名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リーズ4

12/31  FLC第24節
      vs Ipswich (24/A)


3勝6分14敗21得点43失点で最下位のイプスウィッチとの試合。
ダニー・ピューのレンタル期間が満了してストークに復帰。
1月1日に完全移籍で加入するのが決まっています。1日くらいなんとかならなかったのか。
現実だとなんとかしてたんですけどね。ゲームだと空白の1日となってしまった。


GK: ロナガン(28)
DF: コノリー(28)、キスノーボ(30)、オデイ(24)、ホワイト(20)
MF: ハウソン(23)、ヴァリネン(30)、ブラウン(34)、スノドグラス(24)
FW: キーオ(25)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、リーズ、イェンセン、ヌネス、マコーマック


キーオのリーズでの最後の試合となってしまうのか。
ベッキオが10月28日以来の先発。
ハウソンが今季初の右サイドでの起用。


7分、マイケル・ブラウンのCK、キスノーボが頭で折り返すとオデイのシュートはこぼれるが
    キスノーボが押し込みリーズが先制。久々のDFの得点。

その後もハウソン、スノドグラス、マイケル・ブラウンがシュートを狙うが惜しくも枠外。
27分、キーオが抜けだしてシュートを狙うがポスト直撃。
29分、マイケル・ブラウンがイエローを貰い累積警告で次節出場停止。

33分、相手の直接FKをロナガンがファインセーブ。
そして34分、左サイドからニアへ低いクロスを出されるとワントップの選手に飛び込まれ失点。1‐1。

後半に入り46分、キーオの抜け出しからクロスを出すとベッキオがヘディングで決めて勝ち越し。
ベッキオのリーグ戦今季初ゴール。公式戦では9月21日のカーリングカップ、ウェストハム戦以来の得点。

67分、ヴァリネンに代えてイェンセン投入。前に上げず後ろからロングパスを散らしてもらう。
72分、相手GKのファンブルをキーオが詰めて3‐1。その後マコーマックと交代。
79分、コノリーに代えてトムリーズ。


3‐1で勝利。
3試合ぶりの勝利。満足の行く勝利。





1/1

フロントから好調のご褒美として移籍資金として240万€を支給された。
さて、どうしたものか。あまり補強は考えてなかった。

あまり使いたくない。
来季契約満了で退団するであろうアラン・スミス獲得資金を残したい。
現在年俸370万€。どのくらいの額を要求されるのか分からない。
リアルでも獲得の噂が色濃い選手ですしね。欲しい。
現実といえばキャプテンのジョニー・ハウソンが移籍する可能性があるそうです。
ノリッジからのオファーを承諾したとか。まだ本人との交渉はまだですが
ゲームと違って現実は今シーズンで契約満了。フリーで出すより冬に移籍金を獲る方針だとか。
軽くショック。





1月2日

アンディ・キーオのレンタルの期限が終了。ウルブスに帰還。
と、同時にリーズでの生活は非常に充実していた。
リーズへの完全移籍の話があるなら考えたいと発言。

オファー出してたんですけどね。代理人に全部突っぱねられましたよ。
レンタル期間内なら買い取りオプションで60万€で獲得できたのに、今はその3倍は必要。
いくら移籍予算を増やしてもらったからって180万€も使うのは無理。


リーグ戦16得点の男が退団し
リーグ5得点のマコーマックがチーム得点王。
次点で3得点のフォーセル、キスノーボ。ヤバイ。



1/2  FLC第25節
    vs Cardiff (12/H)


8勝10分6敗29得点29失点で12位のカーディフとの試合。


GK: ロナガン(28)
DF: ブロンビー(31)、リーズ(21)、キスノーボ(30)、パーカー(23)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ピュー(29)、スノドグラス(24)
FW: マコーマック(25)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、オデイ、イェンセン、ヴァリネン、フォーセル


