってくれました。2/15の市場解禁のときに移籍。

待望の若いストライカーを補強。
セリエAローマからFWエドアルド・ソレーリ(19)をレンタルで獲得。
今シーズンで契約が満了するので獲得交渉をもう始めます。延長される前に欲しい。

フィジカルに特化した192cmの大型FW。
31237533.jpg


セリエBベネベントに在籍していたFWアレッシオ・カンパニャッチ(29)が契約解除でフリー。
左ウイングが本職のイタリア人ですが要求移籍金が高く年俸も高かったので手が出せなかった。
しかし契約解除により移籍金がなくなり要求年俸も格安化。タルフィを補強した左ウイング。完全にダブつきます。
でも欲しい。暴れるのは今回の冬だけと考えて獲ってしまおう。カライオ、カニーニの退団が決まり予算は大幅に余ってます。
赤字が進むので厳しいですがいいでしょう。暴れるのは今回までだ。


・セリエBピサから契約解除でフリーになっていたFWアルトゥーロ・ルポリ(29)と契約合意。年俸4万€、2018年までの契約。

セレーノより早い段階で交渉合意していたFW。相手が決定するのに時間がかかりましたが無事合意。
パルマの下部組織出身のストライカーでアーセナルに若くして引き抜かれた選手。
私が初めて存在を知ったのはやっぱりウイニングイレブンです。
ウイタクだか本家だか覚えてませんがアーセナルに居た16歳のイタリア人FWです。
最初はルポリとジュゼッペ・ロッシは比較されたもんですが大きく離されたもんです。

様々なクラブを渡り歩き29歳にしてパルマに帰還。ゴール数は少ないですが待望の動けるストライカー。
星評価もあまり高くなかったですがパルマの下部組織出身で4万€と激安だったので獲得。カライオもいなくなるので良かった。
来てみて能力見たら普通に高い気がするけど内部能力が悪かったりするのかな?
2部のピサでは前半戦出場なし。2部じゃ物足りないかもしれません。まあストライカーなんでつまるところ決められるか決められないかです。
34645368.jpg



1/29 第23節 H
vs フェラルピサーロ 5位
  10勝6分6敗 30得23失


MFサビオーネが累積警告で出場停止。アンカーが居ないので4-2-3-1に変更。

(4231)
FW:エバクオ
MF:タルフィ、スカボーネ、ラグイレウ
  コラピ、ケスキン
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、ミラノビッチ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、シモネッティ、バライェ、ノチョリーニ、カルベテ、ソレーリ
故障:ベナッシ、リッチ
出停:サビオーネ

ラグイレウが先発、カルベテがベンチ入り。
退団するカライオはもう使わず19歳ソレーリがベンチ入り。ルポリは練習不足なのでまずは調整から。

怖いところはやっぱりサビオーネ不在のケスキン、コラピのダブルボランチ。
守備能力はあまりにもない。トップ下の適任がスカボーネだったので前へ。
バライェでも良かったんですがせっかくサイドに良いアタッカーを補強したので使える選手を置きたい。

パルマ2.25倍 - 2.75倍フェラルピサーロ

00955687.jpg


25分、エバクオのパスでゴール前に入ったタルフィがニアサイドを狙い撃ち1-0、パルマが先制!

想定通りバイタルからヌルヌル攻められピンチの連続ですがゴール前、より守備陣の個々の働きが求められたのがプラスになったか
ガッツガツに跳ね返しシュートコースも限定。枠内にどんどん蹴られるもGKの正面の連続。素晴らしい守備。

67分、エバクオ、コラピ → ソレーリ、シモネッティ
   ベテラン二人を下げて若い2人を投入。ソレーリはトップチームデビュー戦。

今気づきましたがケスキンもトップ下本職だった。スカボーネのほうが守備できるし逆ですね。

83分、このミドルシュートがゴール左に突き刺さり同点。
   かと思いきやオフサイドの判定。これはあの起きると必ず揉めるオフサイドゾーンで目線を切るオフサイドってやつですか?
   今まで書きませんでしたが実は今作不可解なオフサイドがたまに見られます。
   関与してないのにオフサイドがおきたりと。もしかしたら目線切るオフサイドが今作適用されたのかもしれません。
   実況にも説明されないのでわかりませんが。
02938023.jpg

85分、ラグイレウ → DFコリー  DF増やして守備固め。

今日も攻められ続けましたが1-0、接戦を物にし勝ち点3をゲット。
やっぱり微妙な判定らしいですが「目線を切る」が適用されたのならオフサイド。記者会見で何か聞かれたら知らんと答えよう。
03325603.jpg

