名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adan2/4

・DFキジルカヤ(29)が怪我から復帰し完全復帰したが、すぐに手首挫傷で2週間の離脱。
 ケシマル(25)の加入でCBの序列は下がってしまったが1部に上がってなんでこんなに怪我が多いんだ・・・。
 去年も開幕直前に膝の捻挫で3週間離脱している。それ以上に6試合の出場停止があったが。


9/14 第4節
vs リゼスポル (A)
 5586


1勝2敗で15位のリゼスポルとのアウェーゲーム。
昨季在籍していたFWカルー(28)がレンタルバックして10番を貰っているが、足首の骨折で3ヶ月の離脱中。
他にも怪我人が多くトップチームに7人の怪我人を抱えている。


FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:シェン、シャヒン、カサポール
DF:コヌク、ヴコビッチ、ソッリ、ケシマル
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、フックス、バルダクチ、ズルー、メイホシュ、エズデミル、サヤン

故障:キジルカヤ、ギュッレ
欠場:エルス、アキュズ、アクヨル、イルディリム、ケレシュ


A代表ウィークで2週間空いたこの試合。前節から2箇所変更。
MFメイホシュからシェンが先発。RSBにケシマルが移籍後初出場。
ベンチにU21代表で出場したバルダクチが入る。


リゼスポルは地味な陣容。しかしアフリカンCB2人の身体能力はFWゲカスにとって辛いかも。


今季初めての雨の中での試合。

雨と相手の高い位置からのプレッシングにより得意のパス回しが完全に封じられている。
それでも徐々に修正し17分、プルソが足元で受け反転して即スルーパスを通すと
裏を取ったFWゲカスが左足で決めアダナスポルが先制。
050232396.jpg


25分、ゲカスからパスを受けたトゥンジャイがボールをずらして一人交わしてエリア外から狙うも相手GKの好セーブ。
    こういうプレーを待っていた。トゥンジャイは少しサイドの役割に縛られすぎだが、ゴールハントしてほしい。

前半終了間際にプルソが左サイドで貰ったFK、シェンのクロスにFWゲカスがニアサイドでドンピシャヘッドを合わせるが枠の左。


前半は互角の展開。シュート数も9-8とほぼ同じ。
しかし雨のせいか相手はやけくそのようにクロスを連発しロングシュートを撃ってくるだけ。
正直あまり怖くない。1トップに対してクロス連発なチームが多いトルコリーグ。2部の頃から思ってたが1部でもそんな感じなのか。


66分、相手MFアルスランがキレてしまったのかMFカサポールへ両足タックルをかましてしまい一発レッドで退場。
    FWトゥンジャイを下げてフックス投入。5バックにしてゆったり攻める。5-3-2に変更。

73分、シェンを下げてメイホシュ投入。更にコヌクを下げてバルダクチを投入。守備固め兼テスト。


雨も降り少しむずかしい試合だったが、先制ゴールを活かし型に嵌めて1-0で勝ち点3獲得。
今日はストイコビッチデーだった。相手の猛攻をきっちりシャットアウト。
ハイボールの対応は特に上手い。MOMを受賞。

やはりプルソのドリブルの調子が良くないと途端にチームがストップしてしまう。
今日は下がって受けてバックパス連発で見るに耐えなかった。どう指示してもそればかり。
しかしその理由も分かる。どの位置にいてもマンマークが一人居て持つと2人できっちり潰される。
そりゃやる気もなくなるって話でしょう。やはりドリブラー1人だとそれだけ負担がかかるな。

11(2) - 12(4)
54% - 46%

MOM:ストイコビッチ
G:ゲカス(2)

○1-0 
7位

今日の勝利で42万€の賞金を貰いMOMのストイコビッチの年俸を完全にペイ。ほんとどんだけ金満リーグなんだ。
現実でもこんななのかな。ゲーム内で他のリーグもこんなことありえないのに。
今季4試合で2勝1分ですでに100万€の賞金を獲得している。

・GKストイコビッチが週間ベスト11に選出される






9/21 第5節
vs エスキシェヒルスポル (H/6)



3勝1敗と好調なエスキシェヒルスポルとのホームゲーム。昨季6位。
現在2連勝中のアダナスポル。きっちり勝ち点をとっておきたいところ。

トゥルキエ・クパシが始まるのでミッドウィークに試合が組まれている。
昨年はガラタサライが優勝。今季こそタイトル狙いたいが・・・。まああんま気にしてない。


FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:メイホシュ、シャヒン、カサポール
DF:コヌク、ヴコビッチ、ソッリ、フックス
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、ケシマル、バルダクチ、ズルー、シェン、サヤン、ケレシュ

故障:キジルカヤ、ギュッレ
欠場:エルス、アクヨル、アキュズ、イルディリム、エズデミル


メイホシュ、フックスがスタメンに復帰。
FWケレシュ(27)がベンチ入り。しかしリザーブリーグでも16歳メイホシュのほうがゴールを決めている現実・・・。


070016947.jpg
相手は4-4-1-1の布陣。全体的にバランスよくレベルの高い選手がいる。
若い選手もレベルが高く、ウチの選手よりかは全員優れている感じ。


