名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

tur2

102513228.jpg



在籍年背番号年齢身長
2年目GK.23クラトル
Aykut Kratol
21183cmフェネルバフチェから加入し2年目のシーズン
成長乏しく第3GK
新加入GK.34ケセル
Polat Keser
27183cm1部アンタルヤスポルで7シーズンプレーも計6試合に留まる
心機一転、新天地での活躍を願う
期限付GK.91ギュヴェンチ
Gunay Guvenc
22187cm1部ベジクタシュから期限付き移籍で加入
機敏な反応と空中戦の強さが持ち味
新加入DF.3サヒン
Selcuk Sahin
30176cmドイツ・ミュンヘン生まれのレフトバック
ロングFKが持ち味
新加入DF.4ギョルボユ
Yiitcan Golboyu
21181cmスピードのあるCB
潜在能力は低く序列は低い
期限付DF.5ヤフス
Erdinc Yavuz
34186cm強いリーダーシップを持ったCBで今季のキャプテン
膝の捻挫で開幕絶望、9月下旬に復帰予定
新加入DF.22ナルバントール
Muslu Nalbantolu
29174cmチーム最高給で実力No.1
豊富な運動量で右サイドを駆け登る
新加入DF.24アクヨル
Fahri Akyol
23175cm高さがなく本職はRSBだが、CBでもプレー可能
ドイツ・ハンブルグ生まれの守備型DF、HSV出身
3年目DF.28アチル
Merthan Acl
31180cmアンカーが本職だがCBでもプレー可能
競り合いは弱いが、足元が上手くパス回しでも貢献できる
3年目DF.39エズカナク
Ikem Ozkaynak
31182cm攻守に安定した左サイドバック
チームで一番トルコ一部でのプレー経験が多い
新加入DF.43クズルカヤ
Veli Kzlkaya
28192cm競り合いに絶対の自信を持つハイタワーCB
開幕前の手首挫傷で開幕戦出場は不透明
5年目DF.58イルドルム
zzet Yldrm
29174cmスピードのあるRSB
ナルバントールの控えを務めることになる
5年目MF.8エズデミル
Cem Ozdemir
21170cm16歳で入団した生え抜きサイドアタッカー
上手いドリブルに加えクロスの精度も持ち味
5年目MF.10メイホス
Talha Mayhos
24179cm肘の損傷で開幕戦は絶望のテクニックのあるレフティ
中盤ならどこでもプレー可能でタイプ的には成岡翔
2年目MF.14ズール
Ali Zorlu
23177cmアンカーが本職の潰し屋、パスはクラブ内でトップレベル
このタイプにしては勝利意欲が低いのが残念
新加入MF.18ボツテペ
Mehmet Boztepe
25172cmボルシアMG出身でドルトムントへ移籍したドリブラー
トルコU21代表経験もドイツで活躍出来ず祖国へ復帰
新加入MF.25セン
Fatih Sen
28185cm試合のテンポを作る司令塔
副キャプテンに就任
新加入MF.27ヴチェティッチ
Marko Vucetic
27180cm攻守に貢献できるセルビア人MF
3枠の外国籍枠の内の一人
新加入MF.29ベイデミル
Fatih Baydemir
24175cmフィジカル面は強いセントラルMF
テクニカルなスキルは無いが使ってみれば面白そう
1年目MF.33クルト
Burak Kurt
17161cm才能溢れるレフティアタッカー
トップチームに昇格し育成も込めて出番多そう
新加入MF.90サク
Mehmet Sak
23178cmドリブルで多く仕掛けるレフティアタッカー
サイドが本職だがボランチでもプレー可能
新加入FW.11ケレス
Elgin Keles
26184cmプレマッチで得点王の点取り屋
点を取る術は心得ているが、決定力はあまりない
8年目FW.13ケスキン
Sami Can Keskin
19172cm長くクラブに在籍する生え抜きアタッカー
昨季3部にレンタルされ12試合で無得点と結果を出せず
期限付FW.15カルー
Uche Kalu
27188cm1部からレンタルで加入した外国人FW
タイプ的にはイブラみたいだが、メンタル面がボロボロ
新加入FW.17チアゴ・ベゼッラ
Thiago Bezerra
26174cmスピードのあるブラジル人アタッカー
スペースに入る動きや冷静なシュートが持ち味


新加入がとんでもなく多いが、自分で獲得した選手はDFヤフスとDFナルバントールだけ。
今季は4-4-2でやっていく予定。トップチームはこの25人。もともと若い選手層。

3つの外国人枠はMFヴチェティッチ、FWカルー、FWチアゴの3名。アクヨルはトルコ国籍持ち。

チーム最優秀選手はRSBナルバントール。運動量豊富でテクニックもある。
ガンガン攻撃参加させたいが、クロスの精度は小学生レベル。いかにこの選手にクロスを上げさせないか。
なんとかしてクロスをあげないように中に入れようとしているが、能力が良すぎて簡単にフリーになるから
クロスを勝手に入れてしまうのが悩みどころ。



8/18 開幕節
vs カルシャカ (A)



