名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

duis5

9.27 第9節
vs 1860ミュンヘン H/7 4勝1分3敗 7得9失



またもや思い切ったメンバー変更。
こんなのはうまくいかない監督が陥る自滅コースですが、やはり選手の動きとか見てみたいから前半戦まだ試します。

1トップにポルトガル人のトマネが先発。運動量豊富な選手でよく動いて欲しい。
左サイドにリーグ戦初出場のグローテが先発。前節ゴールのオビンナは右サイドで先発。
ボランチにエズベク、CBにマイスナー、SBにフェルチャーが先発復帰。

(4231)
FW:トマネ
MF:グローテ、ヤニッチ、オビンナ
  ダウシュ、エズベク
DF:ヴォルツェ、バイッチ、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、ホランド、チャントゥリア、ブレーカー、オネグブ

故障:アルブタット


FWトマネとグローテでもう全選手試したのでこれ以上の伸びしろはありません。
このメンバーで今季、いや冬までどう戦うかが問われます。






213740260.jpg213731152.jpg


ミュンヘンは4-2-3-1の布陣。


3分、スローインの流れからグローテのクロスにオビンナが飛び込み1-0、先制。相手守備が集中できていなかった。
223217540.jpg


22分、グローテのCKからDFフェルチャーのヘッドはクロスバー外側。
24分、またもやスローインから。SBヴォルツェのファーへのクロスに飛び込んだFWオビンナが決め2-0!
   スローインの守備が苦手なのか、DFラインが集中していないのか。ファーサイドのオビンナが余裕のフリー。
224051197.jpg


前半終了間際、MFアトルンクの裏抜けパスで抜け出たFWオコティが左足で決め2-1。素晴らしいシュート。
225226024.jpg


59分、トマネからオネグブに交代。
69分、疲れが見えるヤニッチを下げホランド投入。4-1-2-3に変更。

75分、イエローを貰ってて怖いエズベクを下げボウル投入。

終盤は引きこもってカウンター狙い。すると85分、ボウルのアウトサイドでのダイレクトパスで抜けだしたグローテが
斜めに切れ込みながらコースを空け右足で流し込み3-1!グローテはリーグ初出場初ゴール。1アシストも記録しているしノッています。
230932665.jpg


グローテのMOMの活躍により3-1で勝利。降格圏を脱出し9位へジャンプアップ。


31330496.jpg31319628.jpg

G:オビンナ(3,4)、グローテ(1)

・MFグローテが週間ベスト11に選出。
・CBボムホイアーも出場機会を直訴。DFバイッチが状態いいからと言うと引き下がる。



10.2 第10節
vs ボーフム A/1 5勝2分2敗 13得5失



首位ボーフム対9位デュイスブルク戦。6ポイント差の戦い。

(4231)
FW:オネグブ
MF:グローテ、ヤニッチ、オビンナ
  ダウシュ、ホランド
DF:ヴォルツェ、バイッチ、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、エズベク、チャントゥリア、ブレーカー、トマネ

故障:アルブタット


トップ下のヤニッチは怪我復帰後もあまり良いとはいえないのでレギュラー固定はラストチャンスかも。
ただダウシュトップ下は微妙だし4-3-3で高い位置で収められる選手居ないし悩みます。

181654519.jpg181703886.jpg


相手は4-4-2。
みんな足が速く厳しい。やはり首位チーム。能力の差が明らか。
公式戦7ゴールのFWテロッデを抑えられるかが鍵。

2分、MFヴァイスのサイドチェンジを受けたテラッツィーノの折り返し、FWテロッデに押し込まれ0-1。余裕の失点。

その後もボーフムペース。
前線が足速いのは怖いけど守備陣がみんな足めっちゃ速いのはズルいよぉ。

デュイスブルクは前線でまったく収まらず攻め手がなかったが、徐々に慣れてくると
33分、ヴォルツェのクロスにFWオビンナが飛び込み1-1の同点!オビンナは2試合連続ゴールで今季5点目。
   思い切ったSBの攻撃参加、ダウシュのパスでサイド上がったヴォルツェも良いクロスを供給しました。

34分、そのヴォルツェがMFムラパにぶち抜かれクロスから1度はGKラタイチャクが弾くもMFフーグランドに押し込まれ1-2。
   まあこんなもんですよね。フーグランドは今季初ゴール。


