名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

alb6

11/2 第11節
vs ラスパルマス A/6



5勝2分3敗のラスパルマスとのアウェーマッチ。
カップ戦では2-1で勝利している。


FW:Cディアス
MF:ケコ、クルス、Jディアス
   オルティス、シドンカ
DF:ヌネス、プリド、ゴンサロ、アントニート
GK:リバス

SUB:アルベルト、パレデス、ポルツ、ムニス、サム、チュンビ、シフェンテス

欠場:モレノ、ファンラ、ノゲロル、ラモス、ベニート


今作は聞いていたとおり出番が少ない選手が文句を言いやすいようです。
なので優れたバックアッパーみたいな扱いは難しいでしょうね。
トップチームも若くて伸び盛りの選手ばかりだと出番要求で面倒くさいことになりそう。
若い選手が多いアルバセテなのでポルツはもうサヨナラコースだと思います。

生え抜きでクラブ愛持ってる選手とか貴重そう。良い選手今回出てきてくれるかなぁ。


主審:R・マタ 中間


相手は4-1-4-1の布陣。レジェンド、バレロン(39)はベンチ。
トップ下無いし運動量ないし周りがフォローしてあげないと大変な選手。






相手は1トップ以外下がってゴール前を埋めるので高さが一欠片もないアルバセテは大苦戦。
そのくせカウンターは上手く、ゴール前でゴンサロが体を張ってくれてるが危ない場面を作られてる。
確実にパスをつながれサイドから崩されかけている。

後半に入り46分、DFヌネスがエリア内でファールしたとしてPK献上。
MFオルティスの抗議も聞き入れてもらえず。MFクリオに決められ0-1。
31813981.png


点入れられてから本調子になってきたアルバセテ。
「あ、決められた」と言ってしまうようなカウンターも何度も運良く防ぎつつ流れを作っていく。

63分、負傷したクルスを下げてMFサム投入。
76分、MFシドンカを下げてMF、ムニス投入。

するとこの交代がハマり77分、
ムニスのパスで裏を取ったMFサムが決め同点!!
こちらのCKからの流れでパス回してる内に相手選手のマークがバラバラになった。
サムのシュートもほとんどモーションがなくおそらくトーキックでのシュートでGKのタイミングも合ってなかった。ウマイ!
233056369.png 233221299.png


81分、Cディアスを下げて、FWシフェンテス(18)を投入。チュンビと悩んだが、思い切ってシュート打ってもらいたい。

91分、Jディアスが奪われ縦パス一発。DFゴンサーロがファールで止めPK献上。
    終わった・・・て感じだったが、MFクリオのPKを今度はGKリバスが防ぎゴールならず!!
33914809.png


試合終了。1-1のドロー。
ラスパルマスにウマイことハメられた試合だったが、交代策が当たり引き分けに持ち込めた。
守備的ながら上手いカウンターを何度も仕掛けられ厳しい戦いだった。

10(4) - 14(7)
58% - 42%

G:サム(1)
△1-1  4位


・MFベニートが練習試合で膝を捻挫し4週間の離脱。
・練習中にキャッチングを誤ってGKアルベルト(26)が手首を骨折し2ヶ月の離脱。
・DFファンラがハムストリングの肉離れで5週間の離脱。ファンラは完全に怪我が癖になってる。
 生え抜き選手で将来に期待していたが、他に生え抜き選手たくさんいるし諦めよう。



11/9 第12節
vs レガニェス H/15



FW: Cディアス
MF: サム、クルス、Jディアス
    オルティス、シドンカ
DF: ヌネス、ノゲロル、ゴンサロ、アントニート
GK: リバス

SUB:41マリオ・ホセ(18)、プリド、モレノ、ムニス、ラモス、ケコ、チュンビ

故障:アルベルト、ファンラ、ベニート


GKアルベルトの代わりにカンテラから18歳GKを招集。
リバスが飛んだ瞬間シーズン終了する瀬戸際。
モレノ、ラモスが怪我から復帰しベンチ入り。

サムが先発メンバーに入り、ケコがベンチ。
今季チーム2位の12試合先発しているが、絶対ではないことを認識させて発破をかける。
唯一13試合全先発しているのはDFゴンサロのみ。

