名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

pl2

8/2
開幕節
vs 
Accrington (H)



開幕前に怪我をしたニコルソン、クック、ダン、ヘミングスはメンバー入り出来ず。
数日前に入団したばかりのMFバーン、GKブラックマンもベンチ外。
控えGKは放出間際のトラーニ(20)。

DFペリーは大怪我のため開幕出遅れ。約1か月後に合流となる。
今気づいたけど、ペリー(24)とベリー(22)は見にくそうだな。ダレル・ベリーとロス・ペリー。まあいいか。

(4-2-3-1)
FW:11アガード(24)
MF:14ヤング(21)、6フリハン(23)、18ハービー(19)
   10マテュー(24)、4レウ(22)
DF:21レックフォード(22)、3リード(32)、5マンボ(22)、2ベリー
GK:1アシュダウン(33)

SUB:トラーニ、リチャーズ、トロットマン、パリントン、ベン・デイビス、ウィーレン、ベハン

欠場:Dダン、クック、ヘミングス、バーン、ニコルソン、ブラックマン
故障:ペリー


開幕戦をホームで迎える。昨季20位のアクリントンとの試合。
昨季ティバートンで31試合5得点だった元PlymouthのMFラウリーが加入している。

せっかくのホーム開幕戦なのにデイビッド・ダンが怪我で出遅れて残念。サポーターにお披露目したかった。
トップ下はフリハンが入る。ヤングかハービーでもいいのだが、クック離脱でサイドアタッカーが居ない。
練習試合1試合もやってないから戦術調整は実戦で。舐めプ~。


開始15秒。アガードが左サイドに流れて受けると中央のフリハンへ。エリア外から狙うも枠の右。
昨季と同じ速攻サッカー。今季はデイビッド・ダンに2桁決めて欲しい。ミドルも持ってて得点感覚を持ってる選手。

やはりダブルボランチにレウ・マテューと試合を作れる司令塔タイプが並ぶと安定感が段違い。
冷静なパス回しで試合を作る。ネックは守備力のなさ。良いボールの奪い方は少ない。


前半が進むに連れて相手も対応できてきたのか試合が膠着する。
やはりトップ下のフリハンじゃクリエイティブな働きを期待出来ない。ダンが欲しい。


HTでフリハンに代えてベン・デイビス投入。セットプレーは任せた。
右サイドで起用しトップ下にハービーを起用。ゴールに近い位置でプレーさせる。

50分過ぎに連続でアクリントンがビッグチャンスを作るもGKアシュダウンのファインセーブ連発!
2014y02m24d_172335320.jpg 2014y02m24d_172415096.jpg

64分、リードのCKからのヘディングは枠の上。
66分、FWアガードに代えてFWベハン投入。アガードは微妙だった。

一方的に攻められる後半。
75分、相手のCKからの流れ、クロスから中で合わせられ0-1。

82分、DFレクフォードに代えてDFパリントン投入。



前半はいい感じだったが、後半支配され完敗。
アクリントンはビッグチャンス連発で上の奴以外でもチャンスが多かったが
Plymouthはベン・デイビスくらいしかチャンスを作れなかった。ヤングのサイド起用はないな。
ちゃんとした本職のサイドアタッカーが必要。

ベン・デイビスの動きはキレていた。やはりさすが2部の選手。デイビッド・ダンも楽しみだ。

ヤングとレックフォードの左サイドコンビが低評価。
ファインセーブ連発のアシュダウンとクロスをことごとくすべて跳ね返したDFマンボが高評価。
マンボは凄い。ほぼすべて跳ね返した。失点シーンもマンボが付いてれば・・・。

9(2) - 13(5)
49% - 51%

●0-1


・GKトラーニを放出。



8/5
リーグカップ1回戦
vs 
Birmingham (A)


2部バーミンガムとのカップ戦。勝つ気なし。
GKトラーニを放出し、今日当日リザーブの試合にGKブラックマンを出したから控えGKが居ない。
なのでユースから16歳GKを昇格させる。アシュダウンさん怪我しないでね。


FW:アガード
MF:クック、ヤング、ベン・デイビス
   フリハン、レウ
DF:パリントン、リード、トロットマン、ニコルソン
GK:アシュダウン

SUB:ムアス、リチャーズ、マンボ、レックフォード、マテュー、ハービー、ベハン

欠場:ブラックマン、ベリー、ウィーレン、バーン、ヘミングス、ダン
故障:ペリー


意外なPlymouthの攻勢だったが、16分。
駆け上がってきたMFロウレスのエリア外からの豪快なシュートに沈み0-1。さすが2部の選手。シュートエリアが広い。
32分、相手のFKからDFトロットマンが決め0-2!自陣ゴールに叩きこむんじゃねー!

35分、MFクックが負傷。DFレックフォードと交代。ああ、また怪我かクックさn。


後半形が良くなってきたのでアガードとヤングを下げてハービー、マテュー投入。1点取りに行く。
2部から1点取れればリーグにも勢いが出るだろう。

84分、CKから決められ0-3。マンマーカーフリハンさんガン無視です。


0-3敗戦。
まあ勝てると思っちゃいなかったから結果は別にいいけど1点欲しかった。
今季も昨季どうようグダグダ開幕か?