13分、相手のCKから最後はDFアカミンコに頭で決められ0-1。
    お互い様子見の立ち上がりだったがセットプレーから決められてしまった。

24分、相手のCKを跳ね返した際にDFヴコビッチが負傷。ケシマルと交代。一番のDFが怪我しちゃ嫌だ。

30分、相手のCKからMFカラ(21)に頭で決められ0-2。チームとして気持ちが折れる失点か。


66分、メイホシュに代えてシェン、更にゲカスを下げてケレシュ投入。とりあえず使ってみる。


まるでシュートにまで持ち込めず0-2で完敗。
中盤勝負で負けるともうどうしようもなくなっちゃう。
こういう試合やってると4-2-3-1にしたくなる。トップ下にキープ力ある選手を置くか否かで大きく変わる。


4(2) - 11(4)
40% - 60%

●0-2  8位


・DFヴコビッチ(26)がハムストリングの肉離れで4週間の離脱。

そういえば今気づいたが、W杯を期にゲカスなどA代表に選ばれなくなってた。
ギリシャ代表は30代が一人も入っておらず世代交代を図っている。
GKストイコビッチも残念ながらお役御免なのか。まだ31歳なのだが。



9/24 トゥルキエ・クパシ2回戦
vs B.ペトロルスポル (A)



4部ペトロルスポルとのカップ戦。


FW:エズデミル、ゲカス、サヤン
MF:メイホシュ、シェン、ズルー
DF:アキュズ、バルダクチ、ケシマル、アクヨル
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、フックス、ソッリ、カサポール、シャヒン、トゥンジャイ、ケレシュ

出停:イルディリム
故障:ヴコビッチ、ギュッレ
欠場:エルス、コヌク、キジルカヤ、プルソ


基本的にサブメンバーで4部と対戦。20歳になったバルダクチが移籍後初先発。


格の違いを見せつけ常に攻め続けシュート数9-0と突き放すも決めきれない。
まあ思ってたことだけど1トップにフィジカル弱ってるゲカスは無謀だったかな。特に引かれる相手だとムリネ。

57分、ゲカスを下げてFWトゥンジャイ投入。FWに入れてスーパーゴール決めてもらう。

60分、サヤンのクロスを相手GKがファンブル。FWトゥンジャイが頭で押し込み1-0。
    トゥンジャイはこれが移籍後初ゴール。

66分、メイホシュ、シェンを下げてFWケレシュ、MFシャヒン投入。
81分、ケレシュのパスでSBアクヨルが切れ込むと折り返し、FWケレシュが流し込み2-0。

後半から久々にやった急造4-2-3-1がとんでもなく強かった。
誰かしらフリーになってるので余裕で回せる。崩せる。こんなに強けりゃそりゃ攻撃もワンパターンになりますな。
4-2-3-1練習すればたぶん今もメンバーでも優勝争い出来そうだな・・・。

19(9) - 2(1)
61% - 39%

MOM:トゥンジャイ
G:トゥンジャイ、ケレシュ

○2-0




9/27 第6節
vs カシンパサ (A/11)



1勝2分2敗で11位のカシンパサとのアウェーマッチ。昨季14位。


FW:プルソ、ゲカス、トゥンジャイ
MF:メイホシュ、シャヒン、カサポール
DF:アキュズ、ケシマル、ソッリ、フックス
GK:ストイコビッチ

SUB:アカル、アクヨル、バルダクチ、ズルー、シェン、サヤン、ケレシュ

故障:ヴコビッチ、ギュッレ
欠場:エルス、コヌク、キジルカヤ、イルディリム、エズデミル


カシンパサは1部で初の4-1-4-1の布陣。今まで4-4-1-1だけだったので新鮮。しかしより守備的なのだろう。

094638138.jpg

094852245.jpg

スウェーデン代表GKイサクション(32)などいるがやはり中心はあのライアン・バベル(27)か。
同じオランダ人DFドンク(28)も192cmという高さもあり守備能力が高く非常に厄介。
守備陣の能力高すぎて点取れる気がしない。FWマルキのフィジカルの強さも警戒が必要。


大粒の雨の中での試合。相手は白に紺の縦縞、ウェストブロムのようなユニ。
こちらは白にオレンジの縦縞でどちらも白パンツ。どちらも薄くて見づらい。
倍速しようものなら完全に同化するので早送りができない。

1分、相手のCKからMFシェラスに決められ0-1。
2分、メイホシュがプルソのパスで左サイドを駆け上がりクロスを入れるとニアでゲカスが頭で合わせるも枠の上。これは決めたい。
102110479.jpg


思ってた以上に攻めることができているがトゥンジャイがチャンスを決められず0-1のまま前半終了。


66分、メイホシュ、トゥンジャイを下げてシェン、サヤン投入。
73分、DFケシマルが負傷。バルダクチ(20)を投入。CB怪我人だらけになってきた。昨季もそんなだったな・・・。


展開的には互角だったが、アダナスポルが決定機を欠き0-1で敗戦。
決定機「4」これを活かすことが出来なかった。
最近ポゼッション高すぎかな。パスミス増えるだろうけどもっと縦パス狙ったほうがいいかなぁ。
ただ前線スピードないのが辛いところ。

7(3) - 8(2)
59% - 41%

●0-1  


・DFケシマル(25)が大腿部筋損傷で3週間の離脱。この人も怪我が多そうだ。



やはり4-3-3はFWの個人技に大きく影響されるシステム。
トップ下さえ居れば相手のマークずらせるのだが、それが出来ない以上1トップのキープ力と推進力が重要になってくる。
プライドを捨てて4-2-3-1にするか・・・しないか・・・。

113808299.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/13(土) 16:15:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana2/5 | ホーム | adana2/3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/233-c5ad2313

| ホーム |