名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

Lee4

8/23 第4節
vs ワトフォード A/3 2勝1分9得3失



リーグ最多の3試合9得点の破壊力。前節は最下位のロザラム相手に5-1で快勝。意気揚々とホームで迎え撃つワトフォード。
対するリーズも前節2連勝中のブライトンを相手に4得点快勝。


FW:アンテヌッチ
MF:ロマン、モウワット、ビアンキ、マーフィー
   オースティン
DF:Cテイラー、クーパー、ベッルーシ、バイラム
GK:シルベストリ

SUB:Sテイラー、バンバ、ベラルディ、クック、バブンスキ、スロト、シャープ

故障:アドリアン


ロマン、Cテイラーが先発復帰。
残りは前節と同じメンバー。クックはベンチスタート。強い相手なので手堅く2アシストのビアンキが先発。


ワトフォードは4-3-1-2の布陣。
2トップは4部とのカップ戦で共にハットトリックを達成したコンビ。
CBアンジェラは足元も上手く高さもあり動けるCBだが、既にだいぶお疲れの模様。狙って行きたい。
と書いてて今まで思ってたことですが、相手選手の疲労状態とかわかるのチートだなって思ってたんで
思い切ってコンディションと体調は消してみないようにしてやろうかなと思いました。
干されてるかどうかの判断方法として便利なんですけどね、体調のほうは。でもまあそんなの分かるのがチートなんだから消そう。

54050531.jpg







29分、FWアンテヌッチが厳しく当たられ負傷。シャープ投入。

ワトフォードはSBまでもガンガン上がってきて防戦一方。4-1-4のラインでなんとかゴール前で弾き返す。
カウンターでビッグチャンスが2度リーズにも訪れるが決めきれない。
バイラムのアーリークロスに逆サイドロマンが飛び込んで合わせるがGKに防がれる。
更に32分にはゴール前に走りこんだ前節2ゴールのMFマーフィー。
切り返してマークを外し左足でまいて狙ったシュートは枠の左。どちらも決定機だった。

前半シュート数は2-18と圧倒的な差。
それでも相手の大半はコース切ったミドルシュートだしこちらもシュートにまでは行けなかったが攻めることはできている。
決定機の数で言えば2-1でリードしている。後半きっちり決めたいところ。


後半もまったく変わりない内容。
それでも相手の戻りが遅くなってきたのかシュートコースが空きはじめる。
なので66分、ビアンキ、マーフィーを下げてクック、スロト投入。フレッシュな2人で速攻狙い。

正直FWアンテヌッチの負傷が痛かった。シャープ投入が早すぎてすでに疲れ始めているし。
やはり後半勝負だと思っていたので後半フレッシュに前線替えたかった。


84分、相手の攻撃の場面、CBクーパーが上手く出ていきプレッシャーを掛け奪取、カウンター。
    最後はクックが思い切って狙うもGKゴメスのファインセーブ。さすが元ブラジル代表。
70353310.jpg 70406707.jpg


85分、MFオースティンが裏を取ろうとするも2人に挟まれエリア内で倒れるがPKを取ってもらえず。DFバイラムは主審に激昂。

踏ん張っていたリーズだったが、91分左サイドプディルのアーリークロスをFWヴィドラが体に当ててゴール前に落とすと
途中投入FWディーニーに決められ0-1。試合終了。後半ATの悔しい失点で勝点0。
70924059.jpg


MOMはGKシルベストリ。両チームのGKが輝いた試合。
こっちもチャンスはありました。いくつものチャンスを決めきれなかった。やはりGKゴメスの威圧感はすさまじいか。

10(5) - 29(15)
50% - 50%

MOM:シルベストリ
●0-1


・GKシルベストリ、DFクーパー、MFマーフィーが週間ベスト11に選出



8/26 キャピタル・ワン・カップ
vs フラム H



2勝1分1敗で7位のフラムとのカップ戦。

FW:バブンスキ、ドゥカラ、アンテヌッチ
MF:モウワット、オースティン、クック
DF:ベラルディ、バンバ、ベッルーシ、バイラム
GK:シルベストリ

SUB:Sテイラー、クーパー、ホワイト、ビアンキ、ロマン、スロト、シャープ

故障:アドリアン
欠場:マーフィー


中2日でのカップ戦。次の中3日のリーグ戦が終えると2週間のA代表ウィークでお休み。
ドゥカラが怪我から復帰し先発。足が速いストライカー。シャープ、アンテヌッチじゃ抜ききれないところで頑張って欲しい。


