Contents

Parma 16/17 #6

12/4 第16節 H
vs ズュートティロール=アルト・アディジェ 5位
  7勝5分3敗 24得12失



読み方もよくわからない5位との対戦。
タイプが面倒なのでアルト・アディジェと呼びます。

(433)
FW:バライェ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、コラピ
DF:ヌンツェッラ、コリー、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、ルカレッリ、サポレッティ、ジョルジーノ、マリエッタ、マゾッキ、カライオ

DFコリーが戦列復帰。
FWカライオが手首挫傷を負ったものの怪我をおしてベンチ入り。手首なので大事にはなりづらいでしょう。

パルマ 4.0倍 - 1.8倍 アルト・アディジェ

44709591.jpg
相手は若い選手が多く羨ましい。

12分、コラピからパスを受けたバライェがエリア外から狙いすましたシュートがゴール右に決まり1-0!
   バライェはリーグ戦2点目。ほんとうに久々のゴール。
59分、左サイド突破され折り返しを途中投入のFWトゥッリに決められ1-1。今日も失点。
62分、ノチョリーニ → マゾッキ
73分、コラピ → ジョルジーノ
75分、エバクオ → カライオ

1失点記録更新で今日もドロー。格上の5位相手でしたがホームだしなんだかねぇ。
10位と4ポイント差に開き後がなくなってきました。降格プレイオフ圏と逆に2ポイント差。解任まで見えるかもしれません。
プライド捨てて補強します。解任されたくない。危ない、FM17飽きる素になるかもしれない。
50134546.jpg50127728.jpg
50706807.jpg

補強対象をイタリア人に限らなければFM的に優れた外国人はたくさんいます。
昔からそうですけど特にフランス人の下の能力はすごく高い。他にもベルギー人やら何やらと安く見つけました。
補強はイタリア人のみと考えてましたが火がついてきたので解禁します。
ただ選手登録枠がいっぱいなので放出しないと補強出来ません。冬に何人売れるか。
契約解除だったら違約金支払いのため資金を用意出来ないかもしれない。

アルビノレッフェ、サンタルカンジェロの監督が解任。
そして次のクビレースにノミネート。こんなとこに載るの初めてです。ヤバイ・・・。
ただ、既に2人補強しました。U23なので登録要らず。しかし練習してないため使えるのは年明けかもしれませんが巻き返したい。
54550946.jpg 



オランダのデ・フラーフスハップから退団していたベルギー人MFカリム・タルフィ(23)と契約合意。
年俸8万ユーロ、契約は2019年まで。10番バライェと比べれば圧倒的な実力。待望のアタッカーを補強。
55715830.jpg

アヤックスを退団し1年以上所属クラブがなかったオランダ人MFシナン・ケスキン(22)と年俸10万ユーロ、2019年までで契約合意。
この選手は故障が多く2014年6月から膝腱炎で7ヶ月の療養生活を送っていました。
過去にも鼠径部筋断裂で12ヶ月の療養をしていたりとスタッフからも怪我の多さが心配されましたが実力者。
怪我さえなければトップクラスのゲームメイカーになってくれるはずです。
55652346.jpg


スキンがアップデートされて国籍がこのサイズでは消えて哀しい。
縦1080にしたら出てくるけど毎回そんな縦長画像は貼れないっす。

補強は大成功。思ってた以上に高め。スカウト段階では能力がハッキリしないため宝くじです。
ケスキンは重傷が多く怖いですけどどうこう言ってられません。ガラスの天才なら割れないことを祈ります。



12/11 第17節 H
vs サンタルカンジェロ 20位
  2勝6分9敗 13得24失


最下位で監督が解任されまだ後任が決まってないサンタルカンジェロ戦。
ここは絶対にぜったいに勝たないといけません。

(433)
FW:バライェ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、コラピ
DF:ヌンツェッラ、コリー、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、ルカレッリ、サポレッティ、ジョルジーノ、メランドリ、マゾッキ、カライオ

パルマ 1.33倍 - 8.0倍 サンタルカンジェロ

62016947.jpg


攻める展開も前半の内にゴールを決めることが出来ず。
前節MoMのバライェにボールが集まるも最後のパスが合わない。

54分、MFダッラ・ボナが2枚目のイエローを貰い退場。パルマが数的優位に立つ。
63分、コラピ → カライオ  数的優位を活かし2トップに変更。
68分、ノチョリーニ → マゾッキ
79分、サビオーネ → ジョルジーノ