中1日での試合。

キーオが居なくなり明らかにシュートに持ち込めない。
個人に頼り切ったサッカーをやった代償。

50分、ハウソンとのワンツーで抜けだしたベッキオが決めなんとか先制。
ベッキオは2試合連続ゴール。

70分、ベン・パーカーに代えてオデイ、ヌネスに代えてイェンセン投入。
80分、ベッキオに代えてフォーセル。


1‐0で勝利。
今までどんだけキーオに頼ってきたか。
居なくなってわかる(わかってたが)キーオの存在。
ハウソンもマコーマックも決定機を何度も決められない。


それでも勝ち点で首位のポーツマスと並ぶ。
得失点差で2位だがとうとうここまで来た。






1/4

現在パルマからASローマに期限付き移籍しているFWファビオ・ボリーニ(20)と
ボスマン移籍で合意。5年契約、年俸65万€。

契約合意の理由としてリーズのリーグでの成績に感銘を受けたみたいです。
このまま行けば来季プレミアリーグですからね。
今季ローマで出場機会がなくパルマともうまくいってなかったみたいです。
パルマからの契約延長オファーも蹴りリーズ移籍を決めました。

07‐08シーズンにチェルシーに移籍。09-10シーズンにトップチームデビューすると
10-11シーズンで期限付き移籍したスウォンジーで9試合で6得点をあげると
翌シーズンパルマに自由移籍。そのままローマにレンタル。
しかし今季1試合の出場に留まっている。

7月1日に加入予定。



ボスマン補強はもう少し待ってようと思ってたんですけど
ボリーニだけは将来性も考えていくらお金を掛けても獲れとスタッフに言われ
私も本当に欲しかったから早めに決めてしまいました。
パルマから契約延長オファーも出されてましたしね。

冬の補強どうしよう。





1/5

トッテナムMFアンドロス・タウンセンド(20)をシーズン終了までの期限付で獲得。
スピードのある左サイドアタッカー。

現実でもこの補強をしてたのでスピード系が欲しかったし真似しました。





1/7  FAカップ3回戦
    vs Portsmouth (A)


2部で首位のポーツマスとのFAカップ。
勝ち点では並んでます。勝ちたい。でもアウェー。
90分で決着つかなければ再試合。次はホームだから利益は出るが過密日程が怖い。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(24)、ホワイト(20)
MF: スノドグラス(24)、ハウソン(23)、ブラウン(34)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、コノリー、オブライエン、ヴァリネン、ヌネス、ピュー、フォーセル


合流間もないタウンセンドが先発。背番号は17。
ポーツマスはレンタルでニューカッスルから加入しているショラ・アメオビが負傷中。


前半は0-0。
相変わらずマコーマックじゃ物足りない。

69分、マコーマックとスノドグラスに代えてヌネスとヴァリネン投入。
76分、ハウソンに代えてピュー投入。


0-0。
退屈な引き分け。
後半はタウンセンドを中心に一方的に攻めたがゴール前で強さを見せれない。
キーオがいたら一瞬の抜け出しで決めてくれるが。






FAカップ4回戦の組み合わせ抽選会が行われた。
相手はなんとマンチェスター・ユナイテッド。
まさかのローズダービーです。こういうことがあるのもイングランドカップ戦の魅力。

まずはポーツマスに勝たなければいけません。
次はホーム。

ユナイテッド、使ってないダロン・ギブソンください。
オーウェンも干されてる。年俸70万€くらいで来てくれ。無理か。





1/14  FLC第26節
     vs Coventry (17/H)


7勝9分9敗24得点27失点で17位のコベントリーとの試合。
現在首位と同勝ち点だけどここで昇格を逃せば理事会に文句言われて首切られそうで怖い。
でも3位と2ポイント差だしなぁ。絶対って位置でもないから見逃して欲しい。
特にFWが居ないから。来季まで待って。まだ21試合も残ってるしなぁあああ。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(24)、ホワイト(20)
MF: スノドグラス(24)、ハウソン(23)、ブラウン(34)、タウンセンド(20)
FW: ヌネス(26)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、コノリー、ピュー、ヴァリネン、マコーマック


フォーセルが病気にかかり離脱。なにげに離脱が多い。
マコーマックが不調なのでベンチ。代わりのヌネスも別に得点力に期待はできない。

現在チームの得点数は
5得点・・・FWマコーマック
3得点・・・FWフォーセル、MFハウソン、DFキスノーボ
2得点・・・FWベッキオ
1得点・・・FWヌネス、MFヴァリネン、スノドグラス、イェンセン、ピュー、DFパーカーオデイ

