名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bp2-1

前回契約満了する前は安くて契約が切れたら高くなるのがFMの仕様と言いましたが
若い選手はそういう傾向にありますが中堅ベテラン、特にそこそこ名のある選手が契約満了により
ステージを落とす決意をした選手の要求額が軒並み下がった気がします。

例えばQPRのLSBトラオレなんて数百万ユーロも貰ってたと思いますが(確認すると145万ユーロ)
26歳で24万ユーロの要求に下がっていました。交渉次第ではもっと下げることが出来ます。
過去作品だったらプレーレベルは下げる決意しても賃金要求はあまり下がらないので
30超えたらすぐ引退者続出だった印象ですが修正されたということでしょうね。

ということに3シーズン完了させた後に気づくという。プレーが複数年続いてない証拠です。


他にも色々見て回ってると明らかに中堅選手の要求額が下がった。
2部に居た40万前後貰ってた選手で14万~40万で契約するとスカウト予想されてた選手が
フリーになった後に見ると初期要求で15万ユーロでした。14万以下で合意余裕です。
契約が残ってる段階だったら下げれて25万くらいまででしょう。予想ですが。

でも出遅れの影響は強く選手が残ってません。残ってるから下がってるのかな?
前と比べてフリーになる選手の移籍先が決まるテンポが早い気がするのは要求額があまり上がらないからか。






23953370.jpg


これにどのチームも一切興味を持ってないのはある意味恐怖なんですが。
たしかに恵まれた潜在能力を活かせず守備ボロで大きなクラブからは見放されましたが
QPRとの145万ユーロの契約が満了し3部相手に初期要求24万と言ってしまうほど落ちぶれた選手なんでしょうか。

メンタルのボロさはリアル感ですがスピードの衰えもないし攻撃的なコマとしても使えないこともないんじゃないですか。
それがここまで出遅れた状態でただの1クラブも興味を持ってないのが怖い。

トラオレと言えば忘れもしません。マンチェスター・シティが優勝したシーズンの最終節
QPRを相手に3-2、最後は後半ATにアグエロが決め劇的逆転勝利でシティが優勝した試合ですが
1-1の同点からQPRのマッキーが勝ち越しゴールを決めるわけですけど


この左サイド爆走してクロスでアシストしたのがトラオレです。
この試合は本当に痺れる試合だった。マッキーの運動量、攻守に渡る献身性、ここで決めちゃう持ってる感に惚れた試合でした。
見てたら覚えてる人も多いんじゃないですか。
もう一つの話題といえばバートンが暴れまわってたこと。文字通り暴力行為を働き退場後も暴れてた記憶です。

なのでトラオレは運命と捉え狙います。LSBはロバートソン、ファーガソン、そしてダンと居ます。
そりゃこの3人より格上の選手ですけど3人いることには変わりない。守備を考えると考えものな補強ですが
完全出遅れクラブで余ってる高額選手が安く獲れるチャンス。足は速い。いいんじゃないですか。

ただよーく見ると能力低そうですね。キーになるドリブルが11-14と謎。
他もそんな数字ばかりだし見えてるところは黒いし。全部11とかだったら寒い選手。たぶん寒いからどこも狙ってないんでしょう。
でも足が速いだけで使い勝手はあります。ホワイトが退団しスピードのあるSBも居なくなりましたし
超攻撃的SBとか面白くていいじゃないですか。また今季守備を整えたいとか言ってたのがなんなのかですが。
前で使ってもいいし足が速いだけで使いやすいです。



34201242.jpg

トラオレへのオファー翌日にはリークされ一気に注目を集めました。
流出元は相手代理人でしょうけどあの無風はなんだったんだ。
ピーターバラはプレイオフで昇格し英2部。マジョルカもスペイン2部。ここが出てくるとクラブランク的にも厳しい。
ウチよりも高いオファー出しそうだし。



背番号変更

MFイーツ 28→17
FWフィリスカーク 17→7
GKボニー 13→28

この3選手のみ変更。シンプルにイーツが7番でも良いんでしょうけどなんかしっくり来なかったので
17にするためにフィリスカークに7番を与えました。18歳ボニーは控えGKとして大きな番号へ。デフォの13が違和感あったし
現実には25番をつけているようです。エイムソンが残留してるので25番が空いておらず
適当につけたので今気づきましたがイーツの28をつけてトライアングル引き継ぎになったみたいです。

35624373.jpg

2部バーミンガムを契約満了で退団したニール・アードリー(27)と契約合意。
昨季5試合の出場に留まった右サイドバックでバーミンガムの前はブラックプールに在籍。4年で104試合に出場。
ブラックプール10-11のプレミアリーグで31試合に出場した選手。2年契約で年俸13万€、背番号2となりました。

ブログで触れたかすら覚えてませんが2部バーミンガムで少しプレーしていました。
主力のカディスが怪我したためアードリーを使ってたようなきがするんですが覚えてません。
勝ってたから止めたいつものやつか楽しくないから続けなかったのかすら覚えてない。
ブラックプールが長く1シーズン続いたし途中でウイクラに移り気してFWウチェの記憶さえぶっ飛んでたんで仕方ないですね。

アードリーも2部で40万とか貰ってた選手ですが27歳で13万にまで下がりました。2016良いですね。楽しい。
プレーランク落とす選手が年俸も落としてくれるのでどこのチームも獲りやすく
無駄に干されにレベル高いチーム行くか引退するかだった過去作とは変わりました。

ちなみにここで書くのも何かもしれませんけどトラオレのオファー。最低移籍金条項は外せなさそうでしたので入れました。
アードリーは元ブラックプールというのもあったか、3部に染まる気なのか条項が無かったんですがトラオレは上に戻る可能性を残したいと。
まあトラオレに120万€の移籍金を払うチームがあるとは思えないしあったら赤字クラブなんで嬉しいくらいだしいいんですが。



