名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

duis10

2/28 第24節
vs FSVフランクフルト A/17 6勝7分10敗18得30失



1ポイント差のFSVフランクフルト戦。
ここで負けると17位降格圏に落ちます。


(4411)
FW:トマネ、オビンナ
MF:ハイカ、アルブタット、ボウル、フォルツ
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ダウシュ、ヤニッチ、グローテ、ヴィーゲル、オネグブ

出停:エズベク
故障:バイッチ(インフルエンザ)


メンバーというかポジションを結構変更。
オビンナをトップ下で起用。トップは士気が高いトマネを起用。
空いた右サイドには失点に絡み気味というか狙われているSBフォルツを前に出し、SBにフェルチャーを起用。
エズベクの代わりはボウル。ダウシュがベンチに復帰。






14509033.jpg



相手も今まで使ってた選手を大幅に変えています。

50分、DFヴォルツェが競り負け、カプラーニに決められ0-1。
52分、相手MFクラマーが2枚目のイエローを貰い退場。

58分、DF陣がマークを外しアヴォニイに決められ0-2。

64分、フォルツ、アルブタットを下げてヤニッチ、ヴィーゲル投入。


攻めるデュイスブルク。
71分、SBフェルチャーのクロスにMFヤニッチが飛び込み1点を返し1-2。
74分、ヴィーゲルの左足でのスルーパス、トマネが冷静に決め2-2!!
20925221.jpg 


82分、トマネを下げてオネグブ投入。
   最後の交代かなり悩み、せっかくゴール決めた新しい風になりうるトマネを下げて決めてないオネグブもどうかと思いましたが
   最近起用してなかったトマネのコンディション不足を見てフィジカルが強いオネグブに最後やっちゃってもらいたい。
   他の選択肢としてヘロヘロのハイカに代えて士気が高いグローテもありましたが、残り少ない時間なのでFWにフレッシュさを。



うーん、采配ミスか。イマイチ絡めず試合終了。
退場者を出した直後に2失点があったのがかなり痛かった。たらればですがアレがなければ逆転勝利。
やっぱりチームをまとめ上げる精神的支柱の存在がないのが痛い。
今主将も副主将も試合出てませんし。居ても存在感微妙なのに居ないとホント厳しい。次は副主将ダウシュを使います。

G:ヤニッチ(2)、トマネ(3)

221806447.jpg


この試合で相手監督が解任されてました。
私はチーム目標が16位以上なので16位程度に居る内はまだまだ暖かいです。

ただ今更ですがMFホランドの放出は痛かったですね。
エズベクが退場でまったく計算出来ないので守備的MFが大変です。



3/5 第25節
vs フライブルク H/6 9勝8分7敗37得29失



(4411)
FW:トマネ、オビンナ
MF:ハイカ、ダウシュ、ボウル、フォルツ
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、アルブタット、グローテ、ヤニッチ、ヴィーゲル、オネグブ

故障:クロッツ


メンバーは変わらず。


171330763.jpg


縮小するとどうしても文字が小さく見づらいので画像サイズを大きくしました。
右端が随分右に行っちゃいましたけどズラしてください。
前に画像2枚分けしてましたが、作業効率を上げるためと能力と成績に2段に分かれるとやっぱりどうしても見づらいんでね。

このデータの組み方結構試行錯誤して悩んでいます。
ポジションはその選手のユーティリティ性を図るもの、イエローは守備面、平均評価点はシーズンの働きだし
年俸、評価額はその選手の価値、能力は言わずもがな、現能力の星は見えてない能力含めてその選手の能力。
年齢、国籍、代表とひと目でその選手の人物性が知ることが出来ます。
背番号は個人的に捨てられない。数字は好きです。あとは能力の内容ですが、結構取捨選択して入れ替えていますが難しい。

まあいいでしょう。


前回は2-2のドロー。ゴールを決められたペテルセンは先発ですが、ニーダーレヒナーはベンチスタート。
今季は2試合先発、18試合途中投入とスーパーサブ起用されているようです。

ペテルセンとニールセンの2桁コンビは恐ろしい。
しかし中盤にゴールがほとんどなく2トップを抑えられるかが鍵。難しいんですけどね。



雨の中お互いにふわふわした試合。トップにまで入るがその後が遠い。
いい内容はフライブルク。ゴール前までボールを入れられるもDF陣がギリギリで弾き返しています。

それでも後半47分、フランツのクロスからニールセンに決められ0-1。
今日もボムホイアーがあっさり外しドフリーになりました。

1点入ってしまえば流れは良かったフライブルク。
60分、マイスナーの縦パスをカットされグリフォのパスでペテルセンに決められ0-2。

フェルチャー、ダウシュを下げてヴィーゲル、ヤニッチ投入。フォルツをSBに下げる。


64分、相手のFKからのカウンター。ロングボールで右サイド抜けだしたトマネの折り返し、オビンナが左足で決め1点返し1-2!

