名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

como6

10月の月間ベストゴール
1位にチェゼーナ戦のデ・コルのゴールが選ばれる。残念ながら失点側。
110466.jpg







11/2
第11節
vs モデナ H/1 6勝3分1敗



1敗で首位のモデナとの対戦。
ただあまり結果は気にしないように。首位との対戦で4-2-3-1に急転換。
点取れたらいいなくらいの感覚で行きます。

しかし試合前日にトップ下に任命されたスバッフォ(25)がまた負傷。
トレーニング中に腰部挫傷で診断結果はまだですが長期の匂い。

(4-2-3-1)
FW:ガンツ
MF:ベンティ、ベッサ、クリスティアーニ
   ベネディチッチ、フィエッタ
DF:ガルシア、ジョサ、カサソーラ、マドンナ
GK:スクフェット

SUB:クリスピノ、ボルゲーゼ、カセッティ、アンブロジーニ、ミノッティ
    スカプッツィ、カソーリ、ブリランテ、エバグア

故障:スバッフォ


スバッフォが離脱しベッサがトップ下。ベンティを左に持って行きクリスティアーニが右サイド。
空いたボランチにベネディチッチ(20)が先発。カサソーラ(20)も強化指定で先発起用。
今季の自動昇格は諦めたというか期待してないので保有権を持つ若い選手の育成をきっちりやっておきたいです。
なので前節ゴールのエバグアではなく22歳ガンツが先発。単純に縦のスピードアップを期待してますが。
テンタルディーニは18歳でトップチーム初起用なので負担かけすぎても成長に悪影響だから今日はガルシアが先発。

515713.jpg
750166.jpg

相手のGKはU21代表ですがなんてことはないスクフェットの控えです。
1トップは昨季20得点の経験豊富なグラノーチェ。
能力が高いですが、相手の基本戦術は引いてカウンターな様子。前節までのウチな感じ。


右左中央全てに速攻時選手がいるので速攻狙いに見事マッチ。
4分、中央上がったベネディチッチからのラストパス、裏を取ったベッサが冷静に左足で決め1-0!!
304324.jpg 315356.jpg 
中央にドーンとフィエッタがいるのが頼もしいやら面白いやらでいい布陣ですが、想像通り後ろがスカスカ。
DFが1対1で対応することもザラで後ろの負担MAX。それでも多人数速攻狙いは相手の脅威になるので抑え込めるかもしれません。

24分、モデナのクロスからFWグラノーチェの頭はクロスバー。
28分、ガンツの縦パスでの完璧な抜け出し。エリア左からのシュートは巻いて狙ったオシャレな感じだが普通に枠の右。これは決定機。
31分、マドンナの突破からのクロス、ガンツがダイレクトで流し込むもGK正面。これも決定機。

内容はほんとにいい。
特にガンツの裏狙いとクリスティアーニとマドンナのコンビネーションが冴えまくっている。
クリスティアーニとマドンナのコンビは本田アバーテを彷彿とされるほど完成されています。
何度モデナの左サイドを切り裂いたか。ただマドンナにアバーテほどのスピードがなくとんでもなくビッグなチャンスはあまりない。
それでも決定機を作ったがガンツが決められず。

あとはベンティが空気。要所で受けて展開するんですが、やってほしいのはゲームメイクではなくチャンスメイク。
ベッサが下がって受けたりしてスペースメイクしてくれるのでベンティに輝いて欲しいんですが
チーム的にガンツに裏抜けさせるかクリスティアーニに預けてマドンナ使ってしまいます。
開幕から絶好調でみんなベンティを見てたのにクリスティアーニ出現、
2試合連続MOMでみんなクリスティアーニを見るようになってしましました。


