名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

pl4

・ダン・ハートを6部へレンタルで放出。
・DFレコードが練習中に足を損傷し4週間の離脱。レコードさん怪我多いよ。
 18歳パリントン使っていくしかないな。今季あまり出来が良くないから怖いのだが。



9/13
第7節
vs 
Portsmouth (4/H)



FW:アガード
MF:クック、ダン、ハービー
   マテュー、フリハン
DF:パリントン、ネイラー、ペリー、ニコルソン
GK:ブラックマン

SUB:アシュダウン、リード、マンボ、バーン、ヤング、Bデイビス、ベハン

故障:ベリー、レコード
欠場:レウ、ヘミングス


強豪ポーツマスとの対戦。前節からの変更はDFレコードのみ。


戦術は前節と同じ。内容はいいが、ビッグチャンスを作れない。
ポーツマスにシュートを打たせずほとんど完封。シュートも9-2と圧倒的に勝っている。

しかしこの戦術にしてからFWの弱さが気になる。
アガードじゃボール収まらないしパス下手だし抜け出しも大してうまくないし。
やっぱり足が速いだけの選手なのは変わらない。

中盤の幅が狭くなったことにより距離感が近くなって中盤のパス回しは格段に良くなったが
Fwは相手の4バックの幅が狭くなったことで難しくなった。下手くそッピには難しい。


66分、アガード、Dダン、ハービーを下げてベハン、ヤング、Bデイビス投入。
    Dダンはまだ90分プレー出来ない。

なかなか決められないPlymouth。ポーツマスも後半押し返してきて怖くなってきていたところだったが
77分、マテューの縦パスをクックがダイレクトパスで繋ぐとFWベハンがトラップから左足で決め1-0!
2014y02m28d_050454265.jpg 2014y02m28d_050339268.jpg

途中投入のベハン兄さんがやってくれた。FWを新戦力に頼らずバックアップはベハンに頑張って欲しい。
いや、前節と続けてみるとアガードよりベハンのほうがコンパクトなサッカーにあっている。


1-0で勝利。
試合内容はいい反面ビッグチャンスを作れなかった。
1トップにもっと足元を持ってる選手が欲しい気もするが、あまり欲しがらず今のメンバーで頑張りたいとも思う。

相手のペースにはさせなかったが、シュート打たれるときはほとんどピンチだった。
しかし全部GKブラックマンがきっちりセーブ。枠内6本だったがすべてシャットアウトしてくれた。
開幕からアシュダウンを起用していたが、ブラックマンも才能を見せてくれている。

17(6) - 8(6)
60% - 40%

○1-0  7位↑
     G:ベハン(2)



2014y02m28d_054624622.jpg
2014y02m28d_054632376.jpg

結構頻繁にPlymouthのことを喋ってくれる元副キャプテンのウットン。
昨季はいろんな人が喋ってたが、今季はウットンがご意見番になるみたい。



9/20
第8節
vs 
Rochdale (24/A)


昨季7位だか8位だったロックデイルは現在2分5敗で最下位。
昨季のGKと左ウイングとボランチの3枚を失ったようだ。(レンタル返却は記録に残らないから不明)


(4231)
FW:ベハン
MF:クック、Dダン、ハービー
   マテュー、バーン
DF:パリントン、ネイラー、ペリー、ニコルソン
GK:ブラックマン

SUB:アシュダウン、リード、マンボ、フリハン、ヤング、Bデイビス、アガード

故障:レコード、ベリー
欠場:ヘミングス、レウ

18歳バーンが先発入り。
キャプテン、フリハンもきっちりハマってて良いプレーしてくれているが、バーンを育てたい。
ブラックマンとバーンはきっちり育て上げて数百万ユーロで売り抜けたい。正直な気持ち。
それに代表でも良いプレーを見せていたようでアシストも記録している。
でもこうするとキャプテンも副キャプテンもベンチに座ってることになるのが少し問題。
やはり精神的支柱は重要だと思う。デイビッド・ダンにキャプテンマークを渡して試合開始。


