名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

duis3

150823761.jpg


今期目標。16位以上を目指すシーズンです。




145748036.jpg


満員が予想されるホーム開幕戦。
Rheinダービーとなるデュッセルドルフ戦。

開幕戦にダービーを持ってくるなんてJリーグ的です。


7.24 第1節
vs デュッセルドルフ H



(4231)
FW:オネグブ
MF:オビンナ、ヤニッチ、チャントゥリア
  ダウシュ、エズベク
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、アルブタット、ブレーカー、トマネ、イリュチェンコ

出停:バイッチ
選外:グローテ、ホランド、クロッツ、シャイトハウアー


バイッチの代わりにボムホイアーが先発。24~25の若いDFラインと30前中堅組の先発メンバー。
唯一チャントゥリアが22と攻撃陣で若い。

前日記者会見でMFホランドが練習量に不満を訴えたことによる影響を質問を受け
一選手の発言で変わることはないと毅然とした対応を見せるとそのホランドがこの発言に喜んでいるみたいです。
選手の文句にいちいち惑わされる監督だと不安になりますからね。
プロ意識のある選手でよかった。自己中心的な選手だとそこから確執に繋がる恐れがあります。

そのホランドはベンチ外。ダウシュ、エズベク、アルブタット、ボウルといる中盤センター。
ボウルはCBや右サイドのバックアップも兼ねてベンチ入り。なので若手アルブタットと枠争いのホランド。

書き忘れたのですが今シーズンは4-2-3-1と4-3-3を使っていこうと思います。
開幕戦は4-2-3-1から。ヤニッチが健在な間は4231でやっていくと思います。


155741233.jpg

一部能力値。
パスセンス溢れるゲームメイカーが欲しいですが、そんな選手取れないのでこのメンバーで戦うしかありません。

もう少しスタミナお化けな選手も欲しい。トマネをレギュラーで使うのはなぁ。
50万で獲得できるとはいえアルブタットと合わせて100万も用意出来るか分かりません。
アルブタットは獲得するつもりですからトマネは微妙。外国人だし、FW能力もそんなに高くない。


155942385.jpg


4-4-1-1のデュッセルドルフ。
どのポジションも高い能力の選手が並んでますが、GKレンジングが羨ましい。

試合開始からゴツゴツと当たりの激しい試合。
両チーム主導権を握ろうと必死。やはりダービーマッチです。

そんな激しさが空回り。
7分に相手MFデミルベイが後ろからヤニッチに対して激しいタックルをかまし一発レッドで退場。
うーん。強い相手との難しそうな開幕戦を楽しみにしてたんですが7分で試合が壊れてしまうのか。
173235339.jpg173342678.jpg

デュッセルドルフはその瞬間に31歳CBハッギを下げて23歳スピードのあるCBアヴェバー(23)を投入。
空くであろうスペース対策ですかね。7分に何もないCB交代は聞いたことがない。

相手は4-4-1に変更してロングボール狙い。


余裕かと思われましたが、相手の遠い位置からのFKとかでもGKラタイチャクのポジショニングが怪しく気が抜けない。
そしてCKとか確実に合わせてきて怖い場面が続きます。

一方デュイスブルクはサイド深くえぐるところまではいけても狭いゴール前で存在感を出せず。
オビンナ、ヤニッチと引きつけてフリーのチャントゥリアへ通ったシーンもシュートは枠の上。チャンス生かせず前半終了。

56分、数的優位を活かして積極参加するSB。なので足下が苦手なフェルチャーを下げてボウル投入。
   セットプレーで存在感あるフェルチャーですが、CKの場面より上がってクロス入れる回数のほうが圧倒的に多いですからね。
66分、イエローも貰ってるMFエズベクを下げてFWイリュチェンコ投入。1点取りに行く。
   ヤニッチを中盤に下げて4-4-2の布陣。というより4-2-4です。