後半は前半と違いフルスロットルでプレッシャーを与え相手のペースに持ち込ませない。
すると51分、オネグブのパスでヤニッチがフリー。シュートはGKルーテがセーブ。こぼれ球をオビンナが狙うとポスト直撃。
それでも跳ね返りをオビンナが自ら押し込み2-2の同点!!ビクター・オビンナ2試合連続2得点。

もう腹をくくり殴り合い。
スペースパスがまったく通用しないので高い位置から奪いに行くしか無い。ラインを上げさせたら負けです。

62分、ムラパのクロスからテラッツィーノに決められ2-3。
   攻め気が出ていたここでの失点は痛いかもしれない。

66分、オネグブ、グローテを下げてブレーカー、チャントゥリア投入。ブレーカーの1トップ。
82分、ヤニッチを下げてトマネ投入。2トップに変更。1点取りに行く。

84分、チャントゥリアが中に切れ込みラストパス。トマネが反転し左足で決め3-3の同点!!


劇的な展開で3-3のドロー。
今までの引き分けと違い白熱しました。
またもやドローですが、首位相手のアウェー戦で引き分けなら上出来でしょう。
あっさりと今季最多の3失点はツラいですけどね。

002830711.jpg002823869.jpg

G:オビンナ(5,6)、トマネ(1)


DFハイリも移籍を希望。ドイツはベテランの控えを満足させられる日程ではないです。

・FWオビンナが週間最優秀選手を受賞。週間ベスト11に選出。



MFボウルの出場機会の無さからDFハイリとFWブレーカーが組んで騒ぎ出す。
控えベテラン陣が固まって反乱起こすのはめんどくさい。
ブレーカーは納得してくれたもののDFハイリは納得せず。面倒くさいのでハイリは冬に出したい。使わないし。

MFボウルも記者会見の内容にかなり腹を立てているようなのでまとめて出したい。



・チャントゥリアがジョージア代表でドイツ戦にフル出場。
・ホランドがエジプト戦で途中投入。

・SBフェルチャーが代表の練習中に腹筋の肉離れで5週間の離脱。
 なんですと。ボウルの出番回ってきちゃったじゃん。もう言い争いで関係メタメタなのに。
 他に居ませんよ。DFハイリかMFホランド。どちらもSBは難しそう。
 でも守備面強化したくボウルじゃ守備難だったのでもしかしたらホランド使うかもなぁ。



10.17 第11節
vs カールスルーエ H/16 2勝4分4敗 11得12失



山田大記を擁する16位カールスルーエとの対戦。
この試合からシステム変更。CBバイッチ(35)が相手のスピードに対応できてなかったのでCBで連戦は厳しい。
マーク外した瞬間失点ですから。しかしこのキャプテンを外すのは難しい。唯一チームに戦う意志を伝達できる人物。

そこで選手個人であまり活躍できていないトップ下のヤニッチを下げ4-3-3に変更。バイッチを中盤アンカーで起用。
CBには高さ、奪取力に長けたボムホイアーを起用。前は失点に絡むミスしましたが、今日はきっちりやってほしい。


(433)
FW:グローテ、オネグブ、オビンナ
MF:ダウシュ、バイッチ、エズベク
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、ホランド
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、チャントゥリア、ブレーカー、ヤニッチ、トマネ

故障:フェルチャー、アルブタット


せっかく中盤守備固めたのに最終ラインに守備弱い人置くのはもったいないのでSBはホランドが先発。
位置適正は「適任」 どれだけ出来るか未知数ですが、実力はある選手です。

54536450.jpg54529385.jpg


開幕時怪我で不在だった山田大記も復帰しトップ下で6試合目。
トップには8得点でリーグ得点王のFWホッファー(28)。


思ってた以上に攻守の切り替えが早く良い感じでしたが、
16分にサイドを大きく振られ17番グアイダに決められ0-1。ホランドがポジショニングを誤った印象。
GKラタイチャクもほぼ正面のようなシュートでしたが、受けにいった体勢で弾かれたボールがそのまま入った。
スーパーセーブの連続だったラタイチャクも能力的にミスが出たんですかね。

チャンスはある。しかしクロスからFWオネグブのヘッドは枠に飛んでくれない。
20分も過ぎるといつも以上に前線で収まらず速攻頼みになりポゼッションも大差がつきはじめ
35分、相手のCKニアに速いボールに山田大記にダイレクトで叩きこまれ0-2。