77分、ハイカを下げてグローテ投入。前節の二の舞いにはなりません。
そんな希望を打ち砕く80分の相手のCK、フランツに決められ1-3。


勝てません。失点を防げない。まあ今日は上位が相手でしたから仕方ないかもしれませんが
能力の高いストライカーが居ると簡単にDFが外しちゃいます。

G:オビンナ(10)

175719260.jpg



次の試合4-4-2にしてみようと思ってますが、ここでセカンドチームから劇薬を投入。
5部リーグ相当で24試合4G8AのFWユスファ・ヤッファ(19)をトップチームに昇格。
見て分かるようにスピード特化の選手。オビンナの15がチーム最高だったのでチーム最速となります。

技術がないのでどうなるか分かりません。ぶっちゃけ厳しそう。でも劇薬として何か起こして欲しい。

ACミランの下部組織出身でボローニャ、フランクフルトと渡り今季デュイスブルクセカンドチームに加入。

82025288.jpg



3/13 第26節
vs 1860ミュンヘン A/12 9勝5分11敗22得30失



5ポイント差のミュンヘン戦。

(442)
FW:オビンナ、ブレーカー
MF:ハイカ、ダウシュ、エズベク、ヴィーゲル
DF:フェルチャー、ハイリ、マイスナー、フォルツ
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、バイッチ、グローテ、ボウル、ヤニッチ、ヤッファ、オネグブ



19歳ヤッファがベンチ入り。
今まで24試合に先発していたSBヴォルツェを外し、左にフェルチャーを起用。
評価点自体はDF陣の中でも高かったですが、守備能力が低いので守備重視の起用。
CBにハイリが入る。

この試合が厳しかったらとうとう5バックにしてみようかなと考えています。

中盤は罰金から確執が生まれたエズベクを起用。
士気は低いですが、この人が居ないと守備がどうしようもない。

怪我から復帰し後半戦5戦連続途中投入でシレッと起用されているヴィーゲルはこんな感じの選手です。
スピードはないですが、技術が高いので結構使える印象。一度使ってみてから連続で起用され、今季初先発。
04909724.jpg


5125594.jpg


相手は4-2-3-1の布陣。
前半戦はオビンナの2ゴールもあり3-1で勝利。


前半は0-0
悪くはない。しかしとにかく決定力がない。相手の攻撃もいつもどおりギリギリのところで跳ね返しています。
1失点すればガタガタいくいつもの展開。

そして51分、クラーセンに決められ0-1。クラーセンは今季初ゴール。いつもの流れか。
ここでブレーカーを下げて俊足ヤッファ投入。いつもの交代じゃ変わりません。

55分、ヤッファの左足シュートは左ポスト直撃。
58分、フェルチャーを下げてグローテ投入。
64分、退場しそうなエズベクを下げてヤニッチ投入。守備的な選手が一掃されていっています。


指示変更によりバランスを崩しゴールが遠く0-1で敗戦。

FMってこんなに難しかったんですね。イージーゲームとか思っててすいませんでした。
負が負を呼ぶスパイラル。思ってた以上に士気が低くないのが逆に悲しさを誘う。
だいたい普通くらいで確執が生まれた選手が低いくらい。士気最悪軍で負けてたほうがまだ納得できますが。

212308455.jpg



3/18 第27節
vs ボーフム H/1 14勝6分6敗 31得17失


首位ボーフム戦。得点数は31得点で同じですが失点数がリーグ最少の17と最多の39の差。

(4411)
FW:トマネ、オビンナ
MF:ハイカ、ダウシュ、アルブタット、ヴィーゲル
DF:ポゲンベルク、ハイリ、マイスナー、フォルツ
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、フェルチャー、グローテ、エズベク、ボウル、ヤニッチ、オネグブ


LSBにポゲンベルクが今季初出場。
藁をもつかむ思いで使ってない選手をどんどん起用。

5バックには踏み切れない。練習してないし、いいイメージがまるでありません。
もう少し推進力のある中盤や迫力あるFWが居ないと難しい。

73544460.jpg



今日のコンセプトは無茶をしない。
とにかく一番うまいハイカを使った左サイドから攻めカッコつけずシンプルに。
足が遅いチームなので無茶な速攻は諦めます。

これでいい流れ、シュートも先に7本打てましたが35分、ロシーラに2本目のシュートで決められ0-1。
42分にはDFの連携ミス。アーリークロスに誰も反応せず0-2。


57分、ダウシュ、トマネを下げてオネグブ、ヤニッチ投入。


61分、途中投入されたSBチェロッツィが危険なタックルで一発レッド。数的優位に立つ。

69分、ドリブルで切れ込んだハイカが右足で決め1点返し1-2。
73分、ヴィーゲルに代えてグローテ投入。

77分、ハイカのクロスをFWオビンナが流し込み同点!!


数的優位を活かし攻め続けるデュイスブルク。
カウンターされたりして危ない場面もあるも勝利しか見ていません。
すると後半AT、センターライン近くからグローテの放り込み。FWオネグブが頭で落とすとオビンナが反応。
浮き球をダイレクトで流し込み逆転!!!
80635191.jpg80804085.jpg


こういう試合今までもありましたが、逆転にこぎつけたのは嬉しい。引き分けまでだった印象。
そもそも勝利が少ないですからね。


首位相手に劇的逆転勝利!
もうなんかカタルシスって言うんですか、今までの苦難が吹っ飛ぶ快感です。
7試合ぶりの勝利。2分4敗でまったく勝てませんでした。

今日も退場者に感謝です。なんか相手に退場者が出た試合しか勝ってないくらいな認識になりつつありますが、それでもいいです。


G:ハイカ(3)、オビンナ(11,12)
MoM:ハイカ

181227351.jpg181253265.jpg


最近はモチベーションを上げなくとも明らかに監督に対して敵対心をもつ選手は居なくなってきていたのですが
こんなこと言ってくれるなんて嬉しいです…。

181515382.jpg




82715031.jpg


首位ボーフムを倒しなんとか降格圏脱出。負けてたら最下位でしたね。
35ポイントが残留ラインらしいんですが、残り7試合本当に35ポイントでいいんですかね。
明らかに混戦です。

82649893.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/04(木) 18:13:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

duis11 | ホーム | duis9

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/326-2f035a6e

| ホーム |