●0-3



8/9
第2節
vs 
Crawley (A)



FW:アガード
MF:ヘミングス、ダン、デイビス
   マテュー、レウ
DF:レコード、リード、マンボ、ベリー
GK:アシュダウン

SUB:ムアス、トロットマン、パリントン、フリハン、ヤング、ハービー、ベハン


レフトバックのレックフォードだと思ってた選手はReckordでレコードだった・・・。fの幻覚を見てたぜ・・・。
Dダンとヘミングスが先発入り。ヤングとハービーを控えにできる選手層になった。
でもこの二人は今シーズンも頑張ってもらって成長してもらうけどね。

キャプテンのフリハンがベンチスタート。
紹介し忘れてたがフリハンが昨季に引き続き3年連続でキャプテンに就任し、
退団したウットンから副キャプテンを引き継いだのは期限付から完全移籍で加入した32歳DFリード。


MFダン(34)に超期待している。KINGになってほしい。4部なら王様やれるでしょう。
大好きだったアラン・スミスの獲得諦めて獲った王様。アラン・スミスも獲ろうかな・・・。
いやいやベテランばっかになるのも嫌だしボランチは激戦区。昔みたいにサイドが出来れば獲ってもいいけど
今のスミスは適正完全にないから好きな選手ベンチに置いとくのも嫌だし我慢しよう。



Plymouthのキックオフで始まった試合はKINGダンがいきなりファンに力を魅せつける。
13秒、ダンの強烈なスルーパスで抜けだした右サイド、Bデイビスだったがシュートは右ポストを掠めサイドネットに突き刺さる。
2014y02m25d_184515443.jpg 2014y02m25d_184821113.jpg
開始13秒で決定機をひとつ作ったデイビッド・ダン。


7分、クロウリーのCK。ファーサイドで頭で合わせられゴール前の相手選手が頭でスラし狙われるもポスト直撃で助かる。
   今季もまたセットプレーに怯える毎日か・・・。


10分、またもやダンからBデイビスへ強烈なスルーパスが出るも少し長くてシュートにまでは持ち込めず。
    戻して作りなおすと最後はDダンがエリア外から狙うが枠の左。ダン見てるだけで楽しい。ほんと楽しい。
2014y02m25d_185854125.jpg 2014y02m25d_185905163.jpg

12分もスローインからの流れでDダンが左足で狙うも枠の右。こりゃ移籍後初得点も近いな。
20分、Bデイビスのパスで右サイド抜けだしたFWアガードの戻しでフリーでDダンが狙うも枠の左!!
    これはきっちり枠内に入れて欲しかった。ここは決めるところ。まあ怪我明けでコンディションが整ってないって擁護しとく。
2014y02m25d_190719016.jpg


23分、MFレウのロングボール。1バウンドで相手GKへ。なんとそこで相手GKがファンブルでこぼす。
    FWアガードがもうスピードできっちり詰め1-0、Plymouthが先制!!なにやってんだ。
2014y02m25d_191140832.jpg 2014y02m25d_191203575.jpg 2014y02m25d_191222157.jpg


24分、相手のロングスローで裏へ抜けだされそのまま持ち込まれて決められ失点。1-1。
    こっちこそなにやってんだ。相手陣地でのスローインでFWに誰も寄せてないってありえるのか。DFベリーとマンボだな。


43分、レコードのロングパスで左サイドから切れ込んだFWアガードがそのまま決め2-1!スーパープレー!
    相手DFの強烈なスライディングタックルを華麗に交わして抜いた。

45分、ベリーがドリブルでぶち抜かれるとクロスからFWに頭で合わせられるもGKアシュダウンのファインセーブ!1



前半終了。激しい試合内容となっている。
前半だけでお互いシュート10本ずつ。イエローカードもPlymouth4枚、クロウリー2枚と計6枚も乱れ飛んでいる。
そういえば昨季の統括めんどくさくなって全部飛ばしたけど昨季のリーグはPlymouthが一番イエローとレッドを貰っている。
もうイブスフリート時代からの僕の持ち味、戦術になってしまったのかな。
運動量豊富なサッカーを目指しているのは事実。アビスパもプシュニク監督の元尋常じゃない数のイエローを受けてた。
別にカード増やそうと思ってやってるわけじゃないけど増えるのは根っからそういうサッカー観してんのかも・・・。


50分、相手の縦パスをDFマンボがまさかのトラップ。大きくなったトラップを相手FWに叩きこまれ2-2。
    DFマンボの失態。そんな狭いところでトラップしちゃいけない。
    というかほんと崩されるよりDFのミスとセットプレーでの失点ばっかだな・・・。


58分、MFヘミングスに代えてMFヤング(21)投入。
64分、FWアガードに代えてFWハービー投入。FW起用。
77分、疲労で精彩を欠いていたDダンを下げてMFフリハン投入。

