名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

mur10

・DFオルマ・アイヨルフソンがアイスランド代表に招集。3月5日のエクアドル戦に選ばれる。


オスカル・サンチェス(34)がご意見番になってムルシアのことをメディアに話してくれる。
たしかに隠居感覚でルーマニアに旅だったが、まだ御意見番になるのは早いような。
前節はMOMを受賞したが、それ以前の完全控えメンバーの頃から何故かミゲウ・アルビオルを褒められ続けている。
認知度が高いからか・・・?


3.1 第28節
vs ヌマンシア (A/10)



FW: エスピノサ、キケ、エディ
MF: トリビオ、ウルタード、モリーナ
DF: リエラ、カステラーノ、アイヨルフソン、アルビオル
GK: カスト

SUB:トチェ、テテ、ドルカ、アチャーリ、バウティスタ、トルヨルス、フェルナンド

故障:フェルナンデス
欠場:シスモ、アルカラ、モレノ、サウル


2ヶ月ぶりの連勝で勢いに乗りたいムルシア。
前節からテテに代えてエディが右サイドで先発。

ウーゴ・フェルナンデスが短期の負傷。20歳の若者だが、最終日の大量補強で出番が大幅に減りそうだ。
完全移籍で獲得する予定だったが、悩むな。要求年俸が8万と安めではあるが、安くはない。
10万以下のバックアッパーを持たないと予算が厳しいが、果たしてどうするか。ま、今考えることじゃない。





最初の決定機はムルシア。22分にモリーナのパスでフリーになったMFトリビオがエリア外から浮き気味のシュートを狙うも
シュートはクロスバーにあたって枠の上へ。GKの頭上を抜くいいシュートだったが、沈みが足りなかった。

31分、CKのこぼれ球をトリビオが豪快に狙うも相手GKの横っ飛び一線。ファインセーブ。
更に35分にはカウンターから右サイドをえぐりキケ、エディと繋ぎモリーナへ。
モリーナの狙いすましたシュートは枠の左。左足での合わせるシュートだったが枠内に蹴って!


今日オフサイドの多いFWキケ。戻りオフサイドが多く、なかなか中盤と咬み合わない。
トチェ入れる場合2トップにするかキケ替えるかどうしようかなと考えながら始まった後半15秒。
モリーナのロングボールでラインの裏を取ったFWキケがあっさりゴールし先制。不満言ってごめんちゃい。
2014y09m11d_203041101.jpg


更に57分、CKのこぼれ球をエディが押し込み2-0!
勝てる流れになるとこんなにも簡単にセットプレーとかでゴールが出来る。
首位とは5ポイント差だけどこんなに勢いがあれば優勝争いできるのでは!?
エディはこれが今季2点目。

エディに代えてテテ投入。スピードスターの個人技カウンター狙い。
64分、トリビオに代えてドルカ投入。ウルタードをCBの真ん中に置いて5-3-2に変更。
75分、キケに代えてFWトチェ投入。

2点を確実に守り抜き3連勝。


S: 16(6) - 6(2)
P: 57% - 43%
Y:  1枚 - 2枚

○2-0  3,702人

G:キケ(12)、エディ(2)
MOM:モリーナ




3.8 第29節
vs ハエン (H/12)



FW: エスピノサ、キケ、エディ
MF: トリビオ、ウルタード、モリーナ
DF: リエラ、カステラーノ、アイヨルフソン、アルビオル
GK: カスト

SUB:トチェ、テテ、ドルカ、アチャーリ、バウティスタ、トルヨルス、フェルナンド

欠場:シスモ、アルカラ、フェルナンデス、モレノ、サウル



メンツは変わらず。カップ戦で敗れたが、前半戦勝利し1勝1敗のハエンとの対戦。


イマイチ噛み合わないが、やはりテクニックのあるエスピノサ、モリーナの技術は素晴らしく
速攻へのいいアクセントになっている。エディもよりゴールに近い位置になってフィジカルの強さが活きている。

