名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン3

1/2  第26節
    vs Forest Green (14/A)



前半戦は5‐1で快勝。


GK: 12イースト
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 15ラッセル、28テイラー、23オーキーフィ、20ソーンダース
FW: 16アダム、18ウォレス

SUB:25リンドバーグ、21エレベルト、10フセイーニ、11ローレント、26アダムス



18歳イーストが加入後初先発。
加入した翌日の試合です。
イーストは1対1の反応に優れコーチングもできるGK



前半は相手のボール回しにほとんど何も出来ず。
スコアレスで終える。

46分、テイラーのシュートはクロスバー直撃。この人枠に当てる回数が異常。

56分、オーキーフィの頭での落としからアダムが決めてインプスが先制。
57分、ウォレスに代えてジャック・アダムス投入。
70分、テイラーに代えてフセイーニ。
80分、ブラックマンに代えてえれべると投入。

86分、サイドを突破され決められ同点。
後ろからタックルを仕掛けたオーキーフィのオウンゴールとなった。


後半たくさんのチャンスがあったが決められない。
ソーンダースは毎試合チャンスが来るが決めれない。
シュート数6:22 こんなに差があったのに。







1/11  第27節
     vs Tamworth (21/H)



GK: 12イースト
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 20ソーンダース、28テイラー、23オーキーフィ、15ラッセル
FW: 16アダム、26アダムス

SUB:25リンドバーグ、21エレベルト、20フセイーニ、8パワー、18ウォレス


ソーンダースとラッセルを左右入れ替える。

DFワッツ(23)と契約を2年間延長し2014年までに更新する。

後GKの補強を控えています。
アニョンが5.7万€と高年俸ながらプレーもそんなによくないので放出。
現在4部や5部から声がかかってます。その穴埋めで一人交渉中。

今のところ補強はそれくらいしか考えてません。



一方的に攻め込むが得点できず。
HTで攻撃的に指示する。

64分、テイラーに代えてフセイーニ。
68分、アダムスに代えてウォレス。
79分、ラッセルに代えてパワー投入。


0‐0で終了。
アダムは枠内に飛ばしちゃいけない契約でも結んだのか。
誰も決められずスコアレス。

2位に後退。


FWウォレスがハムストリングの肉離れをおこし5週間の離脱。







1/13

4部スウィンドンからGKマーク・スコット(21)を獲得。
4年契約で年俸3.7万€。
コーチングができバランスのとれたGK。1対1での反応はあまりよくない。
背番号は1
本人は18が好きなようなので来季ウォレスが退団したら18にするかも。


一方GKジョー・アニョン(25)を4部Torquayに放出。







1/14  FAトロフィー2回戦
     vs Bromley (A)



6部とのカップ戦。


GK: 1スコット
DF: 21エレベルト、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 11ローレント、10フセイーニ、23オーキーフィ、17ニコラウ
FW: 16アダム、9ペリー

SUB:12イースト、グリーン、8パワー、14サム・スミス、26ジャック・アダムス



ユース出身のDFエリオット・グリーン(18)がベンチ入り。背番号は33


30秒で失点。何が起こった。


52分、ペリーに代えてジャック・アダムス。

60分、CKからホーンが頭で決めて同点!
全然決められなかったからしんどかった。

81分、ローレントのパスで抜けだしたアダムがやっとこさっとこ決め2‐1。
5本以上のドフリーでのシュート。抜け出しまでは快速で凄いのに最近枠に飛ばせない。

82分、オーキーフィに代えてパワー。

93分、相手のCKからのカウンター。
     アダムが持ち込み最後はニコラウが決め3‐1

最後にサム・スミスを投入し時間稼ぎと共に試合終了。
苦しい試合だったがなんとか勝利。3回戦へ駒を進めた。





1/16

フリーだったMFマイケル・キング(20)と契約合意。
3年契約で年俸3.7万€

スピード豊富な左サイドアタッカー。
2部バーンリー出身の選手。まだ公式戦出場経験はない。

背番号は22
下部組織出身のFWハッチンソンの番号だがレンタルに出ているので空いていた。




1/17

DFトニー・シンクレア(26)を同リーグのAFC Telfordに放出。
今季公式戦1試合出場に留まっていた。







1/18  第28節
     vs AFC Telford (18/H)



GK: 1スコット
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 20ソーンダース、28テイラー、23オーキーフィ、22キング
FW: 16アダム、9ペリー

SUB:12イースト、33グリーン、10フセイーニ、15ラッセル、26アダムス


AFCテルフォードにはインプスから移籍したマカラムとシンクレアが先発。


60分、相手のミドルシュートが決まり失点。スコットは触ったが弾けなかった。

64分、ペリー、テイラーに代えてアダムス、フセイーニ。


最後まで攻めたが決められず。
0‐1で敗戦。
これでリーグ戦3試合連続勝ちなし。辛い時期。






1/21  第29節
     vs Mansfield (4/A)