引かれた相手を打破する能力は現在のパルマになく最下位相手にスコアレスドロー。
悪夢だ・・・。
63312269.jpg63302453.jpg


最下位相手のドローの結果を受けて理事会から招集される。
話し合いの結果次の5試合で勝ち点9を獲得しなければならなくなりました。無理です。
63745333.jpg
デルビーのモデナが11位、バッサーノ1位、アンコナ15位、マチェラテーゼ20位、ルメツァーネ4位。
その前に今までの結果ですよね。ゴールできません。最近負けてないけど5試合で3勝必要なのは厳しすぎる。
4-3-3が悪いんでしょうかねぇ。2トップがいいんでしょうかねぇ。
システムはもう引くに引けない。サイドハーフが居ない以上ウイング使うしか無い。4-3-1-2は嫌です。好きじゃないです。



12/14 第18節 A
vs モデナ 10位
  6勝7分4敗 24得17失


モデナとのデイ・ドゥカチデルビー。
新加入の2人は練習不足なのでベンチ外。
中2日での試合。

(433)
FW:バライェ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、ジョルジーノ
DF:リッチ、サポレッティ、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、ルカレッリ、コリー、コラピ、メランドリ、マゾッキ、カライオ
出停:ヌンツェッラ

スカボーネ、バライェに並び今季全試合先発だったSBヌンツェッラが累積警告で出場停止。

モデナ 2.25倍 - 2.75倍 パルマ

73629786.jpg

ボローニャから興味を持たれてるMFサカイ(18)はベンチスタートのモデナ。

普段は慎重な立ち上がりを指示してましたが後が無いので勢い任せ。
するとシュートチャンスが連発。そして8分、FKからバライェのクロスをDFサポレッティが頭で合わせ1-0!
20歳サポレッティの今季初ゴールでパルマが先制。

26分、ジョリコのCKからバッソに頭で決められ1-1。デルビーらしい展開。共にセットプレー。

67分、エバクオ、ジョルジーノ → カライオ、コラピ
69分、この交代が的中。ノチョリーニの右からのクロス、カライオが合わせ2-1、勝ち越し!!いつ以来の2得点。
   今季決定力不足に悩むカライオの2得点目。

87分、バライェ → ルカレッリ  DF増やして守備固め。


死力を尽くして守りきりデルビーに勝利!!
ATに凄いロングシュートが枠に飛んだときはどうなるかと思いましたがGKゾマーズが片手でセーブ。
チーム全員でよく守りきってくれました。

75348556.jpg 75337655.jpg 
32615301.jpg 



12/17 第19節 A
vs バッサーノ 2位
  9勝5分4敗 22得16失

また中2日での過密日程。
少し早いですが練習試合に出場したケスキンとタルフィを起用。

(433)
FW:タルフィ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、ジョルジーノ
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、コラピ、ケスキン、バライェ、マゾッキ、カライオ


タルフィが先発、ケスキンがベンチ入り。
ケスキンは怪我の弱いので少し慎重に使いたい。

バッサーノ 2.25倍 - 2.75倍 パルマ

34856981.jpg


2位バッサーノ戦。
残り4試合で勝ち点6が必要。結構厳しい条件。

試合はパルマがカウンター狙いの展開。
それでもいつもと違い攻撃のパターンが増えています。
やっぱり技術がある選手が一人入ってくると変わります。他の選手も自由に動けるようになってきた。

54分、ジョルジーノ → ケスキン  いつもはコラピですが調子に乗って新戦力を早めに投入。
72分、エバクオ → カライオ
74分、ノチョリーニ → マゾッキ

攻めに出たことで守備が安定する。分かってたことですが今まで消極的すぎました。
というか本音を言うと攻撃的にすると相手のシュートを1とか2にして圧勝するみたいなことを過去何度も経験して
攻撃的にすることに躊躇するようになってしまってました。
ただゲームバランスがよくなったのか接戦。2位相手にスコアレスドロー。

00535930.jpg00527850.jpg
55123785.jpg 

これで前半戦終了、折り返し。
嫌な失点の仕方してるので印象悪いですがそもそも今季まだ5敗。これは首位チームと同じ負け数です。
失点数も18で首位チームと1失点差。守備面の指導は間違ってない。
後は攻撃力、得点力です。終盤に失点し勝ち星を落としたりしてるのでそこをどうしていくか。
追加点の重要性。というか点取り屋の重要性。
01335142.jpg



