名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

alb2/4

9/12 第4節
vs アトレティコ・マドリー A



ここからアトレティコ、バルセロナ、バレンシアと強豪3連戦。1勝もしくは2引き分け。勝ち点2を目標に乗り切りたい。
余談だが、エース・シフェンテスを失いマヌエコやロドリゲスもBに上がった昨季6位のカンテラが連戦連敗。
Bチームも補強しすぎてマヌエコはちょっと出てるけどロドリゲスは1試合にも出てないし勿体無いかな。

アトレティコのホームカルデロンはチケット代平均60€で販売されているらしい。
それなのにキャパは55,000人程度入って今日も5万枚弱のチケットが売れている。そりゃ資金ありますね。

グアルディオラ監督が就任したアトレティコは開幕から3試合で2勝1分。
開幕戦こそバレンシアに引き分けたが、2節バルセロナに2-1で勝利。グラナダに1-0で勝ち4節アルバセテ戦。


FW:ゲイホ
MF:ケコ、ラミレス、Jディアス
   オルティス、アグサ
DF:モレノ、プリド、ゴンサロ、シシーニョ
GK:リバス

SUB:アルベルト、クエジャル、ノブレハス、シドンカ、サム、Cディアス、シフェンテス

欠場:カンデラス、アントニート、ラモス、クルス





決定力に難を抱えるJディアスを心機一転右サイドへ。
ケコが左サイドに入りトップ下にはパサーのラミレス。左SBは守備的なモレノを起用。
結局オファーが来なかったゴンサーロとリバスは移籍願望も取り下げアルバセテに尽くしてくれる様子。


21716411.jpg

なんと1トップは昨季の得点王マンジュキッチでもなくスペイン人得点王のトーレスはベンチ外。
まさかのチェルチの1トップ。チェルチはミランで29試合7G0A。舐められてます。
GKも昨季リーガベスト11のモヤではなく控えの若手オブラク(22)。まあとんでもなく能力高いがサブはサブ。

中盤には1200万で獲得したドイツ代表ハーンと2100万で獲得したドイツ代表クラマーが入っているが4-1-4-1と守備的な感じ。
でもこんな飛び抜けた能力者たちにきっちりカウンターやられたらウチじゃひとたまりもないっすな。
クラマーは2150万で移籍だったがオプション付けたら3250万での移籍らしい。

CBはまだ若手の20歳ヒメネスとゴディンのウルグアイコンビ。ヒメネスも能力かなり高い。
コケ、ガビのダブルボランチは凄いなぁ。ガビ今季で契約切れるらしいけどもしかしたら・・・。
年俸も200万と周りと比べたらお手軽。来季も残留できれば賃金予算もさすがにかなり上乗せされるだろうし・・・。
まあでもメンタル優れてるし強いキャプテンシー持っててキャプテンの32歳だし普通は延長か。
ま、キャプテン、副キャプテンいっぺんに居なくなった人が言うもんじゃないけど。



現実のわけわからん戦術とは180度違うゲームのペップ。
DFをほとんど上げず、チェルチ、グリーズマン、ハーンの個人技で手数をかけずに攻めてくる。
そしてセットプレーとなるとゴディンの驚異的な高さ。ピンチの連続。

見定めが完了したのか10分過ぎてから急に上がってくる相手のSB。シケイラ、ファンフランの押し上げでもうこっちは何も出来ない。
15分で分かる圧倒的な格差。19分にコケの落としからガビが素晴らしいミドルを決め0-1。
なんとアルバセテいまだ一度も攻めることが出来ていない。

ぶっちゃけいって1部でプレーするのトルコを除けばめちゃくちゃ久しぶりになる下部リーグマイスターと化しているワタクシ。
何作品以来の1部なのかっていうヘタレマスターでございます。強い相手と戦うのって楽しいですね。
24220423.jpg


35分、ゴール前に入ったSBファンフランへグリーズマンが完璧なパスを通すと決められ0-2。
40分、ゴンサーロがチェルチを後ろから捻り潰し負傷。マンジュキッチが出てくる。チェルチでもやられてたのにエース出てきちゃった。


