名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bp12

3/5 第35節
vs ミルウォール A/8
  12勝13分9敗 43得32失



7位対8位の対戦。
不思議なもんで勝ち点差は1、同じ43得点なのにこっちは42失点。
10失点も多いのに1ポイント上です。なので得失点差は10。かなり離れています。

(4141)
FW:カレン
MF:イーツ、ノリス、ポッツ、ヘロン
  ユスタス
DF:ロバートソン、アルドレッド、RJ、ホワイト
GK:ドイル

SUB:レザレン、ダン、ボイス、マカリスター、サミュエル、パターソン、レッドショー

故障:フィリスカーク、ロー


最近はメンバー固定気味になったものの不満者今のところなし。チーム状態がいいからですかね。
ヘロンとロバートソンがスタメン復帰。





65335733.jpg


4-4-2の布陣。
過密日程で14得点のFWとCBがベンチ外でお休み。
サイドバックが共に攻撃的。攻撃的なチームにしている様子。

6分、相手が高い位置からくるので軽くいなしカレンのパスでど真ん中抜ききったMFポッツが軽く決め1-0。

失点しても尚ガンガン出てくるミルウォール。こちらは防戦一方。
32分、ファーガソンのクロスからMFビティキに決められ1-1の同点。
34分、CKからMFオニェディンマに頭で決められ1-2。わずか3分で逆転を許す。

攻撃的にシフトしたブラックプール。同点ゴールを取るべく67分にレッドショー、パターソンを投入。
MFノリスとFWカレンを下げ攻撃的に。

するとこの交代が大ハマリ、といっていいのか。
71分、SBホワイトの長いクロスが枠に直撃。跳ね返りをFWパターソンが押し込み2-2の同点!
   ホワイトのクロスが変にゴールに結びつくのは2度め。直接クロスにつづいてアシストになりました。

76分、ヘロンに代えてサミュエル投入。逆転弾狙い。
82分、セカンドボールを連続で拾い休む間も与えない。
   相手の大きなクリアを拾いまた速攻。イーツが抜け出しクロスを入れるとフレッシュなサミュエルが飛び込み逆転!
04056049.jpg


お互いシュートチャンス乱舞の激しい試合。
そんな中途中投入2人のゴールで逆転勝利。これは嬉しい勝利です。

まずは順位表。2ポイント差でもう完全に6位争いに入りました。
05145658.jpg

そしてもう一つはアカデミー出身の19歳オサイ・サミュエルがプロ初ゴール。
16試合目の出場にして大事な決勝点。嬉しいゴールです。
キャメロンが同じ97年生で 既にリーグ戦5得点を記録。差をつけられてる中で結果を残せました。

G:ポッツ(6)、パターソン(6)、サミュエル(1)
MoM:ポッツ
04715978.jpg04727496.jpg


残り試合昇格争いの中大きな変化を考え中。
前節ゴールを決めた35歳ノリスですが、持ち味の守備力の衰えを隠せない。
リーグ序盤あんなに止まらなかったイエローカードすらも貰うことが無くなりました。スピード不足で追いつけない。
そして中盤センターに技術が足りないのでサイドでタメを作っていたイーツをセンター起用して
サミュエル、ヘロン、キャメロンの3人でサイドを回して完全に育成モードに入るのも良いかもしれない。
ただ中心選手のイーツのポジションをサイドからセンターに変えるという大きな変化を2ポイント差に迫った今やるべきか悩んでいます。



71631881.jpg71624833.jpg


今世代の優秀選手は2人。
FKが上手い守備的MFと加速力があるストライカー。将来性はあるようですが言っても3部レベル基準の将来性。
でもクラブに携わってからのアカデミー1期生だから将来的にトップチームにあげたいです。
下のFWのほうが野心的で将来性があるらしいんですけど上のほうが使いやすそう。
判断力高いし勇敢さもある。とりあえず潰し屋に育て上げて運よくFKも上がってくれたら万々歳みたいな感じで。

