名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

adana6

11/2
第13節
vs ブカスポル(A/2)



GK:ギュベンチ
DF:ナルバントル、クズルカヤ、アクヨル
MF:イルドルム、ズール、メイホス、サヒン
FW:チアゴ、ケレス、ボツテペ

SUB:ケセル、ギョルボユ、アチル、ベイデミル、サク、クルト、カルー

欠場:クラトル、ヤフス、エズカナク、セン、エズデミル、ヴチェティッチ、ケスキン


3日前に1部を相手に延長戦を戦い抜いたアダナスポルに余力はなく2位が相手だが大幅変更。
中2日連戦はさすがに厳しすぎる。中3日連戦ならまだなんとかなったと思う。
試合開始は3-4-3だが、5-3-2になると思う。今日もカップ戦と同じく5-3のラインで守ってカウンター狙い。

不安点は174cmナルバントルの3バックの右。
SBが本職のこの選手にはCBは厳しい。3バックに頼りたくなかった理由はここのところ。CB不足。

FWケレスが久しぶりの復帰。カルーの調子が落ちてるので怪我明け早々だが頑張ってもらいたい。





相手も連戦で厳しいのか中盤に18歳が2人はいり、1トップも19歳イルマス。今季6試合で1得点。
試合開始から後ろからの素早いパスで両チーム決定機を作る。
ブカスポルは19歳イルマス、アダナスポルはケレス。しかしどちらも決めきれず。
イルマスのシュートはクロスバー内側を叩いて下に跳ね返った。

FWケレスの試合勘不足が明らか。判断は遅いし、シュートはへなちょこだし。
けれどもやはりストライカーらしい位置取りが出来ており、シュートチャンスが多い。
フィジカル、スキルは高いがメンタルがアマチュアレベルのカルーとは違う。
徐々になれたのかいいシュートを放ち20分にはポスト、23分には惜しくも枠の右と惜しい場面が連続する。

後半に入りボツテペやDFサヒンがチャンスを作るも決められず。
5-3-2のシステムでどんどんオーバーラップさせてギャップを狙うと
普段狙っていかない選手がシュートする場面が増え、決定力の無さに泣く。


それでも64分、チアゴが右サイド抜け出すとクロスに飛び込んだFWケレスが倒されPK獲得!
徐々にフィットし動きが良くなっていたケレスを経験豊富なブラジル人CBルイス・エンリケ(31)も思わず後ろから押してしまった。

005535494.jpg
005641997.jpg 005821694.jpg 005850365.jpg

PKを蹴るのはイルドルム。特に優れたPKキッカーがいるわけではないので誰が蹴るかは選手の自主性に任せているが
前回のサヒンに続きSBが連続して蹴っている。以前からそんな感じな気がするがSBのPK能力高く設定されてるのだろうか。
すんなりボールを拾って設置し躊躇なくすっと蹴るとGKの逆を簡単に突きゴール右隅に流し込み1-0、アダナスポルが先制!

しかし先制点を喜ぶのはいいがこれはあまりにも寂しい。
010258080.jpg


75分、カナダ人FWリケッツ(26)に決められ1-1。長い距離のシュートだったが、GKギュベンチは止められず。
    クズルカヤもスピードで振り切られてしまった。

勝ち越しゴールが欲しいアダナスポルは83分に前線3枚替え。
ケレス、チアゴ、ボツテペを下げてクルト、ベイデミル、サク投入。フレッシュな3枚でなんとか1点神頼み状態。

試合は1-1で終了。
同点ゴールの要因となったCBクズルカヤがこの試合最低評価点。
しかしスピードのないクズルカヤを3バックの真ん中で起用したのは可哀想だった。
ナルバントルでなければいつもと同じ右で出れたのだが。

そのナルバントルはまあ普通だった。不慣れな人が入ったことによるズレ、軋みが遠因であったかもしれないが
本人自体は普通にパス回し出来てたし個人で抜かれる場面もなかった。
もともと守備力はチームで一番の選手だしその点は心配してなかった。

2位相手に本メンバーでなくアウェーで引き分けたのは上出来かもしれない。

15(3) - 10(3)
44% - 56%

G:イルドルム(1)
△1-1  


・DFセルチュク・サヒンが通算150試合出場達成
・そのサヒンがつま先の突き指で全治12日。

・MFクルトがトルコU19代表に招集されU19インターナショナルに参加。



11/10
第14節
vs バルケシルスポル(H/12)



GK:ギュベンチ
DF:クズルカヤ、ヤフス、アチル
MF:イルドルム、ヴチェティッチ、セン、エズカナク
FW:チアゴ、カルー、メイホス

SUB:ケセル、アクヨル、ナルバントル、ボツテペ、エズデミル、クルト、ケレス

故障:サヒン
出停:ズール
欠場:クラトル、ギョルボユ、ベイデミル、サク、ケスキン


ズールが累積警告で出場停止。
この試合は3-4-3スタート。と言っても実質5-4-1なのだが。
3センターで2トップと4ラインで1トップどちらがいいかちょっと試してみる。


