名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bp2-4

0円オファー出して無理やり人件費削って補強も考えましたが
まったりプレイを必死に追い求める私がそんなことやると毎度のごとく絶対飽きそうなので我慢。
来季高額のユスタス(36)、マカリスタ(30)、ドイル(31)の退団は確定的なのでそれだけで485,000€の削減。
20万のフィリスカーク(25)と25万のロジャー・ジョンソン(33)の契約も見直しそこで大型補強をやろうと思います。
今季は買収も重なり補強タイミングがなかった。仕方ない。

ちなみにマカリスターは移籍リストに入れてないのに3部スウィンドンから興味を持たれています。オファー来るなら来い!



10319577.jpg


補強してしまいました。禁断の無料補強です。アーセナルからレンタルでMFベン・シーフ(18)を獲得。
無料だけには手を出したくなかったのに出てしまった・・・。しかもラシー、ケヒンデ、ラスボーンと補強したボランチの選手を・・・。

今季で契約満了なんで獲得しましたがアーセナルのトップチームに残れる選手ではないとは思うとは言え契約延長されるでしょう。
昨季のSBホワイト状態な選手になるとは思いますけど戦力としては大きいので今季で昇格したい気持ちの表れ。
無料補強はもうしない。絶対しない。ゲームバランス崩せる禁じ手です。個人的な話ですけど。

ちなみにアーセナルからは18万€を貰ってる選手です。





8/27 第5節
vs ドンカスター A/20
  2分2敗


(4231)
FW:カレン
MF:ポッツ、シーフ、イーツ
  ユスタス、ラシー
DF:ロバートソン、ロジャー、アルドレッド、アードリー
GK:ドイル

SUB:レザレン、エイムソン、ケヒンデ、ラスボーン、ヘロン、レッドショー、フィリスカーク

代表:サミュエル

サミュエルが代表に招集。
FWバーンもアイルランドU21に招集され数日中に移動。
調整も大体済んだので次に復帰してきてから起用できそう。

イーフをトップ下で先発。ポッツが左サイド。


23727481.jpg


相手は4-3-3の布陣。
10番フィリップ・ロバーツ(22)はバーンと代表の同僚。代表でコンビを組めるでしょうか。


試合開始直後からホームのドンカスターペース。
中盤に技術のある選手がだいぶ増えたのでポゼッションよりの戦術にしとりあえず安定。

今季はゴール数が減ってでも守備を重視したい。
戦術的な話をすると昨季は私の中では珍しくチームメンタルを攻撃的にする試合も多かったです。
攻撃的にすると前線で渋滞を起こす過去があったので近年は食わず嫌いでパワープレイでしか使ってなかったんですが
意外と速攻出来てたので使ったりしていました。
でも今季は初心に帰りカウンターを基本。標準と兼用でいこうと考えています。4-2-3-1なんでそれでも攻撃の枚数に困ることはあまりない。

支配率が高まり安定した試合運びをしているもののこうなると技術がないワントップは難しい。
どれだけ中盤がお膳立て出来るか。高さもない強さもないので難易度は高い。
トップ下に入ったシーフは本職でもないですけどクオリティが高い。やっぱり近年のFMは能力至上主義ですね。


56分、フィリスカーク、レッドショーのFW2枚を投入。
   MFユスタス、FWカレンと交代。ポッツをボランチに戻す。

60分、この交代策があたる。ポッツの適当ロングパスを相手SBアルコックが拾いバックパス。
   レッドショーがカットし決め1-0、ブラックプールが先制。

72分、ポッツが良くない。下がってほしいのにやたら前でちゃうしバランスまで崩してるので交代。
   MFケヒンデ(18)を投入。不仲状態ですが関係ありません。チャンスを与えます。ダメなら使わないだけ。
   システムも変更。シーフを下げ変則4-1-4-1みたいな形に変更。


先制してからは試合を締めにいったので参考程度ですが、内容的にはまあひどい試合と言ってもいいんじゃないですか。
結局ゴールは相手のバックパスを奪った1点のみ。それでもプラン通りに無失点試合を達成し大満足。

ネックはFWカレン。合ってないでしょうか、いつも以上に酷く噛み合わず評価6.1と低評価。
器用なタイプじゃないので速攻遅攻織り交ぜながらパス回しに参加させると何が何やらになっちゃいます。