66分、アーリークロスからFWオビンナが頭で合わせるも枠の右。
72分、チャントゥリアを下げてブレーカー投入。


その後も攻めたが、得点奪えず。
激しい開幕戦ダービーマッチはカード乱舞の痛み分け、スコアレスドローで終了。

前半はデュッセルドルフ、後半はデュイスブルクにカード乱舞。
MOMは7.2のCBボムホイアー。お互い良い試合には出来ませんでした。

正直采配ミス。ヤニッチを後ろに下げてエズベク外したことにより高い位置でボールを奪うという可能性を消してしまった。
そのせいで攻守の切り替えが上手く行かず2トップにしたにも関わらずゴールが遠のきました。

180909898.jpg180859562.jpg

MOM:ボムホイアー

234435690.jpg



7.28 第2節
vs ザンクトパウリ A 1分



中3日、共に引き分けスタートのザンクトパウリとのアウェーマッチ。
山田大記(26)が在籍するカールスルーエと1-1でドロー。(山田は負傷で欠場)

先発で使おうかなと考えていたMFアルブタット(22)とFWトマネ(22)がコンディション不足で先発フルは厳しいと言われ断念。

相手の予想先発のCB2人が高さにかなり強そうなのでオネグブを替えイリュチェンコが先発。
と言ってもイリュチェンコも189cmで機動系能力はオネグブと変わらないんですけどね。練習試合でのゴールハントぶりに期待。

(4231)
FW:イリュチェンコ
MF:オビンナ、ヤニッチ、チャントゥリア
  ダウシュ、ホランド
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、アルブタット、トマネ、ブレーカー、オネグブ

出停:バイッチ


中盤もエズベクから替わりホランドが先発。
下手なパスセンスは気になりますが、ダウシュが近くに居るしボール奪取頑張って欲しい。


003712975.jpg

003733609.jpg


はっきりいってアホほど見づらい能力値ですが、まあイメージ作りに。


開始3分、長いサイドチェンジをギリギリで残したSBフェルチャーの折り返し。
イリュチェンコがニアに走りこんで受けるとDFを引っ張りつつ中に落とす。
走りこんだチャントゥリアがフリーだったものの、右足でのシュートはほぼ正面。GKヒメルマンに弾かれる。

そのカウンター、ソボタのクロスからザイ(Thy)のボレーシュートは枠の上。助かりました。

FWイリュチェンコの裏抜けはずっと効いているものの後1歩届かないといった感じ。
37分、ヤニッチのパスからイリュチェンコが狙うもGKの好セーブ。

50分、イリュチェンコを下げてオネグブ投入。
55分、チャントゥリアを下げてトマネ投入。チャントゥリアがフリーな割りにいいプレーが出来ていません。

59分、GKラタイチャクの至近距離からの超ファインセーブ。
62分、ザンクト・パウリのFK。ジャトコフスキのクロスに飛び込んだのはMFアルシ。右足で合わせられ0-1。
   CBボムホイアーがついていたが防げず。

68分、ヤニッチを下げてFWブレーカー投入。4-4-2に変更。
   前節パス出して欲しくて残しましたが、運動量がガクッと落ちて完全に消えたので同じ轍つは踏みません。

82分、アーリークロスからFWオネグブが狙うもGKがセーブ。

最後の方はツインタワー目掛けてパワープレー、放り込みをしたものの相手CBゴンサー、ソビッヒの牙城を崩せず。0-1で敗戦。


開幕2試合でゴールなし。
正直に言ってめっちゃ面白い。こんなにゴールが遠いのか。ゴールを決めるために何をさせるべきか。
悩み試しそれでもまだゴールが遠い。これぞ采配、これこそフットボールですよ。

試合内容は面白いものに仕上がってます。共にスペースを使うサッカーでドイツ的な試合。
フリーでシュートを両チーム打つこともあるが、GKラタイチャクが思った以上の好セーブっぷりを魅せてくれています。
今日の失点シーンもポジショニングが怪しかったですが、ボムホイアーが完全に対応ミスってフリーで打たれたので印象薄。
前節MOMのボムホイアーでしたが今日は失点に絡むミスをしてしまいマイナス点。バイッチ復帰が待たれます。