03339803.jpg 03332902.jpg
04128984.jpg  


この勝利で8位に浮上。とうとうプレイオフ圏内に返り咲きました。
戦術の変更と選手の補強により大幅に改善されたパルマ。戦術か、選手か。影響が大きいのはどっちだったんでしょうか。
自分的には補強ですね。タルフィ、ケスキン加入でボールの回り、スピードが上がりました。
たぶん戦術変えなくても多少の変化は見られたはず。まあフットボールはそこらへんが曖昧ですからね。
答えなんて一生見つからない迷宮です。囲碁みたいなものです。
同じ戦術を続ける監督はすぐに淘汰されます。モウリーニョですら厳しい世の中。それがフットボールの魅力です。なんか語ってます。

・GKゾマーズが週間ベスト11に選出
・GKゾマーズが月間ベスト11に選出。



移籍最終日にセリエBベネベントと契約解除したFWアレッシオ・カンパニャッチ(29)と8万€で解約合意。
契約解除前は移籍金16万€、年俸も15万以上な雰囲気でしたが契約解除で一気に減額されていたので獲得。
イタリア人の補強をしたかったので移籍リスト入りしてたところを欲しかったんですが手が出なかった。
過去何処かで起用したことあると思っていたらペルージャですね。FM07~10の中で使ってると思います。
左サイドが本職のアタッカー、ちょうどタルフィが移籍後初ゴールを決めたところ。起用法は考えてません。勢いで補強しました。
FWでもいけますがソレーリ、ルポリと補強。本当に計画性が無いですが契約解除されるとは思わなかった。
実は契約満了での補強を狙ってた。
05257430.jpg

レンタルで加入したFWソレーリですが代理人が移籍に興味が無いらしくまともに交渉出来ないので破談。
来季の完全移籍の望み薄。29歳のルポリを獲得したし潔く諦めます。
ローマと完全に切れたら改めて狙いますが、後半戦恐らくあまり使わない気がするので選手の移籍欲は上がらなさそう。



11932217.jpg
※18番カライオ(35)は2月15日にMLSミネソタFCへ移籍が決定。

この冬は動きました。8人の補強です。5人の外国人を獲得。
賃金総額56.5万€。カニーニ、カライオの退団で78万€の予算が浮くのできっちり予算内。

5人も外国人を獲得してしまいましたが、ゆくゆくはイタリア人で固めていきたい。
そのためのルポリとカンパニャッチ。目的は忘れたくありません。

 IN:タルフィ、ケスキン、ミラノビッチ、ラグイレウ、カルベテ、ソレーリ、ルポリ、カンパニャッチ
OUT:メランドリ、メッシーナ、カニーニ、ジョルジーノ、ガッツォ、カライオ

チームも一気に若返らせたい気持ちだったんですがチームの平均年齢は27歳のまま。
やっぱりルカレッリ39歳、カライオ35歳、エバクオ34歳の存在が大きいか。

一気に8人獲得したのはやりすぎましたがイタリアは10以上が平気で入れ替わる下部リーグです。夏ですけどね、普通。
獲り始めたらアレもこれもになってしまいましたが、このメンバーでプレイオフに挑み来季はイタリア人の補強を中心に進めたい。
GKにイタリア人が欲しい。しかし最近ゾマーズのプレーが良くなって成長を実感出来る。悩みどころ。



2/5 第24節 A
vs ポルデノーネ 19位
  2勝10分11敗 23得40失


残留ラインから12ポイント差。降格プレイオフが見え始めたポルデノーネ戦。

(4231)
FW:エバクオ
MF:タルフィ、ケスキン、ラグイレウ
  スカボーネ、サビオーネ
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、ミラノビッチ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、ミリエッタ、シモネッティ、カルベテ、ルポリ、ソレーリ
故障:ベナッシ、リッチ
出停:コラピ

コラピが出場停止、CMFに適性がないサビオーネをボランチ起用。
サビオーネをアンカーに置いてスカボーネ、サビオーネ、ケスキンの4-3-3で普通に成立するんですが
前節の4-2-3-1を見てもう1試合続けて見たいと思いました。特に良かったわけではない。ただトップ下に選手を置きたいだけ。
コラピ、ケスキンのダブルボランチと比べたら圧倒的に守備ができる二人。それでも4-2-3-1を支えられる守備力ではなさそう。