これだけです。これで首位争いです。
ちなみに躍進を支えた、いや一人で躍進したアンディ・キーオはブラックバーンへの完全移籍濃厚だそうです。
降格争いでギリギリのブラックバーン。ヤクブ、グッドウィリーがリーグ戦2得点と冴えないので
2部で16得点をあげたキーオに270万€を支払いました。ウチじゃ払えません。
あの代理人さえいなければ60万€で獲れたのに・・・。


10分、スノドグラスのクロスを相手の選手がヘディングで決めてくれてリーズが先制。
FMでこんな豪快なオウンゴール初めて見た。

17分、ベッキオの豪快なミドルシュートで2‐0。今季3点目。リーグ戦3試合連続ゴール。

26分、ホワイトが負傷退場。ピュー投入。
67分、ヌネスに代えてマコーマック投入。やはりヌネスは厳しい。
73分、こちらのCK、相手のオウンゴールで3‐0。1試合で2回のオウンゴールは初めてかも。
74分、タウンセンドに代えてヴァリネン投入。タウンセンドのスピードは大きな武器。
    エリア内でも突破を仕掛けるのでいずれPKをもらえそう。
    今日はシミュレーションでイエローもらいましたけど。
    今季のリーズはまだPK1本しかない。


勝ち点3獲得!しかし3得点したけどゴール数の上積みはベッキオの1ゴールだけか。
前にもオウンゴールで1‐0で勝ってるしオウンゴールに助けられてる。


ポーツマスが引き分けとうとう首位に立つ!

ホワイトが腕を負傷して1ヶ月のOUT
パーカーとピューで左サイドバック回していく。





なんとなく私を好きな選手を検索したら
11人のリーズの選手が私のことを好いてくれている。
不思議なのは完全に干してて放出したい、契約解除しないかとまで話したFWペインターも私のことをすいている。
なんで。



1/17

ポーランド人GKイェジー・デュデク(38)と半年契約、年俸4万€で契約合意。
リーグ戦に20試合出場すれば1年の契約延長オプション付。
背番号は25


リバプール、フェイエノールトで活躍しレアル・マドリーに4年間所属した後現実では引退宣言していました。
本人はゴールキーパーコーチと兼業を強く希望したがコーチ枠も空いてないし
なによりデュデクのGK指導能力があまりにもしょぼすぎる。
能力値の話をするのは野暮だが全20中4って。
だいたい平均的が14くらいです。16以上が優れてる感じかな。1桁がアマレベル。

たしかにコーチの実績はないがデュデクは実績のある選手なんだしもう少し評価してあげても。
コーチの能力って実績積めばポンポン上がるもんでもないと思うし。よく知らないけど。

GK2人体制でやってきましたが、怪我人が出ると危ういのでもう一人欲しかったところにデュデクを見つけました。
年俸も格安だし選手登録枠も4つも余ってるので大丈夫です。
おそらく起用することはないかなぁ。ロナガンが絶好調ですしね。






1/18  FAカップ3回戦再試合
     vs Portsmouth (H)


再試合。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(24)、パーカー(23)
MF: スノドグラス(24)、ハウソン(23)、ブラウン(34)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、コノリー、オブライエン、イェンセン、ヴァリネン、ピュー、ヌネス


3分、ベンジャミに抜け出されるも枠の左。危なかった。
5分、相手の左サイドMFがリーズへ後ろからタックルをかまし1発レッドで退場。楽な展開になると

11分、ベン・パーカーのアーリークロスにファーサイドで受けたスノドグラスが冷静に決めリーズが先制。
ポーツマスは2トップを残してボランチ1枚の4‐3‐2にしたので一方的に攻める。センター1枚じゃ無理でしょう。


マコーマックがやはり絶不調。何も出来ない。

60分、ベッキオがエリア外からミドルを決め2‐0。
61分、マコーマックに代えてピュー投入。ハウソンをトップ下に。
68分、タウンセンドに代えてイェンセン。
72分、スノドグラスに代えてアンディ・オブライエン。5‐3‐1‐1に変更。


2‐0で快勝。
退場によって一方的な試合になってしまった。
これで次はマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチ。怖いけど楽しみだ。





1/21  FLC第27節
     vs Crystal Palace (24/A)



