名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adana9

ソッリ(23)とサヤン(20)が入団。背番号は6と20。
ソッリはトルコ語を話せないがGKケセルと英語で会話が出来る。ケセルがしばらく面倒を見てくれる。

冬にPSGと親善試合を組みたかったが日程が合わず。
来夏に持ち越し。忘れないようにしてないとせっかくの無料ツアーなのに勿体無い。



練習試合でアマチュアチームに6-0で勝利。

冬の補強第三弾

165401607.jpg

1部ガジャンテプスポルからMFオルハン・ギュッレ(21)を期限付き移籍で獲得。
トルコU21代表選手で15試合に出場、1得点を記録している。
攻守に運動量があってバランスの良い選手。長い距離からのシュートが魅力。

今シーズン足の骨折で1試合しか出場できず。まだ完治していない。
今季で契約満了なのでこのまま契約を結んで来季以降も残留してもらうつもり。






1/11
第20節
vs タブシャンリ・リニトスポル (H/4)



GK:ギュベンチ
DF:イルディリム、ソッリ、ヤフス、エズカナク
MF:ヴチェティッチ、アチル、シェン
FW:メイホシュ、カルー、クルト

SUB:ケセル、キジルカヤ、ナルバントル、ズール、ボツテペ、サヤン、ケレシュ

出停:シャヒン
欠場:キラトリ、アクヨル、ギョルボユ、ギュッレ、サク、ベイデミル、エズデミル、ケスキン


ヴチェティッチが先発。ソッリも移籍後即先発出場。
ノルウェーはシーズンオフで休暇に入っており調整が完璧ではないが、結構戻ってきてるので先発。
練習試合でサヤンの動きが良かったので途中投入はほぼあると思う。


雨の中での試合。


泥だらけになりながら攻めるアダナスポル。
最初はミスが多かったが試合が進むにつれアダナスポルが完全に試合を支配する。

そして22分、ショートCKからの流れ。イルディリムの後ろからのふんわりヘディングシュートをカルーが頭で合わせると
GKに触られボールはクロスバーへ。しかし跳ね返りをFWカルーが自ら押し込み1-0。カルーはリーグ戦13得点目。

更に34分、ショートCKからメイホシュの早いパスを受けたイルディリムが冷静にフリーのソッリへ。
ソッリが決め2-0。ソッリは移籍後デビュー戦で初ゴール。
もしかしてだけど、ショートCKめっちゃ強い?あまりにも頭に合わなくて初めてやってみたけどそれで連続点って。
過去作のニアポスト狙えとかファー狙えとか強すぎるのは自主的に縛ってるんで、ゴール簡単に決まりすぎても面白くないし
ショートCKも縛るかもしれない。いや縛るか。いつもどおり混合縛りでいこう。
174743486.jpg 175004112.jpg 175052175.jpg


後半に入ると即座に追加点。カルーのシュートを相手GKがなんとか触るもボールは高く上がりそのままゴールに吸い込まれ3-0。
更に50分、CKからDFソッリのふんわりクロスをファーサイドで競り合うとこぼれ球をFWカルーが決め4-0。
カルーはハットトリック達成。いつかの4得点の再現か。

50分、クルト、シェンを下げてサヤン、ボツテペ投入。サヤンを右に、メイホシュを左。

60分、ボツテペのスルーパスで切れ込んだFWサヤンが左足でシュートを放つとクロスバー内側を叩いて真下に跳ねるが
    そのまま入り5-0。この跳ね返って真上に突き刺さる感じの跳ね方大好き。
    サヤンもソッリに続いてデビュー戦で初ゴールを記録。カップ戦の連戦が始まる中勢いがつく試合になった。
180758384.jpg
180823080.jpg 180852238.jpg 180903007.jpg 181117281.jpg
握りこぶしを作るくらいであまり喜ばないサヤン。5-0だからかな?そーくーる。
プリマスの時に5点目を若手が決めてアシストしたベテランのほうが飛び跳ねて喜んでた時があったような。


66分、ソッリに代えてキジルカヤ投入。調整不足なので一応。最高のデビュー戦だった。

試合終了間際の後半AT、相手のCKの場面でメイホシュがファールしPK献上。決められ5-1。
1分のATなのに92分までやってファール取られちゃった。5-1で勝利。