GK: 12イースト
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、21エレベルト、17ニコラウ
MF: 15ラッセル、10フセイーニ、8パワー、22キング
FW: 16アダム、26アダムス

SUB:1スコット、33グリーン、28テイラー、20ソーンダース、14サム・スミス



連戦で厳しいのでほとんどサブメンバー。
なんとか勝ちたいが相手4位だしな・・・。


7分、CKからワッツが頭で決めてインプスが先制。今季2点目。
16分、相手の上手いパス回しからマークがズレ失点。

35分、ワッツがエリア内でファールをしたとしてPK献上。
    そのタックルでワッツが負傷退場。18歳のエリオット・グリーンがデビュー。
    PKを決められ1‐2。


55分、キングに代えてソーンダース投入。
68分、ジャック・アダムスに代えてサム・スミス。

77分、あいてのCKから決まり1‐3。


2連敗。4試合連続勝ちなし。
一方的な敗戦。





1/23


マンチェスター・シティから2人の選手を獲得。

DFキーラン・ケネディ(18)、186cmながらスピードもあるCB。
まずは体作りからだがエリオット・グリーンが期待はずれだったので出番もあるかも。
背番号は35で5年契約を結んだ。

MFジョージ・エバンス(17)、スピードのあるセントラルミッドフィールダー。
パスの出し手として期待。
背番号は34で3年契約。年俸は2万€。




1/28

リーグ戦が延期。





2/1  第30節
    vs Stockport (1/A)


5位にまで落ちたインプス。
首位チームとの試合。厳しい試合になりそう。


GK: 1スコット
DF: 21エレベルト、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 20ソーンダース、28テイラー、23オーキーフィ、22キング
FW: 16アダム、29ハッチンソン

SUB:12イースト、35ケネディ、10フセイーニ、15ラッセル、26アダムス


レンタルから帰還したハッチンソンが先発。
シーズン当初は背番号22だったがレンタル中にキングがつけたので29に変更。

移籍先の6部リーグでは15試合で3得点だった。


右サイドバックのゴーリングが3週間の離脱。
エレベルトが右に入る。


17分、失点。

24分、アダムがドリブルで突破、怒りの強烈シュートを叩きこんで1‐1。
久々に綺麗に決めてくれた。

47分、あっさり決められ失点。1‐2。ワッツが2点とも簡単にマークを外した。


55分、DFワッツに代えてキーラン・ケネディ投入。
66分、エレベルトが負傷退場。ハッチンソンを右サイドバックにしてジャック・アダムス投入。
    更にキングに代えてラッセル。

78分、ハッチンソンサイドからのクロスに頭で合わせられ1‐3。


1‐3で敗戦。

ケネディがプロデビュー。






2/4  FAトロフィー3回戦
    vs Barrow (A)



同一リーグ22位のバローとの試合。
引き分けは再試合なので決着付けたい。


GK: 1スコット
DF: 21エレベルト、4ワッツ、35ケネディ、3ナッター
MF: 15ラッセル、10フセイーニ、23オーキーフィ、22キング
FW: 16アダム、29ハッチンソン

SUB:12イースト、6ホーン、34エバンス、11ローレント、26アダムス



ナッターが復帰。ケネディが初先発。エバンスがベンチ入り。


32分、ケネディが負傷退場。ホーン投入。

HT、ハッチンソンに代えてジャック・アダムス。


試合はかんぜんに支配しているもののシュートを枠に飛ばせない。
そんなイライラする展開が続くがアダムのクロスからアダムスが決めインプスが先制。

75分、オーキーフィに代えてエバンス投入。



1‐0で勝利。
最終的に5‐4‐1でガチガチに守った。
リーグ戦3連敗中だったがやっとさっとこ勝利することができた。





2/11

リーグ戦が延期。
ピッチが冠水して延期しすぎ。鬼のような過密日程が待ってる。





2/14  第31節
     vs Luton (5/H)



現在6位のインプス。5位のルトンとの試合。
5位のプレーオフ圏内には入りたい。勝ち点差は1。インプスは2試合未消化。


GK: 12イースト
DF: 21エレベルト、35ケネディ、6ホーン、3ナッター
MF: 15ラッセル、34エバンス、23オーキーフィ、20ソーンダース
FW: 16アダム、18ウォレス

SUB:1スコット、4ワッツ、10フセイーニ、22キング、26アダムス


FWウォレスが復帰。
17歳エバンスが初先発。ケネディも先発。


17分、FKから頭で決められ失点。
19分、右サイドから崩され失点。0‐2。

なんかリーズといいインプスといい年が明けると大失速してしまう。
酷使しすぎなのかな。


後半2失点。
CKからDFワッツが決めるもそれまで。1‐4で敗戦。

もうどうしたらいいかわからない。





2/17  第32節
     vs York (8/H)


GK: 1スコット
DF: 36リゲット、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 15ラッセル、10フセイーニ、8パワー、22キング
    18ウォレス
FW: 16アダム