アードリーの加入でトップチームのフィールドプレーヤーは17人となりました。DFダンが負傷したのでGK2人含めて18人。
ちょうどベンチ枠と同じです。もう少し増やさねば。トラオレ加入出来たら残り予算22万€。
トラオレキャンセルして42万で4人くらい狙ったほうが良さそうですが運命の人ってことで。ロジャーに続いて連続で運命補強。


開幕まで2週間。最初の練習試合は地元のセミプロクラブ、AFCブラックプール戦。
試合は7-0で快勝。4-4-1-1から4-2-3-1に変えたのもありますがアードリー以外昨季と同じメンバーだから連携がバッチシ。
後半アカデミーの選手たちが混ざり1得点だけでしたが45分で6得点を奪う勢いを見せてくれました。
まあ相手弱いので参考外。



80537318.jpg

20万提示のブラックプールが拒否されマジョルカの14万で合意のトラオレ。
妥当ですね。100万以上稼いでいた人間が6万€でセコセコ言ってられません。
イングランドからスペインへの移籍もスピード活かした攻めを見せるには丁度いいでしょう。

ちょっとこのスピードは期待してたんですが仕方ない、残念。



92320572.jpg


2部ボルトンを契約満了で退団したジョーダン・ラシー(21)と契約合意。2年契約、年俸9万€、背番号13で合意。

この補強はめっちゃ悩みました。昨季2部でデビューし6試合に出場。評価点は低く6.07。
フィジカルも弱い選手なんですが将来性はあるみたいだし狙ってたメンタルが充実した選手。
結果は全部11-12で外した感ありましたけど21歳なんでね。全然伸びるでしょう。

悩んだ理由は9万€の年俸、もちろん安いです。個人で見れば買いですが
ここで浪費しなければ40万€程度使える資金があるのでもっと即戦力の2部レベル選手が獲れたりします。
だから悩んだ。すごく悩んだ。でも結局合意。育てることにします。

大型補強したかったのに全然進まない。狙ってた選手が居なかったり資金が無かったりと要因もありますが
結局若いチームなのでどこを獲るか、誰を外すかに悩みます。
それに誰も売れそうにない。移籍金払って買ってくれる選手が居ないです。
収入が無いとフリーの選手でも契約金が払えなかったりするので大型補強は厳しい。



PSGリザーブ戦、トップ級は23歳SBディニュのみ。左ウイングで先発。
ローマでリーグ戦33試合に出場も完全移籍せずPSGに戻り現在リザーブに入れられてる不憫な選手。
現実ではバルサに引き抜かれたというのに。移籍リスト入りもしておらず可哀想。
15歳とかもメンバーに入ってるチームなので今季は勝ちたいところ。昨季は0-1。
こちとら悲しいことに1年やってきたメンバー+アードリーなんです。積み重ねたものが違う。

いくら10代ばかりとはいえトップクラブで鍛え込まれた選手達。
組織だった守備をされるとフィジカルで優位性を見せられないブラックプールの攻撃は難しい。
とにかくFWカレンがダメな日は全てが上手く回りません。

10代相手に互角の試合をしましたがMFユスタスの素晴らしいロングシュートが決まり1-0で勝利。
0-1の借りを返し1勝1敗の五分に戻しました。来季も戦いたい、次は完勝できる。
しかし10代と五分で大丈夫なのだろうか。



03952311.jpg04000479.jpg


マンチェスター・ユナイテッドから放出された若手2人と契約合意。
トップチームに置くつもりですが新設されたU21の試合にも出したりします。



開幕1週間前にスコットランド1部キルマーノックと戦い2-5で大敗。
2-2から3失点、先行き不安になる守備崩壊。4-2-3-1はやっぱり厳しいのか。


キャプテンには25歳アルドレッドが副キャプテンから昇格。
副キャプテンに36歳ベテランMFユスタスが就任。

ロジャー・ジョンソンにさせる気満々だったんですが、在籍年数とか勝利意欲が加味されこの並びのほうが良いらしいです。


00818999.jpg


とうとう開幕です。
今季はやれるだけ4-2-3-1でやっていくつもり。
補強も結局若い選手ばかりになってしまったしまた積み重ねるシーズンとなりそう。

オファーは出したものの獲れなかったりで今夏はまだ4人しか補強していません。
これでトップチームはGK3人で23人。ちょうどいいと言えますが過密日程、怪我人が出たらすぐ厳しくなります。
それだけじゃなく若くなってきました。昨季の平均年齢は26歳でしたが今季は24歳。
30代もロジャー、ユスタス、ドイル、イーツ、マカリスターの5人だけになりました。



61846665.jpg


エバートンを契約満了したU21アイルランド代表FWサム・バーン(21)と2年、45,000€で契約合意。背番号16。
U21選手権予選で3得点を記録したFWで安かったから獲得しました。
運動量豊富なタイプでFWカレンとタイプはまったく同じですが値段が安かった。

バーンを獲得せずに30歳前後の値段が高いFW獲得という手もあったんですがポジション争いにもならないような補強をしては
昨季18得点のカレンがあまりにも可哀想というか、他の補強も若かったので今季はそのメンバーの底上げシーズンと捉えるためにバーンを選択。
カレンより高さはあるしスタミナもある。カレンが勝っているのは勝利意欲。
バーンはあまり高くないのでカレンも可能性はあります。とにかくこの2人はゴールを決める役なので決める方を選ぶつもり。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/22(土) 20:59:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bp2-2 | ホーム | bp16

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/348-fe04b226

| ホーム |