14558859.jpg 



移籍最終日に見向きもしてくれなかったフリー選手が安く獲れそう。
妥協が過去作より早く金額もかなり下げてくれます。在籍クラブなしでプーたらやってたら練習も出来ず選手としてオチますからね。
嬉しい仕様になった反面気づいたら欲しくなっちゃうじゃないですか。

ボランチばかり市場に出てくるんだよなぁ・・・。


どこかの誰かが0円オファー仕掛けてまでも放出しないとかほざいてましたが忘れました。
DFダン(23)とMFマカリスター(30)をイングランド4部クラブへ放出。
若干の減俸を受け入れる必要があったようで申し訳ないですが本人もレギュラー扱いされる予定のクラブへ行けて満足してくれるでしょう。

ダンはそこまで印象悪くなかったんですが今季出場がコンディション不良もあり酷く、それは起用した監督の責任が強いですけど
9万€とチーム内で中央値くらいで他クラブが獲得してくれそうな多少の将来性を併せ持ち期待されてないダンが適任でした。
これでレフトバックのスタミナなしロバートソンの控えがファーガソンですが、それで我慢するかもう決まってる補強で対応策を作るか。
ちなみにロバートソンを使いたいために補強は左サイドバックではありません。

20838376.jpg20835840.jpg



最終日に2人を放出し補強したのも2人。

23146050.jpg


まずはMFサンバ・ディアキテ(27)から。
この人は過去作から移籍リストに入る率が高いのかずっと気になってた選手。
QPRで干され契約満了で退団し最終日に加入で合意。今まで反応悪かったんですが最終日に振り向いてくれました。

追い求めていたフィジカルお化け。昔から欲しかった選手だと思います。移籍リスト入りは見るけど高い年俸貰ってるから手を出せない。
無理だと諦めていたんですが最終日に最終的には16万€で合意してくれました。
様々なオプションが付き100万€の最低移籍金も付きましたが100万で買ってくれるなら大黒字です。
年齢も27歳と若く思ってた以上にドリブルが上手く運動量豊富でガッツもある。

ネックは積極性の高さからカードが増えそうなこととあまりにもな判断力の低さ。
大問題な試合をたまに引き起こしそうですがフィジカル負けしないでしょうから嬉しい補強です。
ブラックプールのカンテになってもらいます。元マリ代表ですが今は呼ばれず。

さっき思わせぶりなことを書きましたがこの人をDF起用、特にRSBで使いアードリーを左で使うとかやるかもしれません。
ボランチは人数多いですからディアキテにはフィジカルの強さを活かして色々やってもらいたい。


23155534.jpg


そしてもう一人がGKのマット・ギルクス(34)。
最終日まで存在を認識しておらず元ブラックプールの選手ジャンということ獲得。
能力は若干スカウトに騙された感ありますが今のドイルよりは格上。
ブラックプールが2部から降格するときに退団しプレミアリーグへ昇格したバーンリーに移籍。
しかし2年間で出場はなく契約満了で放出されていました。出戻りです。

獲る気は無かったんですが2人捌いたことで資金もできてしまい勢いで獲ってしまいました。
調整不足なのでしばらくU21で調整させ使ってみようと思ってます。
散らばったブラックプール戦士じゃなかったら獲ってなかったなぁ。

控えGKレザレンも売りに出したんですが買い手がつかず。退団希望と残留希望で意味不明に揺れるレザレンですが
他クラブからはまったくの興味なしという悲しい結果に終わりました。



33402959.jpg33325426.jpg33358778.jpg


今夏の高額移籍。
もう毎度のごとくプレミア祭りです。現実通りモウリーニョ監督が就任したマンチェスター・ユナイテッドが大きな動き。
ズラタンの加入はありませんでしたが大きな金額が動いております。
最高額はイグアイン(28)のアーセナル移籍とコケ(24)のシティ移籍。
ジルー以外まともなストライカー補強するつもりがないアーセナルのビッグ補強。

関係ない話ですが現実のユベントスに移籍したイグアインですが、途中投入も多い。
別に状態が悪いとかではなく他のスカッドも豪華で途中投入でもゴールを積み重ねています。
イグアインを途中投入出来る選手層と不満を持たないチーム秩序。ほんと羨ましい。



