名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン6

8/11  開幕戦
     vs AFC Telford (H)


18スコット(21)
5ゴーリング(28)、4ワッツ(24)、6ホーン(22)、3ナッター(30)
25タルボット(26)、8オーキーフィ(23)、22エバンス(17)、10ソーンダース(28)
7アダム(21)、9ランカスター(19)

1イースト(19)、31スチュアート(35)、27クリストフ(25)、16ミラー(18)、15アダムス(19)



開幕戦の陣容はこんな感じ。
アダムスかランカスターか悩んだが4得点のランカスターが開幕先発。



HTでエバンスに代えてクリストフ投入。
何か咬み合わない。


56分、CKから相手のオウンゴールでインプスが先制。今季のファーストゴールはオウンか。
61分、ソーンダースに代えてミラー投入。ソーンダースがあまりよくなかった。

すると62分、CKからのこぼれ球を繋ぐと最後はミラーが左隅に決め2‐0。起用後即ゴール。
左でもプレーできるミラー。キングもうかうかしてられない。

80分、今日調子の悪かったジャミル・アダムに代えてキャプテンのスチュアート投入。守備固め。



開幕戦ホームで危なげない展開で勝利。


○2‐0  G:OG、ミラー






8/14  第2節
     vs Ebbsfleet (A)



開幕戦3‐1で勝利しているイブスフリートとの試合。
大雨の中での試合。


18スコット
5ゴーリング、4ワッツ、6ホーン、3ナッター
25タルボット、27クリストフ、17ロジャース、16ミラー
7アダム、15アダムス

1イースト、31スチュアート、8オキーフィ、10ソーンダース、9ランカスター


30分、カウンターから裏を取ったジャック・アダムスのループシュートはクロスバー直撃。
45分、CKが連続している場面。ホーンのヘディングやワッツの詰めでゴールに迫ると
     3度目のCKで低くて速いボールをナッターが供給。MFロジャースが飛び込んでインプスが先制!
     ホーンやワッツの高さを狙ってたと思ったら急に速いボール。
     ナッターの優れたセンス。プレイスキックは大きな武器です。


しかし開幕からそうだが攻撃が噛みあわない。
プレマッチではあんなに好調だったのにアダムが機能してないのか。
タルボットも少し物足りない。元々走ることだけの選手だったし途中起用もしくは右サイドバックのほうがいいのかな。
もう少し様子見。


51分、アダムスの完璧な抜け出しからのシュートは枠の右。今季も精度に苦労しそう。
58分、カードを貰ってるロジャースに代えてオキーフィを投入。
68分、タルボットに代えてソーンダース。
79分、削られたミラーに代えてスチュアート投入。守備固めとしてアンカーへ。

アダムスもそうだけどアダムの精度のなさがヤバイ。チャンス潰しまくってる。
そして85分、DFのズレを突かれ失点し同点。
ワッツが飛び出して奪えずそのスペースを突かれた。

88分、オーキーフィが負傷退場。10人に。



試合終了。
んー。勝てる内容なんだけどなぁ。決められない。攻撃がちぐはぐ。厳しいな。


△1‐1  G:ロジャース





8/18  第3節
     vs Barrow (12/H)



18スコット
25タルボット、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
10ソーンダース、27クリストフ、17ロジャース、16ミラー
9ランカスター、15アダムス

1イースト、31スチュアート、22エバンス、14キング、7アダム


少しメンバーを変えて挑む。
6分、アダムスのシュートは枠の右。
14分、相手の選手に抜け出されるが枠を外す。
28分、ソーンダースのパスで抜けだしたランカスターのシュートはGKがセーブ。


ランカスターとミラーが中心になって攻めこむもゴールできず。

46分、ペナルティエリア外ギリギリでFKを獲得。
    ソーンダースが狙うとクロスバーに阻まれるが跳ね返りをランカスターが押し込みインプスが先制!
    さすがストライカー。狙ってる。ぴっぽみたい。
55分、大きい展開からソーンダースが抜け出しクロスを入れるとジャック・アダムスがダイレクトで流し込み2‐0!
67分、ミラー、ロジャースに変えてキング、エバンス投入。

最後の交代を軽く悩む。
無難にスチュアート入れて守り切りたいがジャミル・アダム、昨シーズンは全試合に出場。
連続試合出場記録とかこのゲームにたぶん無いけどこの試合の展開的には楽だから続けたい気持ちもある。
開幕から調子は悪いがやはり今季もこの人の活躍が必要不可欠だと思う。

76分、ジャック・アダムスに代えてジャミル・アダム。

78分、カウンターからランカスターが抜けだしてセンタリング。
     キングのダイレクトシュートをアダムがブロック!まさかの茂庭ブロック炸裂。完全にシェフチェンコ状態。



試合終了間際にランカスターが負傷。
何事もなかったから良かった。

タルボットは右サイドバックに入って躍動。
タイプ柄守備的ではなく攻撃的にさせたのでカウンター時の守備は怖いが積極的に攻撃に参加していた。
攻めのタルボット、守りのゴーリングと使い分けができる。


