名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bei2

ツイッターでも若干触れたけど今作の試合の特徴は一言で言うと「もっさり感」
ロングボールの失速は凄いし足も遅い。どこかのレビューで能力差があると絶対敵わなくなるって書いてあったが、分かる気がします。
おそらく特別足やテクニックが優れた選手はそれだけ凄いプレーするのだと思う。今使ってるのはポルトガル2部ですしね。
それを悪いように書いてあったが、正直過去作は能力高くなくてもある程度あれば余裕で優勝争いとか出来てたので
能力的にリアリティを持たすのは良いことだと思う。

この足が遅いが今作の全てかな。
まだ始めて3試合程度しかしてないからまだまだ不明だが、足が遅いので突貫プレス仕掛けてかわされると戻れなかったり。
過去作は突貫プレス仕掛けとけば余裕みたいなとこありましたから、なんかリアルになったというか考え方が変わりそう。

あとクロス能力が低くてもクロスの精度が上がったというか、前に比べて可能性が感じる程度の軌道になった。
14は能力低ければ蹴った瞬間タッチラインを割るような感じだが、味方に合わないまでもまあ可能性は感じるクロスになった。
たまには変なのも出るがそれがまたリアリティ。
ただ14と違ってゴール前に入ったりファーに流れたりで相手に拾われることも多いので
そこからカウンター浴びたりとかそういうリアルさも出たので怖さもある。
でも逆に相手CBのクリアを拾えたりするので2次攻撃もできやすい。良くも悪くもボールが死ななくなった。


パッと思いついたのでボールの失速と足の遅さとクロス精度。
今までは足の遅いCBとかでも余裕だったが今作は足の早さが非常に重要に感じる。
一度俊足に抜かれたら追いつかない。前もそういうのはあったが、今回は特に感じる。

ヘディングに高さが一番重要ではなくなった。
今までは高さありき、高さ重要だったが競り合いはポジショニング。身長高くなくても前に入ってそういう質のクロスを入れれば頭で決めれる。
もちろん高いに越したことはないが、低くても競り合いが「上手い」選手能力をしてたらある程度はやれる。

もうどんどんリアル感が出てる。悪いとこが見当たらない。もっさりさが受付ない人多いかも。
尋常じゃなくもっさりしてる。昔のウイイレとFIFAみたいな違い。今のFIFAは速くなったけど。
あとファールがめっちゃ多い。結構すぐ倒れるしピッピ吹かれる。結構だらだらボール回すことも増えた印象なので
中だるみとかはするかもしれない。まあここは前まで後ろでもっと回して陣形崩して欲しいと思ってたから改良点ですけど。
スタイリッシュアクションサッカーが好きな人は受け付けにくいかも。とにかくユルユルダラダラミス多いし足遅い。こんな感じですかね。


まだありました。
サイドバックの活かし方がうまくなった。14は尋常じゃないくらいSBの戻りオフサイドが多かった。(ロングボール下手な弱小チームだからかも)
でもSBの戻りオフサイドはかなり減った気がするし、SBの駆け上がりの活かし方は楽になった気がする。
あとシュート下手?になった。"惜しくも枠外”みたいな軌道が増えた。それとGKがパンチングしやすくなった気がする。
今まではだいたいキャッチしてました。でも弾くことが凄く増えたと思う。

思いついた順に書いていったのでなんか箇条書きみたいになっちゃったけど新作、FM15はこんな感じだと思います。


文句があるなら戦術画面かな。重いし役割変更めんどすぎ。見難い。
一覧画面のタブ幅関係はもう書いたけど本気で最低最悪だし体調、コンディションの丸も邪魔。無駄に枠とってるだけ。
あの選手名のとこの丸い役割適正もなんか重くなってるだけな気がする。




スポルティング・リスボンとの親善試合が非常に面白かった。
ナニやカペルなどスピード豊富な選手はスピード上げる前に止めなきゃどこまでも走られる。
そういうサイドアタッカーの対策をしつつ、12分に173cmのウイングのヘディングで先制し、自分たちの時間を作りつつ試合を進める。
スポルティングは1点を返し同点にすると後半、どフリーの逆サイドに振られて投入したペルー代表俊足FWカリージョ(23)にぶっちぎられて逆転。
それでも諦めないベイラは攻勢をかけ87分にトップ下のソウザが決め同点で試合終了した。