そういえばこの試合からアップデートがあたり14.3になる。
毎回このアップデートでは選手の動きが様変わりしてしまう。せっかく新しい戦術ハマったのにどうなっちまうんだ!
ま、あんま気にしないでスタート。


うーん。この戦術も実働2試合だし細かい変更は毎試合やってるし相手も違うしよくわかんね・・・。
後ろのほうでこんなパス回しの仕方やってたっけなぁ?的な雰囲気はあるけど
まあいつも動きの仕様は考えないようにしてるし気になんないしいいや。


あ、マテュー(リンクマンサポート)が以前よりだいぶ下がってボールさばいている。
ここたぶん改善点でしょ!ボランチが下がってキープしながら前線伺うのって。
前々の作品からこうなってほしいって思ってたんだよ~。
あと3Dの試合の名前が凄い見やすくなってる。得点シーンで貼ると思う。



16分、クックのクロスからFWベハンのヘディングシュートは相手GKに阻まれるが
    真上に弾いたボールにハービーが詰めて頭で流し込みPlymouthが先制!
2014y03m01d_214656361.jpg
得点への嗅覚が冴え渡り今シーズン5点目のハービー(19)

もう一個変更点見つけた。得点シーンで名前が出る人が多い。
前はアシストと得点者の二人、多くて3人だったけどこの場面では5人出てる。ベネットとローズ要らない気もするけど・・・。
ちなみに最初のクロスのクックはなかった。


なんか選手のボールキープの仕方が面白くなった気がするが
それは幅狭くしてからも思ってたことだしよく分かんない。

変更点なのか分かんないけどターゲットマンのベハンがやたらヘディングする。
縦パス入れてもヘディング、クロス来てもヘディング。トラップとか一切考えてない。そこだけ気になる。
でも試合内容絶対面白くなってると思う。不満点がほとんどない。

サイドバックの上がりのタイミングがよく使い方も上手い。特にDダンが上手い。
これはダンがフィットしてきたのか改善点なのか分かんないがニコルソンがガンガン上がってよく使われている。
FWに足元うまい選手ほしい!ヘディングばっか。今まではこんなことなかったから多分変更点なのだろう。
まあベハンは足元下手だしな。今までが能力の割に良すぎたくらいか。

あと後ろでのパス回し絶対改善されてる。ペリー、ネイラーの足元うまいコンビが輝きまくってる。
足元うまい選手獲得しといてよかった~。



前半終了間際にSBニコルソンが負傷。HTでDFリード投入。ネイラーを右サイドバックで起用。
今季もSBがいなくなる。昨季もそうだったなー。本職はLSBのパリントン(18)のみ。補強せなな・・・。

SBの動きがかなり改善されてると思う。上がりのタイミングもいいし、CBが釣り出されたときの動きも良かった。
大した能力もってないニコルソンだが、人並み外れた足の速さで凄い攻守に効いてた。

ターゲットマンへの縦パスが足元ではなく頭ばかり狙うようになったので高さに弱いベハンには不利すぎる・・・。
競り合いには強いが頭で味方に落とすとかそんな器用なこと出来ません。高さに強いターゲットマンには良さそう。
今までボランチの動きに凄い不満を貯めていたが、だからこそ熱を入れたのは凄い大大大満足の動き方になった。
マテューの存在感ヤバすぎ。


62分、FWベハンに代えてFWアガード投入。俊足アタッカー投入。裏抜けさせたらどうなるか。
65分、クックのラストパスで裏を取ったデイビッド・ダンが左足で軽く流し込み2-0!!
    さすが超一流の冷静さ。すごいコロコロシュートだった。GKほとんど反応できず。
2014y03m01d_221844072.jpg 2014y03m01d_221918902.jpg


このゴールもその前にマテューが中心になってパス回ししてバイタルを空けてクックのプレーゾーンを作った。
マジで試合通してみてマテューの存在感がハンパないことになってる。
試合内容によるとしか言えないかもしれないが、65分の時点でマテューのボールタッチ数が
過去2試合、6-0、1-0の試合をすでに上回っている。


