名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adana7

11/25
まだシーズンを折り返してもいないが理事会から契約延長オファーを貰う。
解雇されたくないので2018年までの契約延長で合意。年俸は14万から12万に軽減。



12/1
第17節
vs メルシン.Y.(A/19)


前節ダービーって書いたと思うけど、見間違いで今回がダービーマッチでした。
名前の雰囲気が似てるから見間違えてた。
土曜日に数試合消化されたことで現在最下位のメルシンYとのアウェーマッチ。
現在6試合負けなしのアダナスポル。


GK:ギュベンチ
DF:イルドルム、クズルカヤ、ヤフス、サヒン
MF:ヴチェティッチ、ズール、ファティ・セン
FW:メイホス、カルー、クルト

SUB:ケセル、アクヨル、ナルバントル、エズカナク、ボツテペ、エズデミル、ケレス

故障:チアゴ
出停:アチル
欠場:クラトル、ギョルボユ、サク、ベイデミル、ケスキン


アチルが今季2度目の累積警告で出場停止。14試合に先発し8枚目のイエロー。かなり多い。先発はズール。
ミッドウィークにカップ戦が入るがリーグ戦にベストメンバーを使う。






試合は両チームとも縦パスを通せず苦しんでいる。
前のダービーもたしか攻めあぐね連発だった気がする。

それでも36分、クルトの自陣からのロングボールをFWカルーが頭で落とすと
ヴチェティッチのスルーパスで抜けだしたメイホスが切れ込みながら右足で左隅に確実に決めアダナスポルが先制!1-0。
組織だったロングカウンターで気持ちいゴールだった。
080235272.png 080400351.png


61分、ファティ・センに代えてボツテペ投入。中盤3枚ともイエローを貰ったので用心のために一人交代。
後は引きこもってカウンター狙いなので一人でドリブル出来る選手が欲しかっただけ。

72分、クルトに代えて地元出身のエズデミル(21)投入。
    ちょっと見てみたところ地元ダービー扱いされているがこっちはAdana、相手はMersinと街が違う。
    どれだけ離れてるかは試合後にグーグル・マップでも見てみよう。
    本当のAdanaダービーはアダナDSってところだ。

83分、メイホスに代えてナルバントル投入。守備固めからの走り屋要員。


1-0でチュクロバダービーを勝利。
良い試合とはいえないが、きっちり先制点を守りきり確実に勝利した。
サイドと言うより中盤からもっといい縦パスが出れば楽になりそうだが。

しかし今日もイエローを6枚も貰う。ウチの選手は1試合につきイエロー1枚もらわないと気がすまないようだ。
これでサヒン、セン、ヴチェティッチが次節出場停止。
リーグでも2位と10枚差を離してぶっちぎりのトップ。17試合で52枚って恐ろしい枚数。過去最高じゃないか。

1試合消化が多いが暫定3位に浮上。1461トラブゾンが首位なので自動昇格圏内に入る。

・ ファティ・センがリーグ戦通算250試合出場達成。

9(2) - 6(1)
48% - 52%

MOM:メイホス
G:メイホス(3)
○1-0  暫定3位↑

基本的には隣町のようだ。見てみたらAdanaは意外と大きな街だった。
084153480.png



12/4
カップ戦4次予選
vs マニサスポル(A)


前回1部最下位を撃破したが今日は2部と。2分で2位のマニサスポルとのアウェーマッチ。
今季前半戦、2-2で引き分けている。


GK:ギュベンチ
DF:イルドルム、クズルカヤ、アクヨル、サヒン
MF:ヴチェティッチ、アチル、セン
FW:エズデミル、ケレス、クルト

SUB:ケセル、ヤフス、エズカナク、ズール、ボツテペ、メイホス、カルー

出停:ナルバントル
故障:チアゴ
欠場:クラトル、ギョルボユ、サク、ベイデミル、ケスキン


確認ミスでナルバントルが累積警告で出場停止なのに気付かなかった。
これだったら前節のリーグ戦ナルバントルを先発させてたかな。
DFヤフス(35)はベテランのため連戦は出来ない。アクヨルが先発。
他にもエズデミル、ケレス、アチルが先発入り。