9月3日のロザラム戦がピッチ冠水により延期。過密日程になってしまいました。
昨季頭からピッチコンディションは最低レベルなことを指摘されていますが資金難により完全放置。
ピッチコンディションのメーターが完全に0の状態です。どれだけ酷いんでしょう。完全に禿げあがってるんでしょうかね。

05900381.jpg



※節数は考えるの面倒なので対処せずリーグ戦何試合目をそのまま書きます。

9/10 第6節
vs サウスエンド A/21
  1勝5敗 


開幕から1勝5敗で21位のサウスエンド戦。
昨季は4-1で敗れた後半戦4-2で勝利とゴールラッシュ対決になっております。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:ポッツ、レッドショー、イーツ
  ラシー、シーフ
DF:ロバートソン、ロジャー、アルドレッド、アードリー
GK:ドイル

SUB:レザレン、エイムソン、ユスタス、ヘロン、サミュエル、カレン、バーン


代表帰りのサミュエルとバーンがベンチ入り。
今日はフィリスカークがFWで先発。バーンの出番もありそう。チャンスをつかめなかったカレンは1歩後退。

シーフは凄い活躍してくれそうですけどディアキテが来てくれるなら要らなかった・・・。
それでもアーセナルが契約延長しないことを信じていろんなポジションで使ってご機嫌取りしておきます。
才能はあるので活躍してもらって昇格すれば黙って入ってくれるでしょう。

ラシー(21)は成長に期待できるので先発起用。ユスタスが想定より早くバックアッパー役に。
途中投入で使っていくと思います。技術、メンタルの高さは重要。

11656674.jpg


警戒スべきは昨季21得点、今季も既に4得点しているFWノエル・ハント(33)。
スピードはもうありませんがゴールハントセンスの塊。

この試合の目標は昨季4失点したアウェーでのサウスエンド戦を無失点で終えること。

開始5分、素早い反転で1人抜いたフィリスカークが持ち込み右足アウトサイドキックで上手くファーに流し込み先制!
うめぇ・・・。シュートはGKに触られましたが速いスピードのグラウンダーシュートに弾ききれず。
こんなゴールセンスのある選手をボランチで使ってたやつ。
12515212.jpg 


11分、ワーズワースのラボーナクロスからFWサミザデウに頭で合わせられるもクロスバー直撃。
   何この試合はハイレベルな技術の応酬ですか。興奮しちゃいますよ。
13022244.jpg

29分、シーフから縦パスを受けたレッドショーがパス。
   相手守備陣はフィリスカークを警戒するあまりポッツがドフリーに。
   フィリスカークの脇をすり抜けたパスに反応していたポッツが冷静に決め2-0!いいゲーム運び。
14048222.jpg
ちなみにオフサイドっぽいですがイーツが引っ張ったLSBが画面奥にいるので共にオンサイド。

34分に急に倒れ結構痛がっていたレッドショーはももの打撲。
続けられそうなのでとりあえずハーフタイムまで起用。

今日トップ下で先発のレッドショー、10m20m程度ドリブルで運べる推進力があり
アシストもし攻撃のキーマンになっていたものの軽傷によりチームも失速。
前半を終え2-0のリードなので交代。

監督としての選択肢は3択。
・ユスタス投入でシーフをトップ下
・サミュエル、ヘロン、サイド選手投入でイーツをトップ下
・カレン、バーン、FW投入でフィリスカークトップ下

システム変更や他の選択肢はHTではまだありません。
下はないです。フィリスカークのゴールへの動き出しが相手に脅威になっているし戦い方がブレる。
イーツのトップ下起用は出来る選手ですが昨季やってないしスピードのないイーツをトップ下起用・・・考えづらい。
結局3人の中で一番トップ下の適正が弱いシーフが適任か。前節、選手のレベルの差を見せました。
ただここのネックはスピード難のユスタスを入れて守備が壊れないか。45分元気に持つのか。ユスタス投入。