完全勝利。今日はサイドの攻防で完勝して相手に何もさせなかった。
ゴールにこそ絡めなかったけどメイホシュがよくボール入ってた。

21(10) - 6(2)
62% - 38%

MOM:カルー
G:カルー(13,14,15)、ソッリ(1)、サヤン(1)

○5-1  




ここから6週間カップ戦のせいで過密日程が始まる。
昇格を争う大事な時期なのにとんでもないことになった。まさかカップ戦でリーグ戦が始まるなんて正直聞いたことなかったね。
最初ならCLとかELとかナビスコもそうだけど。8チームまで勝ち抜いてそこから始まるとは。
しかも相手は全部1部。どうなることやら。

182734857.jpg

・新加入MFギュッレ(21)が練習試合で足首を捻挫。2ヶ月の離脱。
 まさかの怪我が多い選手を掴まされたようだ。すでに来季以降の契約も締結。18万€と高給で合意したが・・・。
 とりあえず今季の残りはリハビリで終えそうだ。アンカーの補強したかったんだけどな・・・。



194625545.jpg

カップ戦が盛り上がっているようで何より。キャパシティ14,000人のスタジアムほぼ満員まで入るらしい。
そりゃビッグクラブがわざわざ来てくれるんだから当然か。

施設覧を見たら2016年7月に収容33,000人のYeni Adanaというスタジアムに移転予定となっていた。
気づかなかったかすっかり忘れていたか、さっぱり忘れているがこんなことならピッチ改修にお金掛けなくてよかったかな?
まああと今季終わっても2シーズン今のスタジアムでプレーしないといけないからいいか。

ちなみに現在は14,085人収容で年間5万€のレンタル料、更に入場収入の7%を徴収されるシステム。
次のスタジアムがどういうシステムになるのか不明。クラブ持ちなのかレンタルなのか。


・試合前日にMFメルサン・アチル(31)が短距離走の練習中にそけい部筋損傷を負い4週間の離脱。
 アンカーのキーマンなのに何してくれてるんですか。ギュッレも合流出来ずアチルもチームを離れてしまった。
 あとはズールとシェンくらいしか居ない。どっちもアンカーでは微妙なんだけどなぁ。
 せっかくチームがまとまってきたところだからシステムは変えたくない。



1/15
トゥルキエクパシ GS第1節
vs フェネルバフチェ (H)



現在13試合負けなしのアダナスポルと相対するのは1部シュペルリグで11勝4分2敗で1位のフェネルバフチェ。
フェネルバフチェもなんと13戦負けなし。10勝3分となっている。2部の13戦と1部の13戦は格が違うね。

見ればメンツが凄すぎる。あとで紹介するけど強豪国のA代表選手もやっぱりゴロゴロいる。
日程が完全にカップ戦優先になったからおそらく見下されて控えメンバーが出てくるとはなさそう。
若干過密日程だから少しでもメンバー落としてくれればいいのだが。
しかしウチの年俸総額を一人で貰ってるのはずるいよっ。


GK:ギュベンチ
DF:ナルバントール、ソッリ、キジルカヤ、シャヒン
MF:ヴチェティッチ、ズール、シェン
FW:メイホシュ、カルー、クルト

SUB:ケセル、ヤフス、アクヨル、エズカナク、ボツテペ、サヤン、ケレシュ

出停:イルディリム
故障:アチル、ギュッレ
欠場:サク、ベイデミル、エズデミル


35歳ヤフスは1週間に2試合は耐えられないのでベンチ。キジルカヤが先発。
イルディリムが累積警告で出停なのでナルバントールが先発。シャヒンが戦列復帰。
アンカーではズールが先発。

GKキラトリとDFギョルボユがリザーブチームに降格。


持てる力をすべて出す陣容。クルト毎試合先発だけど抜けて大丈夫か・・・?


