名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン8

12/5  第21節
     vs Forest Green (2/A)


現在2位のチームとの対戦。


18スコット
25タルボット、4ワッツ、20ケネディ、3ナッター
11フォーショウ、27クリストフ、8オキーフィ、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、5ゴーリング、22エバンス、10ソーンダース、16ミラー


14分、エリア外からオキーフィがミドルシュートを決めインプスが先制。
     オキーフィは今季初ゴール。
50分、ナッターのオーバーラップからクロスにアダムスが合わせて2‐0。今季10点目。
59分、フォーショウの突破からのシュートのこぼれ球をジャックマンが押し込み3‐0。

62分、ジャミル・アダムに代えてミラー投入。
74分、恐ろしいロングシュートを決められ3‐1。なにこのシュート。
76分、ケネディに代えてゴーリング、ジャックマンに代えてソーンダース投入。

3得点完勝。
ジャックマンの補強は大当たり。技術も然ることながら得点力もある。
将来は素晴らしいコーチになるだろうし完璧な補強だ。


○3‐1  G:オキーフィ(1)、アダムス(10)、ジャックマン(3)
リーグ戦3連勝





12/8  第22節
     vs Wrexham (6/H)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、5ゴーリング、2ブラックマン
10ソーンダース、27クリストフ、8オキーフィ、30ジャックマン
7アダム、24コナー・テイラー

1イースト、20ケネディ、11フォーショウ、16ミラー、15アダムス



コナー・テイラーが初先発。コナーは170cmで運動量だけが取り柄のアタッカー。前線でプレスをしてもらう。
またDFゴーリングがCBで出場。本職はCBなのだが昨季から常に右サイドバックとしてプレー。
CBとして先発出場するのは初。途中起用では何度かあった。


5分、CKからゴーリングが頭で決めインプスが先制。ゴーリングは今季初得点。
    ジャックマンのアシスト能力は凄まじい。ナッターやソーンダース以上。
9分、CKの場面でPK獲得。ちょっと得した感じ?クリストフが決め2‐0。クリストフは今季2点目。


基本的に攻め気味の展開に加え相手にボールが渡っても縦に速いからコナーである意味がまるで無い。
攻撃にも参加できず微妙。しかし勝ち試合だろうし経験になるだろう。
それでもたまに猛プレスから相手が適当にクリアするしかない場面も多少あるしやはり前線でプレス掛ける選手がいると楽。

ゴーリングは久々のCBに戸惑っている感じ。


55分、アダムのパスで抜けだしたジャックマンが決め3‐0
61分、楽勝モードなのでアダムとクリストフを下げてミラー、フォーショウ投入。
82分、ゴーリングに代えてケネディ投入。


3‐0で完勝。
コナー・テイラーはもう少し使ってあげたい感じ。やはり前線であんなにプレスする選手は見てて好きだ。

クリストフが累積警告で次節出場停止処分。

○3-0  G:ゴーリング(1)、クリストフ(2)、ジャックマン(4)
4連勝





今シーズンで契約満了となるサム・ソーンダース(29)とジョシュ・オキーフィ(23)と契約延長で合意。

サム・ソーンダースとは15年までの3年、オキーフィとは17年までの5年契約。
両者とも年俸は据え置きのまま延長に合意してくれました。
ふたりとも欠かすことのできない戦力。年俸据え置きで残留してくれたのは嬉しい。





12/15  FAトロフィー1回戦
      vs Boston Utd (H)


18スコット
25タルボット、4ワッツ、31スチュアート、3ナッター
11フォーショウ、8オキーフィ、22エバンス、30ジャックマン
15アダムス、9ランカスター

1イースト、5ゴーリング、20ケネディ、10ソーンダース、16ミラー


6部7位との試合。
ジャミル・アダム頼みのサッカー脱却のためこの試合では起用せず。
もう契約延長は難航し放出は免れない。代理人が手強すぎる。
赤字経営なので少しでも利益をあげるため来夏放出します。これは決定事項。サポーター達ゴメンネ。
来季のためにジャック・アダムス中心の戦術を作らないとな。


