名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

pl9

1/25 第28節
    Cheltenham (5/H)


FW:アガード
MF:クック、ヤング、ドイル
   マテュー、モリス
DF:マクロリー、コーリー、ネルソン、ベリー
GK:アルンウィック

SUB:トラーニ、リード、ニコルソン、ウィーレン、グリエリ、ハービー、ベハン

故障:フリハン
欠場:バッソ、ブランカード、ウットン、トロットマン、ベンチェリフ、シンボンダ、ブリザード、アレッサンドラ、チャドウィック、モーガン


前線のテコ入れ。FWベハンではなく俊足アガードの1トップ。
右サイドにドイルを起用。できるだけ足を速い選手を前に置く。

DFネルソンが復帰。他の選手もフリハン以外全員復帰。

小雨の中での試合。ほんと雨多い。前作までと何も変わってないじゃないか。


両チームカウンター狙い。
開始直後に相手に裏を取られるもポスト直撃で助かる。

その後もカウンター狙いのグダグダサッカー。
やはり前線でドリブルでキープできる選手も居なければ中盤の上がりも遅いからグダグダ。

それでも37分、自陣からドイルが前線へ出すと俊足FWアガードが抜けだして角度のないところから叩き込み先制!
2014y02m12d_224835495.jpg

2014y02m12d_224854685.jpg
アガードは5試合目で移籍後初ゴール!


俊足FWはこれがあるから楽なんだ。もうベハンではなくアガードの1トップで縦ポンやろうかな・・・。
どうせパスサッカーはポゼッションとパス成功率高いだけでラスパスミスって全然微妙だし。


67分、守備をさぼりがちなヤングに代えてグリエリ投入。
71分、ネルソンの判断ミスでFWに前を向かせると左サイドアタッカーの上がりに前を見貸せるとDFベリーがついていけず失点。

78分、ベリー、ドイルを下げてリード、ハービー投入。


守りきれず同点で終了。がっかり。
90分間もDFの集中が続かないよ。絶対マーク外して自由にプレーさせる。
そういう時は絶対決められるあたり選手の質の問題か。
つかSBまったく前線に上げてないのに守備くらいまともにやってよ。
絶対上がってくる選手についていかないじゃん。

尋常じゃないくらいSBの平均評価点が低い。
6点代前半なんて過去作では出したことないよ。どう指示だせば守備してくれるの・・・?


△1-1  18位↓
      G:アガード(1)




1/28 第29節
    vs Newport Co (20/A)



FW:アガード
MF:アレッサンドラ、ハービー、ドイル
   マテュー、ヤング
DF:ニコルソン、リード、ネルソン、シンボンダ
GK:アルンウィック

SUB:トラーニ、コーリー、マクロリー、ウィーレン、クック、グリエリ、ベハン

故障:フリハン
欠場:バッソ、ブランカード、ウットン、トロットマン、ベンチェリフ、ベリー、モリス、ブリザード、チャドウィック、モーガン


ヤングをボランチ起用。モリスもブリザードもウィーレンもあまり良いプレーが出来ていない。
18歳ハービーの育成のためにもヤングをボランチで起用してみる。
でもあまり期待していない。たぶんダメだろう。

小雨の中での試合。もう雨は気が滅入る。嫌いだ。


Plymouthは完全に守備を固めて1点も取られたくない戦術。
サイドバックをもう一切上げず、いつもはオーバーラップを見せるマテューも完全に後ろに残してパス回しに集中させる。
ヤングとマテューがパス回しだけに気を使えば中盤でそうそう奪われることはなくなった。

が、まあ当然だがシュートチャンスは激減。前線の選手がドリブルで違いを作らないと枚数が足りない。


それでも59分、マテューが直接FKを決めPlymouthが先制!
今季初の直接FKが決まった!!!超ハッピー^-^。結構スピードボールで左隅に突き刺さった。
2014y02m13d_015003801.jpg
マテューは今季2得点目


68分、ハービー、ドイルを下げてグリエリ、マクロリー投入。
    運動量のある選手を二人中盤に投入して守りきりたい。残り15分くらいでCBコーリーも投入するつもり。

79分、アレッサンドラに代えてDFコーリー投入。もうゴールできない。守りぬきたい。


当然ボッコボコに攻められてクロスバーに当てられるわ、クロスからファーどフリーにしてて冷や汗かくわ大変だったが
なんとか守りきり1-0で勝利!もうゴール出来なくなってきたが、失点も徐々に減らせるようになってきた。


7本 - 15本
54% - 46%

○1-0  17位↑
     G:マテュー(2)




2/1 第30節
   vs Mansfield (19/H)



FW:アガード
MF:クック、ヤング、ドイル
   マテュー、モリス
DF:ニコルソン、リード、ネルソン、シンボンダ
GK:アルンウィック

SUB:トラーニ、コーリー、マクロリー、ウィーレン、グリエリ、ハービー、ベハン


モリスが戦列復帰。ヤングをトップ下。
今日も無失点目指して運良く1点入ればいいなって感じでやっていく。

今日は雨降ってないと思ったが15分くらいから急に降り始めた。


試合開始直後、DFリードからの縦ポンで抜けだしたアガードだったが、シュートはGKに防がれる。
17分にはクックが抜けだしてクロスを入れるとアガードが飛び込むが、またもやGK。