試合は面白い。リアリティ感もある。しかし対1部3試合で1勝2分。正直能力的に強くないチームだが、僕の戦術いいんですかね?
それとも足はトップレベルではないが、2部で2位のスピード能力チームらしいのでやはりスピード依存かな?
それをどこで見たか探すも見つからない。ほんと何がどこにあるかがわからない。
まあリーグ2位といっても対1部と比べたら普通レベルなんですけどね。能力値の話をすると11~13程度。

052603821.jpg



81806686.jpg
対1部4連戦、なんと2勝2分で終了。
2部で一番大きい31,000人収容のスタジアムを持っているが集客は厳しそう。
スポルティングが試合しに来ても6,000人の集客。よっぽどサッカーの質がよくないといけなさそうです。

試合はどうなんでしょう。難しくなったってレビュー見たけど、ロングパスが繋がりやすいので簡単になったような。
背が低い選手でもいいクロスが入れば頭で決められる。マーク上手く外してゴールが多い。4戦目のチャパロのゴールもヘッドだった。
やっぱり見てて楽しい。なんか決められた動きみたいなのがあまり感じられなくて
パスミスしてもそのルーズボールを活かした攻撃なりなんなりがある。
前作までより戻りが遅くカウンターみたいなのが頻繁に起こる。前まではどんなチームでも戻り速すぎましたからね。




92227145.jpg

年齢身長残契約
年俸(€)
5年目GK.1レゴ
Rui Rego
34176cm3年
41,500
在籍4年で122試合に出場しているGK
ベイラ・マルを代表する選手で今季の副キャプテン
新加入GK.25マルシオ
Marcio
32191cm1年
140,000
ブラジルから海を渡ってきたベテランGK
国外初挑戦ながら今季のキャプテンに就任
2年目DF.2ノゲイラ
Andre Nogueira
27173cm2年
26,500
スピードがある攻撃的右サイドバック
期限付DF.3エンリケ
Alan Henrique
23187cm-
70,000
ブラジルのヴィトリアからレンタル移籍で加入
フィジカルに秀でたCBで国外初挑戦
新加入DF.5サントス
Fabio Santos
26185cm2年
31,500
勝利意欲が高いセンターバック
フィジカルも安定していて使いやすそうな選手
新加入DF.6バルデ
Bacar Balde
22178cm1年
26,500
本職は前目の左ウインガー
ギニサビサウ代表で14試合に出場経験を持つ
6年目DF.18モレイラ
Pedro Moreira
30177cm3年
26,500
在籍5年で94試合に出場
特徴のないSB
新加入DF.19レイス
Nuno Reis
23185cm3年
65,000
スポルティングから完全移籍で加入したCB
高さには弱いが、将来のリーダー候補
新加入DF.22ビニャ
Vitor Vinha
27181cm2年
46,500
クロス精度の高い左サイドバック
一部在籍は多いも出場機会は少なかった
新加入DF.23ディエゴ
Diego
24183cm1年
49,000
足元が上手いCB
ブラジルのバイーアから加入、国外初挑戦
2年目DF.24ウロブレウスキ
Alexandre Wroblewski
22181cm1年
9,500
ナンツから昨季加入も出番なしだった
運動量豊富なSB
新加入DF.41マナファ
Wilson Manafa
20173cm4年
25,000
スポルティングBから加入した右サイドプレイヤー
ドリブルが上手いアタッカーで若手No.1の実力
4年目MF.8ソウサ
Andre Sousa
24181cm2年
31,500
トップ下とCMFをこなすテクニシャン
ロングシュートも魅力なレフティアタッカー
新加入MF.10セバイヒ
Billal Sebaihi
22182cm5年
25,000
スピード、技術に秀でたレフトアタッカー
右足は使えずやや自己中心的な選手
2年目MF.13ドゥドゥ
Dudu
21183cm3年
26,500
決定力が高いトップ下
新加入MF.15アシス
Rafael Assis
23170cm4年
24,000
スピード、運動量が豊富なレジスタ
積極的に狙うロングパスが魅力
新加入MF.16アンデルソン
Anderson
21173cm2年
27,500
判断力の欠如が目立つボランチ
ブラジル、バイーアから加入
期限付MF.17ジュニア
Junior
22162cm-
-
エバートンから加入したセントラルMF
レフティでバランサーとして重用する予定
新加入MF.28エドゥ
Edu
22179cm4年
25,000
勝利への意欲が強いセントラルMF
ドリブルも上手く、スペースへの飛び出しが上手い
新加入MF.29チャパロ
Leandro Chapallo
23173cm2年
338,000
チームNo.1選手で圧倒的賃金
保有権の80%を代理人に持たれている
新加入MF.43パウリーニョ
Paulinho
20166cm4年
30,000
レフティのスピードドリブラー
新加入MF.44グレゴリー
Peter Gregory
22178cm1年
31,500
起用するつもりはない
新加入FW.7ロッジャ
Lucas Roggia
23177cm1年
215,000
ACミランにも在籍経験があるストライカー
スピードに優れ技術も高い、強烈なロングSも持ち味
新加入FW.9エデマ
Patrick Edema
21175cm2年
27,500
スピードストライカー
新加入FW.11インディオ
Indio
32177cm1年
42,500
決定力が高いストライカー
トップ下で起用予定
新加入FW.20エジバンジオ
Edivandio
23182cm3年
25,000
クロス精度も高いスピードアタッカー
決定力も高く両サイド、FWでもプレー可能
新加入FW.27エンバロ
Jose Embalo
21188cm2年
22,500
新加入FW.31ナジソン
Nadson
22179cm1年
35,000
スピード系ストライカー
新加入FW.40ファルケ
Joao Falque
20188cm1年
6,500



