名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

mur3

8/31 第3節
vs ポンフェラディーナ(H/19)



1分1敗のポンフェラディーナとのホームゲーム。
メディア予想は17位。ムルシアと争うクラブ。

FW: ウェリントン、キケ、テテ
MF: ドルカ、アチャーリ、トリビオ
DF: オスカルS、トルヨルス、ドスサントス、モリネーロ
GK: カスト

SUB:フェルナンド、アルカラ、Aマルティネス、アルビオル、エディ、モレノ、サウル

欠場:シスモ、ギール、バウティスタ


前節からの変更点は2箇所。ウェリントンとトリビオが先発入り。
エディとサウルがベンチスタート。
コパ・デル・レイを除けば1試合以外すべて週に1試合という超楽な日程。
イングランドとは比べ物にならない。カップ戦もどうせすぐ負けるでしょう。






ポンフェラディナは4-4-2のシステム。
考えていた一番厄介なシステム。2トップ当てられるとトルヨルスの競り合いが嫌がおうにも発生する。

開始30秒、相手の右サイドからのクロスにFWユーリに頭で決められるもオフサイドの判定。
30分、ジョナサン・ルイスに直接FKを決められてしまい0-1。


その後も相手からペースを奪い返すことが出来ずほとんど何も出来ないまま前半終了。
キケにボールが収まらない。前線が弱い。

後半も思うように決定機を作れないがゴール前まで迫ることが出来るようになると
58分に得た直接FKのチャンスでMFテテがゴール左上に決め1-1の同点!
2014y08m29d_104457029.jpg

更に65分にはテテのCKからDFドスサントスが頭で決め逆転!!

MFトリビオ、DFモリネーロを下げてAマルティネスとアルビオルを投入。
オスカル・サンチェスをCBにして5-2-3に変更。

81分、ウェリントンに代えてサウール投入。

ゴール前固めた5-4のラインでガチガチに守り抜き勝ち点3獲得。
直接FKとCKでのゴールのみだし良い試合とはいえないが、なんとか逆転勝利できたことは評価できる。


・モリネーロが通算250試合出場達成

S: 9(2) - 14(4)
P: 57% - 43%
Y: 3枚 - 2枚

○2-1  8,256人
G:テテ(2)、ドスサントス(1)
MOM:テテ



9月2日の移籍マーケット最終日に急にセリエBペスカーラからキャプテンのMFアチャーリ(34)へ移籍オファーが舞い込む。
今までムルシアの選手に興味を持つクラブはひとつもなかったが急なオファー。移籍金はなんと2.3万€。300万円程度。
出せるわけ無いだろ!常識で考えろ!金額は貧乏クラブの身として分かるが今までなんの話しもなかったのに
急に最終日に主力売ってって後釜用意出来るわけ無いだろ!

お金が全然ないムルシア。フロントとの会談でもまったく資金を捻出できない。
誰かしら売却したい気持ちがあるが、キケ以外に売れる選手いるだろうか。誰売っても後釜不足に悩まされそう。
でも契約延長もまともに出来るかどうか。フリーで出て行くのは辛いな。



・ガラタサライと契約解除し所属クラブのなかった元スペイン代表MFアルベルト・リエラ(31)と契約合意。
 1年契約の年俸18万€。クラブ側に1年間の契約延長オプションが付く。

スペイン代表で16試合に出場、4得点を記録した経験を持つ左サイドアタッカー。
1200万€で名門リバプールに移籍するも守備難もありポジションを掴めずオリンピアコス、ガラタサライを経てスペインに帰還。
ムルシアはリエラの生まれ故郷マナコルから近い場所だからムルシア加入を決めたらしい。

左サイドならどこでもプレー可能。起用予定は左ウイング。
サウールが思った程でもなかったし1部レベルのリエラの担う役割は大きい。
要求額が10万€ほど下がっていたので最終日に獲得したが、レフトバックはこれで4人目。
バウティスタも持て余している現状。リエラは前線で起用できるからいいが、同じポジションで選手がダボついている。
2014y08m31d_063756210.jpg



