名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bei4

リーグの選手登録制度だけど19歳以上は30人まで、全員で50人まで。
国内育成8人登録が必要なのだが、よくかんがえたら30人全員外国人でも残り20人のU19で8人登録すればいいだけのようです。
まあカップ戦はポルトガル人先発規定があったりするし、元々国内選手集めるのが好きだからそういうことはしないですけど。



8/16 第2節
vs ギマランイスB (A)



1部ギマランイスのBチームとの対戦。

FW:ロッジャ
MF:セバイヒ、インディオ、エジバンジオ
   ジュニア、アシス
DF:ビニャ、レイス、エンリケ、モレイラ
GK:マルシオ

SUB:レゴ、ディエゴ、ウロブレウスキ、アンデルソン、ソウザ、パウリーニョ、ナジソン

故障:チャパロ、エンバロ
欠場:マナファ、エドゥ


マナファ、エドゥが連戦の疲労でお休み。
今日が中2日、次が中3日。更に中3、2、3と続くので怪我人を増やさないようにしたい。
MFには前節に引き続きアシスが先発し、RSBには30歳モレイラが入る。

セバイヒが怪我から復帰。左サイドで先発入り。


主審:ジョアン・カペラ 中間





相手は4-5-1の布陣。
2トップじゃないと相手の攻撃がまったく怖くない。常に攻め続け20分、
アシスのロングクロスにエジバンジオが頭で落とすとインディオがきっちり決め1-0、ベイラが先制。インディオはさすがの決定力。

気づいたけど、今作の妙なリアリティはシュートのコースが甘くてもスピードがあったりGKのポジショニングで決まる。
まあ決まるのはGKの能力依存でしょうけど。たぶんプレミアンGKはスーパーセーブショーになってるんだろうな。現実もそうですね。
083725956.jpg 083741848.jpg 083750788.jpg


こんなところでゴールアピールするのは初めて見た。そっちは相手側観客席ですよ。煽ってますよ。
084113988.jpg


52分、相手の縦パスをDFビニャがクリアミスで後ろにすかす。
    グイに突破され速いクロスにFWアリアスに決められ1-1。

64分、インディオ、アシスを下げてアンドレ・ソウザ、アンデルソン投入。中盤2枚替えで運動量をあげる。
75分、FWロッジャを下げてナジソン投入。

最後までもうガンガン攻める。縦にドンドン入れ続け必死の猛攻。
すると90分、相手の守備ラインが乱れる。MFジュニアの浮き球の縦パスでフリーだったFWナジソンがハンパないシュート。
こんなシュートって現実で出来るんスカ?少林サッカーですね。少林ナジソン。
090815084.jpg
090836645.jpg 090847094.jpg 090853642.jpg 090905181.jpg
このチーム、ゴール決めてもゴールセレブレーションで走らず歩く選手ばかりだけどシャイなの?


失点は仕方なしだが、もう少し簡単に追加点を決めたかった。
それでも最後には途中投入ナジソンのスーパーゴールにより勝ち点3を獲得。開幕から2連勝となった。

17(9) - 3(1)
59% - 41%

MOM:ジュニア
G:インディオ(1)、ナジソン(1)

○2-1 
 

たぶん手こずったのもチャパロ離脱が響いていると思う。それだけ別格の選手。
来季たぶんチャパロ、ロッジャ、GKマルシオの高給トップ3が退団すると思うけど大丈夫かな?

・またもやGKレゴ(34)が離脱。インフルエンザを発症し10日間の自宅静養。
 いくらなんでも体にガタが来すぎなような。クラブを代表する選手で正直能力はマルシオより劣るが、
 来季居ないだろうしこっち使いたいのだが。契約も3年残っているのだが・・・。現実ではレゴがレギュラーだった様子。
 マルシオは途中退団らしい。そもそもなんでマルシオがこんなに能力高いのだろうか。



8/20 タッサダリーガ
vs フェイレンセ (A)



薄々感じてたけど今作はコンディションの回復がかなり遅い気がする。
まあかなりって言っても2%とかの差だとは思いますけど。14より万全になるのが遅い。
更に体調が100%にならない。まあここは試合勘みたいな部分でもあったしよくわからないからいいんですけど。
逆に怪我明けとかでもこの体調はそんなに下がってない気がする。前より下がりが緩やか。