キャプテンのノゲロルも先発。

主審:Jロペス  やや寛大


この前の29ファールの審判かと思ったが別人。前はアセラ氏。
でも同じやや寛大だからちょっとこわい。


レガニェスはドン引きスタイルの4-4-2。こういうチームは高さで攻めたいが無いのでミドル狙いかなぁ。
攻め気出し過ぎると2トップにカウンターされるのでほんとうに怖い。


結構大雨の中での試合。

開始4分、オルティスからエリア内でパスを受けたホルヘ・ディアスが積極的に狙うとニアサイド、ゴールに突き刺さりアルバセテが先制。
ファーストシュートでのゴールでちょっとびっくり。ホルヘはこれがリーグ戦3点目。
734150.png


しばらくアルバセテの流れだったが、28分カウンターを浴びゴール前でゴンサロがファールで止めFK献上。
正面からの直接FKを決められ1-1の同点に。FKよく決められるのはやっぱりGKの質かなぁ。


試合開始直後はなぜか空いていたけど、冷静さを取り戻したレガニェスのドン籠もりに崩す手がない。
結局MFオルティスが最後にエリア外から素晴らしいミドルシュートを打ってくれるが、たしかに惜しい。なんか入りそう。
でも簡単に入らないのがフットボール。ズルズルとレガニェスの術中にハマっていっている感は否めない。


それでも前半AT、CKからの流れ。
サムからパスを受けたFWルベン・クルスの左足でのシュートはスライディングで防ぎに来たDFにブロックされるが、
コースが変わったボールがゴール前の相手5番にあたってこぼれるとMFシドンカがゴール右上に決め2-1!!
22736052.png
22842544.png 222913926.png


下手くそのレッテルを貼られていたシドンカ(24)のゴールで勝ち越しに成功しハーフタイムへ。

70分、クルス、オルティスを下げてケコ、ラモス投入。
82分、ホルヘ・ディアスを下げてDFプリド投入。5-3-1-1に変更。


崩そうにもGKと1対1なんて相手のスタイルから土台無理なので
崩す前に打つ、で戦い結果的に枠内シュート率は悲惨なことになったが、惜しい場面もたくさん作りマイペースに進められた。


26(5) - 5(2)
59% - 41%

MOM:ホルヘ・ディアス
G:Jディアス(3)、シドンカ(1)

○2-1  4位


・DFゴンサーロが累積警告で次節出場停止。

・前節ゴールを決めたホルヘ・ディアスが練習中に頭部裂傷で2週間の離脱。

練習で怪我人多くないっすか。どんな危険なトレーニング積んでるんだ。
まあ現実的な話するとコーチが足りてないと思う。推奨人数最初からオーバーしてて新しいスタッフ雇えないし
お願いしてもお金ないっしゅって言われるだけ。
 


11/16 第13節
vs レクレアティボ A/14



4勝4分4敗のレクレアティボとのアウェーマッチ。

FW:Cディアス
MF:サム、クルス、ケコ
   シドンカ、オルティス
DF:ヌネス、ノゲロル、プリド、アントニート
GK:リバス

SUB:ホセ、パレデス、モレノ、ポルツ、ラモス、ムニス、チュンビ

故障:アルベルト、ファンラ、ホルヘ・ディアス、ベニート
出停:ゴンサロ


主審:P・フェルテス 寛大


レクレアティボは4-4-2のシステム。

28分、バレンシアから加入したMFモリーナにCKから頭で決められ0-1。
更に33分、アーリークロスからFWメサに頭で決められ0-2
42分にはまたもやCKから決められほぼ終戦。前半の内に0-3にされてしまう。


57分、オルティスを下げてFWチュンビ投入。4-4-2に変更。

63分、DFプリドの自陣からの適当クリアで裏を取ったFWチュンビが決め1-3。ちょっとびっくりゴール。
61548885.png


66分、Cディアスを下げてムニス投入。疲れが見えるし今日はダメだった。
75分、サムを下げてラモス投入。疲れが見えるアタッカーから替えていった。


攻める場面も多かったが、結局チャンスを作っても決められず、1-3で完敗。
やはり全試合出場だったDFゴンサーロ(30)の出停が響いたんですかね。
キャプテンでなくてもやはり主力として柱になってるはずですから。