試合開始から押し込む展開が続くと3分、ヴチェティッチのパスを受けたFWケレスがフリーで冷静に決め1-0!
とうとう出たストライカーの今季初得点!怪我もあり長く苦しんだがこれからプレマッチでの活躍っぷりを見せて欲しい。
091628227.png


失点をしてからというもの相手も2部で好調なクラブということもあり攻めに出られボールを奪えない。
結構危険な場面もつくられてきたので作戦変更。守備を固めてロングカウンター狙い。
エズデミルがよくフリーで受けるが、怖いドリブルができず失敗続き。

55分、ファティ・センが相手に倒され負傷。ボツテペ投入。
71分、疲れが見えるクルトに代えてメイホス投入。17歳に負荷は掛けたくない。

相手の猛攻が続くが守りを固めてなんとか守りぬいていたが81分、イルドルムとクズルカヤの間からやられ1-1。

最後の交代は82分、疲労困憊のヴチェティッチを下げてズール投入。運動量でなんとかカウンターを。
もう戦い方は変えない変えれない。


するとポジションを変えながら華麗なパス回し。バルサを彷彿とする細かいパス回しで
最後はバイタル攻めたアンカーのアチルからゴール前へ入ったエズデミルへ。
相手DFが完全に足を止めてしまっているところを急に攻め立てると
エズデミルが左足でシュートを狙うと相手GKに触られながらそのままゴールに入り2-1で勝ち越し!!
今日いいところがなかったエズデミルの起死回生の一発。
094735430.png
094948579.png 095005654.png 20095015218.png 095028287.png 095039988.png 095108152.png


このまま守りきりたいアダナスポルだったが92分にまさかの同点ゴールを浴び2-2。リーグ戦と同じスコアになってしまう。
オフサイドの判定はなくボツテペは猛抗議によりイエローを貰う。微妙な判定。
095631829.png


次も中2日でリーグ戦があるというのにまた延長。カップ戦は延長続きでしんどい。
延長に入ると両チーム味方のパスに反応できる脚が残ってるわけもなく2-2のままPK戦へ。


一人目はマニサスポルのDFミキッチ(28)。右隅へのシュートはギュベンチが気迫のセーブ。
続くアダナスポルの一人目は途中投入のメイホス。どまんなかに冷静に決め1-0。
二人目(ケレス)、三人目(サヒン)を共に決め続く四人目。FWエズゲンのシュートをギュベンチがまたもファインセーブ!
決まれば勝利となるアダナスポル4人目はDFイルドルム。どまんなかへのシュートは止められ結果は5人目へ。

5人目決められるが最後のキッカーはアチル。右下へ強烈なシュートを叩き込んで勝利!!

100919052.png
101237542.png 101500755.png 101542562.png 101556308.png
101628703.png


結構白熱した試合だったがなんとか勝利。
カウンターからチャンスはあったからもう少し簡単に決めて欲しかった。
また延長を戦い抜いたということで次のリーグ戦は厳しい戦いになりそう。

・ファティ・センがモモの打撲で2週間の離脱。

13(7) - 17(4)
54% - 46%

G:ケレス、エズデミル
○2-2 PK4-3


理想のプレイには程遠いが、最近ポジションを確保したクルト(17)。先発出場が続いている。
他クラブからまた興味を持たれたのでまたガラタサライとかかなと思ったらなんとTHE金満PSGが獲得に興味。
まさに青田買い。高い移籍金なら諦めるけどどうなることやら。



12/7
第18節
vs ガジャンテップ Bld.(H/13)



相手にもカップ戦が残っていたらしく中2日対決。しかし延長せず1-3でサムスンスポルに敗戦。
第19節の週はお休みなので自チームのみ前半戦最終戦。ゲーム上でこの試合は第何節という表記がなく面倒なので
通常20節となるリーグ戦19試合目も19節として次から書いていく。

