名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bel1

長らくさぼってたので再開。クラブ選びは相当悩んだ。
サボりすぎたのでそのツケを払おうとyoutubeでハイライト初めて上げてみよっかなって思ったけど、
FMでログインがどうしても出来なくて断念。
2時間近く試行錯誤したが、どうやればいいのかわからない。検索でHitしたakakiriさんという方も同じ感じらしい。残念。



ベルギー2部で開始。若手も使えるしそこそこ優秀な選手もいるレベルで、試合数も少し多いところがベルギーくらいしかなかった。
イングランド4部のポーツマスで始めようとしたが、イングランドはどうせ飽きるだろうとしか思えなくてベルギーで開始。
スペイン3部は背番号設定がなく、しかもBチームがあってめんどくさい。イタリアも3部に背番号がない。

Plymouth時代は雨ばっかで憂鬱だったけど、ベルギーはどうだろうか。晴れが多くてあって欲しい。

ちなみに最終アップデートの13.3.1?から初プレイ。ずっとさぼってたぜぃ。


2014y06m09d_001639801.jpg


ウェステルロー。愛称はウェステル。
久々すぎて日程進めるのが下手になってる。続くだろうか・・・。

チームが始動して数日。最初の練習試合。相手はベルギー1部。

システムは4-2-3-1。前線からのプレッシングを重視しようと思ってるが、選手の特徴をまだ把握できていない。
ざっと見たところ後ろは揃ってるが、前線が弱い。これじゃあ昇格できないかもしれない。

初戦ながら大雨での試合。選手もピッチも最悪のコンディションの中での試合でグダグダ模様。
それでも守備がよく前線からのプレッシングで相手はパスミス連発。そしてCKから得点を奪い1-0で見事勝利。



移籍金予算は0で年俸予算も満額使い切ってる状態。補強出来ないので現有戦力でそのまま進める。
現実も冬のマーケットでこの陣容にして後半戦戦ってるんだからやってやれないことはないだろう。
ちなみに現実では24勝をあげリーグ優勝で昇格を決めているらしい。

右サイドバックと左サイドバックに本職居ないけど大丈夫なんだろうか。

とりあえず目標を決めるとすると、A代表は難しいだろうから年代別代表を作る。
戦力外の年代別代表よりは完全生え抜きの代表選手が欲しい。まあこれ生成選手の運だけど。



続く試合はドイツ3部。前回ベルギー1部に粘り勝ちしたが、実力差激しく0-4で大敗。
シュートにまではいけたが、精度がない。またサイドアタッカーの調整不足(実力不足)が激しかった。
というかサイドの本職が一人も居ない。全員センターが主戦場でサイドも可能レベル。

3戦目はオランダのセミプロとの試合。1-2から逆転し3-2で勝利。
相手は5-3-2と守備的な布陣だったが、速攻が機能し始めてきた。
しかし3人程度の攻撃であっさり失点してしまうのは戦術が悪いのか選手が悪いのか。

今回は飽きないように攻撃的にやりたい。特にサイドバックのオーバーラップは重要。
本当はタイプ的に守備を整えるためによっぽど運動量あって攻撃もきっちり終わらせるkとができる選手しか
オーバーラップさせないのだが、今回はとにかくオーバーラップさせる。
そのほうが見てて層の厚い攻撃が出来て楽しい。でもそのせいで守備面が怖いことになってる。



4戦目はベルギーのアマチュアクラブ。単純な調整試合。
もうシステムは2-4-1-3のような状態。シュートも33本放ち4得点快勝。
楽しかった。なんか日本対タジキスタンとかそんなんみたいな感じ。でももっとシュートの精度良かったらボコボコはいったろう。


5戦目はベルギーのセミプロクラブ。前回と同じような試合にして楽しみたい。
2014y06m09d_235751718.jpg16分
右サイドのデビルのヒールパスにSBクールズが切れ込んでそのまま決め先制。
美しい展開にプレマッチでは貼るつもりがなかった写真を一枚。
予想外のSBの先制ゴール。今季は守備無視してSBあげるぞー。

