名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adana11

115337591.jpg
プレッシャーをうまく消化出来ない新加入のアキュズ(24)。
キャリアで154試合に出場しているアキュズだが、23万ユーロとやや高額な移籍金での移籍や
10位のクラブから昇格を争い、カップ戦での勝ち残りを賭けて闘うアダナスポルのプレッシャーが厳しいか。



121727514.jpg



試合数の差もあるが5位後退、13試合連続負けなしが途絶え
最近6試合で1勝2分3敗のアダナスポル。(内5試合が対1部)
リーグ戦の前節イスタンブールBBSKに敗れ連敗だけは
許されない状況だが、次は中2日でベジクタシュ戦。
そちらを重視したいところ。
相手は13位だし上手く勝ちを拾えないものか。









2/9
第23節
vs デニズリスポル (H/13)



GK:ギュベンチ
DF:フックス、アクヨル、ヤフス、アキュズ
MF:ズール、アチル、ヴチェティッチ
FW:サヤン、ケレシュ、クルト

SUB:ケセル、ソッリ、イルディリム、シェン、メイホシュ、ケスキン、カルー

出停:シャヒン
故障:ギュッレ、カサポール
欠場:キジルカヤ、ボツテペ、エズデミル



次が中2日なので極力メンバーを落とす。リーグ戦はまだ続くけど、カップ戦は最後の試合。
アチルが怪我から復帰し先発メンバー入り。カサポールもそろそろ復帰しそうだ。


開始15秒、ケレシュのパスでサイドを突破したクルトのシュートはクロスバー直撃。
更に5分、クルトの裏へのパスで抜けだしたサヤンが狙うも相手GKの好守に阻まれる。

攻め続けのアダナスポル。強豪チームとの戦いを経て格下クラブとは差がつき始めたか。

15分、クルトのニアへのクロスに飛び込んだのはMFズール(23)。頭で当てるとファーサイドのネットへと吸い込まれ1-0、先制!
    ズールはこれが今季2点目。通算8点目のゴール。
201319956.jpg 201335936.jpg


もうサイドチェンジが面白いように決まる。
強いとことばっか戦ってたから相手のSBとかの守備がヌルすぎる。

前半終了間際にクルトが左サイドを突破しクロスを入れるとFWけれしゅがダイレクトで流し込み2‐0.

前半を終えてシュート数13‐0と圧倒的な差。
とにかく相手にシュートさせずサイドチェンジを駆使して相手DFをズタズタにズラす。

67分、クルト、ヴチェティッチを下げてメイホシュ、ケスキン投入。ケスキンは2部でリーグ戦初出場。
84分、ズールを下げてシェン投入。

93分、終了間際にカウンター。ケスキンの縦パスで裏を取ったメイホシュが決め3-0で試合終了。


控え中心で完勝できて満足。
サイドチェンジがあれだけ決まれば試合は本当に楽だ。
しかしベジクタシュはこうもいくまい。

控えFWケレシュはリーグ戦12試合目にして初ゴール。
トルコU21代表経験もあるストライカーだが、プレマッチとは裏腹に苦しいシーズンを送っている。
今日はクルトの高精度クロスに助けられた恰好。

そのクルトは2アシストでMOMを受賞。意外にもアシストは少なくリーグ戦16試合で3つ目のアシスト。
それでも欠かすことの出来ない左サイドアタッカーにまで成長した。PSGに放出したけどレンタルで獲るみたいなことできんかね?