FWホプキンスは自己中心的なFWらしい。まあ自己中心的にゴールを決めてくれるならいいんですけど。

それからGKボニーに匹敵するGKも加入。
もしかしたらそっちが出てくるかもしれません。



3/12 第36節
vs コベントリー H/15
  12勝9分14敗 48得49失



前半戦2-0で勝利した相手とのリーグ戦。
勝点2差。同じことの繰り返しですが離されてはいけない時。

(4141)
FW:カレン
MF:サミュエル、イーツ、ポッツ、ヘロン
  ユスタス
DF:ロバートソン、アルドレッド、RJ、ホワイト
GK:ドイル

SUB:レザレン、ダン、ボイス、マカリスター、キャメロン、パターソン、レッドショー

故障:フィリスカーク、ロー


イーツをセンターに置きサミュエルが先発。
ここでチーム戦術を大きく変更。サイドでゲームを作ってたイーツを中に置き両サイドサイドアタッカーにしてみる。
これで両サイド広い攻めが理論上は出来るようになりますがそううまくいくかはわからない。


04532981.jpg


相手は5-3-2の布陣。

試合はポゼッションしつつも相手のロングパス主体にヤラれ気味。
キープしたくないのに相手のほうがもっと捨ててくる。

66分、キャメロン、レッドショー投入。サミュエル、カレンと交代。
75分、途中投入のヤコブ・マーフィーに決められ0-1。

87分、ヘロンを下げてFWパターソン投入。


無駄なポゼッションで終始不安定で0-1で敗戦。
試合としても面白みがなくこういう展開だとやっぱり前線に屈強なターゲットマンか独力で打破出来る選手が必要。

75456901.jpg75504300.jpg




最近やりだしたウイニングイレブンクラブマネージャーというアプリゲームにハマリ気味で
あの手抜き感がたまらなく疲れないので天敵。パソコン付ける必要もないですからね。

ということで昇格争いギリギリの中ですがダブルボランチに変更。
前節負けたもののまだ勝ち点差2で収まっていますが出来るかどうかも分からないですけど
元々今季昇格はするつもり無かったし好きなシステムでやりたくなりました。

ネックは36歳ユスタスです。この人の機動力で2ボラを任せられるのか。
2枚なんで一人置いてかれたら一瞬で大ピンチです。でもまあいっか。好きなシステムで試行錯誤するのも醍醐味。



3/19 第37節
vs クルー A/10
  13勝11分12敗 33得42失



4-4-1-1に変更。
この変更が吉と出るか凶と出るか。勝ち点差2を追う37節。

(4-4-1-1)
FW:カレン、レッドショー
MF:イーツ、ユスタス、ポッツ、ヘロン
DF:ロバートソン、アルドレッド、RJ、ホワイト
GK:ドイル

SUB:レザレン、ダン、ボイス、マカリスター、キャメロン、サミュエル、パターソン

故障:フィリスカーク、ロー


そのおかげでレッドショーが久々の先発。
途中投入でいいアクセントになってますが、今日は先発で頑張ってもらいます。

05849047.jpg


相手は5-3-2の布陣。
アカデミーが優秀で良い選手が次々に湧くクルー。
スタメンにも6人のクラブ育成選手が入っています。


互角の序盤でしたが21分にカレンのゴールでブラックプールが先制。
ヘロンのクロスをダイレクトで流し込みGKは反応できず。

前半は相手に押される時間帯も多かったですが終盤自分の時間を作り5分のスタッツ、1-0で折り返す。

59分、当然体力が持たないユスタスに代えてマカリスター投入。
   この戦術の場合ユスタスで1枚は考えないといけません。

63分、ロバートソンの長い距離からのふんわりパス。相手DFの意表を突きFWカレンがドフリーヘッドを決め2-0!

68分、パターソン、サミュエルを投入。カレン、イーツを下げる。

後半はやりたいようにやることができ2-0で勝利。

G:カレン(9,10)
MoM:カレン
23434426.jpg
23445434.jpg


・DFロジャー・ジョンソンとMFヘロンが週間ベスト11に選出。
・火曜日:練習中にFWパターソンが膝軟骨を損傷し6週間の離脱。今季リーグ21試合出場、7戦先発6得点1アシスト。



3/25 第38節
vs ベリー H/24
  6勝8分23敗 26得52失



残留ラインと12ポイント差の最下位ベリー戦。

FWパターソンの離脱によりFWが足りない。そしてMFローの復帰が重なりトップ下はローを起用。
前節せっかく先発復帰したレッドショーは1試合でベンチスタート戻り。
今季4得点7アシストと結果を残しているもののチーム事情で起用法がコロコロ変わって可哀相な選手。
2トップやったりベンチいったり3ボラのインサイドハーフやったり。ボランチ適正が「無し」から「難あり」に成長しました。