9/7 第4節
vs デポルティボ・ラ・コルーニャ (A/2)



今季3位予想されているデポルティボとの対戦。
短い期間で強豪と連戦している。まだバルサBやカスティージャ、スポルティングやサラゴサ等など控えている。
チャンピオンシップとどっちが豪華だろうか。向こうのほうがお金いっぱいあるから向こうかな。


FW: サウル、キケ、テテ
MF: ドルカ、アチャーリ、トリビオ
DF: オスカルS、アルカラ、ドスサントス、モリネーロ
GK: カスト

SUB:フェルナンド、トルヨルス、Aマルティネス、アルビオル、リエラ、モレノ、ウェリントン

代表:エディ
欠場:シスモ、ギール、バウティスタ


MFエディがアンゴラ代表へ。トリビオが先発入り。左サイドにサウルが先発入りし、
CBはトルヨルスからアルカラ(24)へ変更。アルカラは今季初出場。
新加入のリエラがベンチ入り。コンディションが整ってないので徐々に起用していくことになる。


デポルティボは4-2-3-1の布陣。やはりスピードのある選手が揃っている。
ここまで試合やって雨降った試合が親善試合の1試合だけ。全試合お日様の元で試合をやっている。
スペインのコンディションがヨすぎて気持よくプレーできる。イングランド、ベルギーにはもう帰れないかも。


最初のチャンスは14分、アウェーのムルシア。ドルカのミドルシュートは惜しくも枠の上。
デポルティボが意外と試合のテンポを上げずにまったりやるのでだらけた試合展開。シュートも少ないしチャンスも出来ない。

23分、キケのパスでFWサウルが抜け出しシュートを狙うもGKとの1対1は防がれる。
サウルは4試合目にして初めてのビッグチャンスのような気がする。
更に27分にはキケが上手く貰ってシュートを放つがこれも正面。

36分にもサウルが右足でシュートを放つが枠の上。徐々にムルシアペースになるもなかなか決められない。

前半終了。前半はシュート数7-4とやや少ないながらも徐々に両チームシュートが増えてきていた。
そして後半になると最初の攻撃でムルシアMFトリビオがこぼれ球を押しこみ1-0でリードを得る。
運良くゴールを決めることができたが後半もあまりいい展開にできず。徐々にデポルティボに押し返される。

そういう嫌な流れを打破しようと交代を指示した瞬間にアリスメンディ(29)に裏を取られて失点。1-1。
両ウイングを変更。サウール、テテを下げてリエラ、モレノ投入。リエラは早速デビュー。

76分、ドルカに代えてMアルビオル投入。


その後もさしたるビッグチャンスも作れぬまま試合は進行。
前半抑え気味だったデポルティボも後半にラッシュを掛け速攻にてんてこ舞い。
そのまま1-1で試合終了。

中盤が悪いのか速攻になかなか結びつかない。
キケのキープ力の無さも問題かなぁ。

・サウルが通算200試合出場達成
・モレノが通算250試合出場達成

S 13(6) - 8(3)
P 55% - 45%
Y 0枚 - 0枚

△1-1  22,159人
G:トリビオ(1)
MOM:トリビオ


・トリビオが週間ベスト11に選出



9/11 コパ・デル・レイ2回戦
vs レアル・ハエン (A)



FW: リエラ、ウェリントン、モレノ
MF: ドルカ、ギール、エディ
DF: Aマルティネス、アルカラ、ドスサントス、Mアルビオル
GK: フェルナンド

SUB:カスト、トルヨルス、アチャーリ、テテ、キケ

欠場:シスモ、モリネーロ、トリビオ、サウル


2部同士での国内カップ戦。国王杯は重要かもしれないが、選手層が薄いながらもリーグ戦が1週間に1試合しかないため
ベンチメンバーの出場機会も大事なのでメンバー大幅変更。