前半の中盤から気になってましたが、後半に入るとどっと疲れが出てプレーが雑に。
味方に渡しときゃええんやろと言わんばかりの投げやりな前線足下へのパス。
とりあえずサイドだと言わんばかりのマドンナへの無茶振りサイドチェンジ。
カウンターだ前行けばいいんだろと言わんばかりのDFラインへの張り付き。
サボってるわけではなく状況判断力とスタミナがついていけてないんでしょう。

60分を過ぎ交代策を考えるが今作初使用のこの布陣で誰を代えるか悩む。
ベンティあたりサクッと代えてもいいんですけど、U21のこの選手を活躍なしに下げるのは気が引ける。
ベネディチッチは今日MOM級の働き。攻守に効いている。急に代えるのは後ろ増やすでもしないと怖い。
クリスティアーニ下げてマドンナの攻撃参加抑えて無難にいくことを選択。

67分、クリスティアーニを下げてカソーリ投入。システム変更でカソーリの出番も増えそう。活躍を見せてください。
74分、FWガンツからFWエバグア、更にお疲れのSBマドンナを下げてカセッティ投入。

そのまま首位を相手に1-0で勝利!
結果で言えば1-0、内容で言っても決定機をたくさん作ったいい試合だったかもしれませんが
とにかくモデナのほうが決定力がなかっただけの試合。
相手の14本のシュートで枠内がわずか2。ただそれだけ。
こちらはもっと決定機を作っているので決めなきゃいけないし、後ろはカード連発。
こんな消耗戦みたいな試合、特に過密日程だとヤバイです。でも見てて楽しいしスリリングなので続けます。
239735.jpg208816.jpg
224770.jpg

MOM:ベネディチッチ
G:ベッサ(3)



・MFフィエッタが累積警告で次節出場停止。
・GKスクフェットがイタリアU21代表に招集。
 開幕から絶好調、途中投入でゴールまで決めたベンティだったが、最近の不調からか招集されず。



11/7 
第12節
vs バータス・エンテッラ A/21 1勝5分5敗



降格圏の21位、1勝のバータス・エンテッラの監督アリエッティさんに馬鹿にされましたけど華麗にスルー。
僻まれる好調コーモ。この試合に勝てば5位以上に上がるかもしれません。首位と3ポイント差。

FW:ガンツ
MF:ベンティ、ベッサ、クリスティアーニ
   ベネディチッチ、ブリランテ
DF:カセッティ、ジョサ、カサソーラ、マドンナ
GK:スクフェット

SUB:クリスピノ、ボルゲーゼ、ガルシア、アンブロジーニ、マルコーニ
    ミノッティ、スカプッツィ、カソーリ、エバグア

出停:フィエッタ
故障:スバッフォ


中4日も空いてるのに結構消耗してます。
次からはしばらく週1なので日程は楽です。イギリスだったがこのサッカー無理かもしれません。
2部だろうが、いや2部のほうが週2をずっと続けて週3もあるレベルですからね。中1日とか狂気の沙汰。

前節から出停のフィエッタの代わりにブリランテ。LSBにカセッティが先発。変更はこの2箇所のみ。
正直使える選手少ないのでスタメンがこの陣容だと交代策が非常に難しいのですが
スタメン落とすわけにもいかないしカソーリ、スカプッツィあたりには途中投入でも頑張って欲しい。

主将副将が居ないのでSBマドンナがCマークを巻く。
リーダーシップない選手なのでボルゲーゼくらい先発にすればよかったかなぁ。

427703.jpg409141.jpg


相手はボランチと左SBのレギュラーが出停と怪我で不在。2枚落ちは同条件。
U21のファツィを要警戒。徹底マークつけて潰してやりたいけどフィエッタ不在が響く。
ブリランテも一応守備的MFですが運動量は雲泥。ベネディチッチを前節ほどカウンターに参加させないほうがいいかもしれません。

やはり首位モデナと違って攻守に手堅くくるので苦戦。
1対1も引かれると抜く力がない。奪いに来てくれたらかわせることもあるんですけどね。
時間掛けられて守備戻られてって感じ。ターゲットマン居たほうがいいかなぁ。

