名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bp2-6

10/22 第15節
vs プリマス A/24
  1勝3分10敗



今季昇格してきたプリマス戦。好きなチームでしたが濃緑がモチベ上がらず断念したクラブです。
得点力不足に悩み現在リーグ最下位。当時居た選手も少なく生え抜き若手軍からはDFネルソン(23)しか残っていません。
そのネルソンは複数試合の出場停止処分でこの日欠場。

(4231)
FW:バーン
MF:イーツ、シーフ、ヘロン
  ディアキテ、ユスタス
DF:アードリー、Rj、アルドレッド、ポッツ
GK:ギルクス

SUB:ドイル、エイムソン、ラシー、ラスボーン、サミュエル、レッドショー、フィリスカーク


大きな変更。
1トップにバーンが先発しシーフがトップ下復帰。右にヘロン、左にイーツが先発。
ポッツですが今日はRSBで先発。ロバートソンが持たないしファーガソンを使いたくない。
ヘロンの守備力は不安、ディアキテは中盤から外せない。だから悪いとは思いつつも超便利屋のポッツをSBで初めて起用。

MFケヒンデ(18)が罰金の不満を解消したようなのでU21からトップチームに復帰。
近々試合に使うと思います。足が速いし魅力的な攻撃力を持ってます。







05548795.jpg


DFリーダーのネルソンと10番司令塔のMFキャリーが出停。
とにかくゴールが少ないプリマスとの対決。


結果を出せてないチームに得点や勝ち点を振る舞うことに定評のある自分ですが
今日も例に漏れず最下位プリマスのペース。決定機を何度も作られ外してもらっています。

それでも36分にディアキテがエリア外で受けるとマークをかいくぐりながら持ち込みゴール左に流し込み1-0、先制。
ちょっとプリマスの寄せがあまりにも弱すぎましたがディアキテが本格化してきました。凄いプレー。

後半も押されていると59分、シンプソンのバックヘッドが決まってしまい1-1の同点。
ふんわりシュートにGKギルクスがワンテンポ遅れてしまいました。

65分、ヘロン、バーンを下げてフィリスカーク、サミュエル投入。
72分、疲れてるシーフを下げレッドショー投入。

直後にレッドショーの決定機が出来るもクロスからのダイレクトシュートはGK正面。
75分にもレッドショーのクロスからイーツが頭で合わせるもクロスバー。

終盤は堰を切ったように攻めるもゴールが遠く最下位相手に1-1のドロー。
ディアキテ無双が始まってきている反面まったく輝けないFW陣。昨季のカレンの活躍が恋しい。

ディアキテは3試合連続ゴール。ボランチなのに本当に凄い。

13505191.jpg


・ディアキテがなぜかDF部門で週間ベスト11に選出。贅沢な使い方です。今のうちでは出来ません。



10/29 第16節
vs ジリンガム H/22
  2勝6分7敗



対抗馬も伸び悩み2位キープしたブラックプールは22位ジリンガム戦。
昨季は1分1敗と分が悪い相手。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:ポッツ、シーフ、ヘロン
  ディアキテ、ラシー
DF:ロバートソン、Rj、アルドレッド、アードリー
GK:ギルクス

SUB:ドイル、エイムソン、ユスタス、ケヒンデ、イーツ、レッドショー、バーン


テイラーは次の試合から恐らく起用可能。
今日はフィリスカークが先発。この調子じゃまたFWカレンの出番は遠くなさそう。
ケヒンデがベンチ入り。罰金の鬱憤を解消し戦列に復帰した18歳。罰金刑にならないようにプレーして欲しい。

ポッツは今日は左サイドアタッカー。ほんと申し訳ない。昨季のチーム最優秀選手のボランチなのに。

35242461.jpg


苦手意識のある5-3-2の相手。
ゴールを奪える気がしない。

19分、右サイドでアードリーから戻されたヘロンのクロスに飛び込んだのはMFディアキテ!
   ボレーで4試合連続ゴールを叩き込み1-0、BPが先制!怖いほどゴールを決め始めました。チーム得点王独走態勢。

長い4-2-3-1の采配歴の中でボランチがチーム得点王だった記憶がありません。
普通ないですよね。あってもトップ下です。凄いことになってます。

押せ押せのBPは34分、CKからの流れからフィリスカークが決め2-0。

73分、試合を締めるためユスタスとレッドショーを投入。ラシー、シーフと交代。
78分、ヘロンを下げて18歳ケヒンデを早速起用。反省したんなら早速チャンスをあげます。

2-0で快勝。
正直見てて昇格出来る気しかしないゲーム内容。安定感が出てきました。
強いチームになりましたが1年の充電期間があるので面白くないと感じることがありません。

04755564.jpg

04930144.jpg

首位バーンズリーと3ポイント差に縮める。

・6試合4得点MFディアキテが月刊最優秀選手に選ばれる。



11/6 FA杯1回戦
vs Sutton Utd H



6部3位のサットンとのFA杯。
次が中5日なので面子は落とすつもりありません。
ただ代表にFWバーンとMFシーフが招集され次節欠場。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:ポッツ、シーフ、ヘロン
  ディアキテ、ラシー
DF:ロバートソン、アルドレッド、テイラー、アードリー
GK:ギルクス

SUB:ドイル、Rj、ユスタス、ケヒンデ、イーツ、レッドショー、バーン


スティーブン・テイラー(30)が初先発。
今日合格したらしばらくロジャー・ジョンソンと組ませてアルドレッドは右で使おうかなと考えています。
本当はもう33歳のロジャーを切るべきなんでしょうけど、とりあえず今季の契約満了までは主力として扱います。実力もあるし。