29分、ナッターのクロスにランカスターが頭で合わせインプスが先制。
     上手い感じで飛び込んだ。しかしこのランカスターも実は放出候補。
     なんか契約のオプションがむちゃくちゃになってて30試合出場したら年俸爆上げでアダムより高くなるらしい。
     そんなのありえないので放出。いい選手なのだが・・・。


68分、ジャックマン、スチュアートを下げてソーンダース、ケネディ投入。
     ジャックマンは怪我で退場。長引くとヤバイ。
84分、アダムスに代えてミラー投入。



アダムが居ないと6部相手でも辛勝か・・・。先が思いやられる。
ジャックマンは10日間の離脱。


○1‐0  G:ランカスター
2回戦進出







12/26  第23節
      vs AFC Telford (11/A)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、20ケネディ、3ナッター
10ソーンダース、27クリストフ、8オキーフィ、14キング
7アダム、24コナー・テイラー

1イースト、5ゴーリング、22エバンス、16ミラー、15アダムス


19分、ワッツが裏を取られると手で掴みファールで止める。そのプレーで一発レッドで退場となってしまう。
     クリストフをCBに下げてコナー・テイラーに代えてエバンス投入。ボランチに入れる。
     クリストフはインプスで初めてのCB。CBの適性自体はある。
26分、ソーンダースのパスでフリーになったジャミル・アダムのシュートは左ポスト。
34分、カウンターからキングのシュートはGKのファインセーブ。

相手はかなり攻め気になってくるが上手くいなしカウンターでゴールを狙い続ける。

60分、マイケル・キングに代えてミラー投入。
ミラー投入で左サイドが起点となり、ミラーのパスで抜けだしたアダムが冷静にループシュートを決めインプスが先制!
81分、ソーンダースに代えてゴーリング投入。

83分、DFラインからのクリアで丁度抜けだしたジャミル・アダムが冷静に決め2‐0。
     クリストフのロングフィードから2点目を決めた。


退場者を出しておきながらアダムのカウンターサッカーでまさかの勝ち点3獲得。
別次元の選手だ。もはやJ2のフッキ状態。


○2‐0  G:アダム(18,19)
5連勝






12/29  第24節
      vs Ebbsfleet (3/H)



3戦して1分2敗の相手。相性がすこぶる悪い。そろそろ勝ちたい。
過密日程でしんどい。怪我人だけは出してほしくない。


18スコット
25タルボット、5ゴーリング、20ケネディ、2ブラックマン
11フォーショウ、27クリストフ、22エバンス、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、31スチュアート、8オキーフィ、16ミラー、24コナー・テイラー


2分、フォーショウのシュートはGKに弾かれるもジャミル・アダムが押し込みインプスが先制!
    アダムは2試合連続ゴール。

30分、タルボットが負傷。スチュアートと交代。右サイドバックは後ゴーリングしか居ない。
     リゲットさえいれば・・・。


68分、エバンスに代えてミラー投入。ジャックマンをセンターに置き左にミラー。
77分、ジャック・アダムスに代えてコナー・テイラー投入。前線から走ってもらう。


1‐0で勝利!
コナー・テイラーのプレスは本当に際立っている。
スコアは1‐0だったが完勝だった。

ケネディが人生で初めてのMOMを獲得。


○1‐0  G:アダム(20)
6連勝  MOM:ケネディ






1/1  第25節
    vs Barrow (14/A)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、31スチュアート、3ナッター
10ソーンダース、8オキーフィ、22エバンス、14キング
7アダム、15アダムス