4勝7分15敗21得点49失点で最下位のクリスタルパレスとの試合。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(24)、パーカー(24)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ブラウン(34)、タウンセンド(20)
FW: スノドグラス(24)、ベッキオ(28)

SUB:ラハブカ、オブライエン、ピュー、ヴァリネン、マコーマック


スノドグラス、ベッキオのレフティ2トップ。
ヌネスのダメでマコーマックが絶不調。スノドグラスをFW起用。


5分、相手のFKから193cmの選手に頭で決められ失点。

それでも14分、ハウソンのパスからベッキオが決めて同点。ベッキオはリーグ戦4試合連続ゴール。
更に41分、相手のバックパスを奪ったベッキオが決めて逆転。リーグ戦5得点目。4試合で5得点。固め取り。

49分、相手に右サイドを突破されグラウンダーのクロスから決められ同点。
     リーズが前線に出てからのカウンターでキスノーボが釣りだされて決められた。
52分、ベッキオがタックルを受け負傷退場。何してくれたんだ。FWがもう居ない。
     マコーマック投入。

64分、自陣のヌネスからのスルーパスで抜けだしたマコーマックが決め3‐2!
66分、ヌネスに代えてピュー。前線削って中盤を厚くする。
72分、ハウソンに代えてオブライエン。5‐4‐1に変更。

82分、スノドグラスのスーパーロングシュートが決まり4‐2。


勝利。
ポーツマスがまた引き分けたので2位と4ポイント差。

4試合で5得点のベッキオが1ヶ月のOUT





FW補強が必須となった。

現在FWはマコーマック、ヌネス、ペインターの3人。
ペインターは戦力外。フォーセルが怪我から全体練習に復帰したがどれだけ戻せるか。
前回も長期離脱から復帰して徐々に起用してたらすぐ病気で離脱したからなぁ。

FWを一人補強したい。48万€の年俸を貰ってるペインターも売りたけど買い手がない。年俸が高すぎる。



1/28

マンチェスター・シティからMFルイス・ハットン(17)を移籍金なしで獲得。
技術がありパスセンスに長けボール奪取も上手いボランチ。
一方フィジカル面に不安を残す。171cm 68kg

17歳にしたらパスセンスの塊のような選手ですが
スピード、スタミナ、高さといったフィジカル面がアマ以下なのがどうなるか。
やはりイングランドの世界というのはフィジカルがあってナンボですから。
ちなみに獲得に踏み出した理由はリーズファンと公言していたから。
リーズファンじゃなかったら獲ってなかったと思う。





1/28  FAカップ4回戦
     vs Manchester Utd (H)


とうとう来ました。4回戦。ホームでのローズダービー。
一応4-4-2で開始するが2トップが中盤対応できる選手ですから
展開によっては4-5-1や4‐6-0まである。

Elland Road
LeedsMan.Utd
1ロナガン28GKGK1デ・ヘアー21
22トム・リーズ21DFDF20ファビオ21
3キスノーボ304フィル・ジョーンズ19
48オデイ2412スモーリング22
19ベン・パーカー243エブラ30
20ヌネス26MFMF25バレンシア26
14ジョニー・ハウソン2324フレッチャー27
8マイケル・ブラウン358アンデルソン23
17タウンセンド2013パクチソン30
44マコーマック25FWFW18アシュリー・ヤング26
23スノドグラス247オーウェン32
SUBSUB
12ラハブカ30GKGK29クスチャク29
5A・オブライエン32DFDF36イローリ18
2コノリー2835ディーネ18
21ダニエル・イェンセン32MFMF23クリバリー22
16ピュー2937ブレイディ20
11サム2728ダロン・ギブソン24
18フォーセル30FW33レイベル・モリソン18

ダービーなんで気合入れてミました。


カウンター狙い。タウンセンドのドリブル突破に賭ける感じ。
いつもよりラインを下げ両サイドバックも上げない。


6分、ハウソンがゴールエリア外でファールされ正面20MでFK獲得。
    マコーマックのシュートは惜しくも枠の上。

前半リーズの縦ポンサッカーでまさかの優勢。
きっちりとした守備でMan.Utdの攻撃を寄せ付けない。

21分、タウンセンドがDFファビオのファールで負傷。
     重傷ではないので代えない。代えられない。勝ちを狙ってる。でも怪我はしてるから酷くなりそう。

マコーマックでさえサイドの裏を取れるんだ。キーオだったらと思うと・・・。
30分、タウンセンドからパスを受けたヌネスのミドルは枠の左。

40分、ハウソンのパスでフリーだったマコーマックがシュートを狙うもデヘアーに阻まれる!決めて!!!