○2‐0  G:ランカスター、アダムス







8/25  第4節
     vs Blyth (10/A)



6部から上がってきたブライスとの試合。

18スコット
25タルボット、6ホーン、4ワッツ、3ナッター
10ソーンダース、27クリストフ、17ロジャース、16ミラー
9ランカスター、15アダムス

1イースト、5ゴーリング、8オキーフィ、14キング、7アダム


3分、ミラーの突破からボールを受けたランカスターの左足のシュートは枠の左。
38分、ミラーの突破が起点となりロジャースのパスからジャック・アダムスが右隅に冷静に決めインプスが先制。

ランカスターの決定力のなさ。
ソーンダースと相性が良さそうで裏取りはいいけど決められない。

あとタルボットの攻撃的な意識。攻めっけがありすぎて前で守備をしようとして後ろを空けてしまう。
守備での信頼度の高いホーンを右に持ってきたけど
やはりホーンも1対1に強い選手であってカバーの出来る選手じゃないから怖い。


56分、ロジャースに代えてオキーフィ、ランカスターに代えてジャミルアダム投入。
58分、CKからジャミル・アダムの頭での折り返しにDFワッツが押し込み2‐0!

78分、タルボットに代えてゴーリング投入。
81分、相手のCBが負傷退場。交代枠を使い切ってるので10人に。
83分、カウンターからジャミル・アダムが決め3‐0。アダムは今季初得点。
85分、アダムの突破からセンタリングにアダムスが合わせて4‐0。アダムスは今季3点目。



4‐0で快勝。相手は少し不運だったかな。
前半から押し込み何もさせなかった。

3勝1分で首位浮上。


○4‐0  G:アダムス(2,3)、ワッツ(1)、アダム(1)





DFジェイミー・スチュアート(35)がウェイトトレーニング中に腰を痛め1ヶ月OUT
張り切り過ぎたのかな・・・。闘将を失った。他に闘将タイプは居ない。





9/1  第5節
    vs Fleetwood (8/H)



18スコット
5ゴーリング、6ホーン、4ワッツ、3ナッター
10ソーンダース、27クリストフ、8オキーフィ、16ミラー
7アダム、15アダムス

1イースト、20ケネディ、25タルボット、17ロジャース、9ランカスター


8月の月間最優秀監督賞を受賞。勢いに乗っていきたい。


4分、アダムスのパスで抜けだしたクリストフのシュートはGKがセーブ。
4分、カウンターを浴びあっさり失点。またもやワッツが飛び出して裏を取られた。
6分、ミラーのパスからアダムのシュートは枠の右。
7分、今度はアダムの単独突破。右隅に決め同点!アダムの調子は戻ったかな。

26分、左からのクロスにボレーで決められ1‐2。
29分、アダムスのスルーパスから抜けだしたアダムが決め2‐2。


65分、ゴーリングに代えてタルボット投入。
     裏取られすぎ。どうせ取られるなら攻撃できる選手を。
75分、オキーフィに代えてロジャース。

83分、前線でプレスをかけボールを奪ったアダムがそのまま決め逆転!!ハットトリック。
84分、ソーンダースに代えてランカスター。


アダムのハットトリックで大逆転勝利。
今季もアダムにお世話になります。


○3‐2  G:アダム(2,3,4)





9/4  第6節
    vs Grimsby (6/A)



18スコット
5ゴーリング、6ホーン、20ケネディ、2ブラックマン
25タルボット、27クリストフ、22エバンス、14キング
7アダム、9ランカスター

1イースト、4ワッツ、17ロジャース、10ソーンダース、15アダムス


選手が足りなさすぎる。だいたい年間50試合以上するリーグで23人ってアホか。
自分で自分に突っ込んでしまう。
途中補強あり気の編成をし冬に獲れる選手を楽しみにしてたけど冬まで厳しすぎるな・・・。

しかし昨季も冬以降に獲れる面白い選手たくさん居たのに
いざ契約が切れてフリーになると全員下のリーグでは・・・って言う人がたくさんいたからなぁ。
資金を残して行きたい。

でも中盤一人は獲らなきゃダメだな。足りなさすぎる。
ちなみにFWが一人加入内定しています。



6分、相手のゴールキックをケネディが跳ね返すとそのボールで裏を取ったアダムが決めインプスが先制!
30分、裏に抜けだしたアダムのシュートはGKにセーブされるがこぼれ球をランカスターが押し込み2‐0!