GK:ギュベンチ
DF:ナルバントル、クズルカヤ、ヤフス、エズカナク
MF:ズール、アチル、ボツテペ
FW:メイホス、カルー、クルト

SUB:ケセル、アクヨル、ギョルボユ、ベイデミル、サク、エズデミル、ケレス

出停:サヒン、セン、ヴチェティッチ
負傷:セン、チアゴ
欠場:クラトル、イルドルム、ケスキン


延長120分を戦い抜いた選手たちにとって中2日は地獄。
しかし選手層が薄いので完全にターンオーバーをひけるわけではない。
DFクズルカヤとMFアチルはかなりキツそう。35歳ベテランのヤフスがどれだけカバーしてあげれるか。
本当にダメそうだったら21歳ギョルボユの移籍後初出場となる。
正直レベル低すぎて使いたくない。判断力がアマチュア以下レベルの3だし簡単に失点に絡みそう。
そういうクズルカヤも7でアマチュアレベルで時々ポジショニングおかしいけど。でもフィジカルが強い。


相手は4-4-1-1の布陣。中盤も下り目に配置し相手を引き出して下がって受けて縦へロングパス一本戦術。
試合としてはあまり良い戦術ではないが、今日に限っては
疲労困憊のクズルカヤとヤフスというスピード無いコンビなので効果的で怖い。

15分、縦パスを受けたクルトが上手いタッチで前を向くと3人抜き。
    そのまま左サイドへ抜けだそうとしたところでSBレスメンがボールのないところへタックルをかまし一発レッドで退場。
    ボールタッチが上手いとこういうことも引き出せる。そのせいで怪我が怖いが。
042840749.png 043104912.png 043122143.png 043127682.png


18分、最初のビッグチャンス。クルトのクロスにFWカルーが頭で合わせるが枠の右。
    少し後ろに入ってジャンプが下がりながらで窮屈になってしまった。

更に畳み掛けるアダナスポル。19分には微妙なクロスミスを挽回したいクルトがラインの裏を取って左足で狙うも
シュートは力なくGK真正面。まだそういうプレーが出来る選手ではないが、いつかロナウドみたいな強引さが身についてくれれば。


攻める時間が長く続くアダナスポル。スピードのあるカルーだが、相手が完全に引いているので188cmの高さ狙い。
ゴール前であと一人マークずらすパス出せればというところからなかなか進まないアダナスポルだったが、
36分、右サイドでやんややった後、メイホスのファーへのクロスはクルトに合わないが相手の跳ね返しのこぼれ球を
MFボツテペが冷静に隙間を縫ってゴール右へ流し込み1-0、アダナスポルが先制!
044544698.png


ナルバントルはクロスさえ入れなければ本当に良い選手なのだが、クロスなしでゴールに絡めない。
ゴール前に切れ込んで入ることはたまにあるが、パスが通らないしシュートも入らない。
守備はいいし動きもいいのだが、結局ゴール前でミスするので印象も評価点も悪い。
しかし今のプレーではメイホスといいコンビネーションでメイホスがフリーでクロスを入れるまでアシストした。


37分、相手の直接FKの場面。やや左20Mの位置から右隅に流し込まれ1-1。
これが相手のファーストシュート。最初のチャンスで確実に決められた。


前半ですでに4枚イエローを貰っているアダナスポル。完全に守備での出足が遅い。まあいつものことだが。

疲労でグダグダかと思われた56分。ナルバントルからパスを受けたズールがダイレクトで前線へ。
すでに走りだしていたFWメイホスが右サイド抜けだすと右足だが数的優位となるファーサイドへクロス。
フリーでのヘディングシュートを叩き込み2-1!!完璧なカウンターでアダナスポルは勝ち越し。
クルトはこれがキャリア2点目。初ゴールと同じく頭で決めた。次こそは黄金の左足で決めて欲しい。
045746717.png 045957380.png
050119243.png 050545879.png