69分、相手の縦パスでFWホガンに裏を取られ強烈なシュートを叩きこまれ2-1。DFペリーが一瞬で抜かれた。
75分、デイビッド・ダンに代えてルーク・ヤング投入。ダンも次の試合あたりくらいからフル出場やれそう。


2-1で勝利。今までボランチが最多ボールタッチ数じゃないことも多々あったが圧倒的1位にマテューが君臨。
相方のバーンもきっちりパス回しに参加し面白かった。
とにかく前はダブルボランチがふたりとも真ん中に寄りすぎてくっつきすぎてSBがパス回しの中心になってたが、
アップデートでかどうか知らないけどマテューが誰がボール持っても近寄ってボールパス受けて逆サイドとかに振ってくれた。
まさに遠藤ばりの存在感。Plymouthの遠藤誕生。

不満点というかなんというか。1トップのふたりとも空気すぎる。
他に比べて実力不足なのは最初から分かっていたが、前より明らかに空気になった。
アップデートで空気になったというか能力、実力が反映されただけだろう。

全体的に思ったのは全員トラップが上手くなったと思う。雨が降ればまだ分からないが前はとにかく全員トラップ下手だった。
今の試合は相手もこっちも結構足元にはいってた。

いや守備面もいい動きしてたし、プレッシャーの掛け方も良くなってたしだいぶ仕上がったんじゃないかな?
14.3あたりだと思う。と、1試合で判断するバカ。

11(4) - 14(5)
55% - 45%

○2-1  5位↑
     G:ハービー(5)、ダン(2)


・ニコルソンが膝の捻挫で4週間の離脱。



9/27
第9節
vs 
Fleetwood (9/A)


FW:アガード
MF:クック、Dダン、ハービー
   マテュー、バーン
DF:パリントン、リード、ペリー、ネイラー
GK:ブラックマン

SUB:アシュダウン、マンボ、フリハン、レウ、ヤング、Bデイビス、ベハン

故障:ニコルソン、レコード、ベリー
欠場:ヘミングス


前節からFW変更。RSBにネイラーが入りCBに副将リード(32)が入る。


開始2分、失点。FWカミンズに今季3点目を決められた。やはりCBリードじゃスピードが足りない。
ペリーとネイラーでいいコンビだったのだが・・・。SBがいなくなった。

6分、ダンの縦パスをダイレクトで横に流したアガード。FWハービーが右サイドから抜けだしてそのまま決め同点!
   ハービー凄い。今季6点目。点取り屋として才能を発揮し始めている。と、思いきやギリオフサイドでノーゴール。

9分、マテューのパスで裏を取ったアガードがきっちり決め同点!
   マテューさんほんと凄いよ。機能しまくってる。4部じゃ天才的。
2014y03m01d_234353230.jpg


更に16分。マテューとのワンツーで左サイド抜けだしたクックのクロスにFWアガードが頭でファーに流し込み2-1、逆転!
マジつえー。アップデートでも新戦術がハマってるというか、マテューがすごくなってもっとすごくなった。
2014y03m01d_234903002.jpg


29分、カミンズにエリア外からズバッと決められ失点2-2。やっぱりDFリードのマーカーにやられた。
ペリー、ネイラーコンビは替えずにSBはユースからあげようかな・・・。

34分にもゴール前でパスを回され失点。苦しい展開。
37分、デイビッド・ダンが負傷。ルーク・ヤングと交代。うーん・・・。

47分、クロスからFWカミンズに決められ2-4。もうリードさんじゃ相手FWの動きについていけない。
56分、ヤングのスルーパスで裏を取ったFWハービーが決め3-4。
    左足からでもパスを出せるヤングのいいタイミングでのパス。