おそらくコンディションの回復は能力依存なんでしょうかね。スタミナとか健康さとかが高ければ回復するとか。
ウチは所詮ポルトガル2部なんで大した選手は居ません。


FW:ロッジャ
MF:セバイヒ、ソウザ、エジバンジオ
   アンデルソン、エドゥ
DF:ビニャ、ディエゴ、エンリケ、マナファ
GK:マルシオ

SUB:カブラウ、サントス、ウロブレウスキ、アシス、インディオ、パウリーニョ、ナジソン

出停:レイス
故障:レゴ、チャパロ、エンバロ
欠場:ジュニア


ジュニアがお休み。アンデルソンが今季初先発。
出停のレイスの代わりにディエゴが先発。

主審:ホルヘ・ソウザ 中間


今作は試合直前で通路インタビューなるものがあるらしい。いくつか質問された。
今日のあいては5-1-2-2のシステム。WBのオーバーラップに要警戒。負けたアヴェス戦と同じ2トップも怖いところ。


HTで負傷していたマナファを下げてウロブレウスキ投入。
62分、エジバンジオ、セバイヒを下げて、インディオ、パウリーニョ投入。

64分、エリア内でDFディエゴがファールしPK献上。きめられ0-1。

互角の展開はDFディエゴのPK献上により0-1で敗戦。
2位で辛くもセカンドフェイズへ突破。
やはり離脱者や疲労でベストメンバーを組めないことによって苦しくなってきた。

15(6) - 10(6)
55% - 45%

●0-1


敗戦は悔しいが、結局突破できたし不出来だったSBビニャ(27)を叱ったら運動量と勝利意欲がどっちも1アップしたのでラッキー。
完敗は運動量、勝利意欲アップチャンスがあるのでいくらか気持ちが楽になります。まあ上がらずなんで叱られるんって戸惑う選手も多いが。



8/24 第3節
vs ファレンセ (H.10)



昨季10位、今季2節で10位のファレンセとのホームゲーム。
カップ戦で2連敗したが、リーグ戦は2連勝のベイラ。復調したいところ。


FW:ナジソン
MF:パウリーニョ、インディオ、エジバンジオ
   ジュニア、エドゥ
DF:バルデ、レイス、エンリケ、マナファ
GK:マルシオ

SUB:カブラウ、サントス、モレイラ、アシス、アンデルソン、セバイヒ、ロッジャ

故障:レゴ、チャパロ、エンバロ
欠場:ビニャ、ソウザ

中3日の試合。
不安定なDFディエゴがベンチメンバー落ち。26歳ファビオ・サントスが今日もベンチ入り。
FWナジソンが初先発。前節のスーパーゴールもあったり、ロッジャも疲れが溜まりつつあまり良いプレー出来ていないので。
怪我から復帰したもののまだ調子が悪いセバイヒではなくパウリーニョが先発。


主審:ペドロ・プロエンサ やや厳格


相手は4-3-2-1のシステム。昔のミランのクリスマスツリー型。
この布陣と戦うのは初めて。どこにもされたこと無い。未知数。中央に固まっているので2ボランチだと厳しいか?


6分、左サイドバルデのアーリークロス。エジバンジオがラインギリギリでトラップするとキープ。DFを引きつけてFWナジソンへ。
   ナジソンがダイレクトで流し込み1-0、ベイラ・マルが先制!
074738740.jpg 074757016.jpg 074823718.jpg
074840782.jpg


31分、インディオのCK。DFエンリケが前に入り頭で合わせるとそれが決まり2-0!
    トルコ編でも少ないセットプレーからのゴール。主力リーグでやってたときは高さに強い選手を補強できる余裕があったから
    もっと多かったが最近少ない。セットプレーから決まればかなり楽になる。
    なでしこサッカーも高さはないが宮間選手のキック精度でセットプレーは強いですね。
080043130.jpg 080129863.jpg 080435384.jpg
俄然歩くパフォーマンス。このチームは誰も走らないけど、リーグによるもの?それともFM15によるもの?
親善試合で超格下と戦った時のような暗さがある。


68分、MFエジバンジオを下げてDFモレイラ投入。マナファを前に出してモレイラがSB。
81分、エドゥ、ジュニアを下げてアシス、アンデルソン投入。次節中2日なので少しでも温存。


ほぼ采配通りに安定した試合運びを見せ2-0で快勝。
相手がやはり若干守備的なのでシュートを自由に打てなかったが、中盤サイドのスペースを上手く使えた。
守備的な相手に対してアーリークロスから先制点を奪えたのが大きい。エジバンジオはよく追い付いてキープしてナジソンへ通した。