43分、Man.UtdのCK、バレンシアに決められ失点・・・。
     それまでシュートはもう適当なロングシュートしか打たせなかったのに。
     前半終了間際に失点か・・・。


56分、オーウェンの抜け出しからの左足でのシュートをロナガンがグッセー!
60分、キスノーボがアシュリー・ヤングをゴール前で倒しFKを与えると
     アンデルソンの直接FKはクロスバー直撃。
61分、今度のMan.Utdは安易にミドルを打たずパスを回す。
     そしてフリーになったアンデルソンの右足シュートが決まり0‐2。さすがのパス回し。

さすがに諦めた。タウンセンドに代えてピュー投入。怪我が長引かなければいいが・・・。
押してるけど決まる気はしない。
それでたまの正確は攻撃で失点しちゃうんだもんな。

70分、ヌネスに代えてサム投入。
83分、削られたブラウンに代えてイェンセン。


2失点するまでは押してたがそこからもうMan.Uペース。
そのまま0‐2で敗戦。





ボルトンのFWロビー・ブレイク(35)の獲得に失敗。
賃金予算だいぶ余ってるのに理事会が年俸提示を渋った。その差わずか3万€。300万円差でダメでした。




1/30

QPR所属のアイスランド代表FWヘイデル・ヘレグソン(34)をシーズン終了までの期限付で獲得。
昨シーズン2部リーグで34試合13得点で昇格に貢献したが今季は出場機会がほぼなかった。
カップ戦で1試合、代表戦で5試合に出場1得点に留まっていた。

182cm83kgでパワフルなフィジカルの持ち主。
運動量もあり前線からの守備も惜しまない。
アイルランド代表58試合13得点
リーグ戦通算351試合115得点
背番号38


年俸は50%負担で38万€です。
イングランド人中心で探したけど無理だった。
自国縛りするつもりはないけど極力イングランド人を集めたい。
来季の補強でもうイタリア人のボリーニ獲っちゃったけど。
特別高さがあるわけではないがパワーがありヘディングも強い。
結構期待している。





1/31  FLC第28節
     vs Burnsley (12/A)


11勝6分10敗39得点38失点で12位のバーンズリーとの試合。
バーンズリーには今季リーグ戦15得点の俊足ストライカー、ダニー・ヘインズが居る。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、オブライエン(32)、オデイ(24)、ピュー(29)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ブラウン(35)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、スノドグラス(24)

SUB:ラハブカ、コノリー、イェンセン、フォーセル、ヘルグソン


新加入ヘルグソンがベンチ入り。

1分相手のセットプレーのこぼれ球からシュートを打たれポスト直撃。
相手のFWの抜け出しは怖いが徐々にリーズが流れを掴んでいくと
15分、FKからファーサイド、DFオデイが頭で折り返すとアンディ・オブライエンが決めてリーズが先制!

33分、ヘインズの抜け出しからのシュートはGKロナガンがファインセーブ。
ヘインズにガンガン突破される。オブライエンが遅すぎる。わかってたけどなんでオブライエンを起用してしまったのか。
しかしゴールも決めたし前半中に代えるとプライド云々がめんどくさいな・・・。


前半はロナガンのファインセーブショー。相手のシュートのコースが甘いけどロナガンも凄い。

バーンリーが後半システム変更してきた。5‐2‐1‐2。
5バックはめんどくさい。

サイドハーフを削ったことによってヘインズがよりサイドに流れてプレーするようになり
マッチアップがオブライエンからそこそこ足の速いトム・リーズに代わって
中に切り込めず危険度が減少した。相手の采配ミスだな。

65分、タウンセンドに代えてヘルグソン投入。
    スノドグラスをサイドに。
70分、ヌネスとハウソンを下げてコノリー、イェンセン投入。
     こちらは5‐4‐1に変更。

