名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

por1

FM15新章。

買うとやらずにはいられないフットボールマネージャー。
久しぶりにトップリーグのレベル高いところでやりたい気持ちも生まれてきていたが、ポルトガル2部からスタートすることに。
ペルージャが久々にイタリア2部セリエBに昇格しているので昔の続きのつもりでやろうと思ったが、ポルトガルから。
ポルトガル編がなにかの不都合でストップし、意中のクラブが見つからなければペルージャで始めるかも。未来は知りません。


040707870.jpg

041711034.jpg



ポルトガル2部SCベイラ・マル

2部リーグ5度の優勝経験があり、1999年には国内カップを優勝している。
70,000人程度の住民が住むアヴェイロにあるサッカークラブでポルトガルにおいて重要な港がある港町。
近年は昇格できていないが、以前は上がったり下がったりのエレベータークラブ。

ここに決めた理由はユニフォームが黄色で派手なことと、スタジアムの大きさ、31,100人収容。
ポルトガルがそこまで人口多くないし、都市アヴェイロも7万人程度(ゲーム内設定は不明)なので集客がどれほどかは分からないが、
わざわざ大きなスタジアム作り直す必要がないことと、座席があまりにもカラフルでここにしよっと決めたから。
ここに満員のお客さんが集まれば結構圧巻な作りになっていると思う。
アダナスポルと違ってここのスタジアムは単独使用。ユースも別のスタジアムを利用している。

042422598.jpg


不安部分は最初からある480万€の純負債。
収入もトルコと違い、厳しい予想が立てられている。トルコは人口も多いし国土も広く裕福な国だった。
ポルトガルリーグがどんなものか正直知らないが、ポルトがどれだけ自国リーグに還元してくれるのか。
他国に法外価格で売りつける商売人の鑑なクラブはどれだけ下のクラブにばら撒くのか。

ベイラ・マルの予想順位は24クラブ中15位。クラブからは上位半分になるように要求される。
ダービーマッチはなし。ライバル認定は地元クラブとして1部のアカデミカ、同2部のフェイレンセの2クラブのみ。
そこまで強いライバル意識はないらしい。

このクラブはBチームがなくトップチームとU19の2チームしか無い。

043406213.jpg

ポルトガルは外国人枠が無く、どの人種の獲得も可能。
しかしポルトガル国内育成枠があり、8人登録する必要がある。

19歳以上の選手は30人までしか登録できない。まあ十分ですね。25人にまとめようと思ってます。




044635768.jpg


監督設定は割りと適当にしつつ使いやすい感じに。
Bライセンスとセミプロスタートだったような気がしますが忘れました。
今作は監督が練習指導出来るので左側能力も重要なのですが、能力高くないしまあ監督指導重視で。

ちなみにイタリア語を話せるように設定してますからイタリア人選手とは交流できます。
昔の昔にほんのちょっと勉強しただけで実用レベルではなく、もう忘れましたけど。

好きなシステムもよくよく考えたら別に好きなシステムがないことに気づいてしまった。
まあ4-2-3-1がベターかなと。



始めると情報とかは増えてて面白いけどどこになにがあるか分からんクて慣れない。
スタッフ最初に増やそうと思ったけどどこにあるのか分からんのです。


スカウティング不足の選手の能力値が11~14みたいな感じであやふやになった。
面白い試みでそれ自体にはなんの不満もないが、その弊害が大きな不満に。
選手一覧リストとかで数字が多くなりすぎてもはや意味不明。幅も大きくなりすぎて、入りきらない。
まあ今作はじっくりリストを吟味せず、インスピレーションで補強対象を探しそう。すでに見るのめんどすぎる。
スカウトさんの働きが重要になってきますね。そういうのもリアリティなのでそれでいいですね。

あとこのリフトのタブの話だけど、前作みたいにシンプルに幅変更が出来ない。幅締めたり広げたりでやろうとしてないところがいちいち変わる。
これは使用しているスキンのせいなのか、15になったせいなのか分からないが非常にやりづらい。
しかも余白がまだあるのに右のほうが勝手に消えて大きな余白が出来たり、右に消えたタブを呼び戻すのも簡単じゃなかったり。
ここは前作基準にしてほしいなぁ。左側から詰めて幅自由に設定したい。