ワタクシ気づきました。今まで2部で降格宣言されてるようなクラブばかり率いていい気になってましたが
本当の強敵を前にした時に何をさせていいのか全くわかりません。無知無策でございます。
ハイボール入れても縦パス出してもサイドに展開しても後ろで試させてもまったくゴール前まで運べない。

前半終わって0-2。なんとシュート0。
まあアトレティコってのが運がなかった。4-1-4-1できっちり守ってくるしほんとにスペース空けてくれない。
現代サッカーって感じ。みんな凄いけど特にグリーズマンが止められない。ハーンはまだ止められた。
正直グリーズマン一人にやられてる。


ハーフタイムでMFラミレスを下げてFWシフェンテス(19)投入。4-4-2に変更。
前節同様生え抜きの若手様のフレッシュさに託す。

後半入った直後にDFシシーニョが切れ込んでやっとファーストシュート。
なんか違和感あるとおもったらアトレティコは5-2-1-2に変更。アンカーのクラマーを下げてDFミランダを投入してきた。
ペップ流守備固め?中盤が相手縦パスが通るようになってきた。

53分、オルティスが激しく削られ負傷。MFシドンカと交代。
65分、グリーズマンも交代。オリバーが出てくるが脅威が取り払われる。

85分、FWゲイホを下げてセザル・ディアス投入。

91分、こちらのFKの場面でカウンターを浴びマンジュキッチのパスで独走したハーンに決められ0-3。


0-3で完敗。しかし後半は攻めるシーンも多く作り7本もシュートをうてた。
前掛かりになって後ろが疎かになったアディショナルタイムに失点こそしたものの5-2-1-2相手では互角だった。
まあ中盤スカスカになってプレッシャーが緩くなりグリーズマンが消えて一人で突破される心配がなくなったからなんだけど。
アウェー、カルデロンで0-3ならまあいいんじゃないですか。どうせ勝てんス。

MOMはガビ。契約延長しなかったら絶対獲りに行く。精神的支柱にも持ってこい。
アトレティコのゴール全部良かったから動画あげようかと思ったけどちょっと悔しいからやめときます。
本音はめんどうってやつなんですけどね。
グリーズマンであそこまでやられたらメッシにどんだけやられるんだ。ネイマールは怪我で居ないですけど。

7(0) - 24(11)
41% - 59%

●0-3



・MFマリオ・オルティスがすねの裂傷で3週離脱。
・週間ベストゴールにガビのゴールが選ばれる。



バルセロナ戦同日のカンテラの試合。バレンシアU19に4-1で快勝。弾みがついた。
引き分けて開幕5試合で3分2敗になったビジャレアル監督ファンデ・ラモスが解任される。厳しい。

9/19 第5節
vs バルセロナ A/4


2節アトレティコに敗れたもののエイバル、ビジャレアル、バレンシアと撃破し4位のバルセロナとの試合。

FW:シフェンテス
MF:クルス、ケコ、Jディアス
   シドンカ、アグサ
DF:ノブレハス、プリド、ゴンサロ、シシーニョ
GK:リバス

SUB:アルベルト、クエジャル、モレノ、ラモス、サム、Cディアス、ゲイホ

故障:オルティス
欠場:カンデラス、アントニート、ラミレス


コーチにゲイホ、ケコ、Jディアス、モレノを外すように進言される。
流れ変えようとシフェンテス起用、更にノブレハス起用は元から考えていたけど、ケコ、Jディアスは下げられないでしょう…。
次節バレンシア戦がミッドウィークにあるのでクエジャルはそこでデビューする予定。
今日はバルサが相手で小兵が多いのでスピードのないクエジャルは危険。
バレンシアには移籍後4試合3得点のエース、ネグレド(30)がいる。クエジャルで止まるとは思えんけど。
パコ・アルカセル(22)がいい感じに干されてて可哀想。実力者なのに。