今日は縦に速いサッカーを狙い、2点差をつけ後半からは確実にパスを繋ぎながらサイドチェンジを使って攻めた。
選手間の距離も離れさせず、相手が奪ったらすぐに囲って奪い返すことが出来た。

10(3) - 4(2)
53% - 47%

MOM:エンリケ
G:ナジソン(2)、エンリケ(1)

○2-0


・マナファが試合終了間際に痛め足首の捻挫で5週間の離脱。
・DFモレイラがリーグ戦通算250試合出場達成。



8/27 第4節
vs アヴェス (a/7)



カップ戦で0-2で敗戦してしまったアヴェスとのアウェーマッチ。

FW:ナジソン
MF:セバイヒ、インディオ、エジバンジオ
   ジュニア、アシス
DF:ビニャ、サントス、エンリケ、モレイラ
GK:マルシオ

SUB:レゴ、レイス、ウロブレウスキ、エドゥ、ソウザ、パウリーニョ、ロッジャ

故障:マナファ、チャパロ
欠場:ディエゴ


DFサントスが今季初出場初先発。
中二日なので若干変更気味。体力がない選手ばかりなので持ちません。
次は中3日ポルトB戦で代表ウィーク休みに。

リーグ戦2試合連続弾のFWナジソンが先発。今日はロッジャが途中投入されるはず。

主審:ルイ・パトリシオ 中間

アヴェスは4-3-3のシステム。アンカーが入る相手なのでトップ下がマークされやすい。
相手のGKは38歳元ポルトガル代表のキム。懐かしい名前。


サイドを活かしたスピーディーな攻撃を見せるベイラ。
5分、インディオがプレスを仕掛け相手CBからカット。速攻を仕掛ける。
   ナジソンが超決定機を迎えるがダイレクトシュートはGKキムにキャッチされる。まじかぁ。
112314841.jpg
112339403.jpg 112359867.jpg 112410652.jpg


その後も先日のカップ戦の敗戦の悔しさをぶつけるが如く前からプレスを掛け攻め続けるベイラ。
15分、ファビオ・サントスがセンターラインから頭でバックパスをしてしまい相手に走られるも自力で戻ってクリア。この判断ミスは怖すぎる。
113325923.jpg


その後はほぼ互角の展開。今作は前作にもまして攻撃合戦になってくれるので楽しい。
代表戦みてるような感覚。女子W杯見てるからそんな気分なだけですが。
攻められはするがゴール前できっちり跳ね返して粘るベイラ・マル。守備がまるでなでしこジャパンのような局面での強さを見せている。

そして41分、スローインからエジバンジオのキープからのクロスにSBビニャがダイレクトで叩き込み1-0、ベイラ・マルが先制!!
珍しく小走りで喜びSBビニャ。10/11、アヴェス在籍時代以来となるキャリア5得点目。
115333121.jpg
115419047.jpg 115431239.jpg 115451218.jpg 115518778.jpg


後半開始直後にビニャのアーリークロスにFWナジソンが頭で合わせるが枠の上。
リードしたら強いベイラ・マル。速攻からの積極的なシュート狙いでアヴェスを圧倒。ゴールこそ決まりはしないが
20分で10本以上のシュートを放つ。

67分、ナジソン、インディオを下げてロッジャ、アンドレ・ソウザ投入。前線2枚を代えてフレッシュにボールを追わせる。
75分、今日大車輪の働きをしたビニャを下げてウロブレウスキ投入。


後半は相手を圧倒し追加点こそ決められなかったが1-0で勝利。
今日は両SBが良かった。オーバーラップを積極的に仕掛け、ジュニアなどが上手くサイドチェンジで使うことが出来た。
特にビニャのクロスは精度が高く惜しい場面を演出、量産していた。


24(11) - 4(2)
59% - 41%

MOM:ビニャ
G:ビニャ(1)