ニアに立ってるFWオネグブ以外マンマークなはずなのにドフリーの相手選手たち。
集中力が途切れちゃってます。山田は今季初ゴール。
160001189.jpg


ホームでなんとも情けない試合をしてしまっています。
53分、グローテを下げてチャントゥリア投入。
61分、全然枠に飛ばないFWオネグブを下げてブレーカー投入。更にエズベクを下げてヤニッチ投入。

67分、FWブレーカーのポストプレーから左サイドに周ったオビンナが抜けだして決め1点を返し1-2!!
   オビンナは3戦連続ゴール。これで今季7点目。得点王に1点差に詰め寄る。

勢いに乗りたかったデュイスブルクでしたが、72分、ヴォルツェが2枚目のイエローを貰ってしまい退場。
ここでは貰ってほしくありませんでした。

76分、バレンティーニの自陣近くからのロングボール。ゴールへ直接向かうとラタイチャクがなんとか目の前に弾き落とし
   得点王ホッファーに楽々押し込まれ1-3。ラタイチャク今日おかしすぎます。いや能力的にいつもがおかしかったんですが。


1-3で完敗。
前半の入り方が悪かったことと、あとは個人技ですかね。
この戦術のSBに掛かる負担はかなり大きい物のように感じます。
急造と守備難の2人じゃ厳しいかもしれません。
しかし急造システムにしては良い時間帯も作れたし選手が慣れたらそこそこいけるかもしれません。

これでチームは2勝6分3敗。今回は久々に昇格争いとは無縁のシーズンを送りそうです。


162022293.jpg162011241.jpg

G:オビンナ(7)



10.24 第12節
vs カイザースラウテルン A/11 3勝4分4敗 8得11失



次は中2日でカップ戦。

(433)
FW:オビンナ、ブレーカー、トマネ
MF:ダウシュ、バイッチ、ヤニッチ
DF:グローテ、ボムホイアー、マイスナー、ホランド
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、エズベク、クロッツ、チャントゥリア、オネグブ

出停:ヴォルツェ
故障:フェルチャー、アルブタット


残りはFWのイリュチェンコとシャイトハウアーだけ。結構カツカツの陣容になってきました。
大怪我5人と出停で6人も居なければそうなりますね。

1トップに前節アシストのブレーカーが入り右にトマネ。
出場停止のSBにはグローテが入り、左サイドに7得点のオビンナが戻る。


202605260.jpg202614990.jpg


相手は4-4-2の布陣。

今日は前節と違い上手いことはまっています。
このシステムはアウェー向きですね。相手が中盤のスペース空けているとうまくいきます。

25分、SBグローテのクロスにFWブレーカーが頭で合わせ1-0。

60分、ダウシュに代えてエズベク投入。
61分、ダイレクトで崩されふんわりクロスにドンピシャヘッドもGKラタイチャクのファインセーブ!

69分、ヤニッチを下げてボウル投入。
72分、MFコラクにエリア外から豪快に叩きこまれ1-1。
   ラタイチャクは近距離シュートは強いですが、ロングシュートにはてんで弱いです。

勢いに飲み込まれ74分、SBブッシュのクロスにFWプシビウコに頭で決められ1-2。
トマネに代えてチャントゥリア投入。

88分にも失点。終了間際にホランドのクロスからオビンナが今日も決めるが時既に遅し。
2-3で敗戦。オビンナの5試合連続ゴールも悲しく響く。


まいしました。3試合連続3失点。
オビンナは5試合で7得点。プレーはそんな特別いいもんじゃありませんがウチで唯一のゴールハンターって感じ。
シュートを撃つなと指示していないのに中盤はミドルすら全く撃ちません。


05917146.jpg05909603.jpg

G:ブレーカー(2)、オビンナ(8)



210429534.jpg

超団子状態のリーグ戦。
前から思ってたんですが、自分が開幕から連勝でトップ独走するときは
後続(2位~4位)も絶好調でセカンドグループと差がどんどん離れますが
プレイヤーが開幕不調だとトップ陣も勝点がそこまで伸びないような気がしますが気のせいでしょうか。

まあ今回はそれ以上に勝てないので昇格争いどころではありませんが。
そのせいで降格争いも熾烈。

対ミュンヘンの勝利と首位ボーフム相手のドローまでは良かったんですが、
その試合での失点を引きずり守備崩壊中。次は1部相手のカップ戦。どうしますか。

210605909.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/20(水) 21:39:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

duis6 | ホーム | duis4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/321-2dc3c6a1

| ホーム |