試合が面白くなった影でイエローが増えています。イエローカードは試合の面白さのバロメーターかもしれませんね。
現実でもそうですね。激しく熱く速い試合は見てて面白いですもんね。
ラフなだけで荒くてカードが多いパターンもありますが。


012029044.jpg012020593.jpg


4-4-1-1が強いのか分かりませんが4-2-3-1で楽しめています。
今までのように大量点が望めないのでまずは点を取る選手を1人作るところから始めないといけません。
4-4-1-1が強いのかもしれませんがやはりエースのFWクロースは大きかった。
むしろビーレフェルト時代よりもフリーで持てる機会が多いんですからそれだけクロースの存在感も際立つというもの。
と思いましたが、2回目のプレー(日記更新のほう)はクロースあんまり決めてなかったっけ・・・?忘れました。

まあ能力見れば明らかですけどね。そりゃクロース活躍しますよ。

こう言ってもビーレフェルトも1分1敗スタート。クロースも2試合無得点ですけど。

013309967.jpg 013321798.jpg 013332602.jpg 

あとデュイスブルクに欠けているものはキャプテンシー。
主将のバイッチでもリーダーシップが12。(勝利意欲は17)
欠場でゲームキャプテンを務める副キャプテンのダウシュはリーダーシップ12、勝利意欲11。
やはり強いリーダーシップを持った選手が居ません。他は軒並み1桁。引っ張れる選手がおりません。
後半落ちるのはそういう要因もあると思います。



8.8 DFBポカール1回戦
vs Kassel A



4部カッセルとのカップ戦。次が中2日でリーグ戦。

FW:オネグブ
MF:トマネ、ヤニッチ、ブレーカー
  アルブタット、ホランド
DF:グローテ、バイッチ、ハイリ、ボウル
GK:ディング

SUB:ラタイチャク、マイスナー、フェルチャー、エズベク、チャントゥリア、オビンナ、イリュチェンコ

ホランド、ヤニッチ以外は変更。控え組中心。
ダウシュとヤニッチしか居ないトップ下は控えも居ません。前半で試合決めてヤニッチ温存したい。

まだ勝ってないチームなので格下相手に主力で戦い勝ち癖を少しでも付けたいところですが、
控え選手の動きのほうがとにかく見たいので控え組中心。

32027786.jpg32034883.jpg


相手は4-3-3の布陣。
中盤はウチよりパスが上手いらしい。


29分、MFヤニッチが負傷。エズベクを投入し4-3-3に変更。これは痛い。

攻められるデュイスブルク。
4部相手にボールを持たれ上手く攻めることが出来ない。
そして34分に失点。クロスから決められました。

反撃したいデュイスブルクは57分、オネグブの左からのロングパスで抜けだしたFWブレーカーが
角度のないところからとんでもないボレーシュートをゴール左に叩きこみ1-1の同点。
目がさめるような豪快なゴールで公式戦初ゴールはFWブレーカーとなりました。

34257636.jpg


74分、オネグブを下げてイリュチェンコ投入。
82分、SBグローテが駆け上がりクロスを入れるとそれが直接入りラッキゴールで2-1!

87分、ボウルに代えてDFフェルチャー投入。


2-1で逆転勝利。
正直全員微妙でしたが、特にヤバイ選手の見極めは出来ました。
4部相手にこれでリーグ戦は使えません。

特にGKディング。挙動が凄いことになってます。ポジショニング5は伊達じゃない。


40619021.jpg 035619129.jpg

・MFヤニッチ(29)が足の損傷で3週間の離脱。



8.11 第3節
vs パーダーボルン H/17 2敗0得3失



1分1敗で12位タイ(16位)のデュイスブルクと2敗で17位のパーダーボルンとの試合。
中2日での試合で次も中2日と過密日程。

パーダーボルンは開幕戦ボーフムと0-1、カールスルーエと0-2、カップ戦でデュッセルドルフ相手に0-0の末PKで敗退と3連敗中。

デュイスブルクはこのパーダーボルンと次中2日でやる2連敗で最下位のザントハウゼン戦でなんとしても結果を残す必要があります。

(4231)
FW:イリュチェンコ
MF:オビンナ、ダウシュ、チャントゥリア
  エズベク、ホランド
DF:ヴォルツェ、ボムホイアー、マイスナー、フェルチャー
GK:ラタイチャク