FWルベン・クルスが戦列復帰。


25255351.jpg

ペドロ、ブスケツ、ムサッキオ、バルトラが怪我で不在のバルセロナ。でもベストメンバーみたいなもん。
チャビ、ネイマールは怪我から復帰したばかりでベンチメンバー。
Bチームから上がってくる選手も他の選手に見劣りしない選手ばかり。

ただエースのメッシ、ラフィーニャあたりに疲労感が見える。
過密日程によるものでしょう。水曜日にアンデルレヒト戦をこなし中2日。そういう面では有利。
ロナウドも怪我してるしメッシも怪我してほしくないんですけどね。


虎穴に入らずんば的発想で今日はトップ下のケコにはFWのすぐ側まで上がってもらい4-4-2みたいな形をとる。
中盤枚数多くしてもどうせプレッシャーですぐ奪われるし、少しでも相手のラインを下げて中盤のプレッシャーを軽くしたい。


試合開始からFWシフェンテス(19)にピケがマンマーク。感慨深い。あのシフェンテスに・・・。
ていうかカンプ・ノウ非常に暗いけどなんで?影出てないから照明ついてない?


開始5分、メッシ、スアレス、ラフィーニャの3人で攻められゴール前に6人居ても簡単にパスを通され最後はFWラフィーニャに決められ0-1。
15分、ダニ・アウベスのクロスを冷静にトラップしたスアレスがきっちり決め0-2。ゴール前の落ち着きが違う。
21分、ラキティッチのFKからFWラフィーニャに頭で決められ0-3。
27分、サイドチェンジを受けたラフィーニャがノブレハスをあっさり抜いて0-4。ラフィーニャ、ハットトリック達成。

ハーフタイムでノブレハスを下げてDFモレノ投入。
皆まで言うつもりはないが終わったな、と。元マドリーの意地を期待したんですけどね。

グリーズマン止められないウチがスアレス、メッシ並べられて止められるわけがなかったんだ。

49分、スアレスに打ち抜かれ0-5。
ウチの選手ゴール前に何人居ても意味ねーな。ドリブル一人を止められない。
そして止めにいけば必ずラフィーニャが空いている。

53分、ラフィーニャにゴール前でキープされ最後はフリーになったメッシに決められ0-6。もうやめてくれ!

67分、Jディアスを下げてサム投入。
    バルサはメッシとラキティッチを下げてネイマールとチャビ投入。

68分、ケコのFK。DFゴンサーロが頭で合わせるとクロスバーに当たりGKテア・シュテーゲンに当たって決まりオウンゴールで1点を返し1-6。
ウチで一番のタワーマンになぜチャビがついてんだ。完全になめられた虚しいゴール。
34226451.jpg

73分、クルスを下げてセザル・ディアス投入。
82分、DFシシーニョが2枚目のイエローを貰ってしまい退場。


はっきりと自覚しました。選手の能力足りてないです。攻撃陣もさることながら守備陣は深刻。
いや全員でしょうか。今作レビューにあった格上には勝てないって分かりますね。
どんなに2人、3人で挟んでもスアレス止まりませんもん。インチキっすね。

ラフィーニャ3点、スアレス2点、メッシ1点。FWの個人技でほぼ全部ヤラレマシタ。


7(2) - 27(14)
46% - 54%

G:OG
●1-6


・Cディアスがリーグ戦250試合出場達成。


次節は中2日というのもあるけど大幅に代えてみよう。
ただDFセコ(18)をトップチームに置いてるけどセコ起用は正気の沙汰じゃないな。2部とは違う。

傷心のボクに次節の相手バレンシアのヌノ監督がスペイン人で固めてるチーム構成は素晴らしい、賞賛に値すべきだと言ってくれて
ほれてまうやろー状態のままバレンシア戦へ。