SUB:12イースト、35ケネディ、28テイラー、17ニコラウ、26アダムス



ユースから17歳リゲットを招集。そしてトップチームデビュー。
右サイドバックが居ない。

そして4‐4‐1‐1に変更。


16分、CKからウォレスが頭で決めてインプスが先制!
27分、ホーンのクロスからキングがあわせて2‐0。キングは加入後初得点。

32分、FKから頭で決められ2‐1。
41分、キングのアーリークロスからジャミル・アダムが頭で決め3‐1。

56分、ウォレス、パワーに代えてアダムス、テイラー。


83分、相手のCKからの流れでスーパーロングシュートが決まり3‐2。
     ブラックマンに代えてニコラウ投入。



3‐2で勝利!
リーグ戦は12月28日以来の勝利。本当に勝ってなかったんだな・・・。
7試合ぶりの勝利となった。





2/22  第33節
     vs Ebbsfleet (7/H)



前半戦は1‐3で完敗した相手。順位も1個したの相手だし
プレーオフ圏内の5位とも近いので勝たなければならない。


GK: 1スコット
DF: 36リゲット、4ワッツ、6ホーン、2ブラックマン
MF: 20ソーンダース、10フセイーニ、23オーキーフィ、22キング
    18ウォレス
FW: 16アダム

SUB:12イースト、21エレベルト、28テイラー、8パワー、26アダムス


リゲットが2試合連続での出場。


12分、イーストンに直接FKを決められ失点。

57分、ウォレスに代えてジャック・アダムス投入。
68分、フセイーニに代えてパワー、今日精細さを欠いていたホーンに代えてエレベルト。

80分、マイケル・キングが負傷退場。残り時間10人でプレイすることを余儀なくされる。

85分、決められ0‐2。



キングは4週間の離脱。
まずい試合をしてしまった。






2/25  FAトロフィー4回戦
     vs Stockport (H)


同リーグの首位チームとのカップ戦。


GK: 1スコット
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、21エレベルト、3ナッター
MF: 15ラッセル、28テイラー、23オーキーフィ、20ソーンダース
FW: 16アダム、26アダムス

SUB:12イースト、35ケネディ、8パワー、17ニコラウ、9ペリー


ゴーリングが復帰。


15分、ナッターのCKからワッツが頭で決めて先制。さすがなったーのプレイスキック。
17分、オーキーフィからパスを受けたアダムが冷静に決め2‐0。
36分、アダムが抜けだして決め3‐0。


54分、オーキーフィに代えてパワー投入。
66分、ソーンダースに代えてニコラウ、ゴーリングに代えてケネディ投入。



アダムの2得点の活躍により3‐0で圧勝。
現在リーグ戦6試合で1勝5敗中だったインプス。
勝てるとも思ってなかったし、今後もっと過密日程になるので軽く複雑。






2/29  第34節
     vs Barrow (22/A)



GK: 1スコット
DF: 5ゴーリング、4ワッツ、21エレベルト、3ナッター
MF: 15ラッセル、8パワー、23オーキーフィ、20ソーンダース
FW: 26アダムス、16アダム

SUB:12イースト、6ホーン、34エバンス、17ニコラウ、9ペリー


4分、あっさり失点。思惑が外れる。ナッターがマークを外していた。

12分、アダムスのシュートはクロスバー直撃。
    このジャック・アダムス。デビュー戦でハットトリックと凄まじいデビューを飾ったものの
    その後鳴かず飛ばずで現在リーグ戦12試合で4得点止まり。
    チャンスは作るものの絶望的に枠に飛ばせない。バーに当たることも多々ある。
    決め始めたら止まらないんだろうな・・・。動きはいいし・・・。

19分、ジャミル・アダムがミドルシュートを決め同点。珍しいミドルシュート。
    いつもは持ち込めるだけ持ち込むのに。


65分、パワーに代えてエバンス投入。
79分、ラッセルに代えてニコラウ投入。

80分、ナッターのバックパスを奪われ失点。最悪だ。
81分、アダムスに代えてペリー投入。

89分、前掛かりになったところ攻められ1‐3。



これで最近のリーグ戦1勝6敗だ。もうどうしたらいいのか。わからない。









全然勝てなくなった。







1月に入ってから。
いくらなんでもこれは酷い。それまで首位だったんだ。一体何がどうなってんだ。
リーグ戦1勝2分6敗

使ってなかった若い選手や新加入の17歳、18歳を起用してみたものの起爆剤になれず。

理由は分かってる。たぶん。
守備だ。安定しない守備のせいで攻撃面もおろそかになってしまっている。
しかし選手が居ない以上どうすることもできない。来季の補強頼みだな・・・。
絶好調だった生え抜きのホーンがガス欠してしまったのが痛い。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/03/02(金) 06:26:36|
  2. Lincoln City|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーン4 | ホーム | リンカーン2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/26-033f8539

| ホーム |