相手が速攻時は枚数を掛けてきますが通常時はあまり出てこないので少人数で攻めてもゴール前にDFが多く枠内に飛ばせませんが
ある程度自分たちの流れを持ちながら試合が進行していると
73分、左サイドから攻め最後はフィリスカークから貰ったシーフが左足で決め3-0!
   この3点差でFWバーンを投入。フィリスカークとそのまま交代。

80分、シーフを下げてサミュエル投入。収まりどころを替えるのは危険ですが残り10分、3点差なので過密日程にそなえます。


3-0でそのまま快勝。今日はどの選手もいいところが出せた試合でした。
バーンは移籍後デビュー戦、既に試合が終わっていたところでの投入だったので特に絡めなかったですが
シーフ、レッドショー、フィリスカークのセンターラインがとにかく良かった。

今日の試合何が良かったって勘違いされガチなゴール前で延々横パスする論外ポゼッションサッカーではなく
中盤後ろで回しつつ隙を作りゴール前では手数をかけない攻撃でシュートを狙いメリハリのついたサッカーが出来たこと。
相手があまり出てこなかったのも理由のひとつでしょうがこういうサッカーが続けられたら大崩れしないチームになります。
キーはレッドショー、シーフの2人。この2人が失わずにサクッと一瞬で運べる力があるから出来たことだと思います。

30220223.jpg


好調だったレッドショーがももの打撲で11日離脱。
調子良かったんですがドリブルで運ぶ選手なのでラフなプレイで狙い所にされやすい。

30906268.jpg

4位をキープ。それどころか延期分の16位ロザラム戦を落とさなければ優勝争いに一気に加わります。
ポイントはそのことによって生じる過密日程で選手がどれだけ耐えられるか。
と思って日程を見たらロザラム戦は他クラブと同じ日に試合。その日開催予定だったウィガン戦がズレて浮いていました。
ウィガンとは条件が同じなのでその次のクルー戦が大事。クルーの次は1週間空くので嬉しい。

31319379.jpg

・MFシーフが週間ベスト11に選出。



9/13 第7節
vs ロザラム H/16 
  2勝2分2敗



昨季2部最下位で2部2年目で降格してきたロザラム戦は初対決。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:サミュエル、シーフ、イーツ
  ラシー、ポッツ
DF:ロバートソン、ロジャー、アルドレッド、アードリー
GK:ドイル

SUB:レザレン、エイムソン、ユスタス、ラスボーン、ヘロン、カレン、バーン

故障:レッドショー


レッドショーの代役はシーフ。前節ゴールのポッツがボランチに戻りサミュエルが先発復帰。
ポッツは便利屋扱いで申し訳ありませんが持ち前の運動量を活かしてどこでも頑張って欲しい。

65135831.jpg


4231対決。

自分たちのペースで試合を進め完全にいい展開だった試合でしたが22分、
CKからこぼれ球のシュートをGKドイルが弾くも目の前に弾かれたボールをDFベレイドに押し込まれ0-1。
3試合ぶりの失点で先制点を許す。正面のシュートなので密集の中グラウンダーのシュートとはいえもう少し遠くに弾いてほしかった。

48分にもシュートをドイルが弾くが正面に弾かれたボールをバークに決められ0-2。
サミュエルに代えてFWバーン投入。フィリスカークを左で起用。

交代直後にFWバーンがゴール前でシュートシーンを迎えるも決定機はGK正面。
50分、イーツの折り返しでまたバーン。不十分な体勢のまま根性で狙うも角度もなくGK正面。

61分、ヘロンを投入。イーツを下げる。
68分、ラシーを下げて若手MFラスボーン投入。攻撃力に賭けます。

とくになく0-2で敗戦。
2失点とも正面のシュートの弾きそこね。まあグラウンダーの正面スピードボールは難しいからこのレベルでは仕方ありません。
痛い敗戦ですが1試合未消化で6位。次の試合が大事。

73304455.jpg



9/17 第8節
vs スカンソープ A/17
  2勝3分3敗



6位に落ちたブラックプールは正念場。
ここで連敗するようなことがあれば今季は厳しいですが悪い試合を続けなければ期待できるシーズン。
相手は昨季1勝1分と無敗のスカンソープ。

(4231)
FW:フィリスカーク
MF:サミュエル、シーフ、イーツ
  ポッツ、ユスタス
DF:ロバートソン、ロジャー、アルドレッド、アードリー
GK:ギルクス