SUB:ディング、ハイリ、ボウル、アルブタット、ブレーカー、トマネ、オネグブ

出停:バイッチ
故障:ヤニッチ

ヤニッチの代わりはダウシュ。
しかしスタートは4-2-3-1でやりますが、ダメそうなら諦めて4-3-3にシフトします。
ダウシュはヤニッチと違い運動量は豊富ですがトップ下でどこまで出来るか。

ただ期待面は運動量あるものの守備面に課題のダウシュが上がってエズベク、ホランドと守備重視のボランチを組めること。
今まで以上に高い位置でのボール奪取に期待。


152058527.jpg152426558.jpg


相手は4-4-1-1の布陣。
今回もシュトッペルカンプが怖い。

4分、SBヴォルツェが切り込みマイナスのパスにオビンナが狙うもGKの好セーブ。

今日はオビンナにボールが集まりシュートチャンスが何度も訪れるが決められない。

66分に最大のチャンス。FKの流れから左に流れながらキープするイリュチェンコ。
振り返りざまのふんわりクロス、ダウシュが2枚の守備選手と競り合うと抜けCBボムホイアーが完全フリー。
左足でのシュートは正面でGKに防がれる。もう決まる気がしないチームになってきました。

155348554.jpg


67分、イリュチェンコ、チャントゥリアを下げてオネグブ、ブレーカー投入。

70分にイエローを貰ったMFエズベク。72分にも貰ってしまい2枚目で退場。厳しい。
悩みましたがダウシュを下げてアルブタット投入。ダウシュもそこまで消耗していないので90分は余裕ですが、
4-4-1で戦う必要があるので守備力を重視しました。
勝利意欲が高いトマネあたりを投入したいとも考えましたが、オビンナも勝利意欲高いので一発に期待。今日は外しまくってますが。

両チームゴールが遠くスコアレスドロー。
チームの良い時間帯に相手のカウンターを止めるためとはいえあっさりファール2連発で退場したエズベクはキツイ。

マン・オブ・ザ・マッチはGKラタイチャク。今日はポジショニングが良かったのか相手のどの角度からのシュートもきっちり防ぎきりました。
反応だけは14あるんでね。シュートブロックに限れば2部で一線級は張れます。


160717545.jpg 160706892.jpg 


チャントゥリアが厳しい。能力も高くチャンスメイクに期待したいんですが、空回りは否めない。
とりあえず次は左サイドで使ってみてダメならレギュラー扱いを剥奪しようと思ってます。

161045594.jpg 

現実同様得点力不足のデュイスブルク。こんなに采配、戦術で悩むことはFMでそんなに無いので楽しいです。

4得点・・・チャントゥリア、オネグブ
3得点・・・イリュチェンコ、オビンナ、ブレーカー、ヴォルツェ
2得点・・・クロッツ、フェルチャー
1得点・・・シャイトハウアー、ヤニッチ、アルブタット、マイスナー、バイッチ

しか現実で決めていないデュイスブルク。
そういえば張ってないなと思い出しました順位表。
ゲームでは29得点で残留してましたが、現実では降格プレイオフ行き。
3部との対戦の結果2連敗で降格が決まっていたらしいです。
162355287.jpg

私が入れてるロゴではエンブレムにゼブラの顔がでかでかと載ってますが
今はその右下の奴だけなんですかね。こっちのほうがいいですね。ゼブラ邪魔ですよね。
ちなみにゼブラはクラブチームの愛称です。シマウマが象徴のクラブらしいです。

162550099.jpg




163042666.jpg


開幕戦ダービー補正で満員は分かりますがホーム2戦目が18,000人に激減。ちょっと寂しい。
チームもいい流れが無いですから、華麗な試合を見せてファンの心をつかみたい。

こんな風に得点になしが並ぶことは無かったことです。

163409680.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/07(木) 21:30:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

duis4 | ホーム | duis2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/319-93fce7d3

| ホーム |