9/22 第6節
vs バレンシア H/5



2勝2分1敗で5位のバレンシアとのホームゲーム。
4位バルサと5位バレンシアの勝ち点差が4。ここの差がついてきた。


FW:シフェンテス
MF:クルス、Cディアス、サム
   ラモス、アグサ
DF:モレノ、クエジャル、ゴンサロ、アントニート
GK:リバス

SUB:アルベルト、プリド、カンデラス、シドンカ、Jディアス、ケコ、ゲイホ

出停:シシーニョ
故障:オルティス
欠場:ノブレハス、ラミレス


出場してなかったクエジャル、アントニートが先発。
中盤もラモス、Cディアスが今季初先発。


52933052.jpg

中2日の過密日程なのでバレンシアの中盤もかなり控えメンバーっぽい。
ただエース、ネグレドは先発。他にゴール決めてる選手が出てなくてもこのストライカーが居るだけで危ない。

オタメンディを主軸にしたこの守備陣から点取れるかな。
パコ・アルカセルが干されてて不憫。ウチならシフェンテスの超上位互換になれる。お給金払えないですけどね。

中盤に入ってるパレーホ。元マドリーの天才MF。大昔リーズが3部時代に獲得したなぁ。53119127.jpg 53509123.jpg


バレンシアも4-3-3の布陣。きっちり守られて3トップの個人技やってくるチーム嫌い。4-2-3-1のチームないんですかね。


ファーストシュートはアルバセテ!
CKの流れからシフェンテスが積極的に狙うもDFにブロックされる。
ここ2試合は前半シュート0だったから嬉しい。

5分、バレンシアのCKからFWロドリゴのドンピシャヘッドはギッリギリ枠の右。

30分、クルスのパスでゴール前に入ったCKディアスだったが決定機のシュートはGK正面。
31分、シフェンテスのウマイ縦パスで裏を取ったMFサムだったが、切れ込んでの左足でのシュートは枠を大きく外す。
55223010.jpg 55314082.jpg


ホームとアウェーの違いなのか、今日は自分の時間が作れてビッグチャンスも作れている。
前半終えて0-0だが、シュート数は10-14と互角。
リバスのファインセーブショー祭りではあったが、実際はエリアの外からコースを限定させて打たせてるだけなので
ガビみたいなよっぽどなコースに打たれたらどうしようもないけどリバスにはリラックスさせることができている。

こっちも大きな決定機を2つ。他にもチャンスを作っているが決められない。
Cディアス、クルスの決定力が恨めしい。


55分、Cディアスを下げてMFケコ投入。

バレンシアのシュートは全てエリア外から。きっちり守り抜いているアルバセテは67分、ラモスのFKの。
完璧な軌道のFKはGKディエゴ・アウベス(30)に止められてしまうが、弾いたボールに詰めたのはFWシフェンテス(19)!!!
きっちりと決め1-0、バレンシアを相手にホーム、アルバセテが先制!
60952339.jpg61104450.jpg
61145055.jpg

わかります?ボクの興奮。19歳シフェンテスの躍動。1部相手に物怖じせずシュートを積極的に狙う姿勢。
凄い生成選手とかじゃないですからね。初期の2部降格チームのカンテラにいた若手ですからね。
まあ必要なところが高いいい能力だったのはランダムなのかなんなのか分からないですけど良かったですが。感服です。


69分、ルベン・クルスが真後ろからタックルを受け負傷。ホルヘ・ディアス投入。
    クルスさんの怪我しやすさはもう無理ですね。Cディアスもどうせすぐ離脱しそう。

77分、アルバセテの報復タックルで相手FWカルタビアが負傷。交代枠使いきっているので10人に。

83分、疲れているアグサを下げてMFシドンカ投入。
    この流れを変えるの怖いから後ろを増やしたりはしない。シフェンテスも疲れてるけど、ゲイホ投入よりかは中盤の運動量を。

シドンカ元気満タンのくせに出てきた側からパスミスで殺意沸く。まあこの難しい試合には入りづらいでしょう。

後半AT、途中インのデ・パウルがエリア内で明らかにきな臭い倒れ方して笛がなって焦るもきっちりシミュレーション判定。



1-0で勝利!!
シフェンテスってどんな騒がれ方してるのかな。別にテクニックないしスピードも特別ない。
ただただシュート意欲があるストライカー。18歳で2部で11点。19歳で1部で2点目。