GK: 34ケセル
DF: 22ナルバントール、24アクヨル、28アチル、39エズカナク
MF: 8エズデミル、25セン、27ヴチェティッチ、90サク
FW: 17チアゴ・ベゼッラ、11ケレス

SUB:91ギュベンチ、4ギョルボユ、58イルドルム、14ズール、29ベイデミル、33クルト、15カルー

故障:ヤフス、クズルカヤ、メイホス
出停:サヒン
欠場:クラトル、ボツテペ、ケスキン

CBのレギュラー候補が2人共負傷。レフトアタッカーに入る予定だったメイホスも負傷中。
クズルカヤは負傷だが、開幕戦から6試合の出場停止処分を受けていた。昨季の最後に何かやったようだ。長いな。
サヒンも1試合の出場停止処分。ここはエズカナクがもともとスタメンだった。

プレマッチではカルーがレギュラーメンバーだったが、ケレスが地道にゴールを積み重ねたのでレギュラー奪取。
ドリブルで運べるチアゴを相方にしたが、今日はとりあえずチアゴとカルーの交代で様子を見ると思う。

前述の通りCBが2枚負傷なので控えの2人が先発。どちらもCBが本職ではないので怖いところ。
アクヨルはSB、アチルはアンカー。練習試合では高さも無いし少し微妙だった。冬に余裕ができたら補強したいところ。
ただクズルカヤ、ヤフスにはないテクニックをアチルが持っているのでポゼッションに貢献してもらいたい。


相手は4-4-1-1の布陣。ホームのカルシャカのほうがわずかにオッズが高いが勝てない相手ではない。
ただトップのオランダ人アルスの決定力とトップ下アカのテクニックは注意。


前半から押される展開。だが体を張った守備でシュートまでは持ち込ませない。
8分にこの試合のファーストシュートが生まれる。
チアゴのパスで裏を取ったエズデミルだったが、シュートは相手GKバイラーに止められる。
それで得たCK、こぼれ球を拾ったヴチェティッチの遠い位置からのシュートだったが、枠を外れる。

流れをつかみ始めたアダナスポルは20分、ケレスのパスで裏を取ったチアゴが冷静に決め1-0と先制。
チームファーストゴールはブラジル人のチアゴ・ベゼッラ(26)となった。
130140047.jpg


カルシャカの反撃はその1分後、21分にエリア外からMFが豪快に狙うも枠の上。
勢いそのままに23分、カウンターから右サイドのアクスが切れ込むと中へ、アカに決められ1-1の同点。

激しい試合になりそうな予感のなか直ぐ様アダナスポルも更に反撃。
速攻から右サイドエズデミルが切れ込むも防がれCKに逃れられる。
それでもエズデミルの右からのCK、ファーサイドのFWケレス目掛けて蹴ると相手DFが過剰反応。
なんとDF6人とGKを引き付けながら中へ折り返すとDFアチルがヘディングで狙うがクロスバー直撃。
しかし最後はDFアクヨルがきっちり押し込み2-1でアダナスポルが勝ち越しに成功。
130726711.jpg 130740158.jpg

131010327.jpg アクヨルはこれがキャリア初ゴール。トップチーム30試合目で達成。


32分、MFセンが負傷。MFズールを投入。キャプテンに続き副キャプテンも怪我で失うとは痛い。
33分、縦パスでアチルの裏を取られると角度のないところからFWアルスに決められ2-2。さすがの決定力。GKの質の悪さを感じる。

34分、チアゴがボールを受けると2人のDFの間をドリブルで突破。
    こちらも角度の薄いところからだったが、ゴール左隅に決め3-2!GKの質の悪さでダイナミックな試合になっている。
    まるでウズベキスタン戦の宇佐美のようなゴールだった。結構興奮できた。
131613635.jpg


前半はリードで終わりたいアダナスポルだったが前半ATにエリア内で受けたアルスにあっさり決められ3-3。
ゴール前の密集で素晴らしいトラップからのシュートだった。やはりGKの質もそうだが、CBも酷い。


53分、相手のFKの場面で中での競り合い。CBアチルがファールしたとしてPK献上。
    アルスに決められ3-4。アルスにハットトリックを決められる。


66分、疲れが見えるチアゴを下げてカルー投入。左サイドのサクを下げて17歳クルトを起用。
    クルトはこれがデビュー戦。育成して早く一線級に育てたい。

72分、ケレスがカルーと少し離れたところでロングワンツー。抜けだして狙うもシュートは惜しくもクロスバー直撃。

78分、FWケレスがドリブルで左サイドから持ち込むとDFエズディンに倒されPK獲得!!
    カルーが左下へ確実に決め4-4!!
133525651.jpg133646683.jpg


79分、エズデミルのクロスにFWケレスが頭で合わせるも相手GKバイラーのファインセーブ。


その後も両チーム裏の取り合いの縦ポンサッカーを続け4-4のドローで終了。
今節一番注目されているらしいカードは劇的な4-4で終わった。

13(8) - 7(4)
48% - 52%

G:チアゴ(1,2)、アクヨル(1)、カルー(1)