自分ではレイスとジュニアの2人しか補強していないが、過去最高の新加入率。
ここまで選手変わってお客さんはどんな気持ちなんだろう。アビスパも結構入れ替わりが多いチームだが、中心選手は残ってくれるからなぁ。
ブラジルからそのまま加入する選手も多いしどうなんだろう。まあ言語はほぼ同じだし支障はないでしょうけど。



070817137.jpg

今季副キャプテンのGKルイ・レゴ(34)
ベイラ・マルの数少ない過去から通してチームを代表する選手。伝説級認定されてる人物はいまだ0。
マルシオの加入で出番薄が予想されていたが、開幕前から負傷。復帰したがまたすぐ負傷と年齢からか怪我への弱さが露呈。

070808647.jpg

メンタル面が優れている主力GK。1対1にも強く頼りになるGK



071727344.jpg 071733567.jpg 071755738.jpg 071800375.jpg


072029413.jpg 072025046.jpg 072015314.jpg 072020526.jpg


072224439.jpg 072228973.jpg


072537026.jpg 072525586.jpg 072458362.jpg 072509226.jpg 072503825.jpg
072743233.jpg 072820578.jpg



適当に画像貼り付け。
全員ではないが、戦力になりそうなのはこのメンツ。

右サイドのチャパロが他の選手の10倍くらい多い33万€の給与を貰っている。
この人のせいでクラブ財政が圧迫されてる感は否めないが、能力は高い。
契約が2年残っているので来季放出もありだが、代理人に80%持って行かれてるので収入はおそらく雀の涙。

今季エースストライカーを張る予定のルーカス・ロッジャ。ミランに目をつけられレンタルで加入したが、実力を示せずブラジルへとんぼ返り。
そして今季ポルトガルに初上陸。この人も給与が高く215,000€の大金を貰っている。
1年契約で延長はできないので来季はほぼ間違いなく退団予定。今トップチームに29人いるので何人か放出したいが、
新加入ばかりなので退団してもらえない現実。冬までに赤字がひどくならなければよいのだが。

095156830.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 21:51:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bei3 | ホーム | por1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/239-d61c48cb

| ホーム |