20(10) - 5(1)
54% - 46%

MOM:クルト
G:ズール(2)、ケレシュ(1)、メイホシュ(4)

○3-0  3位↑



2/12
トゥルキエ・クパシGS第6節
vs ベジクタシュ (H)



214901249.jpg
得失点的に苦しいので勝利しか許されないベジクタシュ戦。
対2敗のフェネルバフチェ、対2分のブルサスポル。
だったら対2勝のベジクタシュにしたいじゃない。
前回は怪我人がてんこ盛りだった覚えがあるが今回は如何に。




223932894.jpg

SUB:ケセル、アクヨル、フックス、ボツテペ、サヤン、エズデミル、ケレシュ

故障:ギュッレ
欠場:アキュズ、ヤフス、アチル、カサポール、ケスキン


怪我明けでフル出場したアチル、35歳ベテランのヤフスは使える状態ではなくベンチ外。
特にヤフスのキャプテンシーはこっちに持ってきたほうが良かったかなぁ。
ただ相手は強いのでフィジカルの差、スピードの差でやられそうなのもあった。
それ以上に過密日程をなんとか回している状態なので融通は効きづらい。


ベジクタシュは何人か復帰しているが、主力はまだ負傷中。
FWウーゴ・アウメイダやMFジャーメイン・ジョーンズなどが戻っていない。
若手期待のウイサルが出場停止から明けただけな感じ。

強力な相手だが、前回同様にトップ下のマヌエル・フェルナンデスを消しさえすれば勝機あり。
過密日程の影響でマヌエル・フェルナンデスは疲労困憊のようだ。中盤のハッチンソン、ホロスコのベテラン勢もキツそう。
主力をなんとか休ませたアダナスポルが若干有利か・・・!?


ファーストシュートはアダナスポル。右サイドを突破しメイホシュのファーへのクロスでクルトが頭で合わせるがGK真正面。
14分、メイホシュのフリーでのシュートは枠の上。15分、カルーの豪快なミドルシュートも枠の上。

試合はホームのアダナスポルが完全に掌握。
今日はホームの地の利と前節の勢いを活かしていつもどおり攻撃的な戦術を選択。当たって砕けろ精神。
今のところそれがハマっていて17分にはカルーが左サイドを突破し中へ戻すとMFヴチェがエリア外から狙うが枠の上。


ビッグチャンスは36分、ヴチェティッチが上手いタイミングで股抜きパスを通すとFWカルーが左足で狙うが
シュートは相手GKにギリギリ阻まれる。超決定機だった。
225908273.jpg


裏をズコズコ取れるのだがやはり1部2位の選手たち。戻りが早くビッグチャンスにまでは結び付けない。
クルトのクロスも簡単に中固められてるから厳しい。あれだけ前に出てきて簡単に戻れるのは凄い。

前半を終えシュート6-4。しかも4本ともCKとFKをあわせられただけどほとんどまともに攻撃させていない。
しかし逆に言えば枠内にこそ飛ばさせていないが、競り負けている。いつかやられるかもしれない。


67分、走り詰めだったイルディリムを下げてフックス、ズールを下げてボツテペ投入。
    守備に強いズールを下げてドリブラー投入と勝負に出る。
74分、メイホシュを下げてサヤン投入。クルトと悩んでクロッサーを残した。


すると76分、自陣ゴール前でDFシャヒンが厳しいプレッシャーに遭いながらも
右足で正確にクルトへ通すと絶好のカウンターチャンス。2対2の局面。
クルトがスペースへ出すとFWカルーが必死に独走。シュートを狙うとこれが決まりアダナスポルが先制!!!

カルー頑張ったしクルトも良かったけど、一番はシャヒンだ。よくクリアじゃなく前線に通した。アッパレなパス。
231738101.jpg
231917519.jpg 232018097.jpg
232303845.jpg


守りたいアダナスポルだったが78分、エリア内でキジルカヤがファールしてしまいPK献上。
マヌエル・フェルナンデスに決められ1-1。なんてことしてくれたんだ・・・。
235451154.jpg 235508552.jpg 235539775.jpg 235557264.jpg 235705557.jpg

最後は超攻撃的に攻めたが、決められず。ラストプレーはフックスのシュート。惜しくもGKにキャッチされゲームセット。
1-1で準決勝進出ならず。グループリーグ3位で終わった。