03426168.jpg


若手中心で4-1-4-1のフラム。ちょっと意外な布陣。FA杯はまだしもこっちのカップ戦は捨てるのかな。
昨季リーズでリーグ得点王となりフラムへ移籍したFWマコーマックはベンチスタート。4試合で2G2Aと結果を残している様子。

エースのブライアン・ルイス(29)は怪我で開幕から出場なし。それでもそろそろ復帰するらしい。
新鋭パトリック・ロバーツは右サイドで先発。


開始1分、右サイド深い位置まで運ぶとアンテヌッチが深いタックルを受け相手にイエローカード。
リスタートから一旦下げ展開し直し、SBバイラムが右サイド駆け上がるとそのままクロス。
GKとDFの間への速いクロスに飛び込んだのは怪我から復帰したFWドゥカラ!軽く決め1-0、リーズが先制。
10758267.jpg


40分、アンテヌッチが負傷。MFスロトと交代。
53分、相手のCKの場面、オースティンがファールしてしまいPK献上。FWロダジェガに決められ1-1。

不穏な流れだったが62分、モウワットから縦パスを受けたドゥカラ。前を向くとCBハッチンソンのタックルを華麗にかわし
右足に切り替えるとエリア外から狙いゴール左に突き刺しリーズが勝ち越し!
今季初出場のドゥカラがストライカーとしての存在感を魅せつける。
12729645.jpg 12829813.jpg


69分、モウワットを下げてMFビアンキ投入。
72分、SBバイラムを下げてホワイト投入。ベラルディを右に持っていく。


若手主体対決はリーズが2-1で勝利。
ドゥカラは2得点でMOMを受賞。

10(3) - 6(2)
54% - 46%

MOM:ドゥカラ
G:ドゥカラ(2)
○2-1




14602028.jpg

代表キャップ1試合のベルディと46キャップのバンバへの視察。


23139551.jpg
キャピタル・ワン・カップ3回戦組み合わせ抽選会
最後アストンビラ、アーセナル、リーズ、コルチェスターが残ったが運良く3部コルチェスターを引く。
アウェーですが、ガナーズとやらされるより全然マシ。


23159289.jpg

クック、モウワットがイングランドU19に招集。飛び級でU21は叶わず。
SBバイラム(20)はU21に選ばれず。なぜだ。アシストもしたというのに。残念。

ベラルディ、バンバは代表監督が視察に来ていたのに選ばれず。もしかしたらアフリカのコートジボワールは選出時期がズレてるかも。

24855257.jpg

予想通りソル・バンバがコートジボワール代表に選出。



8/30 第5節
vs ボルトン H/14 1勝1分2敗5得4失



FW:ドゥカラ
MF:ロマン、モウワット、クック、マーフィー、バイラム
DF:Cテイラー、クーパー、ベッルーシ、ベラルディ
GK:シルベストリ

SUB:Sテイラー、バンバ、ホワイト、オースティン、ビアンキ、スロト、アンテヌッチ

故障:アドリアン
欠場:ウートン、バブンスキ、シャープ


代表に選ばれたがバンバはベンチスタート。23歳の誕生日を迎えたクーパーが調子がいい。
中盤はマーフィーが本職のボランチで先発。クックがアンカーに入りバイラムが右ハーフで先発。
ベラルディが右SBに入りチャーリー・テイラーが左。チャーリー(20)は評価も悪くそろそろ外したいが、もう少し育成。
クックが(17)がどんどん伸びているのに対し、試合も調子悪く成長も見えない10番モウワット(19)。
私としてはモウワットに中心として頑張って欲しいんですが。
カップ戦でドゥカラへやっとアシスト出来たので(ドゥカラの個人技ミドルですが)コンディションをどんどん上げて欲しい。


31146325.jpg


ボルトンは4-4-1-1の布陣。
ストライカーのレ・フォンドルは要注意。順調にゴールを重ねております。


試合開始からホームのリーズが支配。
両サイド自在に攻め込みFWドゥカラにボールをどんどん入れるが、ストライカーとしては良くてもパスがとにかく下手。
そして15分までに訪れた2度のGKとの1対1の決定機を決めきれず。

28分、ドゥカラのミドルシュートをGKボグダンが弾き出すとこぼれ球をMFモウワットが詰めるがこれもボグダンのグッドセーブ。
39分には速攻からモウワットの強烈なミドルシュートは惜しくも枠の左。