1イースト、5ゴーリング、11フォーショウ、16ミラー、24コナー・テイラー


過密日程で戦力が厳しい。今季プレッシングサッカーに変更したことが仇となっている。


11分、オキーフィのパスから上手いこと抜けだしたアダムが冷静に決めインプス先制。
17分、アダムの低いクロスにジャック・アダムスが飛び込んで2‐0。


67分、ジャック・アダムス、ソーンダースを下げてコナー・テイラー、ミラー投入。
76分、ジャミル・アダムが2人の間をぶち抜いて強烈なシュートを叩きこみ3‐0。


○3-0  G:アダム(21,22)、アダムス(11)
7連勝 MOM:ジャミル・アダム






1/1  ファーガス・ベル選手、キャメロン・ランカスター選手 移籍のお知らせ


FWファーガス・ベル(21)が4部ヒアフォードに移籍。
昨季は23試合に出場4得点を記録。今季は出場機会がなかった。



FWキャメロン・ランカスター(20)が同リーグのイブスフリートに移籍。
イブスフリートは現在5位で昇格争いを繰り広げている。

トッテナムから加入したストライカーで今季公式戦15試合に出場5得点を記録していたが
契約を締結する際30試合出場で大幅昇給を組んでしまいインプスの財政力じゃあまりにも厳しいので冬で放出。
約6万€にまで昇給されたら厳しすぎる。今後はこういうことがないようにチャント契約内容を確認しないと。
期待していたストライカーだったのに・・・。かなしい。





1/5  第26節
    vs Blyth (21/H)



18スコット
5ゴーリング、4ワッツ、31スチュアート、2ブラックマン
10ソーンダース、27クリストフ、30ジャックマン、14キング
15アダムス、24コナー・テイラー

1イースト、20ケネディ、11フォーショウ、16ミラー、7アダム


8分、直接FKを決められ失点。先制を許す。


69分、キング、アダムスを下げてミラー、アダム投入。
82分、ソーンダースに代えてフォーショウ投入。


0-1で敗戦。少し余裕出し過ぎた。采配ミス。
この試合はファン感謝マッチに指定されていて集客が多かったがまたファン感謝マッチで負けた。
EWETでオーナーが見に来たら負けるみたいな状況。

●0-1





元ニューカッスルのアラン・スミス(32)と合意間近に3部リーグにちょっかいを出されあっちに行ってしまった!
5部と3部じゃお話にならない。凄く欲しかったから発狂しそう。
でも今期末までの契約みたいだから来夏またアタックする。来季は4部だろうし。
来季はちゃんと背番号空けときます。





1/8  第27節
    vs Fleetwood (7/A)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、20ケネディ、3ナッター
11フォーショウ、8オキーフィ、22エバンス、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、5ゴーリング、10ソーンダース、16ミラー、24コナー・テイラー


9分、アダムスの突破から最後はジャックマンが決めインプスが先制。
28分、突破からのクロスにエースストライカーに冷静に決められ同点。
44分、エバンスからパスを受けたジャック・アダムスが左隅に決め2-1!

51分、上手いパス回しから決められ2‐2。ケネディは少し微妙。スチュアートのほうがいいかな。
57分、相手のCKから決められ2‐3。また1月から勝てなくなるのか。

67分、アダムス、フォーショウを下げてミラー、ソーンダース投入。
70分、タルボットが中盤で奪われてからカウンターを浴び2‐4。
76分、タルボットを下げてゴーリング投入。

85分、ミラーからのスルーパスで抜けだしたソーンダースの折り返し、アダムが決め3‐4。


3‐4で敗戦。2連敗。
ナッターがリーグ戦通算300試合出場達成。

この試合イエローを6枚もらいまたもや罰金処分。862€。


●3-4  G:ジャックマン(5)、アダムス(12)、アダム(23)
2連敗  






1/11  ダニー・ラッチ選手 加入のお知らせ



スコットランド1部キルマーノックからダニー・ラッチ(25)を獲得。
技術が優れたMFで本職はセントラルミッドフィールダーだが
トップ下、右サイドハーフ、右サイドバックでもプレー可能で左サイドも一応できるユーティリティ選手。