△4-4  


今日の試合は3つの誤算があった。
・GKが思ってた以上に弱い。
・CBが思ってた以上に酷い。
・センの負傷で中盤でボールが落ち着かなくなった。

特にセンは痛く、怪我で1週間の離脱となってしまった。
チアゴの2点目が週間ベストゴールの第2位に選ばれる。
4-2-3-1では選ばれることが一度もなかったベストゴール。2トップのほうが得点パターンは多そうだ。



8/21 第2節
vs サムスンスポル (H)



開幕戦1-2で敗れたサムスンスポルとの対戦。アダナスポルはホーム開幕戦。
中2日の過密日程で怪我人も多く苦しいところ。

GK:ケセル
DF:ナルバントル、アクヨル、アチル、サヒン
MF:ズール、ベイデミル、ヴチェティッチ、サク
FW:チアゴ、ケレス

SUB:ギュベンチ、ギョルボユ、イルドルム、エズカナク、ボツテペ、クルト、カルー

故障:ヤフス、セン、メイホス
出停:クズルカヤ
欠場:クラトル、エズデミル、ケスキン


疲労が色濃いエズデミル(21)は欠場。
前節パフォーマンスが悪かったエズカナクからサヒン(30)に変更。
右サイドにズール(23)が入り、負傷したセンの代わりにはベイデミル(24)が入る。
センの代わりは誰にも務まらない。

主将、副主将が欠場しナルバントル(29)がキャプテンマークを巻く。


サムスンスポルは4-4-2の布陣。
開始1分にズールのアーリークロスを受けたFWケレスだったが、左足でのシュートは相手GKに防がれる。
決定機だったが決めきれず。開幕戦もだったがプレマッチと違い公式戦で決められないケレス。

16分、GKケセルのフィードでFWケレスが頭で落とすとチアゴが抜けだすも決定機のシュートは相手GKに止められる。

もともと中盤の控え1番手だったズールだが、右サイドでのプレーがなかなか良い。
エズデミルみないは突破力は皆無だが、守備力はあるから右サイドが安定しているし
チーム内トップレベルのパス能力でFWにバンバンいいパス出してる。
ボランチが良いと思っていたが、守備の負担が大きすぎるし右サイドのほうが楽に長所を発揮できそうだ。


おそらくFM07くらい以来となる4-4-2での采配だが想像を絶するくらい縦ポン合戦。
昔のイングランドが帰ってきた!って感じ。FWが2枚前線に残ってるのは怖いな。どっちも。

32分、カウンターを浴び、最初のシュートはポストに助けられるもFWアディロビッチに決められ0-1。
    元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWで今季トルコ初上陸。

試合開始からヴチェティッチが果敢にミドルシュートを狙うも決まらない。
もっとロングシュートが上手いシューターが居てくれたら楽そうだ。

36分、カウンターからFWケレスが抜け出しふわっとクロスを入れると
    ファーサイドに飛び込んだMFズールのヘディングシュートだったが、GKサヒンが超ファインセーブ。
    これ以上ない決定機だったが決められず。
155119671.jpg 155200428.jpg

シュート9本打っても決められないと必然的に流れを失うもの。
40分に縦パスを通されアディロビッチにまたもや決められ0-2。


HTでチアゴを下げてカルー投入。
チアゴは前節2得点だが、やはりケレスがターゲットマンとして機能しているのでチアゴを下げる。

ゴールがほしいアダナスポルはヴチェティッチ、サクを下げてボツテペ、クルトを投入。
プレマッチではドリブルが効いてたサクだが、2部を相手にするとイマイチ。

最後まで攻め続けたアダナスポル。放り込みの超パワープレイに終始。
後半AT、ナルバントルのクロスにMFクルトが頭でなんとか合わせるとドンピシャではなかったが、ふんわりと決まり1-2。

そのまま試合終了。ホーム開幕戦は黒星スタートとなってしまった。
17歳クルトのキャリア初ゴール。デビュー2試合目にして早速決めたが、
正直パワープレイのグチャグチャサッカーなので参考にならず。


15(9) - 8(6)
53% - 47%

G:クルト(1)

●0-1  




実はプレマッチの終盤のほうから戦い方を大きく変えている。
最初は守備的なカウンターサッカーをやっていたが、強力なSBナルバントルを獲得し
攻撃参加させたかったので攻撃的なサッカーに変化させた。その結果大量失点を招いている。
クロス下手だから守備的な速攻は難しいが、やっぱり自分には守備的なサッカーのほうが合っているかもしれない。



152541387.jpg

久しぶりに開幕スタート失敗した気がする。
ダービーは簡単に勝ちすぎてあんま楽しくなかったからちょっとテンション上がってきた。

J2と同じく2チーム自動昇格で4チームのプレイオフ。
現在3位の1461トラブゾンは1部トラブゾンスポルのBチーム的立ち位置なので昇格はしない。

リーグ12位と予想されてる今期の目標はプレイオフ圏内。地道に勝ち点重ねよう。
4クラブ自動降格の魔境リーグだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/12(日) 16:28:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

adana3 | ホーム | tur

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/217-52b203b2

| ホーム |