MOMはゴンサーロ。やはり守備陣の評価が高い。
今日はよく守ってくれた。クエジャルのデビュー戦となったが、ネグレドを相手に余裕の立ち回り。
スアレス、メッシじゃそうはいかなかっただろうが、相手が良かった。本人も良かった。

今日の勝利でバレンシアに勝ち点で並ぶ。


14(4) - 24(7)
50% - 50%

MOM:ゴンサーロ
G:シフェンテス(2)
○1-0


・MFアグサがリーグ戦100試合出場

バレンシア監督ヌノさんの試合後のコメント
Mira監督の偉大なチームは素晴らしいサッカーをするがそれに対応したうちの選手に満足している。少し運がなかった。
ヌノさんもう大好き。ウチの金が無いから生え抜きと自国産の戦力外集めチームを褒めてくれるなんて。
賃金総額圧倒的最下位のウチのスカッドを褒めてくれるなんて。でも批判されちゃいますよ、アルバセテにそんな弱腰じゃ。

ヌノさんに好意のコメント出したかったけど記者に質問されないと出来ないんですね。

いま見てみたら賃金19位バジャドリーになってて961万、ウチが539万。ほぼ倍になってる。
ウチの理事会セコすぎないっすか。539万とかガビ2.5人しか雇えない。

ディアビが順調に要求を下げていっている。10月には100万€割りそう。
あとディアビと平行して元バルサのアフェライ(29)も狙っている。まったくどこからも声がかからず。
ディアビと条件ほぼ一緒なのでどっちか獲りたい。アフェライのほうがほしい。2列目全部できるし。




9/25 第7節
vs グラナダ H/15



何故か金曜日に中2日でのグラナダ戦。
グラナダは1勝2分3敗で15位。10位アルバセテとは3ポイント差。

アトレティコ、バレンシア、ビジャレアル、バルセロナと強豪連戦だが1分3敗と不調のグラナダ。
勝っておきたいところ。ここで勝てば残留できる気がするぅー。
13237415.jpg


FW:ゲイホ
MF:Jディアス、ケコ、サム
   シドンカ、アグサ
DF:モレノ、クエジャル、ゴンサロ、アントニート
GK:リバス

SUB:アルベルト、プリド、シシーニョ、ラモス、ラミレス、Cディアス、シフェンテス

故障:オルティス
欠場:カンデラス、ノブレハス、クルス


連戦の影響で流石に19歳シフェンテスに負担を強いるわけにはいかずゲイホ(33)が先発。
ゲイホは10/11に2部グラナダにレンタルで加入し34試合で24得点。見事昇格に貢献。
しかし続く11/12シーズンは1部で24試合2得点と不発で翌シーズンはワトフォードへ移籍している。

2列目はクルスがコンディションが戻らずベンチ外。ホルヘとケコがスタメン復帰。
2部ではストロングポイントだった2列目、ホルヘ、セザルのディアスコンビ、ケコ、サム、クルス、新加入ラミレスが1部では誰も通用しない。
スペシャルな選手が入れば注意が集中してもう少しラクにプレー出来るかもしれない。そのためにアフェライがほしい。

バレンシア戦良かったアントニートがそのままスタメン。今日も良ければシシーニョからスタメンを奪い返すかもしれません。
ボクは完全結果主義。能力がどうだろうと試合内容で決めます。そのために試合見てるんだ。


グラナダは4-1-4-1の布陣。
ウディネーゼで大活躍したMFアラン(24)など粒ぞろいの陣容。しかし消耗激しく控えメンバーも多く出ている。
14405157.jpg

14545374.jpg



この試合ファーストシュートはグラナダのアラン。シドンカを振り切りながらエリア外から狙うも枠の上。
7分、サムのクロスにFWゲイホが頭ですらすが、シュートは枠の左。体勢が悪かったももっと強く当てたかった。