28分、速攻からトリビオが倒されてエリア外でFK獲得。
    Mアルビオルがゴール右上にきっちりと決めムルシアが先制!
    フリーキッカーアルビオルの今季初の直接FKでのゴールで今季2点目。

喜ぶのがちょっと早いDFカステラーノ
2014y09m14d_015739665.jpg 2014y09m14d_020031451.jpg


後半も中盤でパス回ししつつ急に攻める感じ。
モリーナの縦パスセンスが良くてもう欠かすことの出来ない司令塔になりつつある。

54分、速攻。モリーナの縦パスを受けたFWキケのダイレクトパスで裏を取ったエスピノサが軽く決め2-0!
    エディに代えてテテ投入。
69分、キケ、トリビオを下げてトチェ、ドルカ投入。


2-0、完勝。これで4連勝。

ピンチらしいピンチも1度か2度しか作られず速攻からきっちりゴールを決め完勝。
アルビオルの直接FKもやっと決まってくれた。

モリネーロ退団でやっと巡ってきたチャンスをきっちりものにしたミゲウ・アルビオル(32)。
新加入のカステラーノとアイヨルフソンもハマり急にポジションを失ったトルヨルス(24)。
フットボールの世界は無情。レギュラーとして前半戦頑張っても新加入選手に追いやられることもある。


S: 14(8) - 5(2)
P: 54% - 46%
Y:  1枚 - 1枚

○2-0  10,422人

G:アルビオル(2)、エスピノサ(1)
MOM:アルビオル




3.16 第30節
vs ジローナ (A/17)


FW: エスピノサ、キケ、エディ
MF: トリビオ、フェルナンデス、モリーナ
DF: リエラ、カステラーノ、アイヨルフソン、アルビオル
GK: カスト

SUB:トチェ、テテ、ドルカ、アチャーリ、バウティスタ、トルヨルス、フェルナンド

故障:モレノ
欠場:シスモ、アルカラ、サウル
出停:ウルタード



ウルタードはレンタル元との対戦で出場停止。
フェルナンデスが先発メンバー入り。

既に試合結果が出ておりこの試合に勝てば首位浮上出来る。
前半戦ジローナに負けており、なんとしても勝ちたいところ。


試合は10分、エディの落としのパスをMFトリビオがエリア外から豪快なボレーシュートを叩き込み1-0!
2014y09m14d_032511457.jpg 2014y09m14d_032528532.jpg
トリビオはこれが今季5得点目。


14分、CKからMFモリーナが決めて2-0。流れがいいとセットプレーがあっさり決まる。
    ドスサントスを失いDFのゴールは減ったが、ガッツを見せた競り合いでなんとかゴールできている。
31分にもカウンターからエディのパスで裏を取ったFWキケが決め3-0。キケは今季13点目。

38分、カウンター。FWキケがハーフライン近くでボールを受けるとドリブルで一人抜いて独走。
    角度のあるところから豪快に決め4-0。珍しい1試合2得点。
    珍しいなと思って調べたら、キケどころか1試合に2得点したのは今季初。
    13試合でゴールしてくれるキケは固め取りするよりありがたい。

後半に入り49分、カウンターからエディがファールを受けFKを獲得するとアルビオルが直接FKを決め5-0。
アルビオルは2試合連続ゴール。スタメン起用されてからエンジンかかってきたアルビオル。頼りになるセットプレー。

54分、相手のクロスからのヘディングシュートをDFカステラーノが自陣ゴールに叩き込みオウンゴールで1点返される。


57分、エディ、トリビオを下げてテテ、ドルカ投入。いつもどおりの交代になってきた。
72分、イエローを貰ってるリエラに代えてトルヨルス投入。

79分、失点。


前半完封、後半押されたものの前半4得点と後半開始早々のFKで完勝。
MOMは無得点ながらなんと4アシストのエディ。右ウイングでいい感じにハマっている。
今日の勝利でテネリフを抜いて首位浮上。補強が当たり流出もありながら5連勝。