89分、FKからヘディングで決められ同点かと思われたがオフサイド!危ない危ない。
92分、イェンセンのパスで裏を取ったヘルグソンが決めるもオフサイド。



後半大きく押されて危なかったがなんとか勝ち点3獲得。
久々先発のアンディ・オブライエンが活躍した。オブライエンは今季初得点。
リーグ戦通算13得点目。

途中起用のヘルグソンはそこそこ良かった。
もう守備的になってたし攻撃の時間は短かったが前線からプレスを仕掛け、
オフサイドでノーゴールだった惜しい場面もあった。





1月はリーグ戦4試合で4連勝。月間最優秀監督賞を受賞。

スノドグラスの1/21 クリスタルパレス戦で魅せたスーパーシュートが月間最優秀ゴール賞を受賞。


2/1

リザーブリーグの試合でFWダビデ・ソマがゲームに復帰。
膝の怪我での長期欠場から帰って来た。45分間プレーした。






2/4  FLC第29節
    vs Birmingham (3/H)


12勝13分3敗39得点25失点で3位のバーミンガムとの試合。
前半戦はアダム・ルーニーが躍動しなんとか1‐1の引き分けですんだ。
リーグで一番負けてないバーミンガム。引き分けが多くリーズとの勝ち点差は9。


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(25)、パーカー(24)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ブラウン(35)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、スノドグラス(24)

SUB:デュデク、オブライエン、イェンセン、ピュー、ヘルグソン


今日がお誕生日のオデイ。25歳になりました。おめでとう。
オデイはたまたま契約交渉を開いたので誕生日を見てあ、今日じゃんってわかりましたが
誕生日が一覧に表示することができず選手個人個人のプロフィールを覗かないと見れません。
一覧に表示できれば見やすいのに・・・。

ちなみにセルティックから期限付き移籍で加入中のダレン・オデイ。
開幕後は出番がなかったが11月から常に試合に出るようになり今ではレギュラー。
リーグ戦15試合に出場し1得点をあげています。
今季でセルティックとの契約が切れるので現在ボスマン移籍での契約交渉中。
代理人との交渉もスムーズに進み合意間近です。


デュデクがベンチ入り。



相手は4‐4‐1‐1。
ジギッチのワントップでアダム・ルーニーはベンチスタート。

小雨の中での試合。


7分、FKの場面、パスでワンツーからマコーマックがロングシュートを狙うとGKが弾く。
   スノドグラスが詰めるがクリアされてしまう。

ジギッチが高すぎる。セットプレー競り負け続けて怖い。
44分、マコーマックが負傷退場。ヘルグソン投入。

後半に入り46分、相手のボランチのマッチが2枚目のイエローを貰い退場。
52分、負傷したタウンセンドに代えてピュー投入。

59分、トム・リーズがエリア内でジギッチを引っ張ったとしてPK献上。ジギッチに決められ0‐1。
    選手は怒ってた。
66分、ベン・パーカーのクロスのこぼれ球をヌネスが決めて同点!一方的に押してる。逆転したい。

そして88分、スノドグラスが決めて逆転!
ピューからのパスをうまくコントロールした。今シーズン3点目。


見事な逆転勝利。
これは昇格貰った。2位まではストレートINだもん。

マコーマックとタウンセンドは10日ほどの離脱。



オデイと契約合意。
来シーズンから5年間の契約を結んだ。年俸は35万€。
5万€の昇給。





2/11  FLC第30節
     vs Middlesbrough (22/A)


6勝7分17敗32得点53失点で22位のミドルスブラとの試合。
相手は降格圏に沈んでいる。前半戦は4‐0で快勝。

GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(25)、パーカー(24)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ブラウン(35)、スノドグラス(24)
FW: ヘルグソン(34)、フォーセル(30)

SUB:デュデク、オブライエン、ピュー、ヴァリネン、ペインター


ヘルグソンが先発メンバー入り。

ペインターが開幕直後以来のベンチ入り。
前線に怪我人が続出。タウンセンド、マコーマックはすぐに戻ってくるがベッキオがもう少しかかる。
クレイトンは来季まで響く重傷。ブラウンとの接触でこうなった・・・。


1分、下がって受けたヘルグソンが左に展開。
    突破したスノドグラスが左隅に決めリーズが先制。
8分、左サイドから切り込んだダニー・ローズに豪快なロングシュートをクロスバー→ポストと当てながら叩き込まれ同点。
    スーパーゴール。