○1-0


ワタクシ事なんですが、なでしこジャパンの試合を見ているといつも鮫島さんに恋してしまいます。すいません言い過ぎました。気持ち悪いです。
体も小さいのにとんでもない運動量の持ち主。疲れることあるのかなと疑問に思うくらいどの選手よりも走っている。
一番の要因はタイミングの良さだと思いますが、基礎運動量もハンパないものを持っている。
昔やっていただけあってSBは好きなポジションであり、試合中特に目がいってしまう場所でもあります。
そんなSBが今作かなり上手く使える。弱小クラブでも上手いタイミングで結構簡単に抜け出せるので今作FM15は本当に楽しい。
14の戻りオフサイド祭りわっしょいはなんだったんだろうか。抜け出しのオフサイドじゃないですよ。戻りオフサイドですよ。
話は変わりますがいつか1試合まるごと動画上げたい。
せっかくyoutubeアップスキルを習得しましたし、今作の試合の楽しさをFMやったこと無い人に伝えたいですね。感動を。



123630762.jpg

123353102.jpg
123410595.jpg


リーグ戦4連勝で首位。得点力よりは守備力が目立っていると思います。
とにかく要所要所で体を張ってボールをカットする。相手の攻撃が枚数足りてないか、サイド振れてないかで人数掛けて囲い込める。
もっとウチみたいにシンプルにサイドに振ってクロス入れられたらレイスなんか高さ足りないし怖いところもあるんですが。


ちなみに戦術説明要素が少ない当ブログですが、久しぶりに紹介を。と言っても毎回と同じ説明になりますが。
アヴェス戦先発時陣容
124059725.jpg  アヴェス戦は速攻狙いということもあってこの陣容。
 メンタリティは標準、陣形は流動的

 トップ下の指示は毎試合様々。
 今日は速攻からシュートをすぐに打たせたかったのでシャドーストライカー。
 捌かせたかったらアドバンストプレイメイカー。用途は様々。
 FWのアドバンストFWは変えたことがない。ポーチャーは微妙だったし
 こっちのほうがサイドに流れて駆け上がったりしてくれる印象。
 背の高いターゲットマンタイプのFWは今居ませんからね。足の速さを活かします。

 普段はウイングの両サイドだが、試合中からパスが上手いセバイヒにはサイドPM、
 エジバンジオにはIFで中にはいらせた。
 サイドに広く取るか否かは試合中結構変える。
 ジュニアのDLP/Dは外せない。
 かなり下がってプレーするのでとにかく自由にプレーできる。
 何度も強調しているSBの上がりを使うにおいて一番重要な役割。
 相手のプレッシャーを浴びずにプレー出来るので大胆なサイドチェンジが出来る。
 守備でも素晴らしい働きをしてくれるのはジュニアだからか。
 となりのCM/Sはよく分かんない//。BtoBにしたりしてるがよく違いが分かんない。
 まあとりあえず上がり過ぎず下がり過ぎず、バランスを取ってジュニアとは段差を作りたいところ。

 SBのオーバーラップは重要。これ無くしてはウチの戦術は語れない。
 前線サイドがウイングで広く取った時は中に切れ込ませたり、前が中に入ればサイドに残したり。
 試合中にも指示は変わります。



124608858.jpg

GKの短いパス出しを防げが効いてるかが分からない。普通に出されるけどとりあえず付けてる。
出されることもあるけどロングキックの時もある。効果は出ているかな?FM15新作要素なのでとりあえずつけている。

今日は速攻狙いだったのでサイドを突破しろを付けたが普段はつけていない。
今日も後半から外した。これは相手が対応してきたなと感じたら外すのが効果的だと思います。
相手の陣形がサイドに広がった後に外せば中が空いていたりする。

スペースにパスを出せともっと自分を抑えろは重要だと考えています。うちのような弱小チームは。
今作はとにかくパスが止まるのでスペースに出しとけばそのまま走って前に出れる。
前作はパスがどこまでも転がるイメージだったので能力の高いパスでなければまず通らなかった。
もっと自分を抑えろは相手を引きつけてパス出してフリーにさせたり出来るので付けてて強いと思います。
これもやっぱり能力の低いチームなので個人技が弱い。独力だと厳しいがこれだと相手を引きつけてから味方を使ってくれるようになります。

幅狭とテンポの速さは試合中コロコロ変えてます。展開に応じて。
はい、いつもどおり試合中、毎試合前からコロコロ変えてますって感じです。
ほぼインスピレーションでやってるのでシステムは代わりませんが細かい指示は変わってます。

ジュニアの役割をアシスにやらせても機能しなかったように選手によっても役割が変わってきます。
毎試合フルで観戦しているからこそ出来る技ですかね。ハイライト観戦もラクでいいかもしれませんが、フルで見るのが楽しくてオススメです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 15:02:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bei5 | ホーム | bei3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/241-d0ea6611

| ホーム |