69分、バーンと評価の低いペリーを下げてレウ、マンボ投入。
ペリーなんでこんなに低いんだろう。絶対リードのほうが酷いのに。

76分、相手FKから中で合わせられ3-5。マーカーはFWアガード。お決まりのゴールが決まった。


3-5で敗戦。戦術はほとんど変えるつもりはないからやはりDFの質を上げるしかない。

12(3) - 12(8)
59% - 41%

●3-5  8位↓
     G:アガード(4,5)、ハービー(6)




10/4
第10節
vs 
Swindon (18/H)


FW:アガード
MF:クック、Dダン、ハービー
   マテュー、バーン
DF:レコード、ネイラー、ペリー、ベリー
GK:ブラックマン

SUB:アシュダウン、マンボ、フリハン、レウ、ヤング、Bデイビス、ヘミングス

故障:ニコルソン
欠場:リード、パリントン、ベハン


レコード、ベリーが復帰。10月8,10,12日にまたMFバーン(18)が代表で離脱する。U19の主力になってるみたいだ。
選手の年齢でダン、クック、アシュダウン、Bデイビス、ベハン、リードの6人が30代で残りは全員U24と若い選手が揃っている。


開始1分。サイドからのクロスに頭で合わせられるがGKブラックマンのファインセーブ。
やべぇやべぇ。また失点するとこだった。クロスにだいぶ合わせやすくなってるっぽい。


4分、ハービーのクロスからファーサイドに飛び込んだFWアガードがダイレクトで流し込み1-0、Plymouthが先制!
   アガードはこれで今季6点目。ハービーと並んでチーム得点王。
2014y03m02d_023631828.jpg

アップデートきてからなんかゴールしやすくなったようなしないような。


更に6分。ハービーの縦パスでサイドを抜けだしたMFクックが決め2-0!
ハービーがゴールだけじゃ飽きたらずアシストでも輝き始めた。これが19歳!痺れる~!
2014y03m02d_023938632.jpg


前半は攻撃も良かったが完全にGKブラックマンのファインセーブショーだった。
アップデート入ってからトラップがよくなったと言ったが
相手もめっちゃ良くなってるので割りとカウンターでシュートにまで持ち込まれる。
ブラックマンは完全にアシュダウンからポジション奪取。

そんなアシュダウンは出番が少ないと文句を言ってきて一悶着あった。


50分、マテューがファールを受け相手MFブラウンが2枚目のイエローをもらい退場。楽な展開になった。
55分、カウンターからクックが抜けだしてクロスを入れるとFWアガードが頭で決め3-0。今季7点目。

ここでDダンに代えてヤング投入。
67分、アガード、マテューを下げてヘミングス、レウ投入。

78分、これも速攻。クックの速いアーリークロスでニアに飛び込んだFWハービーが決め4-0。今季7点目。


4-0で快勝。シュート打ちまくって楽しかった。
前半は結構攻められたけど退場者出た後半はもう一方的。

ほんとたまらんくらい試合が楽しい。両左右のアタッカーにはどちらも同じ戦術指示をしているがクックとハービーの動きは全然違う。
クックはライン際でプレーしたがり、早い段階から精度の高いクロスやキックを多様するが、
ハービーは狭いところまで裏を取ろうとしたりしようとする。選手によって動きが違うところを見るのも楽しみのひとつ。

21(10) - 8(5)
56% - 44%

○4-0 5位↑
    G:アガード(6,7)、クック(3)、ハービー(7)


活躍を続けるハービー(19)と違ってなかなか思うようにいかないルーク・ヤング(21)。
デイビッド・ダンの加入で途中投入が多くなっていて少しさみしい。もう少し頑張って欲しい。

ハービー(19)が上への移籍を希望。説得により残留を決めてくれたがこれが2度目。
大活躍するとこういうことも出てくる。ハービーは失いたくない。10試合で7得点と4部では別格の働きを見せている。



2014y03m02d_034316416.jpg2014y03m02d_034326109.jpg


2014y03m02d_034642970.jpg
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/03/16(日) 20:29:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

pl5 | ホーム | pl3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/172-1fa25502

| ホーム |