3-4-3は意外といいけど一人のプレーエリアが広く責任が付き纏う。
選手の個人能力が高く無いと正直危険。

そしてとある62分の様子。
015319848.png

器用に7枚もらってます。メイホスもすでに注意済み。次ファールすればイエロー確実。

70分、チアゴ、カルー、センを下げてケレス、エズデミル、ボツテペ投入。
    イエローは怖いが1点を取りに行くため前目をチェンジ。

74分、相手のクロスの場面でDFクズルカヤがファールしてしまいPK献上。決められ0-1。
    クズルカヤ2試合連続で失点に絡んでしまう。
更に83分にエズカナクが2枚目のイエローを貰ってしまい退場。

もうダメかと諦めかけた90分、前線のパス回しで裏を取ったエズデミルが決め同点!
相手選手のオフサイドの猛抗議も審判に聞き入れられず試合は1-1でドロー。

3-4-3は中盤にスペースが空く分個人技の実力が必要になるため微妙だった。
守備でも個人技で守ってる感じ。やはり今の選手には負担スペースが広すぎて対応できず。
3ボランチじゃないと厳しそうだ。長いパスもあんまり通せないし。

9(2) - 8(2)
57% - 43%

G:エズデミル(1)
△1-1  8位

・ラトビアU19戦にクルトが先発。79分のプレーで2アシストを記録。
・FWチアゴが練習中に膝を捻挫。4週間の離脱。怪我が多い選手だ。



11/17
第15節
vs フェシエスポル(A/10)



DFヤフス、イルドルム、エズカナクが累積警告で出場停止。
FWチアゴをまたもや故障で欠きクルトを代表招集で失う。5人の選手が招集できず。

GK:ギュベンチ
DF:ナルバントル、クズルカヤ、アクヨル、サヒン
MF:ヴチェティッチ、アチル、ファティ・セン
FW:エズデミル、カルー、メイホス

SUB:ケセル、ギョルボユ、ズール、ボツテペ、ベイデミル、サク、ケレス

出停:ヤフス、イルドルム、エズカナク
故障:チアゴ
代表:クルト
欠場:クラトル、ケスキン


DFサヒンが怪我から復帰。

3-4-3はダメだったので今日は4-3-3でスタート。
リードすればアチルをいつもどおり後ろに下げて5-3-2に変更しようと思う。


相手は4-4-1-1の布陣。

開始3分、相手に裏を取られ大ピンチ。GKが防ぎそのCKも合わせられピンチだったが運よくサイドネット。
最初のピンチを凌ぐとアウェー、アダナスポルのペース。
3バックで3人下がるより2CB1アンカーのほうが流動的にパスをまわせていい。

19分、クロスのこぼれ球をMFファティ・センが押し込み1-0でアダナスポルが先制!
    左サイド、サヒンが大胆なオーバーラップを見せてサイドを裏抜けしてる。
    一方ナルバントルは深いトンネルに入ったかSBとしては良いプレーができていない。
091032913.png


21分にはメイホスのCK、ニアに速いボールを蹴るとニアサイドに走りこんだMFヴチェティッチが頭ですらすと
上手くファーサイドネットに決まり2-0!ヴチェティッチは今季3点目。MFながら得点力を発揮している。
091306522.png 091407693.png


その後は守備的なメンタリティで後ろでゆっくりパスを回しスペースが空いたら一気に攻めるという
まさに時間つぶしの戦い方で前半終了。アチルが上手くパスコース引き出してて後ろがスムーズに回せている。

後半に入り47分。後半開始直後だが油断があったのかアッカクンのパスでオカンに抜けだされ決められ2-1。
枚数はたくさん居たのにサヒンがウォッチャーになってしまっていた。ベテランらしくない。
092639639.png


64分、あまり良くないエズデミルに代えてズール投入。
ズールなら決定力はないが運動量がありパスも上手いのでこのサッカーに合いそう。
エズデミルは21歳と若くあまりフィットしていないが、生え抜き選手なので頑張ってもらいたい。

74分、FWカルーを下げてFWケレス投入。
開幕戦からいまだノーゴールで最近決定力不足で不振に陥るまいと決意しているケレス。
だが、交代直後の75分。カウンターからズールに完璧なお膳立てパスを貰うも・・・
094150891.png
094331424.png 094340225.png 094404328.png これは不振に陥りますわ


85分、DF増やそうか悩んだが、経験不足のギョルボユしか居ないのでメイホスに代えてボツテペ投入。
前線からのプレッシングとドリブル活かしてキープしてもらいたい。


いくつかピンチはあったものの安定した試合運びで2-1で勝利!
ポゼッションを高め王者の戦い方が出来た。強くない相手にはこういう戦い方も出来るんだなぁ。
後はカウンターで決められる個人技と決定力。3点目が入ってれば簡単な試合になってたはず。

16(6) - 8(3)
62% - 38%

MOM:ヴチェティッチ
G:セン(1)、ヴチェティッチ(3)
○2-1  7位↑


・クルトがイングランドU19戦に途中出場。試合は0-0のドロー。



11/25
第16節
vs カラマンマラスポル(H/19)