前半を終えシュート数12-6、ポゼッション49-51。
速攻狙いのリーズが決定機を多く作っているが0-0のスコアレス。

59分、FKからロマンのクロスはニアから抜けてきて混戦の中DFベッルーシがダイレクトで合わせるがGK正面。

65分、今日ダメダメだったロマン、ドゥカラを下げてスロト、アンテヌッチ投入。
すると66分、CKからの仕切り直しマーフィーから左サイドへ通すとモウワットがドフリーでクロス。
投入されたばかりのアンテヌッチはマークを振り切りファーに流れるとDFがついてこれず。
素晴らしい低い弾道のクロスがバッチリ通るとアンテヌッチが軽く合わせて決め1-0!リーズが先制。
交代が当たりました。

04434519.jpg 04456538.jpg
04649259.jpg



71分、疲れが見えるアンカーの17歳クックを下げてオースティン投入。守備固め。


1-0で勝利。前半は多少良かったボルトンだったが、後半ガス欠。
リーズのカウンター狙いで前後に動かされ脅威となり得なかった。
MOMはモウワット。攻守に走り1アシストを記録。
MFバイラムに至っては15.2kmも走ったらしい。ちょっと走り過ぎですかね。

20(8) - 11(2)
51% - 49%

MOM:モウワット
G:アンテヌッチ(2)
○1-0


あまり考えてなかったですが今日の先発は非常に若かった。
FW:ドゥカラ22
MF:ロマン21、モウワット19、クック17、マーフィー24、バイラム20
DF:Cテイラー20、クーパー23、ベッルーシ25、ベラルディ26
GK:シルベストリ23

決定力、安定感には欠けたがフレッシュな運動量で押し、最後は29歳ベテランの力アンテヌッチのゴールで勝利できました。

・MFロマン(21)がウェイトトレーニング中に負傷、腰部挫傷で4週間離脱。



代表ウィークに地元セミプロクラブと練習試合。代表組を除くトップの選手と若手たちで構成。
試合は7-2で勝利だったがシュート数50、枠内21だったのでもう少し決めてもらいたかった。
アンテヌッチ(2)、ビアンキ、マーフィー、スロト、パーバー(U21)、シャープのゴール。
2失点はセットプレーでマーフィーがマーク外して決められ後半に17歳CBバンが相手のロブボールをスカして裏を取られた2失点。



9/13 第6節
vs バーミンガム A/24 1分4敗2得7失



最下位に沈むバーミンガムとのアウェーマッチ。

FW:アンテヌッチ
MF:スロート、モウワット、クック、マーフィー、バイラム
DF:Cテイラー、クーパー、ベッルーシ、ベラルディ
GK:シルベストリ

SUB:Sテイラー、バンバ、ホワイト、オースティン、ビアンキ、ドゥカラ、シャープ

故障:ロマン、バブンスキ、アドリアン
欠場:ウートン

マケドニアU21代表の試合でバブンスキがつま先を突き指し欠場。
モウワットは1試合のみだったが、クックは2試合共出場したため温存しようかと思いましたが若いので。
また3週間過密日程が行われ、その後代表ウィークでまた休み。
しかし代表組は考えて起用しないとちょっとキツイ日程。


65453317.jpg

4-5-1の布陣のバーミンガム。1トップは元セルビア代表のジギッチ。
CBマイケル・モリソン(26)とGKダレン・ランドルフ(27)がキーマン。
しかしCBの相方ポール・ロビンソンは経験こそ豊富だが既にフィジカルが衰えスピードも高さもない。
ここを狙って行きたい。


9分に失点。ジギッチへのマークでベッルーシが釣り出されてしまい、スペースをカバー出来ずSBグラウンズに飛び込まれパスを通された。
それでも挫けず攻め続けるリーズ。4-1-4のラインを作って守り速攻を狙う戦術が徐々にはまってきていると
32分、左サイド抜けだしたFWアンテヌッチの左足での折り返しにMFバイラムが頭で流し込み同点!
71707777.jpg

落ち込むファンへ向けてアピールする鬼畜バイラム
71755376.jpg


HTで檄を飛ばして送り出し攻め切ったリーズ。54分、アンテヌッチのパスで狙っていたポール・ロビンソンの裏を取ったMFマーフィー。
マーフィーが軽くグラウンダーのシュートで決め2-1で逆転!!マーフィーはこれで今季3点目。
72759597.jpg