SUB:ドイル、エイムソン、ディアキテ、ラシー、ラスボーン、ヘロン、バーン

故障:レッドショー


予定より1週早いですがギルクス(34)先発しディアキテがベンチ入り。
難しいとはいえ2本弾いたボールから決められているGKドイルがベンチへ。

13218476.jpg


ホームのスカンソープのペース。ブラックプールは今ひとつペースを掴めずにいると
21分にレアードのクロスからFWジリードに決められ0-1。ロジャー・ジョンソンが付いていたが足を前に出され合わせられました。

29分、フィリスカークのポストからゴール左から抜け出たシーフの巻いたシュートは右ポスト直撃。

失点後持ち直したが0-1のまま前半終了。

64分、サミュエル、ポッツを下げFWバーン、MFディアキテ投入。
77分、ラシーを投入しユスタスと交代。

ゴールが遠く0-1で敗戦。
1対1で抜ける選手が居ないので難しい。やっぱり大型FWの獲得が必要なのか。
それともこのまま選手の成長を促し素早いデュエルが出来るチームを作り上げることが出来るか。

20640286.jpg



9/20 第9節
vs ウィガン H/16
  3勝2分3敗



未消化分の試合。昇格候補ながら2年連続で不振のウィガンとの対決。
ただ昨季は2連敗。1-4、0-2と2戦とも完敗している相手です。

(4231)
FW:バーン
MF:ポッツ、シーフ、イーツ
  ディアキテ、ラシー
DF:ファーガソン、ロジャー、エイムソン、アードリー
GK:ギルクス

SUB:ドイル、アルドレッド、ユスタス、サミュエル、ヘロン、フィリスカーク、カレン

2連敗で相性の悪いウィガン戦。
未消化分の試合なので勝てばプレイオフ圏内に復帰。負ければ今季も昇格お預けを予感される停滞。

FWにバーンが初先発、MFもディアキテが初先発。
過密日程でファーガソン、エイムソンが先発メンバー入り。

ファーガソンが怖いのでディアキテSB、アードリーを左という案もあることはありますが、
チーム状態が非常に悪いのでフィジカルボンバーはど真ん中にいて欲しい。ゴール前にも来て欲しいということで中盤起用。

31946181.jpg


4-5-1のウィガン。
昨季2試合ともやられたオデルシはベンチスタート。状態が悪すぎて消極的なウィガン。今度こそ勝ちたい。

ウィガンの不振の原因はGKなんじゃないのかと思いましたが今日先発のバン(31)は怪我も無かったようで
なぜ19歳ラバークームが7試合も先発しているのか分からない。
今季5部トーキーから獲得した若いGKで昨季46試合に出場したもののまだ3部の実力は無いと思います。


8分、ポッツからパスを受けたディアキテが素晴らしいパスをポッツに折り返す。目の前のMFモルシーの股抜きパス。
  受けたポッツがあっさり決め1-0、ブラックプールが先制!
33118452.jpg
フィジカルお化けのディアキテですが技術も3部レベルでは上手い方で怖い存在。ブラックプールのポグバになってもらいます。


57分、ディアキテからパスが入ったシーフ。外1枚余った状態なのに左足で積極的なダイレクトシュートを強引に狙うと
   これがゴール左に突き刺さり2-0!シーフの今季2点目でリードを広げる。
35146209.jpg35344104.jpg


2点差が付き楽になったブラックプールは連戦で疲労困憊のシーフとイーツを下げユスタス、ヘロンを67分に投入。
収まりどころが一気に減りますがディアキテが思った以上に収まってます。あとは時間使いながらカウンター。

76分、次の試合も元気に使いたいのでディアキテを下げてフィリスカーク投入。久々中盤起用。


2-0で完勝。
後半はかなり試合のテンポを落としましたが、安定した試合運びできっちりクリーンシート達成。

MoMは2アシストのディアキテ。初先発ながら別格の実力を見せてくれました。

01007452.jpg 




04111562.jpg


ウィガン戦の勝利でなんとか踏みとどまったブラックプール。
まだまだシーズンは長いです。

04126765.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 18:00:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bp2-5 | ホーム | bp2-3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/351-227954d6

| ホーム |