18分にサム、20分にゲイホが立て続けにシュートを放つも枠の上。
2部時代より格段にシュート精度が落ちたのは守備のプレッシャーの質の差もさることながら1部という舞台のプレッシャーもあるんでしょうね。

30分過ぎにもケコの突破からゲイホの左足。それで得たCKでDFゴンサーロが頭で合わせるもどちらも決められず。

なんかいやーな感じ、気分になっていくが40分に少数でカウンター炸裂。
ケコのパスでサムが右サイドを駆け上がると、トラップで上手くDFの意表を突きほぼフリーで切れ込む。
最初の数的不利を感じない速攻でゴール前で同数の場面を作ると雑なパスだったがゲイホがDFゴメスに競り勝ちフリーでシュート。
これが決まり1-0でアルバセテが先制!!
20922821.jpg
21026009.jpg 21213590.jpg

サムからゲイホへのパスはほんと雑で相手DFへ渡してるようなレベルだったが後ろから体をぶつけて競り合いゲイホがマイボールにした。
ファールスレスレのファインプレー。素晴らしいゴールです。


1点差のままだと何があるのかわからないのが魔境一部だと既に骨身にしみているので変わらず前からプレス。
すると67分、こっちの自陣からのロングボールはDFウルトーに処理されるがそのバックパスが甘くFWゲイホが奪って決め2-0!!
ゲイホこの日2点目で2-0とリードを離す。

2点差なのでさすがにSBの上がりを制限し守備体制に。
ケコ、アグサを下げCディアス、ラモス投入。フレッシュさを投入。

74分、厳しいタックルを貰ったFWゲイホが負傷。相手選手にはイエロー。
    シフェンテス投入。疲れてるけど15分くらいなら大丈夫でしょう。少しでも経験値稼ぎ。DF増やしてもね。

76分、ラモスが正面20M程度の位置から直接FKを決め3-0。
    ほぼ真ん中へのシュートだったが、スピードボールを相手GKオラザバルが弾けなかった。
23504693.jpg

23629485.jpg 23637586.jpg


78分、相手の長いアーリークロスにFWホナにフリーで打たせ3-1。
枚数はいっぱい居たがマークに付けずフリーで打たせてしまった。
3点もリードして慢心ですね。


3-1で勝利。
今日は内容よく完勝。失点はよろしくないが、3点もリードさせたチームへのご褒美。怒らない。

採点こそ6.4と低いし悪い意味で目立ってたホルヘ・ディアス。
4本のシュートを放つ積極性が良かった。全部枠の右に外れたけど、切れ込んでエリア外から積極的に狙う姿勢や良し。
枠内に入ってればゴラッソと叫びたくなるようなカッコよさではあった。全部外れてるけど。
サイドでの受け方も良かったし、結局決定機を演出できてないしゴールもないから評価は低いけど今日みたいなのやれれば結果は出せる。


21(8) - 7(4)
59% - 41%

MOM:ゲイホ
G:ゲイホ(2,3)、ラモス(1)
○3-1


MOMを貰えるほどの活躍だった2得点のFWアレックス・ゲイホ(33)が2椎間ヘルニアで3ヶ月の離脱。
ほんと、まじでさあ、ちょっとキツイ。3ヶ月って。19歳シフェンテスを軸にクルス、Cディアスかな。



30854524.jpg

25425297.jpg


ビルバオとマドリーを撃破したソシエダが現在首位だが、強豪との試合をまだたくさん残しているのでこのままではないでしょう。
暫定だが7位のアルバセテ。バルセロナにボコられたが、いい位置につけている。
それでも次の4試合も強豪三昧。1部に来た以上余裕で勝てるチームなんてほぼ無い。勝ち点4くらいは上積みしたいところ。
しかしゲイホを失いシフェンテスだけで大丈夫でしょうか。放り込み要員すらも失った。


ふとレアルマドリーの陣容見たらやっぱりゲイスも出番少なくビリアは1試合に途中出場しただけ。やっぱ要らないっすよね。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/12(土) 12:39:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

alb2/5 | ホーム | alb2/3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/268-e0111927

| ホーム |