名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adana2/5

10/5 第7節
vs カイセリ・エルシエススポル (H/16)



1勝1分4敗で降格圏の16位カイセリ・エルシエススポルとのホームマッチ。
2番めに多い11失点だが、8得点と攻撃的。アダナスポルは3得点5失点と地味な感じ。


FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:カサポール、シャヒン、シェン
DF:アキュズ、バルダクチ、ソッリ、イルディリム
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、アクヨル、フックス、ズルー、メイホシュ、サヤン、エズデミル

故障:ケシマル、ヴコビッチ
欠場:エルス、コヌク、キジルカヤ、ギュッレ、ケレシュ


CB不足なので20歳バルダクチが先発。正直アクヨルをスタメンCBで使うつもりはない。高さ不足はヤバい。
更に中盤もシェンが先発。メイホシュを久しぶりにウイングで使ってみたい。
イルディリムも久しぶりの先発起用。




4分、カサポールのスルーパスで裏を取ったトゥンジャイの左足のシュートはGK正面。
   トゥンジャイの決定力のなさはちょっと我慢の限界かもしれない。高給取りが活躍できない。
   まあ分かってたけど・・・。名前で獲っちゃったし。


攻撃的にしたつもりなのに前から奪ってバックパスって感じになってしまった。
バランスが崩れてきた。前線のキープ力の無さと勝負に行かないチキンっぷりはどう変更しても治らない。

52分、相手のロングFK、GKストイコビッチが判断を誤り失点。0-1。
57分、トゥンジャイのクロスにFWゲカスが頭で合わせるも相手GKがキャッチ。
58分、トゥンジャイに代えてメイホシュ投入。

69分、カウンター炸裂。メイホシュが持ち込んでプルソへスルーパスを通すとそのまま持ち込みGKもかわして
    最後は相手DFの果敢なタックルでそのまま決まりオウンゴールで1-1の同点!
    シェンに代えてMFズルー投入。
130111169.jpg 130120554.jpg 正直サクッと撃ってくれよという気分。

81分、イルディリムに代えてDFフックス投入。


1-1の引き分けで終了。オウンゴールだったが完全に崩したのでOK。しかしシュートが打てない。
トップ下を置く時が来たのか・・・。しかしアンカー専のシャヒンをどうしよう。
不得意らしいボランチ起用にするしかないなぁ。
3バックしようと考えてたらすぐCB居なくなっちゃうし・・・。

というかすごく今更なんだが、守備的な戦術を取ってくる相手が多いトルコではアンカーが不要なんじゃなかろうか。

葛藤が凄い。4-2-3-1にしたら絶対めっちゃ強くなる。降格争いのクラブでも優勝できるレベルの戦術。
でも強過ぎたら飽きる。絶対飽きる。やってみたかった3-4-3とかやってみるかなぁ。
4-3-3でもリーグで通用する前線持っとけばイケルと思うんだけどなぁ。ちょっと今のスピード無い人達じゃムリっぽい。

5(3) - 5(2)
47% - 53%

MOM:アキュズ
G:OG

△1-1
7,706人




10/19 第8節
vs アキサルBld. (A/13)



2勝1分4敗で13位アキサルとのアウェーマッチ。

FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:メイホシュ、シャヒン、カサポール
DF:アキュズ、ケシマル、ソッリ、フックス
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、バルダクチ、イルディリム、ズルー、シェン、サヤン、エズデミル

欠場:エルス、アクヨル、ヴコビッチ、コヌク、キジルカヤ、ギュッレ、ケレシュ
招集:ギュルセル(17)、アリチ(16)、ムラト・メイホシュ(17)

ケシマルが怪我から復帰し先発メンバー入り。

アリチはギュルセル、メイホスと1世代違うようだ。来年になればU19に選ばれると思う。
今日はベンチ外だが、とりあえず3人をトップチームに招集。
メイホシュはU19代表の試合で毎試合のようにゴールを決め、ギュルセルもかなりテクニックが成長している。
早い時期からのデビューが出来そうだ。