233010415.jpg

エリア内でガッツリスライディングタックルかましてたけどたしかにボールに入ってたようにも見えた。
選手の抗議も虚しくあしらわれてしまった。シミュレーションの可能性もあるわけですね。
でもスクショ取るために細かく見てたら別にPKだな・・・としか思えませんな・・・。
つかピンチっちゃピンチだけど3人で囲んでんだからツッコむなよ。さすが判断力7だ。

10(6) - 6(2)
44% - 56%

MOM:イルディリム
G:カルー

△1-1


233438746.jpg


ここで2部のチームは全滅。
1部リーグ所属だけでカップ戦の雌雄を決する事になった。
アダナスポルの功績は2位ベジクタシュを
引きずり落としたことかな。1勝1分、よく頑張ったと思う。
怪我人に助けられた感も否めないが、こちらも怪我人で苦しんだ。


あー、楽しかった。
やっぱ6試合のGSはCLみたいな緊張感が生まれる。
今度は中1日なしでやりたい。あれ酷すぎ。
あれで日程の有利をブルサスポルに対して使えればあるいは・・・。
今更言ってもしょうがないっすね。





ふと今思ったけど、今季公式戦30試合で21得点のカルーと左ウイングの主力クルトが退団した来季やばくねって話なんですよ。
カルー除いたら今季28試合で5得点のメイホシュがトップスコアラー。4得点のクルト、ヴチェティッチと続く。
正直に今言うとヴチェティッチも放出しようと思ってるから上から4人中3人失うのね。大丈夫ですかね。

カルーまた借りたいけどめっちゃ成長してて決定力も一流レベルに成長したし絶対借してくれない。
完全移籍での獲得は残契約が3年あり市場価値も高いので不可能。サヨナラですね。

000414319.jpg



相手側スタジアムが冠水したためお休み。あと2週間の連戦が1週先に延びた。
間に休みが取れるのでこれは嬉しい。選手も悲鳴をあげそうだった。
しかし中3日、中2日連戦も中1日3連戦経験したらヌルく感じるな。

連戦が残り2週間から3週間に延びたが全選手コンディションが戻りつつある。


2/19
第24節
vs S.ウルファスポル (A/19)



5勝6分13敗で最下位のウルファスポルとのアウェーマッチ。
残留ラインまで8ポイント差と厳しい戦いになっている様子。
しかし自動降格が19クラブ中4クラブはキッツいな。なんで20じゃないんだろう。
wiki見たら18クラブらしい。なんでこのシーズンは19なのかな。


GK:ギュベンチ
DF:イルディリム、ヤフス、ソッリ、アキュズ
MF:シェン、アチル、ヴチェティッチ
FW:メイホシュ、カルー、クルト

SUB:ケセル、アクヨル、シャヒン、ズール、ボツテペ、サヤン、ケレシュ

出停:フックス
故障:ギュッレ
欠場:キジルカヤ、カサポール、エズデミル


戦犯キジルカヤはベンチ外。カサポールは次の試合から使えそう。
ギュッレもそろそろ怪我が治りそう。リザーブリーグで使って調整したい。

試合開始して思ったが、アンカー候補のシェンとアチル同時起用は連戦を考えてまずかったかな。
せっかくアチルが本格復帰したのでシェンの巧さをゴール前で使いたかった。
シェンほどの実力でボール捌きに徹するのは勿体無かった。しかし他にそれが出来る選手が居ない。


シェンとアチルが共に居ればさすがに中盤が安定する。
しかしどこか冷めているチーム。せめてはいるが最後のパスをミス連発。シュートを打つ気力も度胸も感じない。
強豪との連戦でまさか燃え尽きてしまった?燃え尽き症候群を感じつつも試合は中盤へ。

シュート数1-1と完全に地味な試合。過密日程中なら疲労を言い訳にできるが
こっちは中6日、相手は中9日と休養十分。逆に空いてしまったのが良くなかったか。


それでも強豪との戦いで少ない枚数で点を取るレベルが上がった前線。
特に成長著しいカルーがクルトのスルーパスで抜けだすと27分、相手DFアクベイにファールで止められる。
これでアクベイは一発レッドで退場処分。その位置からのFKをカルーが直接決め1-0。
184642534.jpg 184911412.jpg
185033681.jpg 185049273.jpg 185214878.jpg