25分、ピンボールのようにダイレクトで前線まで弾かれスフォルティーニに決められ0-1。
    スクフェットも届かずゴール右に流し込まれました。
639950.jpg


反撃は31分、ベンティのCKからニアでCBカサソーラが頭でコースを変えるととファーサイドFWガンツが頭で押し込み1-1!
1勝チームに簡単に負けるわけにはいきません。
044878.jpg

が、直後33分。相手のクロスから戻ったブリランテの足にあたってコロコロとゴール左に流れ込みオウンゴールで1-2。
やっぱ簡単に負けそう。
300775.jpg


36分、速攻からクリスティアーニの決定機。フリーでのシュートは今日もGK正面。この人シュート下手です。
    毎試合のようにシュートがジャストミートしないだの枠の上だの正面だの。シュートは多いんですけどね。

61分、クリスティアーニを下げてカソーリ投入。
72分、ベネディチッチ、ガンツを下げてミノッティ、エバグア投入。

75分、エバグアのヘッドは枠の左。


やはり後半にはガス欠してしまいパスミスやらシュートミス連発。
ゴールエリアでボールを持ったら積極的にシュートを狙えていましたがシュート18で枠内3じゃ決まりません。
ガンツの裏抜けもほとんどなかったし、21位に上手くしてやられました。

言い訳をするならフィエッタ。やっぱいるのと居ないのとでは大きく違います。
守備もそうですけど、攻撃、速攻ってボール奪わないと始まらないですからね。
良い位置でのボール奪取は守備より攻撃に活きます。

2138425.jpg128236.jpg
2118505.jpg


G:ガンツ(3)



11/15
第13節
vs ペスカーラ H/14 2勝7分3敗



ドローキングペスカラとのホームマッチ。

FW:ガンツ
MF:カソーリ、ベッサ、ベンティ
   ベネディチッチ、フィエッタ
DF:テンタルディーニ、ジョサ、カサソーラ、アンブロジーニ
GK:クリスピノ

SUB:アンドレナッチ、ボルゲーゼ、カセッティ、マドンナ
    ブリランテ、ミノッティ、エントゥ、クリスティアーニ、エバグア

代表:スクフェット
故障:スバッフォ


スクフェットがU21で持っていかれクリスピノが今季2試合目の出場。
思い切ってクリスティアーニをベンチに置き途中投入で流れを変える役に。
カソーリが左で先発。ベンチにエントゥ(21)が今季初ベンチ入り。右サイドドリブラー。

RSBにアンブロジーニが今季2試合目。


744992.jpg842369.jpg


SBザンパーノが脅威の7アシスト6MOM。
カソーリは今日は守備に忙殺されそう。FWラパドゥラも11ゴール。これで7分14位は監督の責任じゃないんですか。
CBカンパニャーロの屈強なDFから点取れるでしょうか。


開始1分、ベンティが完璧な裏取り。GKとの1対1は枠の左。開幕からポンポンと4点取った勢いはどこへやら。
前節殆ど無かったサイドを広く使いつつ裏狙いが開始から出来ています。
疲れが出てくる前にゴールが欲しいところでしたが10分、ベンティからガンツへ裏への縦パスが入ったところでこんな状況。
636048.jpg
ベネディチッチがダイレクトではたいてドフリーのベッサが左足で決めコーモが先制!
731974.jpg


更に34分、カソーリからパスを受けたFWガンツが決め2-0。
余裕の展開かなと思った36分にはペスカラLSBクレッセンツィに切れ込まれ、クロスからFWラパドゥラに決められ2-1。
43分、FKからの流れエリアの外からDFジョサが強烈な地をはうシュートを放つもGKのファインセーブ。