戦術を小さく、だが大幅に変更。失わないように足元で回してもダメダメなので失点覚悟でスペース狙いのパスへ。
そして一番の変更点は個別指示で「前に出す」と「ポジションを離れる」を必ずセットで入れていたのだが
「ポジションを離れる」を外しても結構ガンガンスペースや前へ走ってくれることがわかった。
外したことがないから分からなかったがスペースへ走らせるための指示を外すと今までより効果的に走ってくれるのは盲点。
おそらくだが入れることによって能力、メンタルも高くないのでチームのタイミングと合わない早い段階で上がってたんだと思う。


カサポール、シャヒンのミドルなどやゲカスが高い位置でボールを奪って狙ったりとアダナスポルの攻勢のまま進み
14分、CKのこぼれ球をMFカサポールが流し込み1-0、アダナスポルが先制。チーム7本目のシュート。
    カサポールはこれが今季2点目。ゲカスに並んでチーム得点王となった。
022828024.jpg


「ポジションを離れていい」の説明はポジションを離れる自由を与えより効果的にスペースを探すなのだが
それを使わないほうがスペースでパスを受けられるというのは皮肉なものだ。
ただ少し悟った感だしてるが、このゲームの戦術に正解は無いと思う。今まで使ってチームを作ってきたんだから
ぶっちゃけ選手やチーム状態によると思う。昨季は全員使って2部で優勝しているわけだし。
相手の守備がちょっと硬くなって中途半端に止まって受けるとそれでもう攻撃が止まってしまうようになったので
今はよく感じるけど、次の試合にはまた変わってるかもしれないですね。今日はこれがハマった。


前半はシュート数9-3とリード。しかしそれほどの差はなく単純にミドルを積極的に狙ってるか否か。
それでもアダナスポルのほうが崩す機会は多かったようにみえる。


69分、メイホシュ、トゥンジャイを下げてシェン、サヤンのいつもの交代。
76分、FWゲカスを下げてDFバルダクチ投入。5-3-2に変更。


時間をつぶしながら体を張って守りぬき1-0で4試合ぶりのリーグ戦勝利となった。
選手の走行距離が少し短くなってたのは後半守りに入りすぎたからか、無駄走りが減ったからか。
ゲカスがもう少しパスが上手いか、シュートが強ければ心強いのだが・・・。

12(3) - 9(1)
48% - 52%

MOM:カサポール
G:カサポール(2)

○1-0


翌日のリザーブリーグに出場したMFサヤンがつま先の突き指で10日間の離脱。



10/26 第9節
vs ボルスポル (H/18)



1分7敗で最下位のボルスポルとの対戦。4得点22失点で最小得点最多失点。
昨季2試合で2勝した相手。6得点1失点。完全に一部に適応できなかったようだ。


FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:メイホシュ、シャヒン、カサポール
DF:アキュズ、ヴコビッチ、ソッリ、フックス
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、ケシマル、バルダクチ、ズルー、シェン、ギュッレ、エズデミル

故障:アクヨル、サヤン
欠場:エルス、コヌク、キジルカヤ、イルディリム、ギュルセル、アリチ、ケレシュ、ムラト・メイホシュ


ヴコビッチが戦列復帰。
次は中2日でカップ戦が入っているが、相手は格下なのでまたメンバーを落とすつもり。
17歳ギュルセルあたりはデビュー戦になるかもしれない。クルトもやれたしいけるでしょう。
そのクルトはブルサスポルでレギュラーを確保し、8試合先発で3点か4点くらい決めているようだ。
2部でも後半戦は主力として頑張っていたが、一部でもレギュラーを確保できたらしい。


16分、SBアキュズが負傷してしまいバルダクチを投入。

両チームともゴールを狙えているとても調和がとれた良い試合。どちらが先制してもおかしくない。
前半のシュート数は6-7。若干ボルスポルが優勢。やはりゲカスがマークを振りきれず惜しい場面が続く。カルーだったらって感じ。

71分、メイホシュ、トゥンジャイを下げてシェン、エズデミル投入。

疲れからか非常にグダってきた両チーム。8試合で4得点と8試合で5得点の対決は伊達じゃない。
いくら相手が22失点してるからって守備固められたらウチじゃキツイよ。

と、思ってた75分。途中投入エズデミルのスルーパスで裏を取ったFWゲカスが冷静にゴール左隅に流し込み1-0!!
070832420.jpg 070916377.jpg 070933077.jpg