1-0で前半を折り返したが選手に不満を伝えるとみんなやる気に満ち溢れてる。
高い意識を持てるようになってきた選手たち。このまま追加点決めて完勝したいところ。


55分、クルトが削られ負傷。サヤン投入。更にシェンに代えてズール投入。
62分、イルディリムのクロスを相手GKがファンブル。メイホシュが押し込んで2-0。
76分、カルーに代えてFWケレシュ投入。


相手に退場者がデたこともあり危なげなく勝利。

12(4) - 4(3)
55% - 45%

MOM:イルディリム
G:カルー(16)、メイホシュ(5)

○2-0


・MFブラク・クルト(17)が足首を捻挫してしまい7週間の離脱。
 これは痛すぎる。左サイドで完全にハマっていたのに7週間は痛すぎる。10試合程度無理だな・・・。
 今季リーグ戦17試合で2得点3アシスト。カップ戦9試合で2得点3アシスト。



2/23
第25節
vs マニサスポル (H/3)



204956232.jpg

2位マニサスポルとのホームゲーム。
試合数に差があるので勝てば大きい。4試合後には首位トラブゾンとも試合なので優勝まで視野に入れられる。


GK:ギュベンチ
DF:イルディリム、キジルカヤ、ソッリ、アキュズ
MF:ヴチェティッチ、シェン、カサポール
FW:サヤン、カルー、メイホシュ

SUB:ケセル、ヤフス、フックス、アチル、ズール、エズデミル、ケレシュ

故障:ギュッレ、クルト
欠場:シャヒン、アクヨル、ボツテペ


中3日での試合。次は中2日。
アンカーにシェンを置いてカサポール(23)が移籍後初出場初先発。
クルトの穴にはメイホシュが入りサヤンが右サイドで先発。エズデミルがベンチ入り。


相手は割と守備が堅いチームであることは確かだが、クルト不在があまりにも大きいようだ。
メイホシュではクルトの代わりは務まらない。やはり高い位置で簡単にキープできるボールコントロールは大きかった。

難しい試合になったが33分、サヤンのパスを受けたFWカルーがエリア外から強烈なシュートを突き刺しアダナスポルが先制。
GKが一歩も動けないほどの超高速シュートだった。漫画のようなゴール。少林サッカーのようなゴール。

42分、イライラしたのか相手MFが足裏タックルを仕掛けてきて一発レッドで退場。
50分、カサポールの左サイドからのFK、ソッリが中でダイレクトで合わせ2-0!ソッリは今季2点目。カサポールも移籍後初アシスト。

55分、メイホシュ、カルーを下げてエズデミル、ケレシュ投入。温存です。
61分、サヤンがクロスを入れた際に負傷。ズール投入。ボランチの次はサイドアタッカーが次々と消えていくのか・・・。
    それで得たCK、エズデミルのクロスを相手DFミキッチがOGしてしまい3-0。

73分、イルディリムが持ち上がり、パスを受けたズールが右サイド切れ込み落とすと、
    飛び込んできたMFカサポールが決め4-0。カサポールはデビュー戦で初ゴール、初アシストと絶好調。


4-0快勝。
MOMは新加入のカサポール。ゴールアシストは立派だが、特に左足でもパス出せるのが凄い。


10(5) - 4(0)
54% - 46%

MOM:カサポール
G:カルー(17)、ソッリ(2)、OG、カサポール(1)

○4-0  2位↑


・試合終了間際に痛めたFWケレシュが膝の捻挫で4週間の離脱。



なんだかんだいろいろあったが、過密日程もここまで乗り越えてきた。
あと少しで過密日程ともおさらば。首位取りも間近。
しかし前線の怪我人で暗雲も立ち込めている。

214020237.jpg

214044244.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/05/19(火) 17:41:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana12 | ホーム | adana10

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/226-52ad2fa3

| ホーム |