213656293.jpg
ベンチに2人ほど若手が入ってるが、ほぼ全員A代表経験者。
ちょっと引くメンツ。2部相手にここまでしまっか?ほぼレギュラーメンバーで構成。

同じ4-3-3のシステムで3トップが極悪という他ない。右サイドはオランダ代表のディルク・カイト(33)。まだA代表に選ばれてる。
左サイドはムサ・ソウ(27)。俊足アタッカー。トップも超俊足ストライカーエメニケ(26)。全員現役A代表。
穴なんてひとつもない。相手に優っている部分がただの一つもなくてどうやったら勝てるのか分からないレベル。
とりあえずここまで差を付けられたらポゼッションされるだろうし速攻狙いでやってみる。

ディルク・カイト
213949462.jpg
ムサ・ソウ

214002414.jpg

ブルーノ・アウベス
214021667.jpg

なんとなく3人ピックアップしたけど全員こんな感じで優れてる。
むしろカイトはスキルが低いレベル。まあここまでメンタルが優れてたら良いプレーしてくれるんだけど。

一番警戒するのは今季10得点のムサ・ソウ。今日は左サイドで先発してくれて助かったが、
ナルバントールの粘り強い守備でなんとかしたい。



雨の中での試合。技術力に勝るフェネルバフチェが有利か。
試合開始後は静かな立ち上がり。フェネルバフチェも無理に攻めず、アダナスポルも無理に奪いに行かない。
いつもは相手DFにどんどんプレッシャーを与えていく戦術を取っているが相手が相手だけに
簡単に行ったら交わされるので相手DFには割と自由にもたせ縦パスを入れてきたら一気に囲む。
攻撃はSBをまったく上げず3トップの個人技頼み。

すると8分、カルーが潰されるも左サイドでフリーになったクルト。
元トルコA代表で17試合の出場経験を持つDFトプズ(30)をなんとか振り切りグラウンダーのクロスを入れると
FWカルーが左足で決めまさかのアダナスポルが先制ゴール!1-0!!
215639094.jpg
215739526.jpg 215927563.jpg 215959664.jpg 220149498.jpg
まさかの先制点に困惑しておりますワタクシ。カルーの喜びは尋常じゃない。
セードルフみたいにタメてからの右手昇竜拳はよく見るけど連続して左手昇竜拳もやったのはFMやってて初めて見た。
ホームのサポーターも大興奮。アウェー席は完全にお通夜状態。
220411230.jpg
220436367.jpg


しかしまだ8分になったばかり。慌てずに慎重に試合を進めさせる。
相手が焦ってきたらカウンターも決まりやすくなるでしょう。それまでに失点しなければ。
相手のFWに放り込みでは負けない。しかしスピードが段違い。ラインはいつもより下げてるがどうなることやら。
この前線のスピードだけならプレミアとかブンデスに入れても通用するスピードだ。


19分、フェレルバフチェの最初のビッグチャンス。エリア内に入ったLSBエルキン(25)の高精度クロスに
    ファーサイドのカイトが頭で合わせるもGKギュベンチがなんとか左手一本でセーブ。
221224697.jpg 221253652.jpg


20分、バックスタンドで発煙筒がたかれる。興奮しているサポーター。トルコ的暴動に発展はやめてもらいたい。
27分、カイトとソウが左右ポジションチェンジをしている。
    スウェーデン代表で34試合出場経験を持つMFホルメン(29)のパスで完全に裏を取ったムサ・ソウ。
    フリーでのシュートはわずかに枠の左。危なすぎる。ちょっと心臓が止まりかけた。
222042523.jpg 222024522.jpg


懸命に守っていたアダナスポルだったが41分、縦パスを受けたエメニケが上手いトラップでコースを作ると
確実に決められ1-1の同点。キジルカヤがまったく対応できなかった。前半終了までもう少しだったのに。
シュートの威力、精度がひと目で一流、一部レベルってわかる。
222551540.jpg


HTで作戦を微妙に変更。スタンスとしてはほぼ変わらないが前半より中盤のシェンを前に出す。
高い位置を取ってもらって速攻に繋げたい。しかしその分中盤の裏が取られやすくなるかも。


48分、ヴチェティッチからパスを受けたメイホシュが左足で勢い良く狙うも相手GKに阻まれる。

53分、ゴール正面からのFK。カルーのシュートはまたもや相手GKに好セーブ。
    一時停止で一瞬だけ切り抜いたらGK飛び過ぎじゃないっすか?
223458622.jpg 223518792.jpg