ルポリがベンチ入り。

ポルデノーネ8.0倍 - 1.33倍パルマ

22747345.jpg


29分、FWアルナに決められ0-1。アルナは今季10得点目。

内容は良かったのにゴールが遠く失点後ズルズルと。
67分、エバクオ、ラグイレウ → ルポリ、カルベテ  新加入2人を早速起用。
77分、ケスキン → ソレーリ  ターゲットマンを増やし2トップに。

81分、FKの場面でスルーパス。ルポリが右に流れクロスを入れると飛び込んだMFスカボーネが頭で叩き込んで1-1の同点!!
   スカボーネ、かっこいいゴール。ボランチが飛び込んでヘッドって大好物です。
   元アビスパ福岡、横浜Fマリノスに移籍した中町公祐に調教されました。スカボーネは今季2点目。

勢いに乗っちゃったスカボーネは91分、直接FKを叩き込み2-1逆転!
まさか決めるとはFK能力6のスカボーネが決めてしまいました。勢い流れって怖い。

素晴らしい逆転勝利で連続12試合負け無し。
勢いが止まりません。今まで勝てずに引き分けだったところが補強により接戦で勝てるようになりました。
正直ね、めっちゃ楽しくなりました。あの重ったらしい試合の連続は本当に疲れた。どう戦術変えたらいいのかまるで正解が見えなかった。
やっぱり何度も言ってた通り選手ですね。足が速く技術がある選手が増えただけでぜんぜん違う。そりゃそうですね。

24629072.jpg24620477.jpg
25523591.jpg


セリエBクロトーネからレンタルで加入しているMFサビオーネ(25)に獲得の興味を示すクラブが現れる。セリエBの2クラブ。
今季で契約満了なので完全移籍を狙っていましたがオファーが本格化する前に契約を打診。
現在3.5万€の年俸ですが要求額は16万€。交渉の結果14万€で仮合意。あとは交渉の結果を見守るだけです。
この代理人はSBガルフォと同じで既に交流済み。好感度もいいので合意できそう。
もう少し安く契約できると思ってましたが能力の割に今までが安すぎました。14万、高いけど能力から見たら安いかも。



2/11 第25節 H
vs アルビノレッフェ 16位
  7勝7分10敗 23得26失


(4231)
FW:ルポリ
MF:タルフィ、ケスキン、ラグイレウ
  スカボーネ、サビオーネ
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、ミラノビッチ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、シモネッティ、ミリエッタ、カルベテ、カンパニャッチ、エバクオ
故障:ベナッシ

ルポリが先発。
これでとうとう先発が全員20代で構成されました。冬だけでかなり若返った。
まあガルフォ、スカボーネ、ルポリ、カンパニャッチと29歳が多いのですぐ30代ですが順次若いイタリア人を増やしていきたい。
とりあえず生え抜きの選手が物足りないのでもうすぐ来る下部組織への入団テスト、良い選手が来て欲しい。

パルマ1.33倍 - 8.0倍アルビノレッフェ

54451628.jpg

オッズは大差。
毎試合接戦ですがこの試合もきっちり勝利したい。

一方的に攻められいつも通りの嫌な展開。
23分、カウンター。タルフィが左サイドから切れ込みパス、ルポリの左でのダイレクトシュートは枠の大きく上へ。
   これがパルマのファーストシュート。決めて欲しいところ。

64分、ルポリ → エバクオ  チーム得点王を投入。
70分、連続したCK、最後にコルテリーニに頭で決められ0-1。
   ラグイレウ → カルベテ
71分、タルフィ → カンパニャッチ

89分、クロスの跳ね返りを拾ったスカボーネがエリア外から狙うとこれが決まり1-1の同点!!

いつも通りの試合といえるのか今日もスタッツ的に負け厳しい試合でしたが劇的ゴールで引き分け。
55916681.jpg55907330.jpg
61433774.jpg

61519607.jpg

絶好調パルマは順位も上がり7位にまでジャンプアップ。
前作から思ってたんですけどゴール決める人って短期的に固め取ってる傾向があります。
調子のいい時に連続で決めちゃう感じ。現実でもそんな感じですよね。
エバクオが連続して決めた次はスカボーネ。
せっかく4-2-3-1で2列目3人も置いてるんで次はここらへんに決めてもらいたい。

ただ次の試合SBガルフォが累積警告で出場停止。RSBの控えは居らず悩みのタネ。
サビオーネがRSB出来るので起用しようと思ってます。すると中盤の守備力の低下は避けられない。
考えずに攻撃陣ばかり補強したので守備の層の薄さはネックです。

61532076.jpg
関連記事
スポンサーサイト
01/16 21:49 | 未分類 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/377-bb87897a
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 みら All Rights Reserved