S: 15(8) - 7(2)
P: 49% - 51%
Y:  1枚 - 1枚

○5-2  4,614人

G:トリビオ(5)、モリーナ(1)、キケ(13,14)、アルビオル(3)
MOM:エディ


今日の4アシストのお陰なのか新加入MFエスピノサの好きな人物にエディの名前が挙がる。
こんなに早く載るとは思わなかった。エディとエスピノサは共に92年生まれの21歳。
誕生日もエディが8月、エスピノサが9月と近い。残念ながらエディはエスピノサへはまだ無関心。
他の選手はまったく変動なし。

トリビオの今季5点目で晴れて市場価格が100万の大台に!
4アシストのエディは変わらず。右ウイングで良いプレー見せてるからいずれ乗ってくれればいいのだが。

・リエラが累積警告で次節出場停止
・MFドルカが通算400試合出場達成
・FWキケ、MFトリビオ、DFリエラ、アルビオルが週間ベスト11に選出される

2014y09m14d_041500075.jpg



3.22 第31節
vs ラス・パルマス (H/22)



前半戦は0勝4分10敗近くとかで最下位ひた走っていたラス・パルマス。
4勝11分を積み重ね21位と2ポイント差、降格圏脱出まで9ポイント差と頑張っている。
前半戦はアウェーで3-1で勝利。こういう最下位相手にはきっちり勝って6連勝にしたいところ。


FW: エスピノサ、キケ、エディ
MF: トリビオ、ウルタード、モリーナ
DF: バウティスタ、トルヨルス、アイヨルフソン、アルビオル
GK: カスト

SUB:トチェ、テテ、ドルカ、アチャーリ、フェルナンデス、アルカラ

故障:モレノ
欠場:シスモ、サウル
出停:カステラーノ、リエラ



DFカステラーノがレンタル元との対戦で出場停止。リエラも累積警告で出停。

バウティスタとトルヨルスが先発メンバー入り。トルヨルスはこのチャンスを掴めるか。
SBではやはり厳しかった。来季残留するにしてもSBの補強はしなければならない。

ファーストシュートは3分、モリーナが持ち込んでエリア外から狙うもコロコロと枠の左でシュートはみーとせず。
4分、こぼれ球を拾ったMFトリビオの右足でのシュートは相手GKの好セーブ。

試合開始直後は速攻でチャンスを作ったもののその後はラス・パルマスのクロス戦術でピンチの連続。
そんな悪い流れを打破しようと16分にキケのポストからモリーナがミドルを狙うもGKの好セーブ。

トルヨルスがCBに入ると案の定相手のクロスでピンチの連続。179cmのCBはもう生き残れないのか。
倒されてもPK貰えない。たしかに微妙な倒され方だからPK無いのは判るが、今季まだ1回もPK無い。もっと上手く倒されて。


後半開始直後にクロスからDFバウティスタがファールしたとしてPK献上。決められ0-1。わしにもPKくり。
その後もラス・パルマスペース。54分にはバウティスタの裏を取られて失点。
59分にも相手のスローインから失点し0-3。前半のチャンスを決められなかったツケがきた。

68分、トルヨルス、トリビオを下げてテテ、ドルカ投入。ウルタードを後ろに下げて4-2-3-1。
75分、エディに代えてFWトチェ投入。4-4-2へ変更。

83分、スローインから押し込んでゴール前でごちゃごちゃ。最後はエスピノサが押し込み1点返し1-3。


前節5得点でお疲れちゃんモード。最下位相手にあっさり3失点し最低の負け試合となってしまった。
連勝も5でストップ。順位も2位以下へ。
おそらくスタンドで観戦してたであろうDFカステラーノは何を思ったか・・・。まあ俺が出てりゃ抑えてたって思ってるか。

S: 12(5) - 10(7)
P: 55% - 45%
Y:  2枚 - 1枚

●1-3  10,707人

G:エスピノサ(2)


・Bチームのムルシア・インペリアルが4部でプレイオフ出場確定。



2014y09m14d_165231627.jpg


結構差も詰まってて見応えのあるリーグになってきた。
連勝ストップのムルシア。ここから首位取り出来るかどうか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/10(土) 04:07:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

mur11 | ホーム | mur9

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/201-29b45c82

| ホーム |