60分、退場されると困るのでイエローを貰ってるシャヒンに代えてエズカナク投入。
    更にメイホシュに代えてすでにスーパーサブ認定されてる20歳サヤンを投入。一部相手に頑張って欲しい。

61分、CKからムサ・ソウに決められ1-2。逆転を許してしまう。マーカーはズールだった。
63分、シェンのパスで裏を取ったサヤンが冷静に流し込んで決めたかに思われたがオフサイドでノーゴール!これは判定が正しい。

70分、シェンに代えてボツテペ投入。ドリブラーを入れて最後の勝負。
83分、またもやムサ・ソウにCKから決められ1-3。こぼれ球への反応がピカ一に速い。


よもやの先制点で夢を見たが見事に打ち破られ1-3で完敗。
負けると賞金も出ないので泣きっ面に蜂。悲しい現実。
試合中盤ペースを掴んでた時になんとか勝ち越しゴールを決めたかった。
もっと言えば前半終了間際の失点がもったいなかった。


6(5) - 18(8)
45% - 55%

G:カルー

●1-3




せっかくのクルトマネー。渋ってても勿体無いので思い切って補強に使ってみることに。

同部12位バリケシルスポルから左サイドバックのケレム・カン・アキュズ(24)を移籍金23万€で獲得。
攻撃的なサイドバックで積極果敢なオーバーラップからロングシュートを狙う選手。
年俸7.8万€で2年半+1年の契約で合意。

左サイドバックがエズカナク、シャヒンと共に30歳オーバーでプレーもいい時はいいが悪い時は悪いので
思い切って若い選手に移籍金を払ってきてもらいました。外国人選手ならまだしも国産選手は貴重ですから。
入れ替わりでエズカナクが放出候補に。すでにレンタル移籍で話が着きそう。

101532469.jpg

同部13位カルシャカからMFエルディ・カサポール(23)を移籍金6.6万€で獲得。
カルシャカ一筋で72試合に出場。通算1得点。
セントラルMFが本職でアンカー、右サイドバックでもプレー可能。将来性はあるテクニックに優れたMF。
年俸14万€、3年半+1年で契約合意。背番号21。
なお、カサポールは移籍締結直前に足を損傷。4週間の離脱。薄いMFをせっかく補強したのになんてことだ・・・。

102344473.jpg

この補強でベイデミルが不満を露わに。もともと起用していなかったのですんなり放出リスト入り。
フィジカルはあるし、出て行った先で活躍されそうだけど、通年通した活躍は無理だと思う。



1/19
トゥルキエクパシGS第2節
vs ブルサスポル (A)



1部10位のブルサスポルとのアウェーマッチ。ここで勝って稼ぐしかない。
年俸総額もフェネルバフチェの5700万€に比べれば1700万€と比較的リーズナブル。(アダナスポルは250万€)
しかしチームは10位だが年俸総額は5位。額でチームが決まるわけではないのは現実のミラン見ればわかるが
それでも実力者が揃っているというもの。勝ちたいが・・・。


GK:ギュベンチ
DF:イルディリム、ソッリ、ヤフス、シャヒン
MF:ボツテペ、シェン、メイホシュ
FW:サヤン、カルー、クルト

SUB:ケセル、キジルカヤ、アクヨル、ナルバントール、ヴチェティッチ、ズール、ケレシュ

故障:アチル、ギュッレ、カサポール
欠場:アキュズ、エズカナク、サク、ベイデミル、エズデミル


加入1日しか経ってないアキュズはベンチ外。
ゲーム的には当日からでも使っていいと思うが、リアルではほぼそんなことないしとりあえず翌日の練習試合に出してみる。

メイホシュを中盤で使い右サイドはサヤンが初先発。
シェンをアンカーで起用するためにこうなった。ズールはやはりアンカーとしては力不足。前で走らせる位しか出来ない。



元フランス代表GKセバスティアン・フレイ(33)やナイジェリア代表DFタイエ・タイウォ(28)がいる守備陣は
ほぼベストメンバーだが、攻撃陣は全員控えメンバー。メンバーを完全に落とされている。
それでも187cmの元チリ代表FWセバスティアン・ピント(27)はターゲットマンとして怖い存在。