年俸も2.4万€と安い。4年契約。178cm64kg、背番号26

キルマーノック監督と不仲で移籍後に不満を爆発させてました。
安いし便利な控えになってくれそう。





1/19  FAトロフィー2回戦
     vs York (H)



同リーグ8位

18スコット
5ゴーリング、4ワッツ、31スチュアート、3ナッター
10ソーンダース、27クリストフ、8オキーフィ、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、25タルボット、26ラッチ、22エバンス、16ミラー



58分、相手のクリアボールがこぼれジャック・アダムスが決めインプスが先制。
60分、リスタートからあっさり決められ1‐1。ワッツは疲れてきたか・・・。ホーンの復帰が待たれる。2ヶ月後。

69分、ナッターを下げてミラー投入。ジャックマンを左サイドバック起用
72分、クリストフに代えてラッチを起用。インプスデビュー。
81分、負傷したジャック・アダムスを下げてタルボット起用。タルボットはインプスで初めてのFW。

83分、ミラーのバックパスを奪われ失点。1‐2。
87分、攻撃的に出たインプス。ジャミル・アダムが決め同点!


引き分けで再試合。
ジャック・アダムスが動きよくチャンスがたくさんあったが決めきれず。


△2‐2  G:アダムス、アダム





1/23  FAトロフィー2回戦再試合
     vs York (A)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、20ケネディ、3ナッター
10ソーンダース、8オキーフィ、11フォーショウ、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、36スチュアート、26ラッチ、22エバンス、16ミラー


45秒、フォーショウのロングパスでフリーになったソーンダースの強烈なシュートが決まりインプスが先制。
     フォーショウはやはり本職のセンターのほうがいいか。
39分、左からのスローイン、ジャックマンのクロスに上がっていたケネディが頭で決め2‐0。
     ケネディはプロ初得点。

40分から大雨が降りドロ試合と化す。

47分、アダムがエリア内で倒されPK獲得。DFナッターが決め3‐0。今季初得点。
51分、ソーンダースとジャックマンを下げラッチ、ミラー投入。温存します。

53分、FWにゴリ押しされ3‐1。采配ミスですか。
73分、アダムスに代えてエバンス投入。

76分、FKからパスを受けたラッチが豪快なロングシュートを右隅に叩きこみ4‐1。ラッチは大当たり。
     プレーの質が凄くいい。


○4‐1  G:ソーンダース、ケネディ、ナッター、ラッチ
      MOM:フォーショウ





1/25  ミドルスブラから2選手 加入のお知らせ


DFデイビット・アトキンソン(19)とDFアダム・リーチ(19)を獲得。

アトキンソンの本職は右サイドバックだがセンターバック、アンカーもこなすことができる。
スピードがありボール奪取能力が高いが高さに弱い。
178cm76kg 5年契約年俸3.1万€背番号29

リーチは左サイドならどこでも可能。トップ下までこなせるスピードアタッカー。
183cm71kg 5年契約年俸1.8万€背番号28



アトキンソンはゴーリングの強化版。期待しています。
リーチはブラックマン、ナッターより守備能力がありサイドバックで起用予定。
ブラックマンがまったく成長しないので今季で放出予定。後釜として獲得しました。

やはり正確に難有りの選手はトレーニングをしっかりこなさないので成長しません。





1/26  第28節
     vs Barnet (8/A)



18スコット
29アトキンソン、4ワッツ、20ケネディ、28リーチ
10ソーンダース、26ラッチ、22エバンス、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、31スチュアート、11フォーショウ、14キング、16ミラー