65分、モウワット、クックの代表コンビを下げてビアンキ、オースティン投入。4-1-4-1は変わらず。
76分、スロートを下げてFWドゥカラ投入。

ほとんどオーバーラップなしの前線縦ポンに切り替えると79分アンテヌッチが左へはたきドゥカラへ渡すと、
エリア外から豪快にダイレクトシュート。GKの手をスリ抜けゴールマウスに突き刺さり3-1!
狙う意欲が素晴らしい。フリーになったらシュート。サッカーの基本です。バーミンガムはとにかく必死に崩そうとしすぎて
シュート数がとにかく少ない。70分まででシュート3本しか打たれてなかった。ミドルは一度もなし。
73906791.jpg


決めた直後振り向いて手を広げアピールし数歩歩いてドヤァ! リーズのバロテッリを襲名してもいいです。
74141558.jpg 74128692.jpg


3-1で勝利。相手は綺麗に崩そうとしすぎた。これが不調クラブなんでしょうね。臆病。
こっちはMFマーフィーがいつもどおりアホほどミドル狙ってました。

22本も打って枠内4。GKランドルフは脅かせなかったかもしれませんが、チームは脅かせた。
アンテヌッチはゴールできなかったが3アシスト。

22(4) - 8(4)
52% - 48%

MOM:アンテヌッチ
G:バイラム(1)、マーフィー(3)、ドゥカラ(1)
○3-1




9/16 第7節
vs ボーンマス A/8 3勝1分2敗10得11失



6位プレイオフ圏内に入ったリーズは勝ち点差2の8位ボーンマスとのアウェーマッチ。
中2日での試合なので厳しいところ。若干ターンオーバーで挑む。

FW:アンテヌッチ
MF:スロート、モウワット、オースティン、ビアンキ、バイラム
DF:ホワイト、バンバ、ベッルーシ、ベラルディ
GK:シルベストリ

SUB:Sテイラー、クーパー、Cテイラー、クック、マーフィー、バブンスキ、ドゥカラ

故障:ロマン、アドリアン
欠場:ウートン、シャープ


クーパー、Cテイラー、クック、マーフィーがベンチに下がりバンバ、ホワイト、オースティン、ビアンキが先発。
前節ゴールを決めたドゥカラ、マーフィーがベンチスタート。

DFが足りないのでDFウートン(23)を起用しようかな。
リーグ戦出場により最大67.5万€の支払義務が発生します。最短は5試合出場で27.5万€。
安くないですが、黒字運営今のところ出来てるしウートン売らずに起用して育成・・・。
売ろうとしても夏買い手がなかったし、多少成長しないと2部リーグすら買ってくれないかもしれない。

85120854.jpg

ボーンマスは4-4-2の布陣。2トップの評価点が高く危険。
カラム・ウィルソンは8試合で8得点。ランティーも1得点ながら4アシストを記録。



押し気味のリーズ。そのまま15分、アンテヌッチのパスで右サイド裏を取ったバイラムが決め1-0、リーズが先制。
アンテヌッチ、バイラム共に2試合連続のアシストとゴール。
84306475.jpg


更に20分、オースティンが直接FKをゴール右に決め2-0。素晴らしい低弾道シュート。名手ボルツは触るも弾ききれず。
84603108.jpg



40分、縦パス一本でカウンター、最後は中に折り返されMFサーマンに決められ失点。2-1。
58分、負傷したモウワットと消耗したバイラムを下げてマーフィー、バブンスキ投入。

60分、オースティンの縦パスで裏を取ったアンテヌッチ。ペナルティエリアライン上ギリギリでファールをもらいPK獲得。
    アンテヌッチが自ら決め3-1。
90358019.jpg 90430374.jpg


65分、フレイザーの強烈なミドルシュートをGKシルベストリが前に弾くとFWランティーに押し込まれ3-2。
74分、アンテヌッチを下げてFWドゥカラ投入。

83分、相手のカウンターを止めたオースティンが2枚目のイエローをもらい退場。
    まったくの数的不利でもなかったしいかなくて良い場面でした。


16(6) - 9(4)
52% - 48%

MOM:アンテヌッチ
G:バイラム(2)、オースティン(1)、アンテヌッチ(3)
○3-2


・MFモウワットがすねの裂傷で2週間欠場。



92341323.jpg

92452109.jpg


首位ワトフォードまで1ポイント差。後半ATでのワトフォード戦の失点は痛かった。
思ったより良い開幕スタート。しかし個人技の部分で物足りないところがあるので苦戦する時期も出てくるでしょうから楽しみです。

どんなに調子よくなくても先発にしてた19歳モウワットが負傷。
残念ですがここでリフレッシュしてもらって復帰したらゴール決めて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/03(日) 16:31:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Lee5 | ホーム | Lee3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/284-c80963bc

| ホーム |