2点リードしているもののこの雨の中での試合、一方的に攻められている。
ファールで止める場面が多くイエローも3枚貰った。

48分、アダムが右サイドを突破、クロスにダイレクトで合わせたのはランカスター。今日2点目で3‐0。
    ランカスターは組み立てに一切関われない、貰ってもバックパスかサイドに流れてバックパスくらいしかできないが
    ゴール前で働いてくれるストライカー。アダムとの相性は良さそう。
    ただジャック・アダムスも今季は得点力ありそうだし動きもいいし優秀なFWがたくさんいる。

60分、中盤のキングのロングボールで抜けだしたジャミル・アダムが冷静に決め4‐0。
69分、ゴーリング、クリストフを下げてワッツ、ロジャース投入。
81分、ロジャースのキラーパスからアダムが決めハットトリック達成。ロジャースのパスセンスは凄まじい。そこを通すか。

89分、タルボットに代えてジャック・アダムス投入。
91分、クロスから流し込まれ5‐1。最後に失点しちゃ締まらないなぁ。


前半は押され気味だったがカウンターから試合を完全にひっくり返した。完勝。
一方でイエローを6枚ももらい罰金を課せられた。862€。10万円弱。退場者が出なくて良かった。


○5-1  G:アダム(5,6,7)、ランカスター(2,3)





9/6  コナー・テイラー選手 加入のお知らせ


アストン・ヴィラから契約満了でフリーとなっていたFWコナー・テイラー(20)と契約合意。
年俸は約8000€と格安で5年契約。30試合に出場したら昇給するオプション付き。
170cm63kg、背番号24

豊富な運動量で前線で常に走り回っているFW。優れたメンタリティーを持っており90分間走ることをやめない。
一方技術面が課題。


あまり優れた選手ではないけど元アストンヴィラというブランドと
メンタルが優れた選手であり、年俸が格安なので獲得を決めました。こういうタイプは面白い。

代わりにファーガス・ベルを4部に放出。年俸3.8万€が浮きます。
昨季23試合で4得点。大怪我も負い期待はずれだった。
と、思ったら1月1日に移籍だった。フリー移籍なのにダメなのか・・・。





9/8  第7節
    vs Barnet (15/H)



1イースト
25タルボット、6ホーン、20ケネディ、3ナッター
10ソーンダース、27クリストフ、8オキーフィ、16ミラー
7アダム、9ランカスター

23ルイス・キング、5ゴーリング、17ロジャース、14キング、15アダムス


守護神のマーク・スコットが風邪で離脱。イーストがゴールマウスに入る。

15分、CKからミラーが頭で決めてインプスが先制。173cmの伏兵がフリーになって頭で決めた。

50分、DFホーンが負傷。ゴーリングを投入。
66分、ランカスターに代えてジャック・アダムス投入。
84分、クリストフに代えてロジャース。

88分、アダムの突破からのクロスにジャック・アダムスが合わせて2‐0!


全般的に押してた試合だったがあまりチャンスは多くなかった。
カウンターからピンチが何度かあったがGKイーストが全てシャットアウト。
出番はなかったが気持ちを切らさずじっくり調整していたみたいだ。



○2‐0  G:ミラー(2)、アダムス(4)






ロバート・テイラー(18)がフィンランドU21代表の試合でハムストリングを断裂し全治4ヶ月。
とりあえずメディアに向かってキレる。4ヶ月ってなにやってくれてんだ。
開幕直前に軽傷を負い開幕で遅れたけどもう少しで起用できそうで右サイドハーフで使いたかったのに。
タルボットが右サイドバック起用で安定しそうだから右にソーンダースしか居ないんだ。





9/11  アダム・フォーショウ選手 加入のお知らせ



エバートンから契約満了でフリーとなっていたアダム・フォーショウ(20)と契約合意。
本職はボランチだが両サイドもこなせるユーティリティさを備えている。
持ち味はパスとプレイスキック。運動量もありメンタルも充実している。
178cm74kg、背番号11、4年契約、年俸3.1万€

10‐11シーズンにエバートンでトップチームデビューしたが出場機会はその1試合のみ。
今まで見向きもされてなかったが移籍先が決まらず5部にまで視野を広げてくれた。
欲しかった選手だし来てくれて嬉しい。センターは選手がいるのでサイドでの起用が主になると思う。
スピード突破のミラー、キング、技術を備えパスを出せるソーンダース、フォーショウ。バランスがいい。









開幕7試合で首位。今季は行けそう。
昨季は使わない選手いっぱいいたけど今季は控えまでFWとGK以外控えまで全員使えるし使う予定。

補強が成功するとやっぱり楽しいなぁ。
補強出遅れて微妙な選手かなって感じだったミラーがここまで絶好調。
昨季獲得したエバンス、ケネディのMan.Cityコンビも急成長。
ケネディはセンターバックでポジション奪取したかもしれない。
ワッツは2回のミスでだけで1試合控えになったので可哀想だがプロだし仕方ない。

ボランチ争いも熾烈。
オキーフィが昨季みたいな活躍を見せることが出来ずエバンス、ロジャースに出番が回っている。
クリストフは相変わらず。
ソーンダースが今季左でなく右で活躍できて良かった。もし昨季同様左でしかダメなら厳しかったかも。

FWはアダムが出遅れたが昨季同様素晴らしい活躍。ジャック・アダムスも成長し軸になれる。
ランカスターはストライカーとして得点に絡んでくれる。コナー・テイラーとレニガンの出番はあまりないか。
ベンチ枠が7あったらコナー・テイラー入れるんだけどなぁ。前線から猛プレスできる選手は控えに置きたい。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/03/15(木) 03:06:25|
  2. Lincoln City|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーン7 | ホーム | 3/10

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/32-31505b8b

| ホーム |