65分、フィリスカークが決め先制。
66分、レッドショーとケヒンデを投入。シーフ、ラシーとそのまま交代。
73分、フィリスカークを下げてバーン投入。
80分、相手のFKからカウンター。レッドショーが最後に決め2-0。

相手と実力差があるとゴール前にスペースがなく個の弱さから難しい。
それでもなんとか先制点を奪い、スペースが出来たセットプレーでカウンターでの追加点。冷静に勝てました。

12525788.jpg



11/12 第17節
vs チェスターフィールド A/7
  6勝6分4敗



(4231)
FW:フィリスカーク
MF:ポッツ、レッドショー、ヘロン、ディアキテ、ラシー
DF:ロバートソン、Rj、テイラー、アードリー
GK:ギルクス

SUB:ドイル、アルドレッド、ユスタス、ケヒンデ、イーツ、サミュエル、カレン

代表:シーフ、バーン


シーフの代わりにレッドショーが先発。
テイラーがCBに入りロジャー・ジョンソンと30代タッグ結成。

03129665.jpg


7分、GKギルクスがクロスをファンブル。レベルに押し込まれ0-1。
18分、速攻からヘロンが突破し中に入れるとDFラグランに当たってそのまま入りオウンゴールで1-1。

37分、FKからのふんわりクロス、今度は相手GKリーがファンブル。MFラシーが押し込み2-1、逆転!
   お互い同じミスをする不思議な試合。この前もお互いクロスが直接決まる不思議な試合をやったばかりですね。
   ラシーはリーグ戦21試合目にしてキャリア初ゴール。10日前に22歳の誕生日を迎えたばかりのメモリアルゴール。

後半に入り50分。こちらのCKからの流れ、自陣で受けたアードリーがGKに戻すわけでもなく強引な前線へのクリアを拾われカウンター。
2度ほど奪えるチャンスも奪えず最後はジョーンズのクロスからレベルに頭で決められ2-2の同点。

60分、微妙だったポッツ、フィリスカークを下げてFWカレン、イーツを投入。
79分、ラシーに代えてユスタス投入。ディアキテを基本前に出してるので疲れたラシーは危険。
   かといってスピードのないユスタスも危険ですが、残り短い途中投入なので18歳ケヒンデよりは試合に入れるでしょう。


7位相手にアウェーで引き分け。
3位以下も似たような結果で2位をキープするも首位バーンズリーはノッツ・フォレストに2-1で勝利し5ポイント差に広がる。

勝ちたかった試合ですが引き分けに持ち込めるチームになれたんだなと。こういうチームならPOいけます。
ただこういう試合をまだ勝てなかったということで優勝争いは遠のきました。
この試合でディアキテとアードリーがイエローを貰ってしまい共に次節出場停止。
新加入ながら欠かせない主力2人なので厳しいです。次節は6位オクスフォード戦。

32830616.jpg



35851791.jpg


残念ですが終わりですね。
2015年1月に膝軟骨損傷で9ヶ月離脱したものの昨季加入し24試合に出場。
今季は途中投入も増えたがここまで13試合に出場していました。
今シーズンで引退を表明していた37歳ユスタス。まだ11月ですが3ヶ月離脱は非常に厳しい。
ただでさえフィジカルの衰えが顕著なのに練習すら出来なかったら劣化が止まりません。
ほんと残念ですがお疲れ様ということでシーズン終盤に機会があれば起用したいと思います。

00256155.jpg




01937074.jpg

酷いスケジュール。リーグ戦5戦連続アウェー。
ここ乗り切って勢いつければ昇格出来る気がする。



11/19 第18節
vs オクスフォード A/6 9勝3分5敗



昨季4部6位からプレイオフを勝ち上がり昇格してきたオクスフォードは好調で現在3部でも6位。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:サミュエル、レッドショー、ヘロン、ポッツ、ラシー
DF:ロバートソン、Rj、テイラー、アルドレッド
GK:ギルクス

SUB:ドイル、エイムソン、ケヒンデ、シーフ、イーツ、ラスボーン、カレン

出停:アードリー、ディアキテ
故障:ユスタス


アルドレッドがSBで先発。ポッツが久々に本職で起用。左にはサミュエルが先発。

14925549.jpg



相手の予想布陣では4-3-1-2だったのに4-2-3-1のようです。ただ2列目がサイドに張らず中央重視。
ウチ対策でしょうか、普段と変えてきたようです。
昨季4部35試合で10得点のFWボワリーは今季リーグ戦16試合で10得点と絶好調。

フィンランドU21代表ですが若いSBヤンソンを狙いたい。

試合開始から宣言通り相手の左サイド狙い。
アルドレッドも不器用ながら攻撃に参加しいいアクセントになってるというか、
アードリーほど「勝負」しないので良い感じに繋いで存在感が出てます。
まあこんなプレースタイルでどこにでも通用するわけではないですけど。

9分、ポッツがエリア外から叩き込み1-0、BPが先制。
  シュートコースが空いたら積極的に狙ったポッツの今季3点目。
15650263.jpg


55分、良くないサミュエルを下げてイーツ投入。
66分、FKからロジャー・ジョンソンがダイレクトシュートを決め2-0!

71分、疲れてるラシーに代えてケヒンデ投入。
83分、FWカレンを投入しフィリスカークと交代。


とても内容が良かったと言える試合ではなかったですが2-0で勝利。
好調チームを相手にアウェイで勝利できたのは嬉しい。

31706693.jpg



32107767.jpg

また首位と3ポイント差に詰め2位。
残り28試合のリーグ戦。先は長い。

32124505.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/27(日) 13:49:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bp2-7 | ホーム | bp2-5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/353-c1b13e34

| ホーム |