12/26 第20節 A
vs アンコナ 15位
  7勝1分11敗 17得35失


開幕戦1-2で敗れたアンコナ戦。

(433)
FW:タルフィ、エバクオ、ノチョリーニ
MF:スカボーネ、サビオーネ、ケスキン
DF:ヌンツェッラ、サポレッティ、カニーニ、ガルフォ
GK:ゾマーズ

SUB:コリッチ、コリー、コラピ、シモネッティ、バライェ、マゾッキ、カライオ
故障:ジョルジーノ

タルフィ、ケスキンが先発。残り3試合で勝ち点5。厳しい。
攻撃的サッカーでとにかくゴールを狙う。

アンコナ 4.0倍 - 1.8倍 パルマ

03232927.jpg


相手は若いチーム。年代別代表も3人在籍。

前半は重い立ち上がりでスコアレスで後半へ。
67分、中央からのFK、スルスルっと上がっていったSBヌンツェッラにパスを通すとドフリー。
   中もフリーのエバクオへ冷静にパスを出しあっさり決め1-0、パルマが先制!速いリスタートに相手は完全に油断してました。
67分、エバクオ → カライオ  疲れてくる時間帯だし完全カウンター狙いのため交代。
79分、ノチョリーニ → コリー  DFコリーを投入し5バックに変更。
88分、ケスキン → コラピ

ギリギリの接戦を物にし勝ち点3獲得!
評価点は誰彼も良くないですがなんとか勝利。チャンスは少なかったですがワンチャンスを物にしました。
速いリスタートが決勝点。気持ちいい勝利です。
それにしても戦術って不思議ですね。攻撃的にしたほうが守備的になりました。
理論はわかりません。攻撃的に指示したらサイドがいい感じに守備をし更に速攻狙うようになった。
やっぱり守備は攻めるように守る。現代サッカーの幹ですね。
個人的な好き嫌いのせいで近年戦術が固定化してましたが、作品によって仕様が変わるので試さないとダメですね。
ハンパに試して守備崩壊して即座にやめたりとかやってますけど。
11346323.jpg11413404.jpg
12238251.jpg

15038632.jpg

全然勝ててないから泥沼感ありますが実は8試合負け無しのパルマ。
5試合で勝ち点9を取らないと解任と言われてアウェー3連戦。
苦しい戦いでしたが2勝1分で7ポイント獲得。残り2試合で2ポイントです。

次節19位マチェラテーゼをホームに迎えての試合なのできっちり勝って終わらせたい。
最後は6位のルメッツァーネ。上が相手だとやっぱり怖い。

それにしてもFMって弱いチームでも簡単にゴール決められるゲームって感じでしたが
20試合で19得点。たぶん試合数>得点数なのは初めての経験じゃないでしょうか。記憶に無いです。
特にリーグ内では戦力あると認定されているチームです。残留争いしかないチームではありません。
フレッシュでピチピチな点取り屋が欲しい。34歳軍団はもう枯れてます。エバクオが今季6点目決めてくれてうれしいですが。

15050167.jpg

20325431.jpg


注目ポイントは20歳CBサポレッティ。チームで一番足が速いCBを使うようになって失点がかなり減りました。
サポレッティ起用時の90分平均失点はDF陣最小の0.67点、20歳ながら外せなくなってきました。

近年イエローカードハンター監督っぷりが鳴りを潜めていましたが過去圧倒的な枚数のイエローカードを集めてきました。
そして今季、サビオーネが久々にかき集めてくれています。2試合に1枚貰ってます。
DF陣も貰ってるし懐かしい気持ち。一番印象に残ってるのはトルコ時代ですね。二桁ホルダーが4,5人居たような。

得点王争いはFWエバクオが一歩抜け出し6得点。バライェは公式戦4得点ですがカップ戦で2得点してるためリーグ戦は2得点。
2桁ゴール出来るFWを求めるという現実的なプレイが出来ています。まるでJリーグです。
若くて速いFWが欲しいけど使ってない選手一掃しないと難しい。

MFメランドリがメディアを使い監督批判。
それに主将ルカレッリを中心としたベテラン陣が反発。泥沼で冬に退団濃厚。
出場機会のない選手が不満を持つのは理解できます。そのことでチームが分裂せずまとまってるのは嬉しい。
特に出場機会が全くない重鎮のルカレッリ(39)が中心になってくれるのは喜ばしいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/376-cd24fdad