その後はカウンターを狙いながらチャンスを作っていくも決められず1-0で勝利。
このチームに決定力という言葉なさそうだ。そもそも昨季もカルーが一人で30点決めて2位が5点とか6点だったな・・・。

終わってみれば格の違いを見せつけ対戦成績3連勝。リーグ戦2連勝となった。
しかし前半は攻められたりしていたので撃ちつ撃たれつで面白い試合だった。

12(4) - 9(3)
60% - 40%

MOM:ストイコビッチ
G:ゲカス(3)

○1-0  
9位

・DFアキュズが大腿部筋損傷で3週間の離脱。

1分残り全敗のボルスポルは可哀想。ウチはすでに4勝2分で212万€の賞金を稼いでいるが、ボルスポルはまだ22万のみ。
同じ昇格組なのに格差が広がる一方ではないか。この弱肉強食ルールは恐ろしいな。
ていうかこんな財源トルコに本当にあるんすかね。信じられないんですけど。



10/29 トゥルキエ・クパシ3回戦
vs ヨズガトスポル (A)



また4部とのカップ戦。
次な中2日で首位ブルサスポルとアウェーマッチなので完全にメンバーを替える。


FW:38アリチ、ケレシュ、エズデミル
MF:シェン、ギュッレ、ズルー
DF:コヌク、ケシマル、キジルカヤ、イルディリム
GK:エルス

SUB:ストイコビッチ、フックス、バルダクチ、メイホシュ、33ギュルセル、トゥンジャイ、34ムラト

故障:アクヨル、アキュズ
欠場:アカル、ヴコビッチ、ソッリ、シャヒン、カサポール、サヤン、プルソ、ゲカス


サヤンが居ないので16歳アリチが先発メンバー入りしデビュー戦。
16歳なのであまり無理させたくない。なので結果残しても起用していかないと思う。
ただ後半出すつもりの17歳ギュルセルやムラト・メイホシュは結果を残せばリーグ戦に繋がる。


2分、アリチのCKにギュッレが頭で合わせ1-0。
33分、相手のロングスローでDFキジルカヤの裏を取られ失点。1-1。

52分、MFズルーが負傷。17歳ギュルセル投入。トルコU19代表選手のデビュー戦。
69分、FWケレシュを下げてFWムラト・メイホシュを投入。デビュー戦。

79分、エリア内でエズデミルがファールを貰いPK獲得。DFケシマルが決め2-1。
    DFコヌクに代えてバルダクチ投入。

88分、アリチの自陣近くからのFK、MFギュルセルが頭で合わせると一度はGKに止められるが
    こぼれ球を自ら押し込み3-1。17歳ギュルセルがデビュー戦ゴールを記録。
084701987.jpg 084711850.jpg 084735196.jpg
17歳で初ゴールなのだが、小さく握りこぶしを作るだけで喜びを内に秘めている。


3-1で勝利。
MOMは16歳で初先発フル出場を果たしたアリチ。
常に攻撃の中心になりアシストを記録した。しかしまだまだ。ドリブルは抜けないし荒い。

10(7) - 3(1)
53% - 47%

MOM:アリチ
G:ギュッレ、ケシマル、ギュルセル

○3-1


・MFズルー(24)が足首の捻挫で5週間の離脱。



124933865.jpg 125006422.jpg
右側For=得点 Ag=失点


125155058.jpg
リーグ戦9試合で6得点6失点。
1試合1点までしか取れないほどの得点力不足。
お客さんに文句言われちゃうかね?でもお給料の差があるし別にいいでしょう。
昇格組最高のウチでも460万でその1個上の15位でもアキサルの670万。200万€も差があるんだから。

9試合3得点のゲカスはまあいいとして期待していたドリブラーのプルソが8試合0得点1アシストなのはがっかり。
所詮年俸安く契約しただけの選手なのか・・・。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/21(日) 21:58:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana2/6 | ホーム | adan2/4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/234-47b616a6

| ホーム |