19歳が3人の最終ライン。怖い。


41分、ラッチのパスを受けたアダムが持ち込んで決めインプスが先制。
42分、アダムスからパスを受けたアダムが決め2‐0。

60分、CKから決められ失点。2‐1。

70分、リーチに代えてミラー投入。
76分、アダムス、ラッチを下げスチュアート、フォーショウ投入。


2‐1で勝利。アトキンソンとリーチは酷かった。やはり徐々に慣らしていかないと。


○2‐1  G:アダム(24,25)
      MOM:ジャミル・アダム
連敗ストップ






1/28  スタッフ変更のお知らせ
     ジーン・フランソワ・クリストフ選手 移籍のお知らせ



リンカーン・シティの代表的な人物と言われているガレス・アインスワース(39)がコーチとして就任。
95‐98までの3シーズンで83試合に出場、37得点を記録した。


フランス人MFクリストフ(25)が同リーグのゲイツヘッドに移籍。
1年半で45試合に出場し7得点を記録した。
これでイングランド人のみのチーム編成になった。





1/30  第29節
     vs Grimsby (12/H)



18スコット
29アトキンソン、5ゴーリング、4ワッツ、3ナッター
10ソーンダース、8オキーフィ、11フォーショウ、30ジャックマン
7アダム、24テイラー

1イースト、31スチュアート、22エバンス、26ラッチ、16ミラー


16分、オキーフィのゴール前での折り返しが相手DFにあたって決まりオウンゴールでインプス先制。
24分、エリア内でジャックマンがファールを犯しPK献上、決められ同点。

49分、コナー・テイラーが下がってロングパスを出すと抜け出したオキーフィの折り返しに
    ジャミル・アダムが冷静に流し込みインプスが勝ち越し!カウンター炸裂。
52分、ソーンダースのパスで抜けだしたアダムが決め3‐1。相手DFは完全に集中が切れてた。

72分、ソーンダースに代えてラッチ。
75分、ジャックマンに代えてミラー。
87分、ナッターに代えてスチュアート投入。


3‐1で勝利。

○3‐1  G:OG、アダム(26,27)
MOM:ジャミル・アダム
2連勝


15 シュート 12
 8  枠内  4
55%      45%






2/2  第30節
    vs Braintree (22/H)



18スコット
25タルボット、20ケネディ、4ワッツ、3ナッター
10ソーンダース、8オキーフィ、22エバンス、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

1イースト、5ゴーリング、11フォーショウ、26ラッチ、16ミラー


55秒、ジャックマンからパスを受けたオキーフィがエリア外から左隅に流しこみインプスが先制。今季2点目。
12分、ジャック・アダムスが強烈なシュートを左隅に決め2‐0。

30分すぎから雨が降る。

50分、ジャックマンのクロスは中央でこぼれるがソーンダースが飛び込んで3‐0。
67分、アダム、エバンスを下げミラー、フォーショウ投入。
73分、ソーンダースに代えてラッチ。


3‐0で快勝。

○3-0  G:オキーフィ(2)、アダムス(13)、ソーンダース(2)
   MOM:サム・ソーンダース
3連勝

14  3
 5  0
59%41%






2/6  第31節
    vs Newport Co (17/A)


18スコット
25タルボット、20ケネディ、4ワッツ、3ナッター
10ソーンダース、8オキーフィ、22エバンス、30ジャックマン
7アダム、15アダムス

23ルイス・キング、5ゴーリング、11フォーショウ、26ラッチ、16ミラー



19分、相手のFKの場面でオキーフィがファールを犯しPK献上、決められ0-1。
21分、アダムスのパスで抜けだしたボランチのオキーフィが冷静に決め同点。今季3点目。
     最近オキーフィの上がりが効果的。

68分、ナッター、オキーフィを下げてミラー、ラッチ投入。
80分、タルボットに代えてゴーリング。

1‐1で引き分け。アダムが微妙だったらチームが変わる。オキーフィが頑張った。


△1‐1  G:オキーフィ(3)
    MOM:ジャック・アダムス

15(5) 60%  シュート数(枠内)支配率
7(3)  40%














今季は余裕で優勝できそう。
昨季あった1月からの絶不調も乗り越え堂々たる首位。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/04/04(水) 20:42:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーン9 | ホーム | リンカーン7

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/35-936ca4ea

| ホーム |