60分、動けなくなることが一番怖いのでCBクズルカヤに代えてDFアクヨル投入。残り30分なのでアクヨルの体力で十分。
70分、ボツテペに代えてベイデミル投入。ベイデミルもそろそろ結果出さないと冬以降チームに残れるかどうか。
82分、疲労困憊のクルトを下げてエズデミル投入。

86分、自陣近くからのロングFK。エズデミルのクロスにFWカルーが頭で合わせ3-1。


3-1で勝利。
キツイ試合だったが、2点目の速攻、カウンターは美しく綺麗だった。
疲れが見えてたので早い時間で決めたかったから試合のテンポを早くするよう指示して結構すぐ結果が出たので嬉しい。
17歳クルトも嬉しい2点目。前回は負け試合の適当パワープレー放り込みで
偶然頭の上にあたってふんわりGKの逆ついて決まったけど今回は完璧なヘディングシュート、叩きつける基本のヘッドだった。
まあクルトも疲れていながらよく走って飛び込んだけどそれより逆足ながらいいところにクロスを入れてくれたメイホス。
ズールのところではすでに走りだしていてスペースへ抜けたし意欲的に頑張ってくれている。アダナスポルの10番として相応しい。


12(5) - 7(3)
55% - 45%

G:ボツテペ(2)、クルト(2)、カルー(11)
○3-1




チアゴが怪我から復帰し練習参加。

060137773.png 060221541.png

お疲れっした。今季契約満了でサヨナラ決定。貴重な外国人枠に虚弱軟弱は要りません。



062543810.png
062600444.png

前節決勝点、完全に左サイドアタッカーのポジションを確保した17歳クルト。
能力も伸びてきて、特にメンタルの下のほうが細やかながら成長してきているので使いやすくなってきている。

なぜこのタイミングでわざわざこんなことを言うかというと勘の良い方は察しているだろうが、
フランス一部パリ・サンジェルマンからオファーが来襲。
ちょうど獲得への興味を持ったところでクルトが決勝点なんていうインパクトのある結果を残したことで
ほぼ衝動的だろうオファーを出された。金額は驚愕の320万ユーロ。
当初は100万は越えてくれよとか考えてたのにその3倍のオファーが舞い込んだ。

かなり悩んでる。もうすでに10分は悩んでる。即金320万は金額的には十分。これはこれまでの今期の収入と同額だ。
悩みポイントは
放出
・左サイドアタッカーの後釜。上手い技術で前線の潤滑油的存在にまで成長したあとに誰を置くか。
・将来的にはもっと大きな選手になり、320万どころか1000万狙える逸材。
残留
・クルトのモチベーションがどうなるか。
・この段階での即金320万の価値は大きすぎる。

どうせ偶然湧いてた架空選手だし下部組織出身扱いだが地元出身ではないしアダナスポルファンでもないしまあいいかなって感じ。
一番の悩みポイントは左サイドをこれからどうするか。ここが最大のポイント。
試合見てればわかるクルトの高精度クロス。クロスの質が他の選手と段違い。格が違う。
なぜまだアシスト出来ないのか分からない。速くて低い弾道で頭にピンポイントとか見てて気持ちがいい。
それを失ってどうやって攻めるのか。まあ後釜は確実に冬に補強となるが、使える資金はおそらく100万ユーロ。どうするか。

4年位レギュラーで使ってその後売ってもいいけどクルトのモチベーションがどうなるか謎だしなぁ。
ただ評価額14,250ユーロに320万提示するのなんてPSG以外ありえないだろうからここは承諾。

PSGのユースからスタートだろうけど頑張ってください。



072618061.png

072805446.png

昇格できないトラブゾンが首位を走る悲しいリーグ。
前半戦を終え自動昇格圏内となる3位につけたアダナスポル。
不調の前半から打って変わって最近9試合負けなし。リーグ戦も7試合負けなしと絶好調。

4-3-3のシステムがハマっているがクルトを失う後半戦どうなるのか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/05/05(火) 23:36:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana8 | ホーム | adana6

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/222-ec8316c0

| ホーム |