その後ホーム、クロウリーペース。Plymouthは何も出来ない。
そして85分、CKから決められ2-3・・・。まーたCKか。

87分、ヤングが左サイドから切れ込むと中へのパスに反応したハービーがダイレクトで流し込み3-3。


3-3のドロー。前半と違い後半は割りと抑えこまれた。
今季初勝利は次節に持ち越し。Dダンのゴールで勝利出来ればいいや。
マテューとレウのボランチコンビはパス回しこそいいモノのやはり守備面が問題すぎる。
4-2-3-1でサイドアタッカーが前に張ることが多いからボランチの守備力は重要になってくる。

13(4) - 16(8)
55% - 45%

△3-3  15位↑
      G:アガード(1,2)、ハービー(1)


・MFウィーレンを5部カンブリッジへ期限付き移籍で放出。
・DFレコードが練習中に顔面を負傷し2週間の離脱。



8/16
第3節
vs 
Carlisle (9/H)



(4-2-3-1)
FW:アガード
MF:クック、Dダン、ハービー
   マテュー、バーン
DF:パリントン、トロットマン、マンボ、ベリー
GK:アシュダウン

SUB:ブラックマン、リード、ニコルソン、フリハン、ヤング、Bデイビス、ベハン

故障:レコード
欠場:リチャーズ、ペリー、レウ、ヘミングス


先週からメンバーチェンジ。左サイドをヘミングスからクックに変更し右サイドも19歳ハービーが先発。
ボランチに18歳バーンが先発。守備も期待できるボランチ。フリハンとバーンで組ませれば守備面は一番期待できる。

最終ラインもベテランのリードではなくトロットマンが先発。2部バーミンガム戦で良いプレーを見せていた。
レフトバックはレコードが怪我したため18歳パリントンが先発。ここは不安なところ。
GKはブラックマンの調整が済んだが好セーブを連発しているアシュダウンのまま。ブラックマンは少し怖い。

昨季3部最下位で降格してきたカーライルとのホームマッチ。
デイビッド・ダンのお披露目。見事ゴールを決めて今季初勝利してもらいたい。


カーライルの1トップのミラーと19歳ボランチのリンチ。才能豊かな選手たち。
こんな選手がたくさんいる。やはり3部落ちだろうと格上だ。
2014y02m26d_164512701.jpg 2014y02m26d_164557899.jpg



試合開始から下がってボールを受けたDダンから長距離弾道ミサイルばりのロングパス連発。
深い位置でクックやハービー、アガードが抜けだして受ける場面が連続。やはりレベルが違う。

そのままいい雰囲気で進み10分。
スローインからDFベリーのファーサイドへのクロスにMFクックがダイレクトで流し込み1-0、Plymouthが先制!


16分、イライラした相手のタックルによりDダンが負傷退場。はああああああああああああああああああ?僕キレちゃうよ
    ルーク・ヤング(21)投入。

27分、とんでもないロングシュートを叩きこまれ失点。1-1。DFトロットマンが直前であっさり抜かれた。
    この距離でもGKアシュダウンが止められない強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。
2014y02m26d_170255354.jpg


ダンいなくなってから試合内容しょっぱいわ攻撃できないわワクワクもしないわ楽しくもないわ。謝罪と賠償を要求したい。

45分、MFマテューがドリブルでするする持ち上がって右足で狙うも枠の右。



後半に入り56分。右サイドを抜けだしたFWアガードのシュート級の超高速クロスがそのままGKへ。
GKがそのままゴール内に弾いてしまい2-1で勝ち越し!ラッキーゴール。
2014y02m26d_171732822.jpg

66分、MFヤングに代えてフリハン投入。途中投入、途中交代は可哀想だが守備固めのために犠牲になってもらう。
80分、DFパリントンに代えてDFニコルソン投入。

2点目が入ってからは4-1-4-1に変更しプレーに時間をかけゆっくりと攻めて守備を固めながら時間を潰す。
そして87分、カウンターでアガードが右サイド抜けだすとMFマテューがゴール前へ。
クロスからニアにマテューが飛び込み頭で合わせるがポスト直撃。それでも跳ね返りを自分で拾うと冷静に左足で流し込み3-1。



試合終了。3-1で快勝。MOMは3-1なのに相手のスーパーゴールを決めたシミントンが受賞。なんでなん。
全体的に良いサッカーが出来た。でも得点は微妙。やはりトップ下にKINGが居ると居ないとでは違いすぎる。
ヤングさんでは物足りない。

14(5) - 6(4)
58% - 42%

○3-1  12位↑
     G:クック(1)、アガード(3)、マテュー(1)


2014y02m26d_174540177.jpg
MOMのシミントンくん。とんでもないロングシュート決めるのも頷ける

今気づいたけどトレーニング施設とユース施設の増強、完成予定が1年間延長されている。
14年10月7日が15年10月7日になった。早く完成して~。

・DFリチャーズ(20)を5部へレンタルで放出。起用予定がない。




関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/03/07(金) 03:23:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

pl3 | ホーム | pl1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/170-65f5ab63

| ホーム |