マテューをオーバーラップさせないようにしてから守備が本当に安定するようになった。
しかしシュートチャンスはFWアガードの足の速さを使うしかなく、他のFWじゃ無理だな・・・。
やはりトップ下が弱いから苦しいんだと思う。マタとかシウバが欲しい。
次の試合あたりマテュートップ下起用またやってみようかな。前回やったときは全然ダメだったけど。


28分、縦ポンから相手GKが難なく処理するかと思われたがまさかのファンブル。
    こぼれ球にいち早く反応したFWアガードが決め1-0、Plymouthが先制!希望だったラッキーゴールが決まった。
2014y02m13d_052138429.jpg

2014y02m13d_052148666.jpg


39分、相手のCKからファーサイドでダイレクトで蹴りこまれ失点。1-1。まーたセットプレーか。マーカーはドイル。

44分、ドイルの速いクロスにFWアガードが飛び込んで2-1!アガード頼みのサッカー完成~。
2014y02m13d_052943996.jpg



57分、モリスが負傷しウィーレンと交代。
    更にトップ下ヤングに代えてベハン投入。久々の起用。


キープに入っているPlymouth。相手はすごいイライラしている雰囲気。
そして71分、アガードが左サイドに流れて受けるときに相手DFに危険なタックルをくらいDFビーバーズが一発レッドで退場。

79分、ニコルソンに代えてマクロリー投入。


2-1で勝利!久しぶりの連勝。
アガードにたくさんのビッグチャンスが生まれた。やはり足の速いFW走らせるしかできないか。
背の高い選手とかも活かしたいが・・・。まあそういう選手居ないけど。

SBはベリーよりシンボンダのほうが安定している。さすがキャリア積んでるだけある。



11本 - 13本
55% - 45%

○2-1  16位↑
     G:アガード(2,3)


・モリスが肋骨の打撲で2週間の離脱。



2/8  第31節
    vs Northampton (20/A)



前半戦は5-2で勝利したノーサンプトンとの対戦。

FW:アガード
MF:クック、ヤング、ドイル
   マテュー、ウィーレン
DF:ニコルソン、リード、ネルソン、シンボンダ
GK:アルンウィック

SUB:トラーニ、コーリー、マクロリー、ブリザード、グリエリ、ハービー、ベハン

故障:モリス


マテューをトップ下で起用しようとも考えたが、モリスが怪我で離脱したので考えなおす。
フリハンが怪我から復帰して練習再開してるのでフリハン使えるようになったらマテュートップ下でやってみる。

そのモリスの穴埋めは21歳ウィーレンを起用。ブリザードのほうがいいが、昇格ももうないし育成目的でウィーレン起用。


今日も小雨の中での試合。


4分、ヤングのタイミングのいいパスで裏取りしたアガードだったが、シュートは枠の上。
4分、マテューのロングパスで完全に裏を取ったアガードだったが、GKとの1対1を決めきれず。

もうシュートパターンが俊足アガードしかなくなった。
もっといろんな攻撃の仕方をやってた前半戦が懐かしい。まあ全然ダメダメで負けまくってたけどね。
守備を安定させるか攻撃パターンを増やすか。プシュニクみたいにガンガン前から行かせて攻めたいが
やっぱり自が守備からマンだから結局こういうふうになってしまった。


6分、CKからのこぼれ球を叩きこまれ失点。ま、セットプレーで失点するのはもうどうしようもないな。


63分、ヤング、ドイルを下げてハービー、グリエリ投入。中盤の運動量を上げて1点取りに行く。
64分、CKから頭で決められて0-2。もうセットプレーの止め方わからん。どう指示してもやられる。

うちの選手も同じくらい決めてくれればいいんだが。今回は全然決めることが出来ない。
(ちなみにFMプレイで唯一の縛り、セットプレー狙いを混合。ニアとかファー狙いにしたらCBが2桁余裕になるのが過去作の仕様)

78分、ニコルソンに代えてFWベハン投入。最後の悪あがき。
78分、相手自陣近くからのFK。あっさりダイレクトボレーを叩きこまれ0-3。なんか設定おかしいの?

85分、こちらのCK。あっさりクリアされると元リーズMFレニガンに持ち込まれてそのまま決められ0-4。


あまり書いてないけど相手のFKはどこから蹴られてもだいたい中で合わせられてるが、こちらはほぼすべてGKかクリアされる。
Plymouthが高さに弱いチームなのは承知しているが、これはCPUだけが知ってるチート配置があるな・・・!?


0-4で敗戦。セットプレーの指示はどんだけ変えても結果が変わらん。
前からずっと考えてたけど、来季は絶対背の高い選手ばっか補強しよう。


6本 - 10本
53% - 47%

●0-4  16位




2014y02m13d_100233351.jpg

セットプレーで3失点した陣容。
高さに弱いっちゃ弱いけど普通このくらいだと思うしやっぱりちょっとこの多さは納得いかないな。
ちょっと見てみたら平均身長では183cmでリーグトップタイだった。
まあベンチェリフ、トロットマン、モーガンやGKトラーニなど190cm超え使ってないけど。
ここらへん使っていこうかな。



2014y02m13d_101300036.jpg

2014y02m13d_101904050.jpg
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/02/20(木) 09:53:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

pl10 | ホーム | pl8

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/163-2a718f4a

| ホーム |