相手も4-3-3のシステム。


試合開始1分、相手アルゼンチンCBチベッリ(30)がエリア内で不用意にキープ。
FWクルトがプレッシャーを掛けるとエリア内でまさかのボール奪取。
即座にニアへシュートを狙うとGKフレイもなんとか触るがそのまま入り今日もアダナスポルが早々に先制!1-0。
104815729.jpg 104954398.jpg


11分、FWサヤンが負傷。ナルバントールを投入。ちょっと想定外。
19分、ゴール正面25M程度の位置からタイウォに直接FKを決められ1-1。やはり上のプレイスキックの精度は高い。

41分、ナルバントールのパスで裏を取ったカルーだったがエリア外からの強烈なシュートは枠の左。


驚いたことに互角の戦い。お互い決定打を欠き硬直状態。
66分、削られてコンディションを落としているDFヤフスを下げてキジルカヤ投入。CBにここぞで対応ミスや遅れが出ると困る。
    更にカルーに代えてFWケレシュ投入。フレッシュなFWを入れてワンチャンスものにしたい。


83分、自陣ゴール前からシャヒンがクリアするとそれが上手いこと裏へ出たことによりFWケレシュが抜け出す。
    DF2人のプレッシャーをなんとか掻い潜り右足で狙うもGKのファインセーブに泣く。


試合は1-1のドロー。
スタッツもほぼ同じと完全に五分の戦いだった。
しかし高精度のセットプレーを持ってるのは羨ましい。サッカーはセットプレーが大事。
引き分けで7万€の賞金を獲得。

10(3) - 10(3)
53% - 47%

G:クルト

△1-1




同部2位マニサスポルから右サイドバックのベンジャミン・フクス(30)を移籍金6万€で獲得。
ナルバントールのクロス精度の無さで攻撃チャンスが潰れている事が多いのでクロス精度が高いSBを獲得。
トルコ国籍持ちのドイツ出身選手。オーストリアの国籍も持っている。

ちなみにクロス精度が低いだけで能力的には高いからナルバントール売れるだろうとたかをくくっていたが、0円でも売れないらしい・・・。

132944606.jpg

・DFイルケム・エズカナク(31)を同部11位アンカラスポルへ期限付き移籍で放出。完全移籍のオプション付き。



1/22
トゥルキエクパシGS第3節
vs ベジクタシュ (A)



134427460.jpg 1部シュペルリグ2位のベジクタシュとのアウェーマッチ。
意外と競ってるグループステージ。フェネルバフチェの凶悪さが目立つばかり。
この試合最低でも引き分けに持ち込めばホーム2試合の後半戦分からなくなってくる。





フェネルバフチェほど凶悪さが無いとはいえ良いメンバーの揃っているベジクタシュ。そりゃ2位ですから。
しかしトップチームに6人の怪我人を抱え、期待の若手も出場停止。見た感じ飛車角落ち。運よく勝てないものか。

今季7得点でチーム最多得点のFWウーゴ・アウメイダ(29)と左サイドアタッカー、シャヒン(26)が共に欠場。
アメリア代表MFジョーンズ(32)や22歳でトルコ代表で13試合出場のギョクハン・トーレも欠場。
そこで台頭してきた生え抜きのウイサル(22)も出場停止。守備陣は豪華だが、ここは勝ち点を頂きたい。

140043387.jpg



GK:ギュベンチ
DF:イルディリム、ソッリ、キジルカヤ、シャヒン
MF:ズール、シェン、ヴチェティッチ
FW:サヤン、カルー、クルト

SUB:ケセル、ヤフス、フクス、ナルバントール、メイホシュ、ベイデミル、ケレシュ

故障:アチル、ギュッレ、カサポール
欠場:アクヨル、アキュズ、サク、ボツテペ、エズデミル


しかしこちらも中二日でカツカツ状態。
シェンはキツイがアンカーが他に居ないので頑張ってもらう。
次も中3日でリーグ戦を戦い中2日でカップ戦に戻る。過密日程ではなく地獄日程だ。

使うかは分からないが、加入直後でフクスがベンチ入り。ほとんど名前だけ状態。メンバーが足りません。
クルトはフランスでの戦いに向けていい経験になりそうだ。まさか今期中に外せない選手になるとは。