ハウソンが抜けだして狙うも枠の左、スノドグラスのクロスからヘルグソンが頭で狙うも枠の左と
チャンスは連続するも決めきれない。

前回のボロはマクドナルドに放り込むだけで怖くなかったけど
今回は中盤で繋いで左のローズのスピードを活かしてきて怖い。ホームだからかな。手強い。

29分、CKからキスノーボが合わせるも惜しくも枠の左。
更にフォーセルのパスでヘルグソンが抜け出しシュートを狙うがGKのファインセーブ。
それで得たCKからオデイが頭で狙うも枠の左。この間わずか1分。


41分、
完璧なカウンター炸裂。右に流れて受けたヘルグソン。それを追い越す4人の選手。
ヘルグソンからスノドグラスへパスが通ると4人対1人と完全な数的優位。
更に後ろから追い越したハウソンへ出すとそのまま決め2‐1。キャプテンの今季4点目でリーズが勝ち越し。

ここまで数的優位なカウンターはこのゲームで初めて見た。
DF1人に4人が並んで襲い掛かったらそりゃ決まるわ。
ただハウソンはチャンスが多いが枠に飛ばせない選手だったから地味に怖かった。ノーマークだしさすがに決めた。


51分、攻勢に出てたリーズの裏を突かれあっさり決められる。
58分、フォーセルに代えてペインター投入。おそらくラストチャンス。これがダメならアカデミーの選手使う。

ピュー、ヴァリネンを投入。ヌネス、パーカーを下げる。


2‐2で終了。やはりペインターはもう無理だな。

ヘルグソンの補強は当たった。
アシストもしたし、前線で収まる。パスを出せる。後はもっと積極的にシュートを狙えたらいいのだが。




2/14  FLC第31節
     vs Portsmouth (2/H)


15勝11分4敗50得点22失点で2位のポーツマス。リーグ最少失点。


GK: ロナガン(28)
DF: コノリー(28)、キスノーボ(30)、オデイ(25)、パーカー(24)
MF: ヌネス(26)、ハウソン(23)、ブラウン(35)、スノドグラス(24)
FW: ヘルグソン(34)、フォーセル(30)

SUB:デュデク、オブライエン、ピュー、タウンセンド、レニガン(17)


リザーブから17歳のレニガンを招集。188cmの大型ストライカー。
足元の技術に優れていてヘディングも上手い。トップチーム初招集。背番号は40番。

こういう書かれ方すると凄い選手のように見えるけど言い換えれば他はダメ。
そういうプレーだけが目立つってだけですからね。活字での選手紹介トリック。
このレニガン。U18のリーグで相方のポリオンと共に活躍していてプロ契約を勝ち取った選手。
あまり期待してなかったがリザーブでの練習でグングンと成長し評価がうなぎ登りだった。
一方レニガンの倍はゴールを決めてたポリオン(18)はリザーブで活躍できず。

マコーマックが次節には復帰しそうなのでレニガンは今シーズン最初で最後のチャンスかな。
タウンセンドも復帰しベンチ入り。



前半から完全にポーツマスペース。
ホームのリーズはシュートにまで持っていけない。

61分、ハウソン、フォーセルを下げてピュー、タウンセンド投入。
71分、ヌネスに代えてレニガン投入。


87分、コノリーのアーリークロスからヘルグソンが頭で決めリーズが先制。

ひどい試合ではあった。しかし守りきりヘルグソンの今季初得点で勝ち点3獲得。
こちらはシュートを3本しか打てなかった。

これで2位ポーツマスと勝ち点10差。
ポーツマスは1試合未消化だが大きなアドバンテージとなった。





2/18  FLC第32節
     vs Reading (7/H)


14勝7分10敗47得点37失点で7位のレディングとの試合。
相手はプレーオフ圏内まで1ポイント差なので意気込んでいるでしょう。
2試合勝ちなし


GK: ロナガン(28)
DF: リーズ(21)、キスノーボ(30)、オデイ(25)、パーカー(24)
MF: スノドグラス(24)、ハウソン(23)、ピュー(29)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、ヘルグソン(34)