リエラ、ギールが移籍後初先発。


ハエンは4-2-3-1の布陣。

試合は互角の展開だったが、先制点を奪ったのはハエン。左サイドからのクロスにFWホナが合わせて0-1。
更にパスでFWホナにラインの裏を取られ0-2。アンカーがアチャーリからギールに代わって軽くなった。

ムルシアの反撃は32分。Aマルティネスからパスを受けたリエラが角度のないところからきっちり決め1点を返し1-2。
2014y08m31d_112413619.jpg

CBドスサントスが負傷。トルヨルスを投入。
35分、あっさり失点。攻撃がよくなかったから戦術練習を守備から攻撃にしたら、主力ではないが守備が崩壊した。
41分、アレックス・マルティネスが負傷しゴール前で倒れてる。そのせいでオフサイドに掛けられずホセに決められ1-4。

ドルカも負傷しアチャーリとテテを投入。怪我人が急に3人もデてしまった。
60分くらいでリエラ下げようと思ってたのに予定が大狂い。これでリエラも怪我したら死にたくなる。


1-4で敗戦。完敗。試合がえらく長く感じた。スタッツは書くまでもない。

・DFアレックス・マルティネスがハムストリングの肉離れで4週間の離脱。
・DFマウロ・ドス・サントスが頚椎挫傷で2週間の離脱。
・MFアルベルト・ドルカが膝の捻挫で3週間の離脱。




9/15 第5節
vs アラヴェス (H/8)



FW: サウル、キケ、テテ
MF: トリビオ、アチャーリ、エディ
DF: バウティスタ、オスカルS、アルカラ、モリネーロ
GK: カスト

SUB:フェルナンド、トルヨルス、アルビオル、ギール、ウェリントン、リエラ、モレノ

故障:ドスサントス、Aマルティネス、ドルカ
欠場:シスモ


アラヴェスとのホームゲーム。ホーム全勝、アウェー勝ちなしの状態だからホームはきっちり勝っときたい。
ドスサントスを失ったCBにはトルヨルスではなくSBオスカル・サンチェスが入る。
トルヨルスがあまり良くないからオスカル・サンチェスを起用してみるが、オスカルも177cmと小さい。

アラヴェスも4-3-3の布陣。


8分、MFトリビオが負傷。テテをボランチに置いてウェリントン・シウバを右サイドで投入。
できもしない162cmのテテをボランチに置くしかない。ギールは使えない。層が薄すぎる。
開幕前に怪我とかは分かるけど開幕後に一気にきてしまった。


それでも9分、CKからエディのシュートは相手GKに防がれるがこぼれ球をDFアルカラが押し込み1-0でムルシアが先制!
12分、モリネーロの右サイド突破から速いクロスにFWキケがダイレクトで合わせるもGK正面。決定機だった。

更に27分にはエディのパスで右サイドの裏を取ったウェリントンのシュートだったが浮き球のボレーは枠の上。


67分、サウールに代えてリエラ投入。
83分、FWキケに代えてFWモレノ投入。


1-0で勝利。
内容ははっきりいって良くない。中盤3枚の働きが微妙。
ついにサイドアタッカーのテテが駆り出される始末。駒不足が露呈。

前半はじめはムルシアのペースだったが、後半になるとアルヴェスのペース。
やはり中盤にゲーム作れる選手が必要。エディの成長が待たれる。


S: 11(4) - 8(3)
P: 52% - 48%
Y: 2枚 - 2枚

○1-0  8,292人
G:アルカラ(1)
MOM:カスト




2014y09m02d_122021108.jpg


2014y09m02d_122046678.jpg

攻撃的なシステムを採用しているつもりだが、得点も失点も少ない。
チームメンタリティをカウンターにしているからかな。ベルギーではそれで成功していたのだが。
コーチが居なさすぎてまともな練習ができてないけどお金が無くてコーチを増やしてもらえない。
コーチ人数だけでも増やしたいのだが。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/11(木) 17:28:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

mur4 | ホーム | mur2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/194-8763a2bb

| ホーム |