ベジクタシュは4-2-3-1のシステム。珍しい。トルコでは初対決。
とりあえず使える選手でベストメンバーを組んできた模様。

雨の中での試合。年末年始は雨がかなり多いとるこだ。


こちらは堅守速攻。最初のチャンスは11分、ヴチェティッチが裏へ抜け出し速攻を仕掛けるも
ヴチェティッチのシュートは枠の左。決定機だった。

試合開始後は素早いアダナスポルの攻撃でシュートチャンスを作っていたが
疲労からか中盤以降完全にベジクタシュのペース。0-0、シュート数4-5、ポゼッション37-63で前半を折り返す。


きっちりサイドハーフも下がって奪ってからカウンター。フィジカルの差もあり迫力のある攻めは出来ないが
試合的にはこっちのペースで進められている。

53分、アダナスポルのCKの場面。クルトのクロスボールをシェン、キジルカヤと相手DFが競り合うと
    こぼれ球でサヤンがシュートを狙うが相手GKに防がれる。それでもそのこぼれ球をFWカルーが押し込み先制!!
    1部相手に3試合先制ゴールを決めたカルー。序盤こそ不調だったが、1試合4得点を記録したりとゴールを量産中。
143751827.jpg143809128.jpg
143825747.jpg 143837254.jpg 

55分、流れを掴んだアダナスポルのカウンター。
    クルトが左サイド突破するとクロスにFWカルーが飛び込むがGKに触られポスト直撃。
    跳ね返りをMFズールが押し込むが相手DFにライン上でクリアされてしまう。決定的な惜しい場面。

69分、バテバテのシェンを下げてナルバントール投入。アンカーの適正はないが、経験と実力でなんとかカバーしてもらいたい。
    ヴチェティッチを下げてベイデミル投入。最後のチャンス。これでダメなら放出。
81分、疲労がたまってるクルトを下げてメイホシュ投入。高い位置でキープして時間つぶして欲しい。


全選手体を張った守りでクリーンシート達成。1-0で強豪ベジクタシュをアウェーで撃破!


相手も疲労からか追えずになって最後は楽にボールキープし、出てきたところサイドアタッカーに渡して楽に時間を潰せた。
ゴール前もソッリ、キジルカヤが体を張って防いでくれた。高さに強い選手はいるだけで楽になる。
しかしなんといってもカルー。運良くこぼれてきたラッキーだろうがなんだろうがよく決めてくれた。勝利で15万€ゲット♪


10(5) - 8(2)
41% - 59%

MOM:カルー
G:カルー

○1-0  


相手で一番驚異的だったトップ下のポルトガル代表MFマヌエル・フェルナンデス(27)。
コンパクトな守備でほとんど何もさせず。サイドアタッカーに1対1では抜かれたけどゴール前がガチガチに締めた。
この日ヴォルフスブルグのトゥヘル監督が視察に来ていたようだ。いいところを見せられなくて悪かったな!

試合後の記者会見でメディアにFWカルーの活躍を聞かれ「あいつはスゲーよ、サイコーデース!」って答えたら
何故かライバルのFWケレシュ(27)がこの発言に喜ぶ。同じ27歳で1トップを争う相手。
カルーが活躍すればするほど自身の出番はなくなるが・・・。
言われた本人が喜ぶのはしょっちゅうあるけど同ポジションが喜ぶのは初めて見た。
ちなみにケレシュの好きな人物欄にはMira監督とカルーが入っている。ライバルだが仲がいいようだ。
ざんねんながらカルーのほうにはケレシュの名前は入っていない。



153102558.jpg

153224912.jpg

ベジクタシュへの勝利で2位へ浮上したアダナスポル。
残り3試合でなんとか決勝トーナメント進出を決めれるか。





グループBは順当に1部チームがリードしている。
ウチを見習ってもうちょっと頑張ってみようよ。
首位トラブゾンに至っては7位イスタンブールBBSKにすら負けている。

画像の横に文字を書くという新技術も身につけて
ちょっとは見やすくなったと思う。
ただ行数が微妙にずれてめんどくさい。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/05/10(日) 16:45:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana10 | ホーム | adana8

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/224-86cf80df

| ホーム |