SUB:デュデク、オブライエン、イェンセン、ヌネス、フォーセル


マコーマックが戦列復帰。

ヘルグソンのポストからマコーマックが狙うが枠の左。惜しい。
18分、CKからオデイのヘッドはクロスバー。

36分、DFリーダー、キスノーボが負傷退場。アンディ・オブライエン投入。

38分、左サイドでFK獲得。スノドグラスのクロスにオデイが頭で叩きこんでリーズが先制!今季2点目。


49分、カウンターをくらい同点。やはりオブライエンじゃスピードが・・・。
51分、ハウソンのミドルシュートは弾かれるがタウンセンドが押し込んで勝ち越しと思われたがオフサイド。

64分、マコーマックのCKからこぼれ球をピューが押し込んで勝ち越し!今季2点目。
68分、またもやカウンターをくらうがロナガンファインセーブ

73分、スノドグラスに代えてヌネス。
78分、ヘルグソンに代えてフォーセル


89分、相手のCKをクリアすると前線で待ってたタウンセンドが爆走。
GKとの1対1も冷静に左隅に決め3‐1。タウンセンドは移籍後初ゴール。


3‐1で完勝。前半押されたので後半カウンター重視で戦ったらはまった。
セットプレーで2得点できたのが大きい。


ピューがリーグ戦通算200試合出場達成。

疲労の溜まってるスノドグラスに1週間の休暇。
ちょっと休暇の与え方間違ったかなと思う。次節の試合だけお休みじゃなく休暇を与えてしまった。
でもスノドグラスは出場し続けてきたから後半戦のために一休み。





18歳のDFモンティ・ジンペルがドイツU19代表に初召集される。
リーズの将来有望なセンターバック。



怪我から復帰し全体練習に参加していたルチアーノ・ベッキオがまたもや怪我で離脱。
短距離走中に負傷し3週間の離脱。次節メンバー入りする所でまた怪我か。多い。

キャプテンのジョニー・ハウソンも怪我で離脱。全治3週間。






2/25  FLC第33節
     vs Blackpool (5/A)


14勝10分8敗45得点35失点で5位のブラックプールとの試合。


そういえば開幕から大怪我だったFWソマが復帰したものの登録してたから今季出場できなくなった・・・。
ミスった・・・。枠2つも余ってるのに。


GK: ロナガン(28)
DF: コノリー(28)、キスノーボ(30)、オデイ(25)、パーカー(24)
MF: ヌネス(26)、ヴァリネン(30)、ピュー(29)、タウンセンド(20)
FW: マコーマック(25)、ヘルグソン(34)

SUB: デュデク、リーズ、ブラウン、イェンセン、フォーセル


7分、ヘルグソンがエリア外から豪快なミドルシュートを決めてリーズが先制。今季2点目。

48分、オデイの裏を突かれて決められ同点。
後半から出てきたFWオーメロッドをオデイがマークしきれない。
そして51分、CKからこぼれ球をDFナンビィに決められ逆転を許す。

63分、ヴァリネンを下げてブラウン投入。
70分、ヌネスに代えてイェンセン。
75分、オデイに代えてトム・リーズ。


1‐2で負け。攻めれなかった。タウンセンドが不調。
キスノーボがリーグ戦通算300試合出場達成。

12月17日以来11試合ぶりの敗戦。





2/27

FWビリー・ペインター(27)が3部ローチデイルに2ヶ月間の期限付き移籍。
FWダビデ・ソマ(26)が2部ピーターボロに2ヶ月間の期限付き移籍。
GKポール・ラハブカ(30)が2部サウザンプトンに2ヶ月間の期限付き移籍。

ラハブカは2部で2位のサウザンプトンに放出。
出場機会がなく不満分子になっていた選手と登録漏れで出番のないソマを出しました。

特にFWペインターの放出にキャプテン、ハウソンが
ロッカールームの雰囲気を壊していたペインターの放出を支持すると発言。
来シーズンまで契約が残ってるけど来夏どうやってでも放出しないと。








解像度の関係で最下位が入りきらず。

リーグ戦残り13試合となって2位と10ポイント差。
正直昇格できる気満々です。まさか1シーズンで昇格できるとは。まだ決まってないけど。
プレミアでやっていけるのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/02/11(土) 06:42:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンカーンシティ | ホーム | リーズ3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/22-e48c4334

| ホーム |