(4411)
FW:カレン、ロー
MF:イーツ、ユスタス、ポッツ、ヘロン
DF:ロバートソン、アルドレッド、RJ、ホワイト
GK:ドイル

SUB:レザレン、ダン、ファーガソン、マカリスター、サミュエル、キャメロン、レッドショー

代表:ボイス
故障:フィリスカーク、パターソン

45731025.jpg


4-2-3-1の布陣。


5分、中盤でローがロストしカウンター。メイヤーのクロスからオサリバンに決められ0-1。
13分、CBアルドレッドからの縦パス、上手くトラップし抜け出したFWカレンが決め1-1。素晴らしいトラップ。
31分、パウロ・アスンソンのロブパスからFWクラークに頭で決められ1-2。

獲得時にメンタル面が弱いから中心選手にするのは危険と言ったローですがトップ下として何も出来ない。正しかったようです。
トップのカレンがキープ力もなければスピードもない100%純正ボックスストライカーなので近くの人の出来に左右されますが
とにかくフォローすることが出来ずバックパスに終始。

59分、ローを下げてFWレッドショー投入。
66分、ヘロン、ユスタスを下げてキャメロン、マカリスターを投入。


最下位相手に2失点敗北。
ここは勝たなければいけませんでした。6位と5ポイント差。

・MFイーツがリーグ戦通算400試合出場。

G:カレン(11)
60045059.jpg


62338190.jpg 
残り8試合で5ポイント差。
ウイクラを暇な時間にやってて思ったんですが、優れた選手の指揮を取りたくなった。
ウイクラとFMでは試合がまったく違うのは言うまでもないんですがやっぱりFMでも1部レベルと3部レベルじゃ格が違います。
言ってることコロコロ変わってますが優勝争いが簡単に出来ると負けたくなるけど勝てないと勝ちたくなる。天邪鬼です。
残り8戦、レベルの高い2部にあがるため頑張って昇格を狙いたくなりました。
ただ2ボラは変えません。3ボラよりやっぱり好きです。上がれなかったら仕方ない。
上がれなかったらもしかしたら大型補強に手を染めてしまうかもしれない。


72119251.jpg 

これ凄い。地元在住者は無料って。
17000人収容のブルームフィールドロードには平均7012人の観客動員に留まっています。
たくさん入ってほしいですが赤字が膨れ上がってる現状でこれは大丈夫なんでしょうか。
無料客ってリピートしないもんですよ。キツイと思います。無料でも入らなかったら寒いですね。



3/28 第39節
vs ドンカスター A/20
  9勝14分15敗 42得52失



(4411)
FW:カレン、ポッツ
MF:イーツ、ユスタス、ロー、ヘロン
DF:ファーガソン、アルドレッド、RJ、ホワイト
GK:ドイル

SUB:レザレン、ダン、ボイス、マカリスター、サミュエル、フィリスカーク、レッドショー

故障:パターソン

フィリスカークが復帰しベンチ入り。
中盤の並び変更。ポッツをトップ下で起用しローとユスタスのダブルボランチ。
スタミナがないロバートソンからファーガソンへ変更。


32737788.jpg



27分、CKから失点。
   4-4-1-1に変えた効果か。シーズン終盤悪くなりました。
42分、イーツのヒールパスでゴール前で受けたSBファーガソンが冷静に流し込み同点。ファーガソンの今季初得点で1-1。

52分、ポッツに代えてレッドショー投入。
59分、ユスタス、カレンを下げてマカリスター、フィリスカーク投入。

70分、レッドショーのスルーパスでエリア内に入ったフィリスカークが決め逆転!
   素晴らしいタイミングでのパス。
82439040.jpg


GKドイルのファインセーブが2度続いた後の80分。
カウンターから高い位置で受けたフィリスカークの戻しのパスをヘロンが中へ供給。
レッドショーのダイレクトシュートは相手GKに触られながらも決まり3-1!少数カウンター成功。


3-1で逆転勝利。6位と5ポイント差をキープ。
残り7試合の攻防。5ポイント差は重い

G:ファーガソン(1)、フィリスカーク(4)、レッドショー(5)
MoM:ヘロン
83225473.jpg

・SBファーガソンが週間ベスト11に選出



02144785.jpg


残り7試合で5ポイント差。
全勝ペースでいかないと詰められない差です。
残留争いなら相手も負けっぱなしのチームなんですけどね。

02110701.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 20:27:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bp13 | ホーム | bp11

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/342-0fdbbe16

| ホーム |