名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

como1

 FM2016 セリエBコモに就任。
015586.jpg

21位予想のクラブ。
昨季3部4位でプレイオフで勝ち上がり昇格したクラブ。

施設はたいしたことないですが、約13,000人収容のスタジアムを所持し負債も現段階ではない。 
なので単年での赤字を出来るだけ減らせば難易度的には高くない。




 
440391.jpg

過去にセリエBで3回タイトルを獲ったが、02/03シーズンを最後にセリエAに上がれずにいる。



資金力は厳しいクラブですし、トップチームに27人いるんで補強は無し。放出しないと獲得しません。

447758.jpg


レンタル選手が多いのでなんとかしたいところですが、育成を決意できるような生え抜き選手も居ません。
高給取りが上から3人全員レンタル選手。GKスクフェット(19)が最高給。話題になったウディネの17歳デビューGKです。
翌年あまり起用されず2試合出場、今季レンタルで2部へ。更にミランで16歳デビューのドンナルンマの出現で影が薄くなっています。

GKは大事なポジションだし他にいる選手は本当にただの若手なのでスクフェットは残ってもらいます。
次がFWダニエル・ベッサ(22)。インテルから加入した選手。2列目全部でプレー可能でチーム1の技術の持ち主。
攻撃の中心選手になってもらう予定なのでこれも残留。

3番目がオーストラリア代表5試合出場のMFジョシュ・ブリランテ(22)。フィオレンティーナから加入。
バランスの取れた守備的MFでフィジカルもそこそこあるし、保有権を持ってたら完全レギュラーですが無いのが難点。
中盤センターならミランから完全移籍で加入した元スロベニアU21代表ベデディチッチ(19)や
もっと安いレンタル陣が居ます。30歳MFフィエッタも存在感ありそうだし35万€を節約するか否か。



選手とのミーティング。フロントからの要望通り残留をノルマに据えると話すと大半は賛同してくれましたが、
GKスクフェットとDFリーダーのジョサ(31)が目標が低すぎると反発。志が高いのはいい事です。

219776.jpg


U20から17歳MFと16歳2人MFを招集しトレーニングキャンプに挑む。


キャンプを貼る前に練習試合。コモU20との対戦。
トップチームメンバーにあぶれた数人がU20に参加。FWゲラルディ(27)は活躍次第では普通にレギュラー格。
ガンツ、エバグアとのポジション争い。今季は4-1-2-3か4-4-1-1を使う予定。1トップ争いは熾烈。

14分、CKから失点(16歳マンギリ)
21分、相手MF2枚めイエローで退場
28分、G:ベンティベグナ
30分、G:ベッサ
80分、G:エバグア

3-1で勝利も微妙な試合。
毎作最初の試合は酷くて始動1発目のコンディション不良の試合ってのは分かっているんですけどやっぱり幸先は不安。
1人退場したU20に良い攻めが見せられない。今作はとにかく失わないポゼッションか開き直った縦ポンが良さそうな気がする。

何が悲しかったってこの試合U20で出た27歳ゲラルディと30歳マルコーニがともに最低点1,2位独占。
ゲラルディは決定機が2度あったが決められず。



7/16 FCバーデン

スイスのセミプロ相手に1-1のドロー。
ベンティベグナのゴールで先制したもののPKで追いつかれる。



7/23 ASローマ

トップチームメンバーのローマとの練習試合。なんとポゼッションは6:4で試合を完全に支配。
しかしローマの戻りが速くFWゼコ以外ゴール前に戻るのでシュートまでいけず、前半をシュート数3:5で終える。

83分、サラーに縦ポンで裏を取られ失点。ATにも失点し0-2で敗戦。
最後は力尽きたものの守備は満足のいく内容。特にアンカーのフィエッタが良かった。
とにかく相手の攻撃を右に左に潰す。コモのデロッシ。サイドチェンジもある程度良かった。

シュート数は11-11の同数。しかし内容は天と地。こればっかりは個の力としか言いようが無いか。
604659.jpg
青:コモ 赤ローマ



7/25 レナーテ

セリエCレナーテ相手に1-1のドロー。
後半途中からCBがともに本職じゃなかったので速攻からのクロスでマーク外したことは仕方ない。
下部相手に中1日とは言え1得点が大きな不満。まあローマ戦で出番のなかった選手や控え組中心ですが。


コパ・イタリア組み合わせ抽選で3次予選でノバーラ(セリエB)との対戦が決定。



7/29 ペルゴレッテーゼ

セリエDとの練習試合。11日後にコパ・イタリアなのでベストメンバーでとりあえず勝ちに行く。
1トップだけは決まらないのでゲラルディが先発。内容で後半からガンツ。

17分、相手のFKからカウンター。最後はMFスバッフォが決め1-0。
25分、ゲラルディを下げてガンツ。速いボール入れても体張れない、動き出しも遅い。使い続ける意味なし。
54分、フィエッタが2枚目イエローで退場。この人これ増えそう。顔出し凄いけど潰し方は雑だもんなぁ。
62分、G:ベッサ
85分、G:スカプッツィ

退場者を出したものの内容が変わりなく3-0で快勝。
しかし相手は4部、しかもセリエCに54クラブあるので全体92位以降のクラブ相手と考えるとやっぱり攻撃面が微妙。
代わったガンツはゲラルディと違ってゴール前であと1歩がいけてシュート出来ていたが5本中枠内1と精度に課題。




カップ戦まで日にちが空いているのでセリエAボローニャ戦を入れる。

8/3 ボローニャ

FW:ベッサ、エバグア、ベンティヴェグナ
MF:スバッフォ、フィエッタ、ブリランテ
DF:テンタルディーニ、ガルシア、ジョサ、マドンナ
GK:スクフェット

CBボルゲーゼが負傷離脱。ポル・ガルシア(20)が先発。ボローニャは見た感じほぼベストメンバー。

個の力で見ればそりゃ優れていますが、攻めてくる分攻めやすい。
コモの速攻狙いが上手くいってきていた26分、ベンティヴェグナのクロスにMFスバッフォが飛び込み1-0。
27分、アクアフレスカのシュートはクロスバー。

後半になると完全にコモのペース。前半40:60だったポゼッションも終了時には55:45と巻き返し危なげない試合運びでウノゼロ勝利。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/02/14(日) 23:39:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

como2 | ホーム | 14/15 Vicenza

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/292-f78de192

| ホーム |