調整の進んでない選手を起用したりと様々な選手を使っているが、ダブルボランチの先発組を下げたらセミプロ相手でも苦戦した。
試合開始からこちらは攻めれず立て続けに3本のシュートを打たれる。やはりボランチって大切だね。
しかし先制後は一方的な展開となった。

積極果敢なSBのオーバーラップの末酷いクロス連発。J2見てる身としては見慣れた光景。三島くんもっと頑張って。
アビスパどころかセリエAミランも似たようなもんだからなぁ。アバーテにエマにコンスタン。
今思うことは長友が欲しい。ただただ長友が欲しい。

ていうか今日のSBどっちも本職CBなんですけど!マジで俺何やってんの状態。
現実のウェステルは一体どういうシステムなの?3バック?中盤にもサイド少ないけど。

77分までの起用で右SBのクロス8本、成功0、左SBのクロス11本成功1本。
まあパスでつないでチャンス作ったりしてるし、クロスってそんな成功率高いもんじゃないけどさすがに酷いな。
5-0で勝利。シュートは27本だった。


6戦目はドイツの名門シャルケとの試合。ベテランCBが怪我で離脱。キャプテンの離脱は痛い。
若手だしてくれるかと思ってたらほとんどガチガチのレギュラーやんけ!
若干メンバー落としてるけどそれでも主力欠場時に普通に出てくるレギュラー組。これは無理。

2014y06m10d_011653435.jpg

雨の中での試合。

2分、CKからFWファンデンベルグのヘディングシュートをゴールラインに入っていたファルファンがはじき出せず。
   ファルファンのオウンゴール判定で先制。
3分、右サイド、デビルのパスで裏を取ったFWファンデンベルグが抜けだして決め2-0!

5分、ファルファンの右サイドからのクロスにFWサライが頭で決め2-1。なんじゃこの試合・・・。
9分、ドラクスラーに突破を許すもシュートはポスト直撃。サイドバックが1対1でボコボコされよる。

その後は試合も落ち着き前半終了。まさかの2-1で1点リード。
今までのプレマッチで全然ダメダメだった元ベルギー代表FWファンデンベルグ(30)がまさかの2得点に絡む大活躍。
さすがベルギー代表で13試合に出場、3得点を記録しているだけある。点取り屋として大事なところで点を取ってくれそう。

60分、シャルケのCKの際にDFクールズがファールしてしまいPK献上。ファルファンに決められ2-2。

66分、右サイド切れ込んだデビル。クロスを入れると飛び込んだのはまさかの左SBのファントウノート。
    ヘディングシュートを叩き込み3-2!とんでもない攻撃だ。こんなことがありえるのか。
    そりゃあんな大外から入ってきたらDFヘーベデスも反応できないって。

前半はいつもどおり攻撃的に。そして後半からはSBはそのまま上げる方針だが、中盤を少し下り目に起用し守備も考えた布陣。
そうすることによって中盤の選手が前を向いてプレーできるようになり攻撃がよりスムーズになった。

74分、ボランチのゲーデンスのパスで裏に抜けだした左サイドのマクドナルドが叩き込み4-2!!
    途中出場のうっちーこと内田を置き去りにして裏を取った。内田を出来るだけ引きつけたゲーデンスが上手かった。


やってしまった4-2で大勝利。こんなことある?シュートも10-13と見劣りせず。ポゼッションは54%で上回った。
元ミランのプリンス・ボアテングが怖かったが何もさせなかった。守備面も機能し、攻撃も機能し満足以外何もない快勝。
MOMは2アシストの右サイド、デビル(18)。

普段(プレマッチ)2000人も入らなかったホームスタジアムだが、ほぼ満員の7,731人の前で素晴らしい勝利を収めた。
これはシーズンも集客期待できるんでねでね?シャルケのレギュラー撃破とか期待するなっていうほうが無茶でしょう。




関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/06/10(火) 02:14:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

bel2 | ホーム | pl6

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/176-4c2a6eff

| ホーム |