070008261.jpg


借金も多く、金欠クラブ。だからなのか若い選手が減俸を飲んでくれる。
だいたいの若手に1万€前後の減俸で契約延長オファー。ベテラン勢は飲んでくれないが仕方ない。
このチームはとにかく若い。7人30歳前後がいるが、残りは全員U23という若さ。
O30はGK2人、DF1人、FW1人で27、26、24のDFがいる。

年俸予算は200万€、すでにいっぱい使っているので補強は放出して予算を空けなければ出来ない。
移籍予算もまったくないので1年目夏は補強しないつもり。人数は27人、いっぱいいる。
7人程度と契約を更新し10万€の減俸に成功。500万弱の純負債をどうやって返していくかが問題。

今季の予想収支は驚愕の300万€の赤字。86万の売上に対して384万の支出が予想されている。
実際この数字になるかは分からないが、本当にこんな感じになるならポルトガル下部で経営するのはしんどそうだ。




スポルティング・リスボンから23歳DFヌノ・レイスを移籍金0で獲得。

Reis、ポルトガルではrの発音でブラジルではhらしいが、近年はブラジル発音が使われつつあるらしい。
よくわからないけど、ロナウドをホナウドとは書きたくないのでRはrでやっていく予定。語頭Hは発音しない。

昨季後半戦ベルギー1部サークル・ブルッヘへレンタル移籍し12試合に出場。
前半戦はポルトガル2部スポルティングBチームで23試合、計35試合に出場した。
移籍リスト入りしていてルーマニアの2クラブと争奪戦を繰り広げたが、ベイラ・マル入りを決意した。

3年契約で年俸6.5万€。高さには弱いが、強いキャプテンシーを持っている。
足元も嘆くほどは悪くもなくタイプで言ったら元アビスパの最近日本代表入りしたG大阪DF丹羽みたいな感じ。
ポルトガルU21代表で2試合の出場経験があるDFだが、スイスのムルテン出身のスイス人らしい。
しかしスポルティングの下部組織に入団しているので子供の頃からポルトガルで生活していたのかな。

00752725.jpg

補強するつもりはなかったのだが、CBが3人しか居なかったのとキャプテンシーを持ってる若手ということ。
HG持ってる自国選手増やしたいのと移籍金0円だったしなんとなくオファーだしたらサクッと決まったから勢いで決めちゃった。
年俸の余裕は若手の自主的減俸交渉で余裕があった。といっても大赤字なのであれなのだが。

結構能力判定あやふやの時期にオファーだしたので結構能力もあやふやだったが、思ってたよりかはメンタル面が充実してた。
今作はスカウトを1回や2回送ったくらいじゃ能力が全て解析されないので回数送る必要がある。
でも宝くじ感覚で面白かったし、はっきりとしないままオファー送るのもいいですね。高さ不足はなんか最初から判明していた。


英1部エバートンからMFジュニア(22)をレンタル移籍で獲得。移籍金0、年俸0。完全無料で戦力になってもらう。
この選手もポルトガルU21代表で2試合に出場しているがアフリカのギニサビサウ出身。
ポルトガル1部でも通用するレベルらしい選手で攻守に安定感を見せてくれそう。
運動量豊富な選手だが、調子の波が大きく意欲は低い。

親善試合で使ってみたがやはり上手い選手。長いパスも通せるレフティで重要な選手になりそう。
162cmという低さはネック。高さ不足のチームなのでセットプレーなどは弱そう。

02218628.jpg


他にもレンタルで選手欲しかったが、親クラブも候補クラブがひとつも現れなかったので厳しい。


104553510.jpg 104607722.jpg

カップ戦の組み合わせが決定。
最初は2部リーグ所属クラブでリーグ戦。試合はホームかアウェーで1試合ずつ。
上位2位がセカンドフェイズに進出しセカンドレグ制の勝ち抜き戦。
それに勝てばおそらく一部クラブ参加のリーグ戦になり、1位になった4クラブがベスト4となり準決勝、決勝と戦う方式。

幸か不幸か1試合多い5チームリーグになったので若干リーグに影響しそうだが、いろいろ試していきたい。

05225682.jpg


8月までの日程。正直言ってポルトガルリーグなんてほとんど興味を持つことがなかったのでよくわからない。
モウリーニョの自伝読んだ程度のポルトガルリーグ事情くらいしか知らない。
ポルト時代のこと詳しく書いてあったけど忘れちゃいましたね。デルレイはどうなったか調べてみたらだいぶ前に引退してました。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 11:17:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bei2 | ホーム | adana2/8

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/238-dba75066

| ホーム |