52分、ラパドゥラのアーリークロスにMFヴァローティに押し込まれ2-2。

59分、アンブロジーニ、ベネディチッチを下げてマドンナ、クリスティアーニ投入。
61分、こっちが攻めたあとのカウンター。縦パス一本でラパドゥラに裏を取られGKが飛び出せばいいのに待ってしまい余裕で決められ2-3。

73分、カソーリを下げてFWエバグア投入。4-4-2に変更。

なんてことはない完全なガス欠。前に行ったら戻ってこない。ボールホルダーのDFの近くなのにノンプレッシャー。
だからロングパスでらくらく裏を取られる。そんなグダグダな展開が続いていると
4-4-2というより4-2-4の状態。

82分、裏を取ったベッサのクロスをベンティが押し込むが最初のベッサがオフサイド判定。

もうダメかなと暗雲立ち込め始めた88分、
ライン際ギリギリベンティが残しすとそれを信じて走りこんでたDFマドンナへスルーパス。するとこんな状況。
617319.jpg
逆サイドへ出すとMFベッサが飛び込み3-3!!!
ちなみに9番ガンツの真横に居たのはMFフィエッタ。勝利意欲がチームでトップに高いので
勝利を信じてよく走ってくれます。
703229.jpg806012.jpg


3-3で試合終了。ホームということもあり勝ちたかったですが、前半支配したものの
想像通り後半完全に支配されポンポンと失点してしまったのが痛かった。

410890.jpg 405018.jpg
 

G:ベッサ(4,5)、ガンツ(4)




11/21 
第14節
vs プロ・バセッリ A/6 6勝4分3敗



2ポイント差で追うプロバセッリとのアウェーマッチ。

FW:ガンツ
MF:エントゥ、ベッサ、ベンティ
   ベネディチッチ、フィエッタ
DF:テンタルディーニ、ガルシア、カサソーラ、マドンナ
GK:スクフェット

SUB:クリスピノ、ボルゲーゼ、ジョサ、カセッティ
    ブリランテ、ミノッティ、カソーリ、クリスティアーニ、エバグア

故障:スバッフォ

エントゥが今季初先発初出場。テストの意味合いが強い。
正直27人のスカッドは多すぎるので冬に少なくとも3人は減らしたい。
なのでみんなにチャンスを与えていきたい。運動量豊富なマルコーニ(30)も使いたいんですが
RSBはマドンナがいるし、ボランチはダブルボランチになったせいで使いづらい。ミノッティ、ブリランテでも出番激減中。

CBでポル・ガルシア(20)が先発。前節3失点。フレッシュなDFを投入。
ユベントスに保有権引き取られてる実力を見せて欲しい。

052760.jpg112322.jpg


主力を外してDFラインが若手祭り。舐められています。
守備は弱いですが、得点はそれなりに取ってるチーム。前節3得点。取ってやりたい。

4分、相手の左サイドからのクロス、MFディロベルトに決められ0-1。
22分にもサイドチェンジからドフリーのディロベルトに決められ0-2。4-4-2に弱いのか。

30分、時間の無駄を考えエントゥを下げてFWエバグア投入。4-4-2に変更。
55分、ベネディチッチを下げてクリスティアーニ投入。

62分、マドンナの速いクロスに飛び込んだのはMFベッサ。1点を返し1-2。
78分、疲れが見えるガンツを下げてカソーリ投入。疲れなんてベッサ、ベンティ、フィエッタにも見え見えですが、代えられない。

選手は悲しいくらいにヘロヘロ。相手エリア内でトラップミスとか見ててほんと悲しくなります。
前半の2失点が重く1-2で敗戦。今季最長3試合勝ちなし。

039944.jpg033202.jpg


G:ベッサ(6)



342970.jpg

400337.jpg

14節を終えて8位。クラブ目標の残留は目指せますが、失点が多く昇格争いから脱落気味。
冬の補強で守備を立て直しプレイオフ圏内を狙いたいといった感じ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/03(木) 07:32:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

como7 | ホーム | como5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/297-1b1c0e05

| ホーム |