なまじ後半奮闘したせいで殆どの選手が評価点6.4以下から6.5以上に格上げされてしまい警告出せなくなった。
せっかくの完敗、叱って選手が気合入れれば勝利意欲か運動量が1、または共に上がるチャンスだというのに。


14(5) - 13(8)
50% - 50%

G:チュンビ(1)
●1-3  6位


・SBモレノ(22)が風邪を発症。お家に帰ってください。



11/23 第14節
vs オサスナ H/14



4勝5分4敗で14位のオサスナとのホームゲーム。
アルバセテは暫定で7位に後退。今日勝てばプレイオフ圏内に戻れる。
許されないのは連敗。悪い流れを払拭したいところ。

FW:クルス
MF:サム、ケコ、Cディアス
   シドンカ、オルティス
DF:ヌネス、プリド、ゴンサロ、アントニート
GK:リバス

SUB:ホセ、ノゲロル、カンデラス、ポルツ、ラモス、ムニス、チュンビ

故障:アルベルト、モレノ、ファンラ、Jディアス、ベニート


主審:R・ベンゴエテシェア  厳格


オサスナはある程度なクラブと思っていたがメンバー的には微妙。
守備に良い選手を抱えているが今日、攻撃的に入った2選手はまだ若くまだまだ。
1トップに入ったニノ(34)はレジェンドで135万ユーロの大金を貰っているが、今季7試合で0G3Aと給与に見合ってない。

4-3-3のシステム。

大雨の中での試合。


試合開始から右サイドを中心に押せ押せムード。
多少カウンター取られても1トップのニノ(34)がもう遅い。怖くない。
両サイドも19歳と20歳のまだ微妙な選手。アントニートがいつも以上にガンガン前に出ていくと

19分、アントニートの突破からのクロスに頭で合わせたのは今日FWの位置に入ったルベン・クルス!!
    クルスの今季2点目のゴールでアルバセテが先制、ウチでは珍しいヘディングシュートでのゴールとなった。
081642131.png 1711218.png


25分、左サイドから崩し、最後はサムのパスからFWクルスが左足で決め2-0。クルス爆発、昨季23得点男の本領発揮。
28分、右サイドのルビオにドリブルでヌネスが抜かれ、そのまま決められ2-1。ヌネス・・・。

38分、速攻。最後はオルティスの縦パスを受けたケコがダイレクトでシュートを叩き込み3-1!!
    ケコはこれが今季初ゴール。とにかく決定力のない男がようやく決めてくれた。


66分、サムに代えてチュンビ投入。
72分、Cディアスを下げてDFカンデラス(19)投入。5-4-1へ変更。
82分、オルティスを下げてラモス投入。


連敗しない強さ。3-1で勝利。
しかしいい速攻出来ていたがゴール数=枠内数。決定力以前に精度が悪い。
ただ相手のGKの質も上がっているのでポルトガル時代のような緩いシュートは止められるので仕方ない面もありますね。

12(3) - 9(2)
55% - 45%

MOM:クルス
G:クルス(2,3)、ケコ(1)
○3-1  3位




93527896.png

94352763.png

順調に勝ち点を積み重ね現在4位。やっぱり全勝やってるよりかはこっちのほうが楽しいです。
適度に失点もするし、いろいろ試行錯誤して戦術指示してるので楽しめています。
若干セットプレーからの失点に偏ってる感もありますが、高さ無いチームだしそういうもんでしょう。

首位のベティスも最近4試合で2勝1分1敗で足踏み。首位争いは熾烈になってきている。
今4位ですが、勝ち点差が詰まっているので上にも下にもすぐ乱高下できる状況。
とにかく2試合連続で負けや引き分けにならないように、2試合に1試合は勝つという心構えでやっていきたい。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/30(木) 17:17:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

alb7 | ホーム | alb5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/250-27c8882b

| ホーム |