アダナD.S,と同じく地元クラブ、ダービーマッチ。現在19位で最下位。アダナDSも18位とどっちも降格しそう。
ただ今季のトルコ2部はかなりの接戦。勝ち点的にまだまだ分からない。13位と19位が2ポイント差。
さらに19チームと奇数なので試合数がバラバラ。まだまだ予断を許さない。
しかし4クラブが降格はやっぱり厳しいルール。このまま勝ち点積み重ねて降格争いだけは避けよう。


GK:ギュベンチ
DF:イルドルム、クズルカヤ、ヤフス、サヒン
MF:ヴチェティッチ、アチル、セン
FW:メイホス、カルー、クルト

SUB:ケセル、アクヨル、ナルバントル、ズール、ボツテペ、エズデミル、ケレス

故障:ベイデミル、チアゴ
欠場:クラトル、ギョルボユ、サク、ケスキン


ダービーマッチだが、不調のエズデミル(21)はベンチ。右サイドに久しぶりにメイホス(24)が入る。
左サイドは代表で少し大きくなって帰ってきたクルト(17)が先発出場。
成長がかなり見えるし、エズデミル全然ダメだから機能するならもうレギュラーにしてもいいかもしれない。
ただ代表では活躍してるがリーグ戦では未だに不発で微妙。

快晴の中試合。トルコは毎試合昼だし晴れてるしほんと気持ちいい。明るすぎて眩しいくらい。
イギリスは雨ばっか、スペインは夜ばっか。やっぱり運動はお日様の下でやるのがいいね。



前半から完璧にアダナスポルのペース。
やはり最下位にはここ5試合負けなしのアダナスポルを止められない。
後ろに枚数掛けても無駄だと判断し、アチルをハーフバック(アンカーだが最終ラインに入ってパス回しに参加)から
少し前目に出して完全に2バックで攻めこむ。

すると17分、サヒンのアーリークロスに飛び込んだFWカルーが一度目のシュートは止められるも
こぼれ球を自ら押し込み先制点を奪取。9月28日ボルスポル戦以来となる今季リーグ戦7点目が決まった。
111204675.png


更に20分、イルドルムがメイホスとのスイッチで切れ込むとセンへ。ほぼフリーだったが、確実にカルーへつなぐと
カルーがダイレクトで流し込み2-0。センが打っても良かったのだが。

25分、イルドルムが一人抜いて右サイド駆け上がるとクロスを供給。
メイホスが右足でダイレクトで軽く流し込み3-0!!
111608226.png


3-0と楽な展開になったので軽傷を負っていたヴチェティッチを下げてズール投入。
前半終了間際のAT、右サイドでメイホスがキープするとイルドルムがゴール前へオーバーラップ。
パスを通すとそのままズールへ。ズールの強烈なシュートはGKに当たるもそのままゴール上ネットに突き刺さり4-0!
やっぱりGKに当てちゃったが強烈さと相手GKの質の悪さでズールは今季初得点。キャリア通算7点目で移籍後初ゴール。


後半に入り46分、今日もクロスから頭で決められ後半早々に失点してしまう。4-1。
なぜだろう。集中力の無さだ。2011のアビスパのJ1での戦いを思い出す。

前半は完全勝利以上の言葉が見つからないほど完勝だったが後半に入るとグダグダに。
キープしながら時間つぶしを狙うも相手の積極的なプレスに足元下手な選手たちが慌てふためく。
それでも64分、カウンターからズールの楔のパスをファティ・センがダイレクトで落とすとカルーが決め5-1!
カルーはハットトリック達成。約2ヶ月ぶりのゴールの日に一気に3得点を積み重ねた。


75分、メイホス、ファティ・センを下げてボツテペ、エズデミル投入。
    ダービーなので地元出身のエズデミルを投入したが、今日ダメなら起用なくなるかも。

76分、エズデミルが自陣からスルーパスを出すと抜けだしたカルーが華麗に決め6-1。
エズデミルいいパスだった。自分のプレイスタイルとはちょっと違うが、こういうプレーいつもやってほしい。
得意のドリブルは正直あまり突破出来ないし機能してない。

87分、DFヤフスが負傷。アチルが最終ラインに入る。


カルーの4得点で6-1の快勝。ダービーマッチを圧勝劇で制した。
得点にこそ絡まなかったがクルトが良かった。ファーストタッチがチーム一上手いから受けてから
スムーズに周りに供給できていた。これはしばらくレギュラーとして使っていいかもしれない。
代表で一皮むけてくれたようだ。

17(11) - 6(3)
48% - 52%

MOM:カルー
G:カルー(7,8,9,10)、メイホス(2)ズール(1)
○6-1  5位↑




115105489.png

115203979.png

試合消化が多いが暫定で5位浮上。カップ戦で1部を撃破したり、悪いなりに引き分けに持ち込んだりで現在絶好調。
1部トラブゾンのBチームが絶好調。2位をキープしている。その分昇格枠は下にズレる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 13:03:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana7 | ホーム | adana5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/221-2e1ac640

| ホーム |